化学メーカーが転職で人気の4つの理由!転職する3つのコツも紹介!

転職を考えている人の中には、化学メーカーを検討している人もいるのではないでしょうか。

化学メーカーは、その働きやすさから多くの人が転職先として希望する業界の一つです。

そこで今回は、化学メーカーへの転職を考えている人に向けて、化学メーカーの人気の理由や業務内容などを解説しながら、転職を成功させるコツをご紹介していきます。

化学メーカーは転職先として人気がある

化学メーカーは海外における売上比率が高い傾向にあり、市場規模も比較的安定していて将来性があるという理由から転職先として常に人気のある業界です。

また、化学メーカーで働いている人の多くは、実際に自分たちが開発した製品が世の中に出回って活用されるというのを目の当たりにすることで、仕事に対するモチベーションを得られるので非常にやりがいがあると言っています。

このように、働きやすさとやりがいの点で化学メーカーは非常に人気がある業界です。

人気の転職先である「化学メーカー」とは?

化学メーカーと一言に言っても、その業務内容や分野は非常に多岐にわたるため、化学メーカーへの転職を考える際はしっかりとその知識を入れておくことが重要です。

ここでは、化学メーカーへの転職を希望する人が理解しておきたい下記の点について解説していきます。

  • 化学メーカーの業務内容
  • 化学メーカーの分野は様々

化学メーカーの業務内容

化学メーカーは原材料に対して化学変化や分離・精製操作といった加工を行うことで製品を作り出して、最終的にその製品を各方面の顧客へ販売していくことが主な業務です。

そのような研究職や技術開発職が化学メーカーの主力ではありますが、そのほかに、顧客と会社をつなぐ営業であったり会社の経営を管理する総務があったりと、理系以外にも文系の人たちが活躍できる業務も数多くあります。

一般的に化学メーカーの仕事と言われると難しく感じられるかもしれませんが、携帯電話のレンズやペットボトルといった日常にあふれているものに化学の技術は使用されているため、「私たちの身近にあるものを作っている業界である」と捉えるとわかりやすいでしょう。

化学メーカーの分野は様々

化学メーカーの手がける分野は非常に多く、よく知られているものでは石油・ガスや生活用品の分野などがあるでしょう。

私たちの知っている大手化学メーカーであれば、複数の分野を手がけているところがほとんどですが、中には繊維事業や生活用品だけに特化した化学メーカーも存在します。

化学メーカーへ転職を考えている人は、化学メーカーにはどのような分野があるのか、その特徴などについてもしっかり知っておくようにしましょう。

 石油・ガス分野

石油・ガス分野は、原油や天然ガスを精製・改質することでより価値の高い石油製品などを生み出す分野です。

有名なところでは「出光興産」や「昭和シェル」がそれに当たるでしょう。

乗用車などに使われるガソリンなどはこの石油・ガス分野の技術が多分に使われているため、非常に一般社会との関わりが強い分野と言えます。

無機材分野

無機材分野は、ガラスやセメントといった金属、高分子(プラスチックやフィルムなど)に当たらない材料を取り扱う分野で、主に自動車や建築などで用いられることの多い材料です。

