サービス業から転職でおすすめの職種4つの成功させる3つのコツを紹介!

サービス業は特殊な職業の一つといわれ、異業種への転職は難しいのではないかと悩む人が多いです。

転職を考えるときはどうしても今までの経歴・経験が大きく左右されます。

サービス業からの転職は難しいのか、おすすめの職種や成功させる3つのコツについて解説していきます。

サービス業から異業種への転職は難しそうで不安

人によって職種・業界の経歴は大きく異なります。

同じ業種・職種への転職を行う場合は以前の職歴・経験などを活かすことができるため有利になりますが、異業種への転職の場合は多くの人が不安になりがちです。

サービス業からの異業種へ転職する場合は特に不安や悩みを抱える人が多いです。

サービス業からの異業種への転職は本当に難しいのか、おすすめ職種や転職を成功させるコツ・成功例などをご紹介していきます。

サービス業から異業種へ転職する時のおすすめ職種5つ

  • 秘書
  • コールセンター
  • 事務職
  • 営業職
  • 介護職

まずはサービス業からの異業種への転職を考える場合におすすめの職種を5つ解説します。

サービス業からの転職でおすすめの異業種でもサービス業の経験を活かせる異業種は存在します。

どのような職種がいいのか、サービス業からの異業種への転職を考えている人は参考にしてください。

おすすめの職種1:秘書

サービス業からの転職でまずおすすめする職種は「秘書」が挙げられます。

秘書は求人募集をしている可能性が低いのですが、サービス業からの転職時には向いています。

サービス業の職務内容にもよりますが、柔軟に対応する「臨機応変」な行動を学んでいることが多く、秘書に求められるスキルを習得している可能性が高いです。

さらに秘書はサポートをしないといけない上に、外部の人と仲良くするコミュニケーション力が必要になるので、サービス業ならではのコミュニケーション能力も活かすことができます

秘書の求人募集が出ている場合はかなりチャンスなので、率先して応募するのがおすすめです。

おすすめの職種2:コールセンター

さらにサービス業からの転職で成功しやすいのが「コールセンター」が挙げられます。

コールセンターも秘書同様に臨機応変さが求められ、下手な対応をしてしまうと相手に激怒されてしまう可能性もあります。

もちろんサービス業も些細なことで相手の反感を買ってしまう可能性がある職種でもあるため、臨機応変さや持ち前のコミュニケーション能力を活かすことが可能です。

相手と話すことが好きな人や誰かを幸せにしたいと考えている人にもおすすめの職種です。

おすすめの職種3:事務職

サービス業からの転職でも、バックヤードなどの管理業務に就いている経験がある人は「事務職」もおすすめです。

事務職は管理能力が問われる職種になり、サービス業からの転職にも向いています。

会社内の資料などをまとめるほかに、会社のサポートをする立場なので、周りを見る力が養われているサービス業からの転職におすすめの職種です。

裏方の管理業務をしたことがある場合はサービス業からの転職で成功しやすいです。

おすすめの職種4:営業職

サービス業からの転職で積極的な行動力を活かすことができる職種では「営業職」が挙げられます。

営業職も臨機応変さやコミュニケーション能力が必要ですが、さらに積極的な行動力が求められるような職種になります。

さらに行動したら行動した分の成果が返ってくるため、やりがいのある仕事だと感じやすいです。

営業職はサービス業からの転職だけでなく、他の業種からも転職がしやすい職種でもあります。

人と触れ合うことが好きな人や、積極的な行動を取ることがある人、やりがいのある仕事に就きたいと考えている人におすすめです。

おすすめの職種5:介護職

サービス業からの転職で意外と希望者が多い転職先は「介護職」です。

介護職とサービス業は全く関係ないようなイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

しかしどちらも肉体業務である上に、人と接するコミュニケーション能力が必要です。

さらにサービス業から介護職へ転職する理由として「介護職は将来性・需要がある」という点を挙げる人が多いです。

サービス業は成功すると安定はしますが、さまざまな業種の中でもやや不安定な職種でもあるため、将来性を考えた転職を考えている人にもおすすめします。

サービス業から異業種へ転職する時の3つのコツ

  • 転職先でも活かせるスキルを洗い出す
  • 高評価された経験をを洗い出す
  • スキルや経験からアピール方法を考える

サービス業からの転職を考える場合は今までの経歴・経験を活かせる職種を選ぶようにするのが好ましいです。

次はそのようなサービス業からの異業種への転職でも、転職を成功させやすい3つのコツについて解説していきます。

異業種への転職は不利に考えられてしまいがちですが、サービス業からの転職でも成功確率が高まるので、ぜひチェックしてみてください。

コツ1:転職先でも活かせるスキルを洗い出す

勉強

サービス業からの転職だけでなく他の職種から異業種への転職を考える場合はまず「転職希望先で活かせる経験」を考えてください。

転職希望職種や今までの経歴・経験によって活かせるスキルは変わりますが、自分の強みになるポイントでもあります。

他の人にはない強みを説明できる場合はやはり企業側からしても魅力的な人材として判断されやすいです。

アピールポイントを自分でしっかりと把握しておくと面接で緊張してしまった場合でもアピールできやすくなるため、まずは転職希望先で活かせる経験・スキルの洗い出しを行いましょう

