アパレルからの転職で異業種は可能?おすすめの5つの職種と5つのコツ!

アパレル業界から営業職などの他の業種に転職したいと希望している人も多くいます。

アパレル業界からの転職は事前準備をしっかりしておけば、成功する可能性が大いにあります。

この記事では、アパレル業界からの転職のコツとおすすめの職種を紹介します。

アパレルからの異業種へ転職は事前準備が大切

今までショップ店員やファッション関係の会社などのアパレル業種から、営業や事務などの一般企業への業種に転職したいという人も増えてきています。

アパレル業種から異業種への転職を成功させるためには、事前準備をしっかり行う必要があります。

これから、アパレル業界から異業種への転職を成功させる方法を紹介していきます。

アパレルからの転職は可能

前職、または現職がファッション関係という人で、これからアパレル業界から一般企業に転職を希望しているけど可能かどうか分からなくて悩んでいる人に朗報です。

アパレル業界から異業種への転職は、準備をしっかりしておけば大いに可能です。

これから、アパレル業界から営業職など異業種への転職について具体的に解説していきます。

  • アパレル業界から転職することは、十分に可能である
  • 将来的に成長できる20代前半は、転職を成功させる可能性が高い
  • マネジメントなどのスキルがある人は、転職しやすい

アパレル業界から転職することは、十分に可能である

アパレル業界から一般企業などの異業種に転職は、大いに成功する可能性があります。

ショップの店員さんやファッション関係の会社で働いていたけど、一般企業の営業職やマーケティングなど別の職種に転職したいという人でも、アパレル業界からの転職のコツを知ることで転職を成功させることができます。

業界が違っていてもアパレル業界で学んだことを活かせる仕事はたくさんあるので、もしアパレル業界からの転職に悩んでいる人は前向きに転職活動を進めていきましょう。

将来的に成長できる20代前半は、転職を成功させる可能性が高い

アパレル業界から別の業種に転職することは大いに可能ですが、特にこれから成長の伸び代がある20代前半の人は異業種への転職を成功させる可能性が高くなります

30代になってくるとアパレル業界だとマネージャーや店長など肩書きがついている人が多く、一から新しい仕事を覚えていくということに抵抗がある人がいます。

よって、アパレル業界で数年ほど社会人経験をしてきた20代前半の人を採用するケースが多くなってきています。

マネジメントなどのスキルがある人は、転職しやすい

先ほどは20代前半の人はアパレル業界から異業種への転職が成功しやすいと説明しましたが、30代以降の人でもマネージメントなどのスキルがあれば転職を成功させることもできます。

例えば、ショップの店長として働いていて、従業員のシフト管理や売り上げと比較して商品の仕入れなどを決めていくなどのマネージメント経験がある人であれば、一般企業においてもそのスキルを役立てることができます。

20代でないので新しい仕事への挑戦は無理だとネガティブにならず、今まで自分がしてきたことを紙に書いてまとめてみて、今の自分には新しい舞台で何ができるかということを明確にしておくことが大切です。

      アパレルからの転職で5つのおすすめ業種

      アパレル業界から別の業種に転職したいという人も増えてきていますが、どのような職種であれば転職を成功させることができるのでしょうか?

      アパレル業界からの転職におすすめの業種は、主に以下の5つになります。

      これから、具体的にどのような仕事内容なのかを説明しますので是非、参考にしてください。

      • 企業の事務職
      • プログラマー
      • 営業職
      • マーケター
      • カスタマーサクセス

      企業の事務職

      アパレル業界からの転職でおすすめの業種として、一般企業の事務職が挙げられます。

      事務職といっても様々な仕事内容がありますが、中でも電話対応や書類整理など未経験でも一から学べばできる仕事もたくさんあります。

      また、事務職の人は他部署の多くの人たちと接することが多く、コミュニケーション能力が高い人に向いており、アパレル業界で培った高いコミュニケーション能力を活かして仕事をすることができます。

      プログラマー

      アパレル業界からの転職でおすすめなのが、インターネットや電子機器などにコードを打ち込んでプログラミングをしていくプログラマーの仕事です。

      プログラマーというと難しくて敷居の高い仕事だというイメージが強いのですが、実はプログラマー未経験でも求人を募集している企業もあります

      ただ、プログラミングの勉強をして資格をとってからプログラマーへの転職活動を行うことをおすすめします。

      そのほうが、企業側も未経験であってもプログラミングの知識と資格があるなら採用してみようという気持ちになるので勉強をしておきましょう。

      営業職

      一般企業の営業職もアパレル業界から転職するおすすめの業種の一つです。

      アパレル業界は多くの人たちと取引をしたり、お客さまと会話をすることが多いので、社交性とコミュニケーション能力を磨くことができます。

      営業職においても常に取引先の人と電話やメール、対面でコミュニケーションを円滑に取ることで営業成績につながるので、アパレル業界で働いていた人はそのヒューマンスキルを評価されて営業職への転職に成功する確率が高くなります

