外資系の転職を考えている女性が知るべき4つのこと!年齢についても調査!

女性が外資系の企業へと転職をする前には、知っておくべき点がいくつかあります。

知らないことには転職自体を後悔する可能性も高くなるでしょう。

また、気をつけなければならない点もあります。

そこで、女性が外資系へと転職をする際のポイントを紹介しましょう。

外資系の転職を考える女性は要注意

華やかなイメージがあり、働きやすさが感じられる外資系の仕事に憧れを持つ女性も多いでしょう。

しかし、かっこいいというイメージだけで転職をしてしまうと、転職に失敗する可能性が高くなるのも事実です。

女性が外資系に転職をする前には知っておくべき点がいくつかありますので、外資系への転職のメリットやデメリットと併せて紹介していきましょう。

外資系の転職を考えている女性が知るべき4つの事

外資系企業の働き方というのは、日経企業とは異なる点が多いでしょう。

そのため、外資系企業への転職では、次の4つの点について、あらかじめしっかりと知っておく必要があります。

  • どんな女性が外資系の転職に向いているか
  • 外資系企業で働く女性の年収
  • 外資系企業で働く女性の労働環境
  • 外資系企業で働く女性を支える制度

どんな女性が外資系の転職に向いているか

外資系企業への転職は、どのような女性でも成功するとはいい切れません。

自分は外資系企業で働くのに向いているかどうかを、あらかじめ判断しておくのが良いでしょう。

向上心がある

年齢や性別に関係なく成果が評価される外資系企業では、向上心のある女性が求められています。

自分の意見を持ち、自ら進んで仕事に取り組む姿勢のある女性は、外資系の企業にぴったりだといえるでしょう。

成果を出し続けることで高く評価されますので、常に上を目指す女性に外資系への転職をおすすめします。

キャリア志向

日本でも男女雇用機会均等法が施行されていますが、日系の企業では男性がリーダーとして活躍していることが多いでしょう。

その点、外資系の企業では女性にも同じようにリーダーとなるチャンスが与えられます。

女性でもキャリアアップが可能ですので、転職によって自分の能力を発揮したいと考える女性に適している環境です。

フレキシブルな働き方を求める

結婚や出産を機に働き方を見直したい女性も、外資系企業への転職は向いています。

外資系の企業であれば出産や子育てに対して理解があるケースが多く、働きやすい環境も整えられているでしょ

結婚や出産によってキャリアを断念したくないという女性にも外資系企業はぴったりです。

外資系企業で働く女性の年収

転職をすると収入面での不安を感じるという女性は多いものです。

しかし、外資系企業への転職の場合には、前職をベースとした年収が考慮されることが多いでしょう。

また、性別に関係なく能力の高い人が評価されることから、女性でも男性よりも多い年収を得ることが可能です。

20代の女性でも年収1,000万円近くを手にすることができ、やりがいも十分に感じられるでしょう。

ただし、子育て中などを理由に在宅勤務や時短勤務を選んだ場合には、フルタイムで働いていた時よりも年収が下がってしまうことを覚悟しなければなりません。

子育て中でも年収を落とさずに働きたいというのであれば、フレックスタイム制を利用できる企業を選びましょう。

外資系企業で働く女性の労働環境

働く女性にとって、労働環境は非常に重要だといえるでしょう。

なかでも、子育て中の女性であれば、仕事と育児の両立を迫られます。

その点、外資系企業に転職をすると、ワーキングマザーでも働きやすい環境が整えられているのが魅力です。

周囲からも子育て中であることの理解が深く、子どもが熱を出したなどの不測の事態でも対応をしてもらいやすいといえます。

外資系企業で働く女性を支える制度

外資系企業には、子育てをしながら働く女性に最適な制度が整備されていることが多いでしょう。

ここからは、外資系企業に期待できる子育て中の女性を支える制度について紹介します。

産前産後・育児休暇

日系企業でも産前産後・育児休暇の制度が進められ、働きながら子育てがしやすい環境が整いつつあります。

しかし、欧米などでは出産をしても女性が仕事を続けるケースがほとんどですので、外資系企業の産前休暇・育児休暇は非常に充実しているといえるでしょう。

日系企業と比較すると、産前休暇・育児休暇が取得しやすいのも特徴で、3年間もの産前休暇・育児休暇が取得できる企業もめずらしくありません。

在宅勤務・フレックスタイム

成果主義を貫く外資系企業の多くは、結果さえ出せるのであれば出社する必要はないと考えています。

したがって、在宅勤務や、自分の働ける時間に出社するフレックスタイム制を選ぶことも可能です。

子育てをしながら仕事がしたい女性にはぴったりの制度であり、働きやすさも感じられるでしょう。

女性が外資系企業へ転職するのに適した年齢は?

