中高年の転職を成功させる5つのコツ!おすすめ業界や転職事情も!

転職は年齢によって事情・難易度が大きく変わります。

中高年で転職を考える場合はかなり難易度が高いと考えておくのが好ましいです。

中高年の転職を成功させるコツが存在するので、転職GOでは転職を成功させる5つのコツとおすすめ業界・転職事情などを詳しく解説していきます。

中高年の転職を成功させるには押さえておくべきコツがある

中高年で転職を考える場合は、一大決心で転職を考えている人がほとんどではないでしょうか。

中高年の転職は最も難しいといっても過言ではなく、成功させるためにはコツや転職事情を把握しておくのが好ましいです。

転職を成功させるためのコツや転職事情・おすすめ業界を詳しく解説していきますので、中高年の人で転職を考えている人はぜひチェックしてみてください。

中高年の転職はやり方次第で成功できる

中高年の転職は前述でも少し触れたように、難易度が最も高い年齢といっても過言ではありません。

転職難易度が最も高いと耳にすると、やはり難しいのかと諦めてしまう人もいるかもしれませんが、諦める必要はないです。

というのも、中高年の人でもやり方次第ではしっかりと転職を成功させることができます

転職事情や成功させるコツをしっかりとおさえる必要があるため、転職を考えている人はコツや転職事情を把握した上で行動をしましょう。

意外と知らない中高年の転職事情

  • 中高年の転職にかかる時間
  • 中高年の転職後の収入
  • 中高年の転職後の雇用形態

まずは意外と知られていない中高年の転職事情について解説していきます。

転職事情を把握していないとチャンスを掴みにくい上に、転職しても自分のイメージと違ったということからショックを受ける人も多いです。

中高年の転職事情としては「転職にかかる時間」「転職後の収入」「雇用形態」の3つを把握しておくのが好ましいです。

成功させるコツと一緒に転職事情を参考にしてください。

中高年の転職にかかる時間

中高年の転職事情として最もイメージとかけ離れてしまいやすいのが「転職にかかる時間」です。

転職成功しやすい25歳から35歳の人でも「3か月から6か月」程度かかります。

もちろん早い人は1か月から2か月程度で決まる人もいますが、年齢が上がるにつれて転職にかかる時間は上がります。

中高年の場合は若者と比べられた際に、将来期待枠として外されやすい上に、ある一定のスキルが求められます。

中高年の転職の場合は「6か月程度はかかる」と考えるのが好ましいです。

中高年の転職後の収入

中高年の転職後でギャップを感じやすいのが「転職後の収入」です。

中高年の人は一つの会社に従事し続けているとある程度の役職についている人がほとんどです。

しかし転職をした際にはまた一からになるため、新卒者と比べるとやや高めではあるものの、そこまで高いというわけではありません。

よほど優遇されない限りは新卒者よりも少し高い程度と考えるのがおすすめです。

職種や業界によって給料は大きく変動しますが、経歴やスキルによって給料の上昇具合は変わるため、給料の上昇はあまり見込めないことも念頭に入れて転職先を探すようにしましょう。

中高年の転職後の雇用形態

企業は20代後半を求めている

中高年の転職ではさらに「雇用形態」を気にするようにしてください。

中高年の転職では正社員という形はかなり珍しく、派遣やパート・契約社員止まりになる人も多いです。

しかし、派遣やパート・契約社員の場合は不景気になった際に切られてしまいやすい対象になるため、時間をかけて正社員で採用してくれる企業を探すのがおすすめです。

中には一度パートや契約社員になってお金をため、自営業に転身するという人もいるので、将来のことを考えて雇用形態を考えるのもおすすめします。

中高年の転職活動を成功させる5つのコツ

  • 自分の経験や強みを確認する
  • やりたいことよりもできることに重点を置く
  • 雇用形態にこだわりすぎない
  • 再雇用制度がある会社を探す
  • 転職エージェントに登録する

次は中高年の人が成功させる5つのコツをご紹介します。

必ずしも転職が成功するというわけではありませんが、成功させるためのコツを知っておくだけでも成功できる可能性が一気に高まります

成功させる5つのコツは「自己分析をしっかりと行う」「できることを重点において探す」「雇用形態はこだわらない」「再雇用制度を意識する」「転職エージェントを利用する」の5つが挙げられます。

転職を成功させるための5つのコツについて詳しく解説していきますので、中高年の人で転職を考えている人はぜひチェックしてみてください。

自分の経験や強みを確認する

中高年の人で転職を考えている場合はまずは自己分析をするようにしましょう。

自己分析は中高年の人だけでなく、転職を考えている人には重要なポイントといっても過言ではありません。

特に中高年の人は今までの経験をしっかりとアピールすることが可能です。

即戦力として認識されることが多いため、中高年の場合はまずは面接でアピールできるように「今までの経験の中で何が得意なのか」「どのような仕事をこなしてきたのか」を分析しましょう

