経理が転職しやすいと言われる8つの理由!転職事情と4つの注意点も!

企業のお金を管理する重要な職種である経理。

経理の経験があると、転職しやすいというのを聞いたことがある人もいるでしょう。

なぜ経理は転職しやすいのでしょうか。

そこで、経理が転職しやすいといわれる理由を紹介します。

経理は転職しやすいと言われるのには理由がある

企業のお金を管理するのが経理の主な仕事です。

パソコンに向かってコツコツと作業をする仕事として知られていますが、それだけではありません。

これまでのお金の流れを分析して経営陣にアドバイスをするなど、経営にもかかわれる職種だといえるでしょう。

そんな経理の仕事をしている人は、転職市場では引く手あまただといわれているのです。

ただ、経理はなぜ転職しやすいのでしょうか。

ここからの段落で紹介してきますので、経理からの転職を考える人は参考にしてください。

経理の4つの転職事情

経理が転職しやすいといわれる理由には、経理の求人の内容が大きく関係しています。

ここからは、経理における転職事情を次の4つのポイントから詳しく紹介しましょう。

  • コミュニケーション能力が高い人物が求められる
  • 都心であれば年収600万円程度の求人もある
  • 他の職業に比べて、年齢による給料の差が少ない
  • 仕事に対し積極的な人物の評価が高い

コミュニケーション能力が高い人物が求められる

経理で転職がしやすいのは、コミュニケーション能力が高い人です。

経理は黙々とパソコンに向かって仕事をするイメージがありますが、営業部から相談を受ける機会も少なくありません。

そのようなときに、無機質に返事をするのではなく、高いコミュニケーション能力を持って経理的な視点からアドバイスができると頼りになる存在として一目置かれるでしょう。

企業にとってプラスになる仕事をこなし、必要な場合には積極的に現場に働きかけるなどといった高いコミュニケーションスキルが経理にも求められているのです。

都心であれば年収600万円程度の求人もある

経理の求人は比較的多いことから、転職先が見つかりやすいといえるでしょう。

企業にとって必要なポジションであり、人手不足も叫ばれている職種ですので、転職しやすいのが魅力です。

また、経理でも高い年収が期待できる企業も多く、都心であれば年収600万円というのも夢ではありません。

他の職業に比べて、年齢による給料の差が少ない

若いうちから経理として転職をすると、給与が少ないのではないかと感じる人もいるでしょう。

しかし、経理の給与は年齢による差が少ないのが特徴です。

もちろん、年齢や経験によって任される仕事内容は異なりますが、若いうちの転職でも、給与が大幅に下がることがないでしょう。

年齢を気にせずに転職が可能ですので、年齢を重ねた人でも転職のチャンスがあります。

仕事に対し積極的な人物の評価が高い

経理の転職では、仕事に対する積極性も求められることの1つです。

相手に与えられた仕事をこなせるスキルはもちろんのこと、受け身ではなく自分から積極的に働きかける姿勢が重要だと考えられています。

経理の観点からさまざまなことを提案できるようになると、企業も大きく盛り上がるといえるでしょう。

特別なことはできなくとも、仕事に真摯な姿勢で取り組み、積極的に行動をする意識を持った人材が転職では有利です。

常に前向きで積極的に仕事ができる人材は、経理の転職がしやすいといえるでしょう。

経理が転職しやすいといわれる8つの理由

企業が経理の転職者に求めるポイントは分かりましたが、ぜ、経理は転職しやすいといわれているのでしょうか。

経理は転職しやすい理由を8つ挙げて紹介していきます。

  • 景気の回復によって業務が増え、人手不足なので求人が多いから
  • ライフプランに応じた働き方ができるから
  • 転職が普通となっており、入社する人に対して寛容であるから
  • 同業の経験があれば転職しやすいから
  • 面接で人物を重視されやすいから
  • 5年程度の経理の経験があれば、転職しやすいから
  • 転職をしながらスキルアップできるから
  • 経理の資格が、他の企業でも役に立つから

