27歳の転職はまだ間に合う3つの理由!転職前に考えることとデメリットも紹介!

年齢別

27歳は転職が成功しやすい年齢と言われますが、その理由は何なのか?詳しく解説していきます。

また転職する前に考えることや転職のデメリットも紹介していますので、27歳で転職を考えている方はぜひ参考にご覧ください。

27歳の転職はまだ間に合う?転職前に考えることやデメリットを紹介!

27歳は社会人の経験もあり、転職市場で価値がある年齢と言われています。

しかし一方で、転職には遅い年齢では?と考える人も多いです。

27歳の転職はなぜ遅くないのか、転職前に考えることやメリットを詳しく解説していきます。

27歳で経験やスキルを活かした仕事に挑戦したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧いただき参考にしてください。

27歳の転職が間に合う3つの理由

27歳の転職が遅くない、間に合う理由とは一体何のでしょうか。

ここからは、27歳の転職が遅くない理由を詳しく解説していきます。

27歳で年齢を理由に転職を諦めている人は、3つの理由を確認して再度転職を考えてみるのもよいでしょう。

  • 社会人としての経験があるから
  • 柔軟に物事を吸収できる年齢だから
  • 今後のスキルに伸び代があるから

社会人としての経験があるから

27歳はある程度社会経験があり、社会人の基本を心得ている人が多いです。

そのため教育を最初から行うコストの負担や手間が減ることで、企業にとって27歳の転職者は良い人材と評価されています。

新卒から考えて約5年の社会人経験は大きいようです。

柔軟に物事を吸収できる年齢だから

27歳は20代ということで若いイメージがあります。

若い人は、昔からの凝り固まった概念や考えが少なく物事を柔軟に捉え、仕事の吸収力も高いと評価されやすいです。

30歳を過ぎると、経験や実績は豊富になりますが前職のやり方や、自己流に固執して周りの意見を聞き入れない人も居ます。

27歳は新しいことを、すんなりと受け入れてくれると考えられます。

今後のスキルに伸び代があるから

27歳の転職者に求めることは、即戦力と将来の可能性です。

現時点でのスキルが少し不足していても30歳になった頃にはマネジメントを任せられる人材かを見ています。

27歳は今後のスキルに伸びしろが感じられ、将来のポテンシャルがあると評価されやすいです。

27歳で転職する前に考えること

27歳の転職は誰でも上手く行きそうだから今の仕事はすぐ辞めよう、という様な安易な考えでは、転職は失敗してしまいます。

転職する前に、やるべき事や考える事は多くあります。

27歳の転職を成功させるためにも、今出来ることを考えて行動しておきましょう。

  • 転職先や転職時期を具体的に考える
  • 転職時の条件を明確にする
  • 転職の理由を自己分析する
  • 現職の実績について振り返る

転職先や転職時期を具体的に考える

転職先が決まってないのに、現在の仕事を辞めてしまうと金銭的な余裕がなくなってしまいます。

金銭の余裕がなくなると、焦って転職先を決めることになり、自分の希望していた転職先とは違った所に就職して後悔するかもしれません。

転職活動は、仕事を続けながら行うため期限を決め転職時期を想定し、転職先が決まってから現在の職場を退職するとよいでしょう。

また結婚の予定や、実家から通勤できなくなっても支障が無いか、などプライベート部分も考える必要があります。

転勤や異動がある会社でも転職可能か、残業に対応できるか、など確認しておきましょう。

転職時の条件を明確にする

転職の条件を明確にしておくと、転職先を選びやすくなります

これだけは絶対譲れないと思っている条件や、妥協点を考えておきましょう。

転職先が中々決まらないと、条件を緩め妥協点ばかりが増えて、転職しても後悔してしまうことになります。

将来結婚を考えている場合は、家族を養える収入が必要となりますので、転職先の収入は絶対的な条件になり得ます。

入社後すぐの収入が見合わない場合は、どのような制度で収入が上がっていくのか確認しておきましょう。

歩合があるのか、昇給でどれぐらい給料が上がるのか、などは将来を設計する上で大切になります。

また子供が産まれた場合、産休・育休制度が整備されているかも確認するとよいでしょう。

女性の育成取得率は増えてきている傾向ですが、男性の育休取得率は依然として少ない状況です。

特に女性は育休取得は切実な問題ですので、企業のホームページを見るなど情報収集し、ライフプランに合う企業かどうか検討しておきましょう。

転職の理由を自己分析する

一般的に転職回数が増えれば、転職が不利になっていくと言われています。

職を転々としないためにも、なぜ転職するのか、転職してしたいことは何か、など転職の理由を自己分析しておきましょう。

今の仕事の収入・休みが少ないからだけでは理由が浅く、転職失敗に繋がりかねません。

面接の際に転職理由を聞かれることがありますが、これは前職を辞めた理由と、志望動機を知るために質問しています。

この時「今の仕事が嫌だから」という回答だけでは、またすぐ嫌になって辞めてしまうのでは、と思われかねません。

企業は人を採用するのにコストがかかっていますので、出来る限り長く勤めてくれる人を求めています。

すぐに辞めそうな人は不採用になりやすいため、転職の理由を自己分析しておくのは大事なポイントになります。

現職の実績について振り返る

転職を成功させるためにも現在の職場の実績を振り返っておきましょう。

面接の際にアピールできる実績があれば有利になります。

営業成績が良く表彰された、新入社員の教育を任された、などの実績を今後転職先で活かして仕事をしたい、とアピールするとよいでしょう。