女性が外資系企業へと転職を考えるとき、気になるのはその年齢でしょう。

日系の企業の場合には、年齢が若いことが武器となる可能性が高いといえます。

しかし、外資系では即戦力となるスペシャリストが求められていることから、転職で重要なのは年齢ではなく能力です。

したがって、女性であっても年齢を気にすることなく転職ができます。

「女性だから」「若くないから」とキャリアアップの転職をあらめていたのであれば、外資系を選ぶのが良いでしょう。

女性が外資系企業で働く3つのメリット

外資系企業は日系企業と異なる点が多くみられますが、女性が外資系企業に転職するとどのようなメリットが得られるのでしょうか。

外資系企業に転職した際に得られる3つのメリットを紹介しましょう。

  • 年齢・性別に左右されない実力主義
  • フレキシブルなワークスタイル
  • 語学力を生かせる

年齢・性別に左右されない実力主義

女性 キャリア

外資系企業に転職をすると、年齢や性別で評価されることがありません。

これまでの実績やスキルなどが評価されるため、現職でも活躍している場合には初めから高い年収を手にすることも可能でしょう。

実力が全てとなることから、転職後には手ごたえを感じながら働けます。

フレキシブルなワークスタイル

外資系企業に転職をすると、ワークスタイルが自由になるケースが多いでしょう。

服装も自由になり、ビジネスカジュアルが選べるようになるため、オシャレを楽しみながら仕事ができます。

さらに、事とプライベートはしっかりと分けられていますので、仕事が終われば自分の時間が楽しめるのも魅力です。

日系企業の場合には、業務時間外に同僚と飲みに行くケースも多くみられますが、外資系企業は仕事のオンとオフがしっかりと区別されますので、働きやすさが向上します。

語学力を生かせる

転職では、語学力を活かしたいという女性も多いでしょう。

外資系企業では、社員同士のコミュニケーションに英語などの外国語が使われるケースが目立ちます。

そのため、日常的に外国語を使う環境が生まれるのです。

語学力アップを目指す女性にもぴったりの転職先だといえるでしょう。

女性が外資系企業で働く3つのデメリット

女性が外資系企業に転職する際には、デメリットもあります。

そのため、転職ではデメリットをこえる魅力があるのかについても、あらかじめ考えておくのが良いでしょう。

  • 収入が不安定
  • 組織変更や降格のリスク
  • 福利厚生がないケースも

収入が不安定

外資系企業の報酬は日系企業のように年功序列ではありません。

実力や成果が報酬に大きく影響しますので、個人差が非常に大きいといえるでしょう。

さらに、成果が残せた年とそうでない年では収入にも差が生まれます。

したがって、転職をすると収入が安定しないと感じることもあるのです。

組織変更や降格のリスク

外資系企業は実力主義のため、成果が上げられているときには出世が早まることや、収入が大幅にアップする可能性もあるでしょう。

しかしながら、成果が思うように上がらない場合には降格や収入ダウンも免れません。

常に成果を上げ続ける必要があることから、日系企業から転職をした場合には疲れてしまう女性もいるでしょう。

同じポジションをキープするため、ストレスを感じてしまう可能性もあります。

福利厚生がないケースも

日系企業では福利厚生が充実しているところが多く、住宅手当や家族手当などが得られることが多いでしょう。

そのため、出費を抑えた生活が可能です。

一方、外資系企業のなかには福利厚生がないケースもしばしばみられ、手にした収入の大半が出て行ってしまうことがあります。

シングルマザーの女性などの場合には、充実した福利厚生が期待できる日系企業が向いている可能性もありますので注意が必要です。

女性が外資系企業への転職を成功させる4つのポイント

女性が外資系企業への転職を成功させるには、コツを押さえることが大切です。

外資系企業は日系企業とは異なる点が多いため、外資系企業に合わせた転職活動を行いましょう。

  • 武器となるスキルを身に付ける
  • 事前リサーチを徹底させる
  • 企業文化が自分に合うかを見極める
  • 転職後の自己ブランディング

武器となるスキルを身に付ける

外資系企業へと転職すると、働き方が大きく異なります。

外資系企業では、どんな仕事も積極的にこなせる高い実行力と、円滑に仕事を進めるコミュニケーション能力も求められるでしょう。

また、健康管理体調管理といった自分自身をコーディネートできる能力も必要です。

そのほかにも、英語などの外国語のスキルも身につけておかなければなりません。

外資系の企業へと転職をすると、それらの能力やスキルを活かして即戦力として働きます。

そのため、転職前に外資系企業で求められる能力を高め、資格やスキルも習得しておくのが良いでしょう。

事前リサーチを徹底させる

女性が外資系企業に転職する前には、その企業がどのような風土を持っているのかについて事前に調べておくのがおすすめです。

自分が活躍できるチャンスはあるのか、会社が求めている人材に自分はマッチしているのかが分かると、企業選びもしやすいでしょう。

また、企業研究をしっかりと行うと、面接でも役に立ちます。

企業文化が自分に合うかを見極める

女性が転職をする際には、人間関係も重要だといえるでしょう。

その会社の風土になじめない場合には仕事が辛く感じてしまいます。

外資系企業では成果が全てですので、仕事がうまくいかず、結果が出せないことには職を失う可能性も高いでしょう。

そのため、その会社の風土が自分に合い、働きやすい環境で成果が出せるのかについて事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

転職後の自己ブランディング

転職が成功し、実際に外資系企業で働くようになったときには自分自身のブランディングを行います。

自分自身の評価をしっかりと高めておくと、「この仕事はあの女性に相談したい」「あの女性に頼めばうまくいく」と考えてもらえるようになるのです。

自己ブランディングを行うことで、やりがいのある仕事を任される可能性も高くなり、楽しみながら仕事ができるでしょう。

外資系企業は社員同士の競争も激しいため、少しでも自分の魅力をアピールすることが大切です。

女性が知るべきポイントを押さえて外資系への転職を成功させよう

外資系企業への転職は女性でも難しくありません。

男性と同じ土俵で戦える環境ですので、やりがいも感じられるでしょう。

また、子育て中の女性にも働きやすいといえます。

ただし、外資系企業は日系企業とは異なる点が多いため、事前に十分なリサーチを行い、転職についてしっかりと考えておくことが大切です。

おすすめの記事