飲食店からの転職は可能?おすすめの業界6つと職種5つを紹介!

飲食店は特殊な職業でもあるため、転職難易度が比較的高いといわれています。

飲食店から転職を成功させるためには3つのポイントがある上に転職活動時の注意点が存在します。

転職GOでは飲食店からの転職を行う際のおすすめ業界や職種について解説します。

飲食店からの転職について知りたい

STEP1:マイページにログインする

飲食店からの転職は可能なのか調べる人が多いです。

飲食店は仕事内容・ポジションによっても活動が大きく異なるため、製造業の中でも特殊分野として挙げられることが多いです。

飲食店からの転職について調べる人も多いので、転職を成功させるコツやおすすめ業界・注意点などを詳しくご紹介していきます。

飲食店からの転職は可能なのか?

飲食店からの転職は可能なのか調べる人が多いのですが、結論を先にご紹介すると「転職は可能」ではありますが「転職難易度は高い」です。

というのも、飲食店から飲食店に転職する場合は今までの経験を採用されやすいですが、飲食店から異業種へ転職する場合はかなり難しいです。

飲食店の中でも管理職などに就き、マネジメント管理をしている経験がある人や若い人は異業種へもやや転職しやすいといえます。

転職難易度が高いので、しっかりと準備をしてから転職活動を行うのがおすすめです。

飲食店からの転職でおすすめの6つの業界

飲食店から転職を考える場合、おすすめの業界が6つ存在します。

飲食店からの転職でおすすめなのが「保険関連」「不動産関連」「人材関連」「WEB関連」「IT関連」「医療機器関連」の6つの業界が挙げられます。

どの業界も飲食店で経験してきた接客対応能力や柔軟な対応を活かすことができるため、他の業界と比べて転職しやすいです。

飲食業からの転職での2つの注意点

  • 未経験業種の場合はできるだけ早く
  • 報酬だけではなくバランスよく転職先を探す

次は飲食店から転職を行う場合の注意点について解説していきます。

飲食店は転職難易度が高いため、注意点を意識しないと転職に失敗してしまう可能性が高いです。

転職先探しで意識していただきたい2点なので、飲食店からの転職を考えている人は要チェックです。

未経験業種の場合はできるだけ早く

飲食店からの転職をする場合にまず意識していただきたいのが「未経験業種への活動」です。

同業種であれば経験・スキルを期待した採用をされやすいですが、未経験業種への転職の場合はまた一からの状態になります。

経験が一からの場合は若い人の方が将来に対する期待枠として採用してもらいやすいため、できるだけ早めに行動をするようにしてください。

報酬だけではなくバランスよく転職先を探す

飲食店からの転職では仕事の時間に対して給料が見合っていないという理由で転職する人も多いです。

報酬ばかりを見てしまいがちですが、報酬ばかり見ていると優良企業を見落としてしまう可能性が高いです。

少しずつ積み上げて給料を高くする場所が多いため、バランスよく探していくのをおすすめします。

飲食店からの転職でおすすめの5つの職種

  • 営業職
  • 事務職
  • IT・Webエンジニア職
  • 飲食以外の接客販売
  • 介護職

次は飲食店からの転職を行う場合におすすめの職種をご紹介していきます。

6つのおすすめの業界をご紹介しましたが、6つのおすすめ業界の中でも特におすすめの職種を絞ると「営業職」「事務職」「IT・Webエンジニア職」「飲食以外の接客販売」「介護職」の5つがおすすめです。