ガラス業界は国内需要が飽和状態であることから、現在海外展開を進めていてる途中で、グローバル的視点で海外生産を拡大中です。

一方で、セメント業界の国内需要は比較的安定しているため、現在では産業廃棄物を活用した環境ビジネスで収益を出しているという動きが出ています。

高分子分野

高分子分野とは、いわゆるゴム、プラスチックやフィルム、繊維などの元となる物質を取り扱っている分野です。

国内で高分子を取り扱う企業は、「富士フイルム」や「東レ」などが有名です。

高分子は日本で昔から得意とされている分野であり、これまでに培われてきたノウハウがあって、他の化学分野よりも早く事業の多角化にも着手しています。

そのため、高分子は今後も好調な経営が期待できる分野と言えるでしょう。

生活用品分野

化学メーカーの取り扱う分野の中で最もわかりやすいのが生活用品分野です。

「花王」や「ユニ・チャーム」が有名な企業で、主な製品として洗剤やシャンプーが挙げられます。

化学メーカーの中でも消費者の知名度が高い製品を多く生み出している分野と言えるでしょう。

また、生活用品の国内商品は落ち着いてきているため、現在では海外の展開を視野に入れており販売網の開拓に力を注いでいる分野でもあります。

転職先として化学メーカーが人気の4つの理由

化学メーカーは転職先の中でも人気のある業界です。

一般的に化学メーカーが人気のある理由としては下記の4つが挙げられるでしょう。

  • 製薬会社に入れなかった人の受け皿として注目されている
  • 業種によっては文系や未経験者でも転職が望める
  • 労働環境が良く福利厚生の充実した企業が多いため
  • 業績・雇用面共に安定している企業が多いため

順に、それぞれの理由について解説していきたいと思います。

製薬会社に入れなかった人の受け皿として注目されている

化学メーカーは、製薬会社を希望する人にとっても人気のある業界です。

なぜなら、実は製薬会社以外に化学メーカーでも医薬品の研究開発を行っている企業が存在するからです。

医薬品を研究したいという思いがあったのに製薬会社への転職が叶わなかったという人にとって、医薬品を研究している化学メーカーは選択肢を増やすことのできる受け皿的存在とも言えるでしょう。

業種によっては文系や未経験者でも転職が望める

化学メーカーへの転職が人気である理由の一つに、文系や未経験者でも転職できるチャンスがあるということがあります。

たしかに、化学メーカーは研究・開発が主な業務であるため理系の人に有利なところは多く、実際に勤めている人も理系や知識のある経験者が多いというのは事実としてあるでしょう。

しかしながら、営業や人事、総務などの職種であればそのときに化学に関する知識やスキルがないとしても転職することは可能です。

化学メーカーという業界のイメージで、ついつい文系や未経験者は敬遠されがちですが、自分はそうだからと言って挑戦しないというのはもったいないでしょう。

労働環境が良く福利厚生の充実した企業が多いため

化学メーカーは、労働環境が良く福利厚生の整っている企業が多いために転職希望者からの人気が高い業界です。

年収の面から見ると化学メーカーの平均年収は600万円前後というデータがあり、これは他業界の平均年収と比べてもかなり高い部類に当たります。

一概に全ての企業がそうであるとは言えませんが、働きやすさや福利厚生の面で見ても、化学メーカーで働く多くの人が。残業が少なく収入も安定したホワイト企業であると実感しているようです。

このように給料の水準が高い、残業が少ないという条件が揃っているので化学メーカーに人気が集中するのもうなずけます。

業績・雇用面共に安定している企業が多いため

化学メーカーは業績や雇用面が共に安定しているため、働きやすくて人気があります。

化学メーカーの製品は永続的に需要があって取引先が数多くあるために、世界情勢によって業績が左右されることが少なく、景気が落ち込むこともあまりないという点もあるでしょう。

また、収入が安定している、定時にはしっかりと帰ることができるといった条件が揃っているため、従業員の離職率が低く継続年数が長いということで雇用面も良好であることがうかがえます。

化学メーカーへの転職を成功に導く3つのコツ

安定した業績、働きやすさの面で転職希望者にとって魅力のある化学メーカーですが、実際に転職を成功させるための3つのコツを知っておきましょう。

  • 業界・企業をよく調べて事業内容を把握する
  • 転職エージェントや転職サイトを利用する
  • 就きたい職種に必要な資格を取得する

これらのコツを理解することが、化学メーカーへの転職の近道となります。

業界・企業をよく調べて事業内容を把握する

化学メーカーの転職を成功させたいのであれば、他の業界以上に入念な企業研究が必要です。

化学メーカーの事業内容はもちろん、取り扱うそれぞれの分野や業界の動向・展望などについても事前に頭に入れておきましょう。

また、化学メーカーと一言に言っても企業によって得意分野や製品が大きく異なるため自分の希望する企業の特徴も押さえておかなければなりません。

化学は素人ではわからないことが多く全てを理解することは難しいですが、しっかり勉強しているという姿勢が面接官へのアピールポイントにもつながるので、企業研究は大事です。

