警察官の年収平均は高い?低い?20代・30代・40代の年齢別で調査!

市民が安全に暮らせるようにパトロールや取締りを行い、犯罪を抑止する警察官。

パトカーに乗ったヒーローのような存在としても知られていますが、警察官の年収はどのくらいなのでしょうか。

また、警察官になる方法や、具体的な業務内容が気になる人も多いでしょう。

そこで、警察官の年収の平均について年齢別に調べてみました。

警察官の年収は、一般的なサラリーマンと比べて高い

都道府県に勤務する警察官は地方公務員であり、警察庁に勤務するのは国家公務員です。

それぞれに所属は異なりますが、公務員であることに変わりはなく、安定した雇用が期待できるでしょう。

また、一般的なサラリーマンの年収を平均すると約430万円であるのに対し、警察官の平均は約700万円です。

約300万円もの差があることから、警察官は高額な年収がもらえる職種だといえます。

ただし、どの警察官も同じ年収がもらえるわけではありません。

警察官の年収は年齢や階級、採用区分によって異なるのが特徴です。

次からの段落では、警察官の年収をさまざまな角度から解説していきます。

警察官になるための必要な試験と業務内容

警察官の年収はサラリーマンと比較すると高いため、転職をして警察官を目指す人もいるでしょう。

しかし、警察官になるにはどうすれば良いのでしょうか。

また、実際にはどのような業務をこなす仕事か気になる人もみられます。

そこで、警察官になるために受けなければならない試験や、警察官の具体的な業務内容を紹介しましょう。

  • 警視庁の警察官と都道府県の警察官で必要な試験が異なる
  • 高校卒業以上の学歴が必要となる
  • 警察学校の初任教育を経て、配属先に配属される
  • 地域のパトロールや犯罪者の検挙などが業務

警視庁の警察官と都道府県の警察官で必要な試験が異なる

警察庁の警察官は国家公務員ですので、まずは人事院の行う国家公務員採用試験に合格しなければなりません。

国家公務員採用試験に合格後には、省庁ごとに行われる採用選考があります。

この採用選考を突破して警察庁への採用となるのです。

一方の都道府県警察の警察官は地方公務員のため、各警察本部が独自の採用試験を行います。

本部ごとに試験区分や受験資格が異なることから、注意が必要です。

高校卒業以上の学歴が必要となる

警察官に必要な学歴は高卒以上です。

義務教育を終了し、高校卒業以上の学歴を持っていれば挑戦できる職業でしょう。

なぜなら、市民に安全を提供する警察官に必要なのは学歴ではなく、社会常識や一般常識だからです。

したがって、学歴を気にすることなく働ける環境だともいえます。

警察学校の初任教育を経て、配属先に配属される

警察官として採用されても、すぐに警察署や交番に勤務できるわけではありません。

都道府県警察で警察官になるには、各都道府県の「警察学校」、警視庁に採用になった場合には「警察大学」で、初任教育を受けます。

都道府県の警察学校では採用区分によって教育期間が異なり、大卒の場合は6カ月、短大・高卒の区分では10カ月の初任教育が行われるのが一般的です。

その後、配属先へと向かうことになりますが、初任教育の間にも給与は支給されますので、安心して教育が受けられます。

地域のパトロールや犯罪者の検挙などが業務

初任教育を終えると、地域警察部門や交通警察部門へと配属されるケースがほとんどでしょう。

地域警察部門は駐在所や交番を拠点とし、地域の安全確保を担います。

管内のパトロールや遺失届の処理、拾得物の対応などが主な仕事です。

また、防犯指導や交通指導なども行い、事件・事故が発生したときには初動対応をします。

交通警察部門は、街頭での取締りなどによって交通事故を未然に防ぐのが仕事でしょう。

ひき逃げや交通事故、保険金詐欺事件があれば捜査をするのも交通警察部門です。

警察官の20代の平均年収

働きだして間もない20代の警察官は、どのくらいの年収なのでしょうか。

そこで、20代の警察官の年収とその特徴を紹介します。

  • 20代警察官の平均年収は約450万円である
  • 行政職の公務員よりも平均年収は130万円以上高い
  • 20代後半の警察官の平均年収は500万円を超える

20代警察官の平均年収は約450万円である

20代の警察官の年収を平均すると約450万円となっています。

大卒の初年度の平均年収が約400万円といわれていることから、警察官であれば新人のうちからたくさんの年収が期待できるでしょう。

しかし、市民の治安を守るといった重要な仕事ですので、ハードワークであることを忘れてはいけません。

夜中に呼び出されることもめずらしくなく、覚悟が必要な職種です。

行政職の公務員よりも平均年収は130万円以上高い

先ほども紹介した通り、20代の警察官は一般的に考えても平均年収が高いといえます。

同じ20代の行政職で働く公務員と比較しても約130万円も高いことから、安定した生活ができるでしょう。

20代後半の警察官の平均年収は500万円を超える

20代の警察官の平均年収は約450万円ですが、20代後半になると平均年収が大きく跳ね上がります。

順調に出世を続けると、20代後半でも年収500万円を手にすることが可能です。

一般的なサラリーマンの平均年収は約430万円といわれています。

したがって、警察官になると、20代の段階で一般的なサラリーマンの年収をこえることも夢ではないのです。

警察官の30代の平均年収

警察官の年収は、20代でも満足のいく金額だといえます。

では、30代ではどのくらいの年収が期待できるのでしょうか。

ここからは、30代の警察官の年収とその特徴を紹介します。

  • 30代の警察官の平均年収は約600万円である
  • 30代頃から昇進試験に合格できない警察官が増えてくる
  • 35歳あたりで巡査長になれば、平均年収は650万円を超えていく