景気の回復によって業務が増え、人手不足なので求人が多いから

会社の経営状態が悪化すると、営業ではなく経理や会計の人員を減らす傾向がみられます。

そのため、リーマンショックの後に訪れた不況では、多くの企業で経理や会計のリストラが進められたといえるでしょう。

しかし、その後、景気が安定するようになり、企業では経理の仕事が増えているのが現状です。

経理の仕事量の増加とともに、経理の求人も増え続けています。

経理の経験者の数も少ないことから、未経験者でも資格があれば採用している企業もめずらしくなく、経理は売り手市場をみせているのです。

このような理由から、経理は転職しやすいといえるでしょう。

ライフプランに応じた働き方ができるから

経理は女性が活躍しやすい職種としても知られています。

結婚や出産を理由に退職する女性も多くみられますが、経理であれば一度現場を離れても復職しやすいといえるでしょう。

なぜなら、経理の業務は定型化されているのが特徴だからです。

さらに、他の職種と比べると残業も少ないため、子育て中の時短勤務も選択しやすいでしょう。

したがって、ライフプランに応じた転職を求める人でも、転職しやすいのが経理の魅力です。

転職が普通となっており、入社する人に対して寛容であるから

経理は転職による人の入れ替わりが多い職種です。

定型化されている業務をこなすの仕事ですので、転職をしても働きやすいことから、同じ業界の経理部へと転職する人も多いでしょう。

したがって、転職をして当たり前の環境が生まれています。

入ってくる人に対しても寛容なことから新しい環境にも馴染みやすく、転職が成功しやすいでしょう。

同業の経験があれば転職しやすいから

経理は仕事が定型化されているため転職しやすいのが特徴ですが、同業からの転職であればさらにスムーズだといえます。

同業であれば業界特有の論点にも明るく、転職をしても即戦力として活躍しやすいでしょう。

面接で人物を重視されやすいから

営業などの職種に転職をする際には、前職でどの程度の実績を上げたかが重視されるといえるでしょう。

営業は売上に直結する仕事ですので、実力が高く評価されるのです。

その点、経理の仕事は売上に直結することがありません。

営業といかにコミュにケ―ションが取れるか、組織の中で波風を立てないかが重視されることから、どのような人物であるかが重要なポイントでしょう。

面接でも実力ではなく人柄が判断されることが多く、人当たりが良い場合には転職しやすいといえます。

5年程度の経理の経験があれば、転職しやすいから

経理の転職では、それほど長いキャリアを必要とされないことが多いものです。

一般的には5年程度のキャリアがあると転職しやすいといわれていますが、3年程度の経験であっても、資格などを考慮し、高く評価してもらえることもあります。

したがって、採用につながりやすい職種です。

転職をしながらスキルアップできるから

経理として転職を繰り返すと、さまざま企業のスタイルが学べます。

たくさんの業界にも精通するようになり、スキルアップが目指せるでしょう。

転職をしながらスキルアップができるため、転職回数が多いことも高評価へとつながりやすくなります。

経理の資格が、他の企業でも役に立つから

経理にはたくさんの資格がありますが、経理の資格は経理以外の仕事でも活用しやすいのが魅力でしょう。

ファイナンシャルプランナーやMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)といった資格は、ほかの職種でも高く評価される資格です。

経理としての経験を積み、将来的には別の職種へとキャリアアップしたいという人にも、資格があることが強みになります。

経理関係の資格はたくさんありますので、できるだけ多く習得しておくと転職しやすいのです。

経理の転職の3つの注意点

経理は転職しやすいといわれていますが、経理の転職では気を付けるポイントもあります。

経理は会社のお金の管理を任されるため、その責任能力が非常に問われる仕事です。

そのため、経理への適性なども重要だといえるでしょう。

ここからは、経理の転職における注意点を3つ挙げて紹介します。

  • どこでも通じるようにPCのスキルを高めておく必要がある
  • 作業の正確さが問われるので適職かどうかを見極める
  • 実績を測る事が難しいので、資格などを取得しアピールした方が良い

どこでも通じるようにPCのスキルを高めておく必要がある

経理のスキルは多くの企業で活かせますが、経理経験者のほとんどが同じスキルを持っているといえるでしょう。

そのため、転職でライバルに差をつけるにはPCのスキルを高めておくことが大切です。

また、PCがうまく使えるようになると、どの企業に転職をしても不安がなくなり、自信をもって仕事ができるようになります。

経理の仕事では、Excel・Wordで初級程度のレベルがあれば転職しやすいでしょう。

しかし、それ以上のスキルがあれば、より高く評価してもらえます。

ExcelやWord、PowerPointなどマイクロソフト系ソフトのスキルが証明できるMOSの資格を持っていると、転職しやすいといえるのです。

作業の正確さが問われるので適職かどうかを見極める

経理の仕事では極めて高い正確性が問われます。

そのため、自分が本当に経理に向いているのかを、あらかじめしっかりと考えておくのが良いでしょう

計算が嫌いでないか、同じことを繰り返すことが苦ではないかといった点は経理の仕事では重要です。

また、大切なお金を扱う仕事ですので、危機管理能力があれば転職しやすいといえます。

さらに、協調性があり、適度なコミュニケーション能力も必要だといえるでしょう。

パソコンが問題なく使いこなせる人材であるかも大切です。

これらの点を踏まえ、経理に適性があるのかを確認しておくのをおすすめします。

実績を測る事が難しいので、資格などを取得しアピールした方が良い

経理の転職は、実力ではなく経験が重視されることが多いでしょう。

なぜなら、面接で経理の実力を測るのは難しいからです。

しかし、経理に役立つ資格を取得しておくと、その実力が示しやすいといえます。

日商簿記2級や給与計算検定などを取得すると、経理の実力の高さが証明しやすいでしょう。

また、経理や財務の実務スキルを測るFASS(Finance Accounting Skill Standard)も、実務レベルの高さが示せます。

専門的な立場で仕事をしたいという場合には、公認会計士の資格を取得しておくのも良いでしょう。

資格があれば実力が判断しやすいことから、転職前に取得しておくのがベターです。

経理は転職しやすいが、注意点も知っておこう

経理のスキルはどの企業でも活かせるため、転職しやすいといえるでしょう。

また、人手不足が深刻な職種でもあり、転職先が見つかりやすいのもポイントです。

しかしながら、経理への転職にはいくつかの注意点もあります。

経理の仕事に向いているのか、面接で強みになる資格やパソコンスキルがあるのかによって転職のしやすさが大きく異なるでしょう。

今回の記事を参考に、良い転職を手に入れてください。

おすすめの記事