転職エージェントや転職サイトを利用する

化学メーカーへの転職を目指すときは、転職エージェントの利用も視野に入れてみましょう。

転職エージェントは、履歴書作成や職務経歴書の添削、面接対策などをサポートしてくれるというメリットがあるほか、転職に関する悩みや相談にも応えてくれます。

特に化学メーカーという専門的な分野を希望するのであれば、化学メーカーの業界に精通したキャリアアドバイザーと出会うことができれば転職への成功率がぐっと上がることでしょう。

就きたい職種に必要な資格を取得する

化学メーカーの転職には資格を取っておけば有利で、実際に化学メーカーの求人票などには「優遇資格」などの記載がされているところもあります。

しかしながら、化学メーカーに有利だとされるものはさまざまな種類があるため、化学に関するものを片っ端から選ぶのではなく、自分の中で内容と目的をしっかり精査した上で選び、資格の取得を目指しましょう。

まずは、自分の希望する化学メーカーがどの分野に特化しているのかなどを調べることをおすすめします。

化学メーカーへの転職に有利な資格3つ

資格なしでも採用されるケースもありますが、業務の中で資格取得を求められることもあるので、できれば早い段階で取得しておきたいものです。

化学メーカーへの転職を考えるときに、取得すれば有利になるであろう資格は下記の3種類です。

  • 危険物取扱者(甲種・乙種第4類)
  • 二級ボイラー技士
  • 英語などの語学力

ここでは、この3つの資格について順に解説していきたいと思います。

危険物取扱者(甲種・乙種第4類)

化学工場などでは、有機溶剤といった人の体に悪影響を及ぼす有機化合物を取り扱うことも多々あるので、化学メーカーで働きたいという人であれば危険物取扱者(甲種・乙種第4類)の資格は必須と言えるでしょう。

乙種4類はガソリンを初めとする引火性液体のことで、未経験で化学メーカーに挑戦したい人はまずはこちらの乙種4類の取得を目指すことをおすすめします。

甲種は危険物1類から6類全ての危険物を取り扱えるもので資格として非常に有効ですが、受験資格があったり出題範囲が広かったりと、乙種4類と比べると難易度は高いです。

二級ボイラー技士

二級ボイラー技士とは、施設内の冷暖房設備や給湯用ボイラーを安全に稼働させるための点検、調整ができることを証明する資格のことです。

未経験からでも取得していれば転職に非常に有利な資格の一つで、非常におすすめできる資格だと言えます。

化学メーカーの企業においてもボイラーを設置している工場が多いので、あれば企業から重宝されることは間違いありませんし、転職の選択肢も広がることでしょう。

英語などの語学力

化学メーカーで転職をしたいと思うのであれば、必須ではないにしても英語などの語学力は絶対にあったほうが良いでしょう。

なぜなら、化学メーカーは研究、開発、営業、販売といった一連の業務が国内で全て完結することはほとんどないからです。

そして多くの場合、化学メーカーで働くということは海外企業との共同研究があったり海外への営業が発生したりしますので、やはり語学力があるほうが転職には有利でしょう。

化学メーカーの求人の中には「TOEIC600点以上」と掲載されているような企業もあるので、取得を目指す場合は希望する企業の求人をチェックすることをおすすめします。

化学メーカーへの転職は必ずしも難しくはない

いかがだったでしょうか。

化学メーカーは業務内容に専門用語が多く、どうしても敷居の高いイメージのある業界ではありますが、転職のしやすさに関して言えば必ずしも難しい業界ではないと言えます。

ただし、そこには入念な企業研究や業界の勉強、取得しておいたほうが良い資格など努力が必要な部分は多分に存在するので、強い気持ちと信念で化学メーカーへの転職を目指しましょう。

そうすればきっと化学メーカーへの転職もチャンスがあるはずです。

おすすめの記事