30代の警察官の平均年収は約600万円である

貯金箱

警察官としてある程度の経験を積んだ30代になると平均年収も大幅に向上します。

30代の警察官の平均年収は約600万であり、30代中盤の時点でその年収を手にすることも可能です。

ただし、30代になると出世が年収と大きく関係してきます。

上を目指せば目指すほど年収が上がることから、意欲的に昇進試験にチャレンジする人も増えるでしょう。

30代頃から昇進試験に合格できない警察官が増えてくる

30代の警察官にとって、昇進試験というのは大きな難関です。

なぜなら、このころから昇進試験の難易度が上がるからです。

何度試験に挑戦しても受からないという人が目立つようになり、これまで上がり続けていた年収が頭打ちになることもあるでしょう。

警察官の昇進試験には、刑法や憲法といった法律関係からの出題があります。

さらに、社会常識なども問われますので、幅広い知識が必要でしょう。

そのほかにも、拳銃などの実技や面接なども用意されているのです。

警察官としての勤務は非常にハードなことから、勉強に時間が割けないという人も多くみられます。

それに反し、上を目指せば目指すほど試験が難しくなるのです。

しかしながら、年収が30代で止まってしまわないためにも、前向きに勉強をしなければなりません。

35歳あたりで巡査長になれば、平均年収は650万円を超えていく

警察官の階級で一番下に当たるのが巡査です。

新人で配属されたときには巡査から始めるのが一般的で、その後、昇進試験を受けて巡査長、巡査部長、警部補、警部と階段を登っていきます。

30代になると巡査長を目指す警察官は多く、35歳程度で巡査長に昇進できると650万円をこえる平均年収が期待できるようになるでしょう。

警察官の40代の平均年収

警察官のなかでもベテランと呼ばれる40代。

40代の警察官の年収は階級によって大きく左右されますが、平均年収はどのくらいなのでしょうか。

ここからは、40代の警察官の平均年収と年収の特徴について解説します。

  • 40代警察官の平均年収は約750万円である
  • 順調に出世できる警察官は、年収が増加していく
  • 昇進試験に合格できず給料がほぼ変わらない警察官もいる

40代警察官の平均年収は約750万円である

警察官のなかでも中核を担う40代になると、平均年収は750万円にもなります。

しかし、警察官は順調に出世を続ければ年収が上がる職種ですので、出世頭が平均年収を押し上げているともいえるでしょう。

そのため、実際にはもう少し低い年収しかもらっていないという40代も多くみられます。

しかしながら、一般的なサラリーマンと比較すると警察官の年収は高く、福利厚生も充実しているため、高い水準の生活が可能です。

順調に出世できる警察官は、年収が増加していく

40代の警察官は、出世が重要なポイントとなるでしょう。

巡査から巡査長へと昇進した人が巡査部長となり、その後、警部補、警部、警視へと上がっていくのです。

出世をすると年収が増えるのはもちろんのこと、警察署での立場が変化することから発言力も高まります。

役職が上がるとともに部下も増え、責任感も増すでしょう。

警察官は階級に特殊な名称が使われていることから、一般的には分かりにくいとはいえますが、非常にシンプルな構造です。

階級が上がれば上がるほど得られる年収が高くなる仕組みが採用されていますので、順調な出世コースを目指すのが得策でしょう。

出世をするにはたくさんの努力が必要ですが、頑張りをしっかり評価してもらえる職種でもあります。

昇進試験に合格できず給料がほぼ変わらない警察官もいる

40代になると目指すべき昇進試験がの難易度が急激にアップします。

そのため、昇給できず同じ役職に留まっている警察官も多いでしょう。

警察官というのは、昇進しないことには年収が増えないシステムです。

したがって、40代よりも役職の高い30代の警察官のほうが高い年収を得ているというケースはめずらしくありません。

また、警察はピラミッド型の組織でもあります。

上の役職に就く警察官の割合は極めて低く、巡査や巡査部長、警部補の比率が圧倒的に高いといえるでしょう。

実際、全国の警察官の約90%が警部補までの階級です。

昇進試験に合格し、警部補まではたどり着けた人であっても、警部になるには驚くほどの難関が待ち受けています。

なぜなら、全警察官の7%程度という警部になるには、難しい筆記試験だけでなく、仕事での実績も求められるからです。

そのため、30代までは順調に出世をしていた人でも、40代になると急に出世が難しくなることがあります。

年収が30代のときと変わらないという人も多く、40代の警察官の平均年収に届かない人も少なくないのです。

警察官の平均年収は、昇進試験に合格できるかによって変わってくる

警察官の平均年収は全体的に高いのが特徴でしょう。

20代半ばになると、一般的なサラリーマンの平均年収よりも高い年収が得られることから、高い水準の生活が望めます。

しかしながら、昇進試験に合格できないことには警察官の年収は上がりません。

昇進試験への合格が、高い年収を得るための非常に重要なカギとなるでしょう。

警察官として働き、年収アップを目指すのであれば、昇進試験への合格はマストです。

合格への決意を固め、昇級試験に取り組んでください。

おすすめの記事