転職エージェントを利用すると自分自身の強みを判断してもらいやすい上に、中には自分で診断できる「自己分析診断」もあります。

客観的に自己分析ができないという人はこのような自己分析診断ツールを利用して強みを把握するのがおすすめです。

やりたいことよりもできることに重点を置く

中高年の転職では今までできなかったことに挑戦したいということから転職をする人も多いです。

経験がある業種であればアピールポイントがありますが、未経験の場合はかなり転職難易度が高いです。

転職を成功させるためにも「やりたい仕事」よりも「できる仕事」に重点を置いてて転職先探しをするのがおすすめです。

どうしてもやりたい仕事がある場合は一度転職をしてからお金をため、余裕ができたタイミングで自分のやりたいことを探していくようにするのがいいでしょう。

雇用形態にこだわりすぎない

転職を成功させたい場合には「雇用形態にこだわらない」のもおすすめです。

できる限りは正社員での採用を探すのが好ましいですが、どうしてもすぐに転職をしたいと考える場合は契約社員やパートなどから選ぶと採用されやすいです。

もちろん雇用形態の希望は人によって異なりますが、転職活動のスケジュールを決める場合に雇用形態も決めるようにするのがおすすめです。

さらに雇用形態とともに意識していただきたいのが同時に進行させるという点です。

中高年の転職の場合は雇用形態にこだわらなくても採用されない場合もあるため、複数の企業の面接を受けて選ぶようにするのをおすすめします。

再雇用制度がある会社を探す

中高年の人の転職で最も意識していただきたいポイントでもあるのが「再雇用制度がある会社を探す」という点です。

近年では定年も60歳から65歳へと伸びていますが、再雇用制度がない場合は60歳に契約が打ち切られる場合があります。

25歳や35歳の転職であれば定年までの期間がかなり長いため、他の道もありますが、中高年の場合は定年までの時間はかなり短いです。

定年を迎えて再契約ができない場合は苦しむ可能性があるので、再雇用制度がある場所を極力探すのがおすすめです。

転職エージェントに登録する

中高年の転職を成功させるためには転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職エージェントは中高年だけでなく転職を希望する人が利用することが多く、しっかりと転職活動のサポートをしてくれます。

転職エージェントでは自己分析では気づけないその人の強みやアピールポイントを面談通して客観的な立場から見つけてくれます。

さらに経歴などを活かした転職先の提案をしてくれるため、転職探しが他の人と比べて優位になりやすいです。

ただし転職エージェントを利用する場合に注意していただきたいのが利用する転職エージェントです。

転職エージェントごとにやはり特徴・魅力が異なるので、自分に合った転職エージェントを探すのがおすすめです。

未経験でもOK!長く働ける中高年の転職におすすめの業界

  • 医療・福祉・介護業界
  • タクシー業界
  • ビルメンテナンス・管理業界

次は未経験でも転職できやすい中高年の人でも長く働けるおすすめ業種・職種についてご紹介します。

やはり中高年の転職では長く働ける場所や未経験でも転職可能な場所を重点的に探すとすんなりと転職先が見つかりやすいです。

中高年の人で次の転職先探しの業種・職種を考えている人はぜひ参考にしてください。

医療・福祉・介護業界

中高年の人におすすめの職種・業界として挙げられるのが「医療・福祉・介護業界」です。

医療・福祉・介護業界は常に人を募集している業種でもあるため、比較的転職難易度は低いです。

特に福祉や介護業界は人材募集をしていることが多く、中高年の人でも「介護職員初任者研修」の資格を取ることができやすいので、スキルを身に着けることも可能です。

医療・福祉・介護業界は仕事以外のシーンでも役立つスキルを身に着けることができるため、転職先探しの候補としてもおすすめです。

タクシー業界

さらに中高年の人に人気があるのが「タクシー業界」です。

中高年でいきなりタクシー業界の職種に転職する人も多く、土地勘などを持っていることが多いため知識を活かすことができます

ただし近年では高齢ドライバーの事故などが多い傾向があるため、タクシー業界も徐々に厳しくなっている傾向があります。

タクシー業界に転職を考える場合は運転がしっかりとできるかどうかを判断して転職するか考えるようにしましょう。

ただしタクシー業界は個人でしている人は問題がありませんが、免許返納を求める制度が進みつつあるため、将来的には再雇用制度が難しいかもしれません。

ビルメンテナンス・管理業界

次に挙げられる中高年の人におすすめなのが「ビルメンテナンス・管理業界」です。

ビルメンテナンス・管理業界は中高年の人に人気があり、しっかりとした管理ができる人が求められます。

若い人と比べるとやはり中高年の人の方がしっかりとした常識を持っているという印象を持たれやすいため、採用してもらいやすいです。

必ずしもビルメンテナンス・管理業界で採用してもらえるというわけではありませんが、採用してもらえる可能性は高いです。

中高年の転職は待遇など変わることも多い!慎重に転職活動を進めていこう

中高年の転職は他の若い世代の人などと比べて転職難易度が一気に高まるといっても過言ではありません。

さらに転職難易度が高いだけでなく、以前の職業との待遇が大きく変わる可能性があるため、待遇の変化があることを認識した上で転職先探しをするのがおすすめです。

慎重に転職先探しをすると良い転職先が見つかる場合も多いので、期間を長めに設定してじっくりと転職先探しをしていくようにしましょう。

おすすめの記事