      マーケター

      マーケターという業種は、企業の商品を販売する上で非常に重要な役割を果たします。

      どのような商品が売れるのか、どこにニーズはあるのかなど市場調査をしてデーター分析をしていきます。

      マーケターの人はあらゆる分野の多くの人たちと会話をして情報を入手する必要があるため、高いコミュニケーション能力が求められるため、アパレル業界で働いた経験がる人が優遇される可能性も高くなります。

      アパレル業界においても、どのようなファッションが求められているのか、顧客の年齢層や好みの洋服や靴など売り上げに繋げるためにマーケティングを行います。

      企業の売り上げに直につながる仕事でもあるので、やり甲斐もあって刺激的な業種なのでアパレル業界から転職する業種として人気があります。

      カスタマーサクセス

      カスタマーサクセスとは、カスタマーサポーターとは異なり、顧客(企業)が提供するサービスや商品の価値を最大限に引き出す支援をする業種です。

      簡単に言うと会社の状態をさらに良くするためのカウンセラーというような位置付けになり、企業の問題点や悩みなどの解決して会社の成長に繋げるため、ここ最近になってカスタマーサクセスという業種を取り入れている大企業も増えてきています。

      カスタマーサクセスを担当する人たちは、迅速に問題点を理解してより良い解決方法やサービスの価値をあげる方法をアドバイスする必要があり、高いコミュニケーション能力が求められます。

      アパレル業界で働いてきた人は、その時代にあった流行をキャッチして売れる商品を仕入れるという作業に慣れておりカスタマーサクセスという業種にも向いています。

      アパレルからの転職を成功させる5つのコツ

      アパレル業界から別の業種に転職することを成功させるには、以下の5つのコツを知る必要があります

      基本的に、どの業種に転職する上でも大切な事項なので、アパレル業界から転職したい人は是非、参考にしてください。

      • 転職の理由はネガティブにみられるので、前向きな言い回しで伝える
      • 転職エージェントを利用し、転職のプロのアドバイスを受ける
      • 店長やマネジメント経験がある場合、積極的に経験をアピールする
      • WordやExcelを使える事をアピールするために、資格を取得する
      • 書類選考で落ちないために、職務経歴書はしっかりと作成する

      転職の理由はネガティブにみられるので、前向きな言い回しで伝える

      ポジティブ

      なぜアパレル業界から営業職や一般企業などの別業種に転職をしたいでしょうか?

      面接をする際には必ず異業種への転職理由を聞かれます。

      ただ、異業種への転職理由はネガティブにとらわれがちなので、なるべくポジティブな印象になるように言い方を変えるようにしましょう。

      例えば、今までショップ定員として働いていたけどコスメ会社のマーケターを志望している場合は、ファッションにも通ずるコスメティック関係のマーケティングをして売れる商品を一から考えていきたいなど、転職への熱意を示すようにすると転職成功へつながります。

      転職エージェントを利用し、転職のプロのアドバイスを受ける

      転職活動自体が初めてという人は、どのように転職活動を進めていけば良いのか、面接では何を伝えたら良いのか分からないことが多いようです。

      マイナビやリクルートエージェントなど、有名な転職エージェントに登録して転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談してみる方法もあります。

      キャリアアドバイザーと話してみて自分が転職先でやりたいことなども明確になることも多く、より確実に転職を成功させるためにはプロと面談をすることをおすすめします。

      転職エージェントは無料で簡単に登録ができるので、まずは登録だけして求人を検索することから初めてみましょう。

      店長やマネジメント経験がある場合、積極的に経験をアピールする

      今までアパレル業界で働いていて異業種に転職したい場合は、前職で店長やマネージメントなどの経験があれば積極的にアピールしていくと転職を成功する可能性も高くなります。

      売上管理やスタッフのシフト管理など、店長はショップ経営において重要で責任のある役割をすることが多く、他の業種においてもそのスキルと経験を活かすことができます。

      異業種だから不利ということはないので、今までの経験で何ができるかを積極的に面接でアピールしましょう。

      WordやExcelを使える事をアピールするために、資格を取得する

      アパレル業界から別の業種に転職する場合は、一般企業で必要なWordやExcel、パワーポイントなどが使えることを示すための資格を取得すると、より転職を成功させる確率も上がります。

      例えば、英語の資格TOEICやマイクロオフィス検定のMOS、ビジネス文書検定などを保有していると、一般企業への転職の幅が広がります。

      どの資格も、しっかり勉強しておけば取得できるので、どれか人でも持っておくと良いでしょう。

      書類選考で落ちないために、職務経歴書はしっかりと作成する

      アパレル業界から異業種への転職を成功させるためには、履歴書や職務履歴書をしっかり用意する必要があります。

      一般企業に就職する際には必ず履歴書や職務履歴書を送り、書類選考に通って初めて採用担当者と面接をすることができます。

      履歴書や職務履歴書は、いわゆる顔のようなものなので、今までの経歴やスキルを明確に記入するようにしてください。

      アパレルからの転職はコツを知って挑もう

      アパレル業界から一般事務やマーケティングの仕事に転職することは大いに可能です。

      履歴書や職務履歴書にしっかり経歴やスキル、資格などを記入したり、アパレル業界で培ったコミュニケーション能力をアピールするなど、転職する上で必要なコツを掴んで異業種への転職を成功させましょう。

      おすすめの記事