30歳女性の転職の3つの注意点!転職事情や失敗しないためにやるべき4つのことも紹介!

年齢別

30歳の女性が転職したいと考えた時に、もしかしたら簡単ではないのかもしれないと不安になってしまう人もいるでしょう。

しかし、客観的に転職事情を見つめてみれば失敗することはありません。何に注意すればいいのかを詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

30歳の女性が転職する時の注意点とは?転職事情ややるべきことも紹介!

30歳だからといって、女性の転職は決して難しいものではありません。

確かに30歳頃になると女性のライフスタイルは20代の頃とは異なっていることが多いでしょう。

子供の世話をしなければならなくなっていることなどを理由に転職が難しいと考える人も多くいます。

しかし、だからといって転職を諦める必要はないのです。

女性が30歳で転職を考えた場合に気をつけたいことについて解説していきますので、ぜひ参考にして転職を成功させてください。

30歳の女性が転職を考える時の3つの注意点

転職活動を始める前に、まず注意すべきことを知っておきましょう。

30歳で女性が転職をするとなると、自分の置かれている状況を客観的に見つめつつ転職活動を進めていく必要があります。

30歳であることは決して解決できないハンディではありませんが、注意しておかなければならないことは意識しておきましょう。

  • 注意点1:時短勤務の希望を押し出すのはNG
  • 注意点2:妊娠・出産の予定は採用を左右
  • 注意点3:やりがいのある仕事は経験とスキルが必要

注意点1:時短勤務の希望を押し出すのはNG

30歳で女性が働くとなると、20代の頃よりも体力的にも精神的にも少し働き方を変えたいと考えるのは自然なことです。

フルタイムよりも時短勤務で働いて生活に余裕を持ちたい、プライベートにも充実感を得たいと考えるのが30歳女性に多い特徴でしょう。

しかし、それを面接で具体的に話す必要はありません。

時短勤務で働きたいことばかりをアピールしてしまうと、この人は本当にわが社で力を発揮してくれるのだろうか、前職で意欲がなくなったから転職活動をしているのではないか、と思われてしまいます。

30歳という難しい年齢ですから、女性でもその企業でこれから長く働きたいと考えているという気持ちを伝えましょう。

注意点2:妊娠・出産の予定は採用を左右する

30歳の女性の転職にとって大きく影響を与えるもののとして挙げられるのが、妊娠と出産の予定です。

この点に関しては、直接的でなくても今後の予定として尋ねられると考えましょう。

30歳の女性となると、もうそろそろ子どもを産みたいと考えている人もいるでしょうが、すぐに産みたいと考えていますとか、産休はとれますかなどといった発言は控えてください。

入社前から産休をとろうと考えている女性はなかなか採用されません。

そういった話は、入社してある程度キャリアを積んでからするべきだと考えましょう。

確かに働く女性に対するサポート体制が整っている企業は増えてきましたが、その点だけに注目して面接の受け答えをするのは危険です。

注意点3:やりがいのある仕事は経験とスキルが必要

30歳の女性が転職をするうえで、やりがいのある仕事を見つけるためにはこれまでのキャリアが重要です。

前職までに得たスキルを発揮できることをアピールすれば、転職活動もスムーズに進みます。

30歳の女性が転職をすると、時短勤務を希望すると渋られてしまうこともあり得ますが、特別なスキルを持っていると歓迎される可能性も高くなるため経験やスキルは必要です。

前職で転職先の企業で必要となるような経験をしていたり、他の人が持っていないような資格を極めていて、実践的に使うことができたりするといったことが非常に重要だと言えます。

30歳となると女性でもキャリアを求められることを覚えておきましょう。

30歳の女性の転職事情

実際に30歳女性が転職をするのであれば、実情を知っておく必要があります。

30歳だから難しい、女性だから難しい、と決めつけて行き詰ってしまうのではなく、まずはどうすれば転職に向けて行動できるのかを知っていきましょう。

ここでは30歳女性における特有の転職事情について詳しく解説していきます。

  • 実績やスキルがあれば転職は遅くない
  • 30代前半でも未経験の職種の求人がある
  • 結婚・出産を理由にした転職は不利になる
  • 既婚女性は採用に不利になる可能性も

実績やスキルがあれば転職は遅くない

30歳で転職をするのは遅いのでは、と思ってしまう女性も多いかもしれませんが、これまで積み上げてきたキャリアがあればタイミングが遅いということはありません。

実績やスキルがあれば企業は評価してくれますし、面接でそこをアピールすることができれば女性であることや30歳であることは決してハンディとして扱われないのです。

遅すぎるタイミングというものはなく、企業が見ているのは30歳という年齢や女性であることよりもこれまで何をしてきたか、前職でどのような成果を挙げてきたかということだと覚えておきましょう。

