美容師からの転職事情とおすすめの職種6選!転職の5つのコツも紹介!

美容師は憧れの職業として挙げられることが多いのですが、実は美容師になって転職を考える人は多いです。

しかし美容師の職業に就くと現実はかなり忙しく、転職をしたくても時間がないため上手く活動できないという場合がほとんどです。

美容師の転職事情や転職を成功させるためのコツを調べる人が多いので、転職Goでは美容師が転職に成功するための秘訣を解説します。

美容師は離職率が高く、転職したい人が多い

美容師は華のある職業としても人気があり、テレビドラマや映画でも美容師を舞台にした作品が数多く存在します。

華やかな印象がある美容師ですが、独立するまでの道のりはかなり険しく、途中で挫折をしてしまって転職を考える人はかなり多いです。

離職率が高い美容師ですが、プライベートな時間が限りなく少ないため、転職活動に苦戦する人がたくさんいます

美容師からの転職を成功させるための5つのコツがあるので、転職事情やおすすめの職種と併せてご紹介します。

美容師からの転職事情

  • 給料が歩合制で、昇給が望めないことから転職する人が多い
  • 職場内の人間関係がストレス
  • 転職の際、接客など美容師のスキルを活かした職種では有利

まずは美容師の人が転職を考える転職事情について解説していきます。

美容師からの転職を考える人はかなり多く、全く関係ない異業種に転職をする人がたくさんいます

どのような理由から転職を考える人が多いのかについて解説しますので、美容師になろうと考えている人や転職を考えている人はぜひチェックしてみてください。

給料が歩合制で、昇給が望めないことから転職する人が多い

勤めている美容室の雇用形態にもよりますが、美容師は給料が歩合制である場合がほとんどです。

顧客から指名をもらわない限りはどうしても給料が増えないため、あまり指名してもらえない場合は給料面においてかなり厳しい状況になります。

将来の目標のために美容師での経験を積んでいる人も多いのですが、やはり昇給がないとモチベーションも維持されにくいです。

顧客からの指名はその人のスキルも大きく関係してきますが美容室全体の顧客数・分母も大きく関係するので、昇給が見込めない場合に転職を考える人は多いです。

職場内の人間関係がストレス

さらに美容師からの転職を考える場合に多いケースが「人間関係」です。

美容師に限った話だけでなく、どの職業・業種でも人間関係が難しくて転職を考える人は多いです。

顧客との人間関係は良好ではあるものの、職場内での人間関係にストレスを抱えているという人はたくさんいます。

特に美容師の場合は、他の人のサポートをしている間に自分の担当顧客の元に違う美容師が訪れ、サービスをして指名顧客が変わったという話も少なくありません。

職場内の美容師が仲間ではあるものの、ライバルでもあるため競争していく中で人間関係に疲れを感じて転職を考える人が多いです。

転職の際、接客など美容師のスキルを活かした職種では有利

人間関係や昇給の見込みなどを考えて転職を考える美容師は多いですが、美容師からの転職する場合に有利になる職種も存在します。

特に美容師は手先が器用な人が多いため、ちょっとした作業をする場合でもスムーズに物事をこなせる人が多いです。

このような姿勢は多くの職業で魅力的に感じやすい上に、美容師ならではの巧みな話術も身に着けている人がほとんどです。

接客スキル・トークスキルや効率性などのスキルを活かせる職業に就くことができるように転職活動をすると成功しやすいです。

美容師からの転職で6つのおすすめ業種

  • 美容関係の営業
  • IT業界
  • 事務職
  • 販売やサービス職
  • 医療や福祉
  • 現場職

次は美容師からの転職をする場合におすすめの職種についてご紹介します。

美容師からの転職でおすすめの職種は6つ存在し、転職活動を行う際にも意識して探していくと成功率が一気に高まります。

美容師からの転職を検討している人は次の6つの職種を意識して探してみてください。

美容関係の営業

美容師は辞めてしまってもやはり美容師関係の仕事に就きたいと考える人も多いのではないでしょうか。

美容師関係の仕事に就きたいと考える人におすすめなのが「美容関係の営業」です。

美容師が使用する美容道具の営業があり、専門知識を活かした営業活動を行うことができます

美容室の取引先などに当たってみると美容関係の営業職に就職できる場合もあります。

IT業界

転職会議で投稿した口コミを削除することはできるか

「IT業界」も美容師からの転職で成功しやすいおすすめの職種です。

IT業界は異業種からの募集も率先として行っています。

なぜかというと、IT業界では専門知識は仕事に就いてから学ぶことがほとんどだからです。

プログラミングなどの勉強をする必要がありますが、仕事をしていくことである程度の知識を身に着けることができるので、意欲があると率先して採用してもらいやすいです。

事務職

美容師からの転職では「事務職」に転職するのもおすすめです。

事務職と美容師は一見全く関係ないようなイメージを持つ人も多いですが、美容師ならではの作業効率を活かすことができます

美容師は手先やトーク力も重要ですが、作業を効率よくこなしていくスキルも必要です。

美容師の仕事をしていると自然に身に着いていることが多いので、作業効率を活かして事務職を行うことができます。

美容師でもマネージメント管理をしている経験がある人はさらにおすすめです。