それぞれのどのような点を活かすことができるのか解説しますので、自己PRするときや転職先探しの参考にしてください。

営業職

飲食店から営業職に転職する人はかなり多いです。

営業職は報酬が高い上に、自分が頑張った分だけ歩合制としてボーナスが乗る場合が多いため、やりがいのある仕事といっても過言ではありません。

もちろん飲食店も自分の技術・スキルを磨けるやりがいのある仕事ですが、飲食店とは違って頑張った分が報酬への成果として反映されやすいです。

飲食店は仕事上忙しいことが多いことから「積極的な行動力」が磨けていることが多いため、営業職にも積極的な行動を行って他の人を驚かせることができます。

さらに面接時に飲食店で磨かれた「明るさ」をアピールすると採用してもらいやすいです。

事務職

飲食店でもマネジメント管理をしていたという経験がある人は「事務職」がおすすめです。

事務職ではしっかりとした管理能力や臨機応変な行動力を求められる職業でもあります。

特に前者の「管理能力」が重要ですが、飲食店で大切なマネジメント経験があるとスキル・経験を活かした転職を行うことができます

マネジメント管理の経験がある人は事務職への転職もおすすめします。

IT・Webエンジニア職

エンジニア

IT・Webエンジニア職と飲食店は一見あまり関係ないようなイメージを持つ人が多いのですが、飲食店からの転職はおすすめです。

というのもIT・Webエンジニア職と飲食店では全く業種・仕事内容が異なりますが、IT・Webエンジニア職は未経験者を比較的採用してくれます。

なぜかというと「IT・Webエンジニア職」も飲食店と同様で実際に現場で使えるスキルを磨いていく職業だからです。

仕事をしているとプログラミングは学んでいくことができるため、IT・Webエンジニア職への転職も成功しやすいといえます。

飲食以外の接客販売

「飲食店以外の接客販売」は特に転職するのがおすすめです。

飲食店で仕事をしていると接客対応が自然と良くなっている上に、その人ごとに合わせた臨機応変な対応を行うことができます。

営業職と似ていますが、その人に合った提案を行って接客販売を行うことができるため、飲食店からの転職には向いています。

接客販売ではトーク力や明るさなどが必要なので、飲食店から転職を考えている場合は接客経験を活かすことができます

介護職

介護職も飲食店からの転職を考える場合はかなりおすすめです。

介護職もあまり関係ないイメージを持つ人も多いのですが、体力が必要である上に臨機応変な行動力が必要な職種です。

飲食店も体力勝負なところがあるため、肉体労働をしっかりとしてきた人には介護職がやりやすいです。

さらに介護職の場合は需要が高い上に、やりがいのある仕事なので、報酬は少ないにしても過酷すぎる仕事環境でない場合が多いといえます。

飲食店からの転職を成功させる3つのポイント

  • 離職前に転職活動を開始する
  • スケジュールを立てて計画的に転職活動をする
  • 転職エージェントなどのプロに相談する

次は飲食店からの転職をするときに成功させる3つのコツについて解説していきます。

飲食店は何度も挙げているように転職難易度が高い職種でもありますが、成功させる3つのコツをしっかりとおさえて行動をするようにすると成功する可能性が一気に高まります

飲食店からの転職を考えている人は「成功させるための3つのポイント」をぜひチェックしてみてください。

離職前に転職活動を開始する

飲食店でも立場・役職などによって変わりますが、転職を成功させるためにも「離職票の提出」の前に「転職活動」を行いましょう。

飲食店の転職はかなり難易度が高いため、スムーズに決まらないという声も多く挙がっています。

離職票を提出してしまうと辞める期間が決まるため、それまでに決まらないと職なし状態になる可能性も高いです。

転職活動を行い、内定をもらってから離職票を出すようにしてください。

できれば転職をしてから半月から1か月程度仕事を行って揉めずに辞めるのが好ましいです。

スケジュールを立てて計画的に転職活動をする

飲食店からの転職活動を行う場合に絶対していただきたいのが「転職活動スケジュールの作成」です。

飲食店はどうしても転職活動時間が限られてしまうことが多いため、少ない時間の中自分に合った仕事先を見つけていく必要があります。

スケジュールを組んでもイレギュラーが起きて理想通りの活動ができないという声が多いので、成功させるためにもイレギュラーが起きた場合のことも考えた転職活動スケジュールを組むようにするのがおすすめです。

転職エージェントなどのプロに相談する

さらに飲食店からの転職で「転職活動スケジュールを組む」のと合わせて行っていただきたいのが「プロに相談する」です。

わかりやすくいうと転職エージェントを利用し、プロの人に案件などを探してもらいながら転職活動を行うと効率の良い転職活動を行うことができます

近年では転職エージェントでもさまざまな場所が存在し、転職エージェントごとに魅力が異なります。

未経験業種への転職を考えている場合は特に転職エージェントの利用がおすすめで、自分の弱点や強みを判断した上での提案も行ってくれます。

自分に合う転職エージェントを選び、プロの人に相談しながら転職活動を行うと成功しやすいです。

飲食店からの転職を成功させる面接のコツ

  • 面接での転職理由の伝え方
  • 面接での志望動機の伝え方

最後は転職活動を行う上で最も緊張しやすい重要場面「面接」での成功をするためのコツを2点ご紹介します。

面接は身なりや行動・発言などをチェックされることが多いのですが、面接時の伝え方によって成功する確率が大きく左右するといっても過言ではありません。

転職回数が多いと慣れているので大丈夫かもしれませんが、ほとんどの人は転職回数が少ないです。

面接時にはどのような対応を取ればいいのか「伝え方のコツ」を2つ解説しますので参考にしてください。

面接での転職理由の伝え方

転職活動中の面接で失敗することが多い人にありがちなのが「転職理由の伝え方」です。

飲食店からの転職理由は「肉体的にしんどい」「労働時間が給料に見合っていない」「生活時間の制限がされる」「プライベートがない」という点が挙げられます。

素直に伝えることもいいのですが、転職理由で現職・以前の職場の悪口をいうのは悪い印象を与えます。

実際に面接をしているときに転職理由を聞いた際に、悪口を言ってしまっている人は多く、自分の職場に転職してきても不満を持たれてすぐに辞められるのではないかという不安を感じます。

転職理由を伝える場合は「自分のスキル・経験を高めるためという理由」や「さまざまな経験をしてキャリアを積んでいきたい」というように伝えるのがおすすめです。

将来設計を事前に行い、将来をより充実させるための転職だと伝えるのがベストです。

面接での志望動機の伝え方

転職理由を聞かれる場合も多いのですが、志望動機もかなり重要です。

志望動機は特に対応能力を求められているポイントでもあり、転職本などに記載されているテンプレートのような回答はNGです。

転職を成功させるためにも「どのような理由で志望しているのか」と併せて「自分が転職した場合に具体的にどのような経験を活かせるのか」を伝えるようにすると相手企業側にも具体的なイメージを持ってもらいやすく、転職が成功しやすいです。

飲食店からの転職はおすすめ業界・職種から始めてみよう

飲食店からの転職はおすすめ業界・業種が存在します。

他の業種と比べて「体力がある」「臨機応変な対応ができる」「接客対応がいい」「明るい」が大きなアピールポイントです。

特に異業種への転職をする場合は積極的な転職意欲を見せることが好ましいです。

離職票を出す前にスケジュールを組み、転職のプロに相談しながら自分に合った転職先を見つけていきましょう。

おすすめの記事