コツ2:高評価された経験をを洗い出す

自分が活かせると思うスキル・経験を洗い出すとともに一緒に行っていただきたいのが「高評価された経験」です。

わかりやすく説明すると「仕事をしている中で先輩や上司・同僚から褒められた経験」を洗い出してください

他の人から褒められた経験も自分の強みでもあり、他の人からも高評価もらいやすい魅力的なポイントです。

さらに高評価をもらった経験を面接でもアピールできると面接時も魅力的な人材だと見てもらいやすいため転職成功率が高まります。

コツ3:スキルや経験からアピール方法を考える

サービス業から転職する場合は他にも「アピール方法」を考えましょう。

異業種からの転職と同業種からの転職を見た場合は、やはり同業種からの転職が経験を活かせると判断されやすく、転職希望者数が多い職種だと不利になりやすいです。

しかし異業種だからこそ活かせる経験をアピールすることができれば、会社に新しい風を吹かせる人材として注目があつまりやすいです。

ただしサービス業の場合は相手を喜ばせようとさまざまなことを話してしまい、話が長くなってしまいがちなので簡潔にまとめて話すことを意識するのをおすすめします。

サービス業の転職でアピールできる3つのスキル

  • コミュニケーション能力
  • 接客時の対応力
  • バックヤードの経験

次はサービス業からの転職を考える場合にぜひアピールしていただきたいおすすめのスキルを3つご紹介します。

アピールしたいスキルはサービス業で経験できる大きな強みでもあり、素敵な人材だと感じてもらいやすいポイントです。

自分の経験やスキルの洗い出しをする場合に次にご紹介するようなスキルが備わっていないか考えてみてください。

スキル1:コミュニケーション能力

何度も触れていますが、サービス業の最も強みといえるスキルは「コミュニケーション能力」です

サービス業は相手を喜ばせる職種でもあり、人と触れ合っていく職種になります。

数多く存在する職業の中でも特にサービス業はコミュニケーション能力が求められる職業といっても過言ではありません。

サービス業の経験が長ければ自覚していなくてもある程度高いコミュニケーション能力を持っている可能性が高いです。

仕事をしていて相手に笑顔になってもらうシーンが多い人はコミュニケーション能力が高いといえます。

スキル2:接客時の対応力

人と接した場合の「接客能力」もアピールすることができる強みです。

接客能力は臨機応変に対応できる能力でもあるため、さまざな仕事に活かせるスキルといっても過言ではありません。

さらに相手に良い表情で対応することができるので、相手を好印象を与えることができます。

フットワークの軽さや対応の良い姿は多くの人から高評価を得やすいため、接客能力・臨機応変さをアピールするのはおすすめです。

スキル2:バックヤードの経験

サービス業の中でもバックヤードの経験がある人はしっかりとアピールするようにしましょう。

バックヤードは在庫などの管理や人材管理などを行う仕事で、表に出ない裏方の仕事になります。

しかし裏方の仕事でもとても重要な部分になるため、バックヤード経験があると管理能力や責任能力があると判断してもらうことが可能です。

コミュニケーション能力や接客能力・臨機応変さとともにアピールできる強みでもあるので、バックヤード経験がある人は面接時にしっかりとアピールするようにしましょう。

サービス業からの転職成功例2例

  • 接客業から人材業界・営業職への転職(20代)
  • 接客業からIT業界・営業職への転職(20代)

最後は実際にサービス業からの転職で成功した例を2つご紹介していきます。

成功例は転職活動を行う場合の参考になりやすい意見です。

どのような意見が挙がっているのかネット上に挙がっている成功例をまとめていますので参考にしてください。

成功例1:接客業から人材業界・営業職への転職(20代)

20代の接客業から人材業界・営業職への転職した人の転職理由は「接客業の不規則な業務内容が辛いと感じた」という点です。

サービス業からの転職希望理由として最も多いポイントといっても過言ではなく、20代の人も同様の意見でした。

元々人と話すことが好きな人なので、人と話す経験が活かせる仕事を探しているときに「人材業界・営業職」を見つけました。

サービス業にはない「ノルマ」が存在するため、最初はかなり苦戦したと語られています。

しかし持ち前のコミュニケーション能力を活かし、少しずつ打ち解けていくことで仕事が上手にこなせるようになったと今では転職したことに満足しています。

特に転職してよかったと感じるポイントは人と話すことができ、辛いことはあるものの不規則な業務は少なくサービス業のようにやりがいがある仕事という点だそうです。

成功例2:接客業からIT業界・営業職への転職(20代)

接客業からIT業界・営業職への転職した20代の人は、転職希望理由が「不規則な業務と立ち仕事」が挙げられました。

IT業界・営業職への転職は、転職エージョントに紹介されて転職できたようです。

特に転職をしたことによってよかったと感じる点は、接客能力を活かして人と繋がり、新しいアイデアなどが生まれる場合がある点が魅力的に感じると語られています

人と繋がるほどより多くの人のアイデア・知識を吸収することができるため、多くのことに活かすことができます。

アイデアや知識を得るためには深い関係になる必要があるため、接客能力などを活かすことができやすいです。

最初は不安だったようですが、今では不規則な業務もほとんどなく、楽しく仕事ができているため転職してよかったと語られています。

サービス業から転職はスキルや経験をまとめてアピールしよう

サービス業からの転職を考える場合は今までの経験・活かせるスキルをしっかりとアピールするのがポイントです。

特に面接の時には有利になりやすく、スキルや経験をコミュニケーション能力を使ってアピールすることができやすいです。

サービス業から転職をしてよかったという声も多く挙がっているので、転職を検討している人は異業種もぜひチェックしてみてください。

おすすめの記事