金融業界への転職は未経験でも可能?注意点6つと転職のコツも紹介!

金融業界は年収が高いため、年収アップを目的とした転職先として人気があります。

しかし、これまで異業種で働いていた人が未経験でも転職できる業界なのでしょうか。

この記事では、金融業界は未経験でも転職できるかどうかを解説し、注意点なども紹介します。

金融業界への転職を考える人は参考にしてみてください。

金融業界への未経験の転職はスキルが重要となる

金融業界は未経験の人が誰でも転職できる業界ではありません。

お金を専門的に取り扱うため、高い責任能力が問われる仕事ですので、専門性やスキルが非常に重要であるといえるでしょう。

転職でも、金融業界で活かせるスキルや資格を持っていると高く評価される傾向がみられます。

金融業界への転職は未経験でも可能

金融業界で活かせる資格やスキルがない場合には、未経験からの金融業界への転職は難しいといえるでしょう。

しかし、金融にもさまざまな職種があります。

職種ごとに必要とされている資格やスキルは異なりますので、それに合ったスキルを持っているのであれば、未経験からでも転職のチャンスはあるでしょう。

次のようなスキルや特性がある場合には、未経験からでも金融業界へと転職できる可能性が高まります。

  • 20代など若い年代だと、十分に可能である
  • 法人営業を経験していると、採用される確率が高まる
  • ノルマが厳しい業界での個人営業の経験は、評価が高くみられる
  • 財務諸表などを読むことができれば、金融業界でも役に立つ
  • 英語ができれば、語学力をアピールできライバルと差をつけられる

20代など若い年代だと、十分に可能である

20代などの若い年齢の人は、金融業界への転職が成功しやすいでしょう。

転職では即戦力が求められるケースが多いものの、少子高齢化によって労働人口が減少していることから、若手の育成に力を入れる企業は増えています。

金融業界においても若い社員を増やし、将来的に活躍できる人材へと育てる傾向が見られるのです。

したがって、20代であれば未経験でも金融業界へと転職できる可能性が高いでしょう。

法人営業を経験していると、採用される確率が高まる

金融業界では法人向けの営業を行うケースも多くみられます。

そのため、法人の経験がある人は優遇されやすいでしょう。

法人の営業で実際に成果を上げていた点などをアピールすると、好印象につながります。

ノルマが厳しい業界での個人営業の経験は、評価が高くみられる

金融業界は、他の業界と比較するとノルマに厳しい傾向がみられます。

そのため、これまでノルマ達成に向けて個人営業をしてきた人は優遇される可能性があるでしょう。

なぜなら、個人営業ができる人は金融業界で即戦力になると考えられているからです。

また、個人営業の経験があれば、高いノルマが課せられても前向きにやり切ろうという姿勢が持てると判断してもらいやすくなります。

金融業界は厳しいノルマが多い業界としても知られていますので、生き残れる人材としても判断してもらえるでしょう。

財務諸表などを読むことができれば、金融業界でも役に立つ

これまで金融業界とは異なる業界で仕事をしていた人でも、経理や財務の知識がある場合には転職が成功しやすくなります。

金融業界では法人を顧客とすることも多く、経理や財務の知識が十分に活かせる仕事です。

なかでも、財務諸表や決算書などが読め、分析もできる場合には、採用につながりやすいといえるでしょう。

さらに、簿記や公認会計士などの資格を持っていると、金融業界家の転職では有利です。

英語ができれば、語学力をアピールできライバルと差をつけられる

金融業界では、英語のスキルが高く評価される傾向にあります。

外資系企業はもちろんのこと、日系企業でも海外ファンドの管理部門などでは語学力が活かせるでしょう。

TOEICでハイスコアを取っている場合には語学力の高さが示しやすく、転職でも有利に働くことが予想されます。

金融は人気の転職先ですので、語学力をしっかりとアピールし、ライバルに差をつけましょう。

金融業界への未経験の転職で6つの注意すべき点

金融業界というのは、社風や体制が特殊な業界としても知られています。

そのため、自分が金融業界に向いているのかをしっかりと見極めることが大切でしょう。

転職活動を始めてから後悔しないよう、これから紹介する注意点をしっかりと考える必要があります。

  • 遅くても30代前半までに転職しなければ、転職が難しくなっていく事を理解する
  • 未経験での転職は、少しでも興味があればすぐに動く事が必要
  • ストレスが溜まる業務が多いので、適性を見極める
  • 上司や先輩と、仕事以外での付き合いも多くなる事を理解する
  • 昔ながらの社風などが強く残っているので、適応できるかどうか見極める
  • 社内の規則が厳格なので、しっかり守れるかを考える

