メーカーからの転職は難しい?おすすめの4つの職種と3つのコツ!

日本産業の大黒柱ともいえる存在のメーカー。安定した就職先として人気のメーカーでも、大規模な技術革新によって大きな転換期を迎えています。

そのため、メーカーでの仕事に不安を感じ、転職を考える人も多いでしょう。メーカーからの転職は難しいのでしょうか。そこで、メーカーからの転職について説明します。

メーカーからの転職者は同業種に転職する人が多い

メーカーで長く働いていると、限られた専門分野での勤務が多くなります。専門性が極めて高くなることから、同業種へと転職する人が多いでしょう。

同業種であれば業界への知識が深く、これまでの経験も活かせるため、転職が成功しやすいといえます。また、中途採用では即戦力を求める企業が多く、豊富な経験から転職では優遇されやすいでしょう。

さらに、同業種の同職種への転職の場合には高いスキルが見込まれ、キャリアアップも目指せるのが魅力です。

メーカーからの転職は難しいのか

メーカーからの転職は、専門性が高く、経験者が優遇されているため、同じ業種内で行われるケースが多いでしょう。そのため、転職では同業種でのキャリアアップを目指すのが一般的だといえます。

異業種への転職を希望しても、これまでに培った知識や経験が活かせないケースがほとんどです。

さらに、メーカーの仕事を長く続けていると、考え方が固まっていると判断されてしまうことが多く、異業種へと転職をしてもうまくいかないのではないかと思われてしまうこともあるでしょう。

ただし、高い技術力を持っている場合には、転職でも有利に働きます。したがって、メーカーから異業種への転職は、高い技術力が必要です。

メーカーからの転職でおすすめの職種4つ

同業種への転職が目立つメーカーからの転職ですが、メーカー勤務が有利に働く転職先も存在します。そこで、メーカーからの転職でおすすめの職種を4つピックアップして紹介しましょう。

  • おすすめの職種1:同業他社のメーカー
  • おすすめの職種2:異業種の技術職
  • おすすめの職種3:コンサルティングファーム
  • おすすめの職種4:ベンチャー企業・中小企業の技術職

おすすめの職種1:同業他社のメーカー

同業他社のメーカーへの転職は転職がしやすいため、非常におすすめです。競合他社への転職であれば、これまでに培った技術やノウハウが活かせることから優遇されやすいでしょう。

なかでも、自動運転やMaaSなどを積極的に取り入れている業界や、ファクトリーオートメーション業界、電子部品業界などは、技術革新によって大きな変化を求められています。

したがって、競合他社からの新しい風を自社に取り込む傾向が見られるのです。

これまで日系メーカーで働いていた人が外資メーカーへと転職するパターンや、日系メーカー同士での転職などさまざまなパターンがあるでしょう。

ただし、同業種で同じ職種の転職の場合には、働く環境がそれほど変わることがないケースもみられます。転職によってこれまでの不満は改善できるのかといった点をしっかりと見極め、転職先を選ぶことが大切です。

おすすめの職種2:異業種の技術職

異業種でも活かせる高い技術力を持っている人は、異業種の技術職への転職がぴったりでしょう。機械メーカーで培った技術を活かして自動車メーカーへと転職をするケースや、食品メーカーから医薬品メーカー、化学メーカーから総合商社などそのパターンはさまざまです。

これまでの経験を活かして新しい業種へと転職することから、活躍の場を広げることができます。その結果、将来的には大幅なキャリアアップも目指せるでしょう。

おすすめの職種3:コンサルティングファーム

メーカーで業務の効率化やラインの効率化を行っていた人はコンサルティングファームを選ぶという方法もあります。

業務の効率化やラインの効率化は、企業の抱える課題と似通っているといえるのです。そのため、企業に対して的確な経営戦略が提案できる人物だと考えられることが多いでしょう。

実際、メーカーでの経験を活かしてコンサルティングファームへと転職し、成功した人は多いものです。したがって、経営コンサルティングや製造業に特化したコンサルティング会社ではメーカー勤務が高く評価されています。

おすすめの職種4:ベンチャー企業・中小企業の技術職

メーカーからの転職ではベンチャー企業や中小企業の技術職を狙うという方法もあります。大手のメーカーからの転職の場合には、安定感に欠けると不安に思う人もいるでしょう。

しかし、ベンチャー企業や中小企業の技術職であれば、大手とは違ってのびのびと働けるといったメリットがあります。

大手のメーカーで経験した顧客拡大や組織環境の整備といった経験が高く評価されるケースは多く、優遇される可能性も高いでしょう。

転職によって働きやすさを求める人にもぴったりの転職先です。

メーカーから転職する3つのコツ

メーカーからの転職は簡単ではありません。しかし、コツを押さえると転職が成功しやすいといえるでしょう。こメーカーからの転職で重要なコツは次の3つです。

  • コツ1:技術やスキルを活かせる企業を選ぶ
  • コツ2:現在の職種に合わせて転職方法を考える
  • コツ3:技術職に強い転職コンサルタントを探す

コツ1:技術やスキルを活かせる企業を選ぶ

メーカーからの転職では、これまでの仕事で得た技術やスキルが活かせる職種を選ぶことが大切です。中途採用では即戦力を求める企業が多いことから、高い技術やスキルは強みになるでしょう。

メーカーで得られるスキルは。業種に関係なく共通する部分が多いのも特徴です。医療機器メーカーから自動車メーカーへの転職でもスキルが活かしやすいため、転職でも有利に働きます。