販売やサービス職

さらに美容師からの転職では「販売・サービス業」もかなりおすすめです。

美容師時代の接客経験を活かすことができる最適な職業といっても過言ではなく、人と関わるのが好きな人にイチ推しです。

販売やサービス業はやはり接客姿勢などが重要視されやすいので、面接時にも接客スキルがあることをアピールすると採用してもらいやすくなります。

医療や福祉

販売・サービス業とともにおすすめしたいのが「医療・福祉関係」の職業です。

医療・福祉も全く無縁なイメージを持つ人も多いですが、人とのつながりが大切な仕事です。

美容師ならではの細かな点に気が付けるスキルを活かすことができるため、医療・福祉関係の職業も向いているといえるでしょう。

現場職

製造・工場業などの現場職も美容師からの転職ではおすすめです。

現場職も全く関係ないイメージを持つ人がほとんどではないでしょうか。

全く関係ない仕事をしたい人におすすめというようなイメージを持つ人も多いですが、美容師からの転職はかなり向いています。

というのも、前述でも触れているように美容師の人は効率よく仕事を行う癖がついている上に、手先が器用な人が多いです。

現場職でも仕事をスムーズにこなす姿勢などが求められる場合がほとんどなので、効率よく仕事をこなす美容師時代のスキルを活かした転職を行うことができます

美容師からの転職の5つのコツ

  • 転職の理由をしっかりと述べられるようにしておく
  • 転職先の社風や労働環境を、念入りに調べておく
  • 髪の色は美容師とは違い、黒か暗めの色にしておく
  • 志望職種が未経験の場合、美容師の経験を活かしたやる気を見せてフォローする
  • なるべくなら20代のうちに転職をしておくと、転職先が見つかりやすい

最後は美容師からの転職を成功させる5つのコツについてご紹介します。

美容師は特殊な職業でもあるため、成功させるためにはさまざまなポイントをおさえておく必要があります

美容師から転職を考えている人は5つのコツをしっかりとおさえて転職活動を行うようにしてください。

転職の理由をしっかりと述べられるようにしておく

まず転職活動を成功させるためにも頭の整理・気持ちの整理をしておくことが大切です。

面接時に転職理由を問われることがほとんどですが、面接時に気持ちがブレブレだとやはり担当者も気が付くので、転職意欲がないという判断を下されかねません。

転職したい理由を明確にしておくことで面接時もしっかりとした受け答えを行うことができるため、面接で好感度を上げるためにも転職理由をまとめましょう。

転職したい気持ちや考えを紙に書いていくようにすると気持ちの整理を行うことができやすいです。

転職先の社風や労働環境を、念入りに調べておく

転職を成功させるためにさらに意識していただきたいのが「下調べ」です。

転職先についてあまり調べずに面接に挑む人も増えていますが、面接時に社風についてどのように考えているのかなどを問われる場合もあります。

しっかりと下調べを行っておくと、転職が決まって働いたときにイメージと違うというようなことを避けることができます

転職できたもののイメージとは違ったということから再度転職活動をする人も多いので、このような失敗がないように下調べは念入りに行いましょう。

髪の色は美容師とは違い、黒か暗めの色にしておく

美容師の場合は髪型や髪色を大きく変えて個性的な印象にしている人が多いです。

ヘアスタイルモデルとして髪色を変えている美容師はかなり多いものの、他の職業ではやはり奇抜な髪色などは受け入れてもらえる可能性は極めて少ないです。

髪色だけで面接を落とすという企業も多いため、転職を成功させるためには髪色を黒などの暗めのカラーに変えるのが好ましいです。

志望職種が未経験の場合、美容師の経験を活かしたやる気を見せてフォローする

美容師からの転職で、未経験の業種に転職をする場合は「転職意欲」もかなり大切になります。

未経験業種はやはり一からの修行生状態になるため、転職意欲・やる気が最大のカギとなり、逆に転職意欲がない場合はやっていけないと判断されて落とされやすいです。

やる気があれば未経験であっても働いていく中でしっかりと勉強をして対応してくれるという期待値も併せた評価してもらうことができます。

美容師だけでなく、未経験業種に転職する場合は必要なポイントでもあるため、やる気をしっかりとアピールできるようにしましょう。

なるべくなら20代のうちに転職をしておくと、転職先が見つかりやすい

美容師からの転職を成功させるためにはなるべく早いうちから行動するようにしましょう。

転職難易度はやや高めでもあるため、転職活動を行うときはスケジュールをしっかりと組んでから行うのが好ましいです。

特に20代などの若い世代は将来に対する期待枠として採用してもらうことができますが、年を重ねてしまうとこの将来に対する期待枠から外される場合が多いです。

若いうちにしっかりと活動を行うと転職が成功できやすくなります。

美容師からの転職は、美容師経験を活かした職種がおすすめ

美容師からの転職を考える場合は、美容師時代の経験やスキルを活かせる転職先を検討するのがおすすめです。

転職活動を行うことができる時間が限られているため、できれば転職エージョントなどのプロに相談する方法も利用するのが好ましいです。

気持ちの整理を行い、スケジュールを組んでしっかりと活動をしていくようにしましょう。

おすすめの記事