30代前半でも未経験の職種の求人がある

未経験の職種に挑戦したいと考えている人も、ぜひ転職活動の中で視野に入れて進めてください。

30歳になって女性が未経験の職種に転職するのは難しいのでは、と足踏みしてしまう人もいるでしょうが、そうとは限りません。

特別な資格が必要ない職種や、未経験者を歓迎している職種も多くあります。

コツコツ働くのが好きならば事務職、人と接するのが好きならば営業職など、企業によって出されている求人はさまざまです。

年齢性別、経験の有無問わずに求人を募っている企業をチェックするようにしましょう。

30歳であることや女性であることで初めから諦めるのはあまりにももったいないと言えます。

どんどん挑戦していきましょう。

結婚・出産を理由にした転職は不利になる

キャリアを十分に積み上げ、計画的に30歳で転職しようとする人は成功しやすい傾向にあります。

しかし、特に得意分野がなかったり、前職や30歳までの間に何か成果を挙げなかったりしたまま結婚や出産を理由に転職を決めると不利になってしまう可能性は否めません。

企業としては女性であっても30歳であれば即戦力を欲することが多くあります。

なので、結婚や出産だけが転職の理由となると採用の決め手に欠けてしまうのです。

既婚女性は採用に不利になる可能性も

30歳の女性は結婚だけではなく出産というライフイベントに対して向き合っていることが多くあります。

企業が危惧しているのは、妊娠や産休、育休をとるタイミングです。

産休や育休の間には仕事に穴が開いてしまいますから、それを埋めなければなりません。

それに加えて、育休をいつまでとり続けるかわからないということもわからないというところも企業側としても不安要素のひとつです。

こういった点から、30歳既婚女性は採用に不利な可能性があります。

30歳女性が転職で失敗しないための4つのやるべきこと

転職をするからには何としても成功したいところです。

30歳女性となると難しいイメージがありますが、失敗しないために何をすればいいのかを心をとめておけば成功することは難しくありません。

ここでは失敗しないためにするべきことをご説明します。

  • ①実務経験やスキルなど即戦力となる強みを作っておく
  • ②キャリアプランを明確にしておく
  • ③期間を限定して転職活動をする
  • ④転職に役立つ分野の学習や資格を取得しておく

①実務経験やスキルなど即戦力となる強みを作っておく

30歳となると企業は即戦力として働ける人材かどうかを見極めようとしてきます。

そこで20代までのうちにしっかりとキャリアを積んでおいて、実績があることをアピールできないと採用されることは難しいでしょう。

また、転職に有利となるスキルを磨いておくなど、女性であることや30歳であることなどが不利にならないようにしておく必要があります。

なので、もし転職を考えるようになったら実務経験を積むことを意識して働くようにしましょう。

②キャリアプランを明確にしておく

30歳という年齢は女性にとって大きな節目でもあります。ここでキャリアプランを明確にしておくことは非常に重要です。

なんとなく転職してみよう、という気持ちで転職活動に臨むことがないように先を見据えた行動をしていきましょう。

近い将来どのようなライフイベントを予定しており、それに合わせて仕事をしていきたいのかを明確にしておく必要があります。

出産後や育児をしながらの働き方、家族と協力しながら働いていくのであればその態勢など、なるべく細かいところまで考えておきましょう。

転職は一度きりのものだと考えるべきです。

今後のライフプラン・キャリアプランに関しては、自分がどのように生きていくかについての大きな決断となります。

③期間を限定して転職活動をする

企業が求めているのはなるべく若い人材です。

30歳で転職活動を始める方が、31歳で始めるよりも有利になるということも十分に考えられます。

タイミングを逃さないためにも早い段階で転職活動を始めてください。

女性のライフイベントとの兼ね合いもあり難しいかもしれませんが、折り合いをつけて進めていきましょう。

長引けば長引くほど年齢が上がっていき、不利になってしまいます。

④転職に役立つ分野の学習や資格を取得しておく

30歳の女性の転職ではバイタリティや向上心をアピールするためにも、資格の取得は効果的です。

また、転職先で有利だと思われる分野について学習しておくのもいいでしょう。

面接で質疑応答の時間があった時に、専門知識を使って質問することができると心証がよくなります。

その企業で働きたいという意欲を伝えるために行動を起こしてみましょう。

30歳の女性が転職するベストタイミングは?

30歳の女性が転職するのはそう簡単に決められることではありません。

どういうタイミングで踏み切ればいいのかわからないという人も少なくはないでしょう。

そこで、ここではいつ転職すればいいのかについて解説していきます。

業務内容と年収を見直した時

30歳の今、業務内容が本当に年収と見合っているかどうかをもう一度考えてみてください。

自分が適切な年収を受け取っていないと感じたら、その時が転職するタイミングです。

年収は今後のライフプランに大きな影響を与える要素ですから、業務内容が反映されていないと思いながら働き続けるのはつらいものでしょう。

このままでいいのかと悩み続けるよりも、転職活動に踏み切るべきです。

今後のキャリアアップを考えた時

今の会社にいてもキャリアアップを見込めないと考えた時も転職するタイミングです。

どんどんキャリアを積んでいくことができるのは30歳という年齢ならまだ余裕のある時期だと言えます。

キャリアアップに興味があり、力をつけていきたい、仕事ができるようになりたいという向上心があるならば転職活動を始めてみましょう。

女性がキャリアアップできる環境が整っている企業を選んで転職するようにすれば、働きやすいのでおすすめです。

30歳女性が転職するには注意が必要!失敗しないよう強みを作っておこう!

30歳で女性が転職しようとした時に、なかなか勇気が出ないということもあるかもしれません。

ですが、きちんと何に気をつければ成功できるのかを知っておけば失敗することはないのです。

自分だけの強みを身につけて、転職を成功させましょう。

タイトルとURLをコピーしました