遅くても30代前半までに転職しなければ、転職が難しくなっていく事を理解する

金融業界への転職へは、20代から30代前半までが理想的な年齢といわれています。

未経験の場合にはゼロから育成する必要があることから、若い人材を採用する傾向もみられるでしょう。

未経験でも、これまでのキャリアを活かして転職をする場合には、30代後半などの転職でも問題はありません。

しかしながら、金融業界への未経験からの転職が有利なのは圧倒的に若いうちです。

したがって、遅くても30代前半までの転職を目指すようにしましょう。

未経験での転職は、少しでも興味があればすぐに動く事が必要

未経験から金融業界へと転職をする際には、入社後にもさまざまなことを覚える必要があります。

金融業界にはさまざまな法律があり、必要とされる知識も非常に多いのが特徴です。

毎日のように移り変わる経済の状況にもアンテナを張り、新しい情報をインプットし続けなければなりません。

そのため、転職で金融業界を目指したいと考えるのであれば、できるだけ早く動き出すのが良いでしょう。

少しでも早く知識を習得しておくことで、未経験でもライバルに差がつけられるようになります。

細心のトレンドなどもしっかりとキャッチし、金融業界で活躍できる人材を目指しましょう。

ストレスが溜まる業務が多いので、適性を見極める

金融業界は営業成績が重視されるのが特徴で、厳しいノルマが課せられることが多いでしょう。

数字が足りない場合には上司から厳しく叱られることもあり、ストレスが溜まりやすいのが特徴です。

このような環境でも前向きに頑張ろうと思える人は金融業界に向いているといえるでしょう。

一方、ストレスに打ち勝てるだけのやる気が持てない場合には、転職をしてもうまくいかないことが多いものです。

自分の適性を見極め、金融業界に向いているかをあらかじめ確認しておきましょう。

上司や先輩と、仕事以外での付き合いも多くなる事を理解する

金融業界は、上司や先輩との付き合いが非常に重要なのが特徴です。

仕事終わりに上司と飲みに行くことが増え、週末にもゴルフに誘われるなど仕事のオンとオフが切り分けにくくなるでしょう。

しかし、上司や先輩との付き合いによって、評価が左右されることもあるのです。

営業成績などの数字だけでなく、人間関係も評価に影響をするといえるでしょう。

ただし、上司や先輩をうまく取り入れられるようになると、希望する仕事を任せてもらえるチャンスが増えるのも事実です。

金融業界を目指すのであれば、上司や先輩との付き合いが多くなることはあらかじめ知っておく必要があります。

昔ながらの社風などが強く残っているので、適応できるかどうか見極める

金融業界には保守的な思想を持っていることが多いでしょう。

企業によっては現代でも年功序列を重んじているところがあり、昔ながらの社風を大切にしている企業も多いことから、人間関係が難しいケースも少なくありません。

そのため、金融業界の社風に馴染めるかをあらかじめ見極めておくのもポイントだといえます。

さまざまな面から自分の適性を考慮し、金融業界でもストレスなく働けると感じるのであれば、積極的に金融業界への転職活動を進めましょう。

社内の規則が厳格なので、しっかり守れるかを考える

金融業界はお金を管理・運営する仕事ですので、非常に多くの法律が存在します。

また、それぞれの企業でもお客さまに信頼を届けるため、独自の規則を設けていることが多いでしょう。

資料の持ち出しや、社内情報の口外の禁止など細かい規則が非常に多く設けられています。

金融業界はお金を扱う専門家ですので、お客さまからの信頼を得ることが非常に重要です。

信頼を勝ち取るため、これらの規則は最低限守らなければならないといえるでしょう。

金融業界の厳しい規則が守れないと感じるのであれば、別の業界への転職をおすすめします。

金融業界への未経験の転職の3つのコツ

金融業界へ未経験から転職をするときには、いくつかのコツを押さえることが大切です。

これから紹介する3つのポイントに気を付けてアピールすると、転職が成功しやすくなるでしょう。

  • FP技能士など、金融業界に役に立つ資格をとる
  • 営業志望は良好な人間関係を築くのが大切なので、コミュニケーション能力をアピールする
  • 個人情報の取扱などに厳格なので、規律を忠実に守れる事をアピールする

FP技能士など、金融業界に役に立つ資格をとる

未経験からの転職であっても、金融に関する基本的な知識が身についている場合には、有利に働きます。

自分で勉強をするのはもちろんですが、確実にアピールするためにも、FP技能士などの資格を取得しておくのが良いでしょう。

転職前にFP技能士などを取得していると、入社後も熱意を持って仕事に取り組む人材だと判断してもらいやすくなります。

ライバルに差をつけられる可能性も高いことから、金融業界で役に立つ資格は前もって取得しておくのがおすすめです。

営業志望は良好な人間関係を築くのが大切なので、コミュニケーション能力をアピールする

金融業界ではお金といった形のない商品を扱うのですから、お客さまとの信頼関係が非常に重要だといえるでしょう。

金融業界の営業は、良好な人間関係があってこそ成り立つ仕事でもあるのです。

そのため、転職の際には高い対人コミュニケーション能力をアピールするようにしましょう。

相手に合わせて柔軟にコミュニケーションが取れることが示せると、転職では有利に働きます。

個人情報の取扱などに厳格なので、規律を忠実に守れる事をアピールする

金融業界はお客さまとの信頼関係が非常に重要であり、個人情報の取扱なども厳格に行われています。

個人情報の流出などを防ぐため、厳格な規則が用意されているケースが多いでしょう。

そのような環境でも忠実に規則を守り、責任をもった行動ができる人物であることを積極的にアピールすることが大切です。

信頼のおける人物であるかどうかが金融業界への転職では重要だといえるでしょう。

金融業界への未経験の転職は、事前準備をしっかり行おう

未経験から金融業界への転職を目指すときには、金融業界についてしっかりと学び、自分には適性があるのかを知っておくことが大切です。

また、金融に関する基本的な知識を身につけるよう努力し、金融業界で役に立つ資格などを取得しておくのも良いでしょう。

金融業界への転職は、未経験であることがマイナスにならないよう、事前に準備しておくことが重要だといえます。

今回紹介した注意点などをしっかりと頭に入れ、未経験からでも金融業界への転職を勝ち取ってください。

おすすめの記事