27歳で転職するメリットとデメリット

27歳は転職が成功しやすいということは分かりましたが、27歳の転職にはメリットとデメリットがあります。

27歳の転職はメリットばかりではありませんので、デメリットも知って本当に転職すべきか、もう一度考えてみましょう。

 メリット

デメリット

現職よりも年収が上がる 年収や退職金が下がる
未経験の業界にも転職できる 転職を考えている人の競争率が高い

27歳で転職するの2つのメリット

まずは27歳で転職する2つのメリットを紹介します。

転職するメリットを知れば、転職活動の一歩を踏み出せるかもしれません。

現職よりも年収が上がる

27歳の転職は現職より年収がアップする可能性もあります。

特に転職先で今までの経験を活かせる職種であれば、年収アップの可能性が高いでしょう。

また、今よりも規模の大きい会社ならさらに確率も上がります。

現在の職場で正当な年収ではない、と感じているなら転職で年収アップを狙うとよいでしょう。

未経験の業界にも転職できる

年齢が高くなると未経験業界への転職は難しくなりますが、27歳は20代という若さから未経験枠での採用も見込めます。

特に人材が不足している業種は転職しやすいでしょう。

未経験の業種に転職を考えているなら、27歳はラストチャンスに近い年齢ですので、早めに行動をおこすことをおすすめします。

27歳で転職するの2つのデメリット

27歳で転職するメリットを紹介しましたが、ここからはデメリットを紹介します。

デメリットは転職を後悔する要素になりやすいですので、しっかりと確認しておきましょう。

年収や退職金が下がる

転職のメリットで年収アップが見込めるとありましたが、転職して年収が下がってしまうデメリットもあります。

未経験の業種に転職した場合などは、即戦力にならないと判断され収入がダウンすることが多いです。

未経験業種に転職を考えている人は、収入の優先度を確認し後悔をしないようにしましょう。

また退職金も下がる、福利厚生が不利になる、などものデメリットもあります。

中途採用は勤続年数が短くなってしまうため、新卒で定年まで勤めていた人とは差が出てしまい退職金も少なくなってしまいます。

勤続年数は福利厚生にも影響しますが、特に有給は入社後すぐに使えませんので注意が必要です。

有給は入社して半年間継続勤務し、8割以上出勤するとと10日の有給休暇を付与されます。

退職金や有給は勤続年数によって増えて行きますので、デメリットが自分にどれだけ影響を与えるかを今一度考えてみると良いでしょう。

転職を考えている人の競争率が高い

27歳は、同じ年代の転職希望者が多く競争率が高いのもデメリットです。

27歳という年齢は、新卒から3~4年という職歴の人がほとんどで、似たような職歴を持つ転職希望者が、求人に多く集まるということになってしまいます。

他の転職者の中に埋もれないためにも、自分の強みや魅力をしっかりアピールできるようにしておきましょう。

27歳の転職で失敗しないためにできること

27歳の転職で失敗しないように予め準備しておくと、転職活動もスムーズに行きます。

失敗したらどうしよう、という不安な気持ちも軽くなることでしょう。

転職活動の前にやっておきたいことを詳しく解説していきます。

  • 現職の実績をまとめておく
  • アピールできる経験をまとめておく

現職の実績をまとめておく

27歳の転職で失敗しないためにも、現職の実績をまとめておきましょう。

競争率が高い27歳の転職は、他のライバルよりもアピールできると転職活動を優位に進めることができます。

職歴書に記入の際や、面接の時に具体的にアピール出来るようにまとめておくと安心です。

前職が営業職なら売り上げ目標の何%を達成したのかを具体的に示し、結果を出すために工夫したことも添えましょう。

アピールできる経験をまとめておく

27歳は新卒と違ってアピールできる経験もありますので、まとめておくとよいでしょう。

チームで結果を出しその時チームリーダーをしていた、業務改善を行い評価を受けた、新卒の教育係をしていた、など経験したことをまとめておくと面接でも焦らずに話すことが出来ます。

特にリーダーシップと適応能力はアピールすると面接官の印象も良くなります。

リーダーシップを求める理由に、マネジメントの人材不足があります。

27歳でリーダーシップの経験がある転職者を採用し、早いうちから育てマネジメント不足を補いたいと企業側は考えています。

また適応能力は、社風に馴染み適応していける人材か、を面接官は見極めようとします。

新卒者であれば、学生だったから仕方ないと職場も配慮しますが、27歳の転職者は社会経験のある即戦力の扱いになります。

適応能力が無いと、いつまでも浮いた存在で周りも配慮しなければなりません。

前職では、後輩の悩みをよく聞いていた、チームでよく話し合い協力して仕事を進めた、など誰とでも人間関係が築ける適応能力はアピールポイントとなるでしょう。

27歳の転職はまだ間に合う!アピールできる実績があれば失敗しにくい

27歳は社会人の経験も経て結婚など、今後の人生を考える人も多い年齢です。

20代後半という年代に入り、転職は遅いと考える人も多いですが転職市場ではチャンスの年齢と言われています。

アピールできる実績があれば失敗しにくいのも27歳の転職のメリットです。

27歳の転職を成功させるためにも事前にしっかりと準備し転職活動に挑みましょう。

転職Go編集部では、転職を考えている方に向けて転職を考える上で必要な情報を厳選させて頂いております。

転職Go編集部をフォローする
年齢別
転職GO | 転職活動における、転職エージェントの選び方やオススメのサイト情報から転職活動の進め方をご紹介
タイトルとURLをコピーしました