これまでに培った技術や経験が新しい職場でも活かせると、キャリアアップや年収アップも夢ではありません。

コツ2:現在の職種に合わせて転職方法を考える

メーカーへの転職にもさまざまな職種があります。営業職や研究職など、その種類は非常に豊富だといえるでしょう。そのため、メーカーへの転職では現在の職種に合った職種を探すのがベターです。

あまりにも畑違いの職種の場合には、働きにくさを感じてしまうことがあります。これまでの経験が活かせないこともありますので、職種選びは非常に大切だといえるでしょう。

また、メーカーには研究職という職種もありますが、研究職の転職には注意すべき点があるため、この後の段落で紹介します。

コツ3:技術職に強い転職コンサルタントを探す

メーカーからの転職で異業種を目指すのであれば、未経験からの求人を見つける必要があります。求人はハローワークなどでも見つけられますが、質の良い求人かどうかの判断は自分でしなければなりません。

また、ハローワークなどでは応募書類の添削や面接対策などはしてもらえないことが多く、自分一人で転職活動を進めなくてはならないでしょう。

メーカーからの転職を成功させるためには、信頼のおける求人を持ち、転職へのサポートをしっかりと行うコンサルタントに相談するのがおすすめです。なかでも、メーカーからの転職や技術職の転職に強いコンサルタントを選ぶのが良いでしょう。

コンサルタントに相談をすると、非公開求人などを紹介してもらえる可能性があり、転職先の幅を広げることも可能です。

メーカー”研究職”から転職する時の3つの注意点

メーカーの研究職からの転職には、注意すべき点が3つあります。ここから紹介する3つの注意点に気を付け、転職先を選びましょう。

  • 1.【研究職→研究職】の場合の注意点
  • 2.【研究職→ベンチャー企業】の場合の注意点
  • 3.【研究職→コンサルティングファーム】の場合の注意点

1.【研究職→研究職】の場合の注意点

メーカーの研究職から研究職への転職は、競争率が高い点に注意が必要です。研究職は極めて人気の高い職業のため、求人が出ても応募が殺到することが多いでしょう。

たくさんの応募者から勝ち抜くには、転職先で求められるだけの実績を持っている必要があります。そのため、これまでとは別の研究職を目指す場合には、難易度がさらに高くなってしまうでしょう。

また、研究所は都心から離れた環境に作られていることがほとんどです。僻地への転勤になる可能性も高いため、覚悟が必要だともいえます。

2.【研究職→ベンチャー企業】の場合の注意点

メーカーの研究職からベンチャー企業へと転職する際には、ベンチャー企業で活かせるだけのスキルや実績があるかに気をつけましょう。

ベンチャー企業は採用基準が高いのが特徴で、実力を重視する傾向にあります。したがって、ベンキャー企業への転職では自分の実力や実績を確実に示せるようにしておくことが大切です。

3.【研究職→コンサルティングファーム】の場合の注意点

研究職からコンサルティングファームへの転職では、コミュニケーション能力の高さが問題となるでしょう。コンサルティングファームというのは、クライアントが抱えている問題や課題の解決に向けたアドバイスや支援をする企業のことをいいます。

そのため、クライアントと円滑にコミュニケーションを取る必要があるのです。さらに、高い問題解決力も求められています。

研究職ではコミュニケーション能力がそれほど必要とされないことが多いため、求められるスキルが大きく異なることに注意をしなければなりません。

メーカーからの転職成功例2例

メーカーからの転職では、実際にどのような成功例があるのでしょうか。転職の成功例を見ていきましょう。

  • 転職成功例1:化学メーカーから総合総社のプラント部へ
  • 転職成功例2:日系メーカーから外資系メーカーへ

転職成功例1:化学メーカーから総合総社のプラント部へ

化学メーカーから総合商社のプラント部へと転職した例では、2カ月間の転職活動が行われました。総合商社への太いパイプを持つ転職エージェントを利用した転職活動が功を奏し、今後の高いポジションが十分に期待できるポジションへの転職が成功しています。

総合商社は転職への難易度が高いといわれていますが、転職エージェントのコンサルタントが転職希望者の語学力の高さを押し出せるようアドバイスを行い、社風や社内事情にピッタリとマッチさせた結果、転職へと導いたのです。

転職成功例2:日系メーカーから外資系メーカーへ

日系メーカーから外資系メーカへの転職は、仕事をしながらの活動となりました。転職をバックアップするコンサルタントは2社に依頼し、十分なサポートを求めた転職活動であったのが特徴です。

希望していた仕事ではなく、自分のこれまでのスキルにマッチする職種を提案してもらえ、自分では分かり得なかった適職に出会えたのもポイントでしょう。

また、コンサルティングは面接までコンサルティングは面接にまで同行し、転職希望者のPRもしっかりと行っています。信頼のおけるコンサルティングと出会えたからこそ、日系メーカーから外資系メーカーへの転職が成功した事例です。

メーカーからの転職は技術職に強いコンサルタント探しが大事

メーカーへの転職では転職先選びが非常に重要です。同業種への転職が多く、異業種への転職は非常に難しいといえるでしょう。しかし、いくつかのコツや注意点をしっかりとおさえると転職が成功しやすくなります。

また、メーカーからの転職を得意とするコンサルタント選びも非常に大切です。希望する転職先に詳しいコンサルタントを選び、希望の業種へと転職をしましょう。

おすすめの記事