高卒で転職は難しいしできない?転職する3つのコツや大卒との比較も!

近年では大学へと進学する人が多く、大学生でも転職・就職は難しいといわれています。

大学卒業をしているだけでもある程度の評価を受けることができますが、高校卒業して働きに出ている高卒者は転職が難しいのではないかと調べる人も多いです。

転職GOでは高卒者は転職が難しいのかについて解説していきます。

高卒は転職が難しそうでなかなか一歩を踏み出せない

高卒はいわゆる高校を卒業して進学をせず、社会に出て働きに出た人を指します。

近年では大卒者でも転職や就職は難しいといわれているほどで、高卒者はさらに転職が難しいのではないかと悩んでいる人も多いです。

なかなか転職に踏み出せないという声も挙がっているので、本当に高卒者は転職が難しいのか、転職をするための3つのコツや大卒者との比較についてご紹介していきます。

高卒で転職は難しいのか

高卒者は転職が難しいのか悩む人がたくさんいますが、結論から言うと高卒者の転職は難易度が高いです。

高卒者が転職が難しいのにも理由が存在し、この理由を把握していないと他の人と比べられた場合に採用されにくい場合が多いです。

高卒者の転職は難しいので、転職を考える場合は真剣に転職活動を行うのをおすすめします。

高卒だと転職が難しい3つの理由

  • 同じ求人なら大卒者が優先されるため
  • 高卒者は離職率が高いと判断されるため
  • 求人の応募条件に当てはまらないため

高卒者は転職が難しいのですが、転職が難しいのには3つの理由が存在します。

それぞれの理由を把握した上で自分の強みをおさえていくのが転職を成功させるカギにもなるので、転職を考えている人は参考にしてください。

理由1:同じ求人なら大卒者が優先されるため

まず最もわかりやすい理由としては同じ求人に応募した場合、大卒者と比べられてしまうと大卒者が優先されてしまいがちだからです。

今では日本は学歴社会になりつつあり、学歴が高いほど知識が深く、良い人材という認識を持たれる傾向があります

もちろん大卒者だから高卒者と比べて仕事ができると決まったわけではありませんが、大卒者だと知識があるための見込みが早いというイメージを持つ企業が多いです。

そのため高卒者は大卒者と比べられた場合に不利になる可能性が高いです。

理由2:高卒者は離職率が高いと判断されるため

さらに高卒者は企業側からして離職率が高いというイメージを持たれる可能性が高くなっています。

眉唾ものの話だと考える人も多いかもしれませんが、実際に厚生労働省がリサーチした情報でも結果が出てしまっているのです。

というのも、高卒者や大卒者・中卒者を対象に3年以内に離職している確率を調べている結果では、「中卒者は68%程度」「高卒者は約41%程度」「大卒者は32%」という結果になったのです。

厚生労働省のリサーチからもわかるように、学歴が浅い人ほど離職率がかなり高くなっているため、高卒者は大卒者と比べて離職率が高いというイメージがどうしてもついてしまいやすいため転職が難しくなっています。

理由3:求人の応募条件に当てはまらないため

高卒者の転職を難しくしている一番の原因といっても過言ではないのが「求人の応募条件に当てはまらない」という点です。

実際にハローワークなどに足を運んでもらうとわかりやすいのですが、転職先の求人を探したところ、近年では大卒であることを最低条件にしている企業がたくさんあります

学歴社会の弊害といっても過言ではなく、求人応募条件に当てはまらないことから必然的に分母数が小さく、転職が難しい状態です。

高卒の転職を成功させるための3つのコツ

  • コツ1:学歴不問や未経験の求人を狙う
  • コツ2:社会人経験をアピールする
  • コツ3:資格を取得してから応募する

転職は時代の流行や景気に左右されやすく、高卒者は特に煽りを受けやすいです。

特に学歴社会の傾向が日本は強いため、どうしても高卒者は転職の難易度が高くなってしまいがちです。

しかし高卒者の人にも安心していただきたいのが、高卒者でも転職を成功させるコツが存在します。

転職を成功させる3つのコツをそれぞれご紹介しますので、高卒者で転職を検討している人は参考にしてください。

コツ1:学歴不問や未経験の求人を狙う

まず高卒者が転職を成功させるコツとしては「学歴不問」や「未経験でも大丈夫」と記載されている求人案件を狙うようにしましょう。

学歴不問と書いている場合や未経験でもOKと記載されている場合は学歴で判断されないため、大卒者と同じように比べられてもそこまで大きなハンデにはなりません。

さらに学歴不問や未経験OKの求人案件は、実際に仕事をしてからスキルを磨いていく場所が多いため社会の経験値を積みやすいです。

学歴で判断されない場合は、転職に対する熱意などをしっかりとアピールするとより採用してもらいやすいです。

コツ2社会人経験をアピールする

大卒者にはない大きな強みといっても過言ではないのが「社会人経験がある」という点です。

高卒者を卒業してから社会にもまれているため、大卒者と比べると社会人経験年数が長い場合がほとんどです。

社会人経験年数が長いと柔軟に対応できる能力を培っている場合が多いため、企業側に対しても大きな強みとして捉えてもらえることができます。

コツ3:資格を取得してから応募する

さらに高卒者で大卒者の人と比べられた場合でも魅力的に感じてもらいたいと考えている人は「資格」を取るようにしましょう。

大学などでは資格を取る勉強をする機会が少ないのですが、高卒者では働きながら希望する職種の専門的な資格を狙うことができやすいです。

資格の例として挙げると、秘書検定やMOS・TOEICなどの知識資格や、調理師や宅地建物取引士などの技術資格などを持っておくと転職時に有利な展開に運ばれやすいです。

近年ではユーキャンなどの通信講座などを利用して専門的な知識を学んでいくこともできるため、転職を成功させたいと考えている人は希望職種にあった資格も積極的に取っていくようにしましょう。

高卒の転職と大卒の転職はどう違うか

  • 大卒は実力次第でどんな業種・職種でも応募できる
  • 高卒は応募できる業種・職種が限定されている

次は高卒者と大卒者の転職はどう違うのかについて解説していきます。

高卒者と大卒者と耳にするだけでは転職活動自体は同じ内容だと考えがちですが、転職活動の幅が大きく異なります

高卒者と大卒者の転職の違いについて知りたい人はぜひチェックしてみてください。

大卒は実力次第でどんな業種・職種でも応募できる

大卒者は実力や次第ではどのような業種・職種でも転職案件に応募可能です。

もちろん大卒者が必ず転職が成功するというわけではありませんが、大卒者というだけでも一つの肩書になり、将来に対する期待枠として採用されることも多いです。

さらに大学でも自分が専攻していたところの業種・職種だった場合は魅力的に感じてもらいやすいといえます。

実力次第ではどのような業種・職種でも応募ができる点が大きな強みといっても過言ではありません。

高卒は応募できる業種・職種が限定されている

高卒者の場合はどうしても職種・業種が限られてしまいます。

この点からも高卒者は不利となりやすく、分母が少ない状況から探していく必要があります。

しかし、転職が成功するように資格を取ったり、社会経験年数が長いことをしっかりと面接時にアピールできたりすると高卒者でも転職ができます

応募できる求人案件数が少ない点からも高卒者は転職が難しいといわれているのです。

高卒で転職しやすい業界・職種5選

  • 業界・職種1:製造関連業
  • 業界・職種2:販売・接客業
  • 業界・職種3:介護関連業
  • 業界・職種4:運送・配送業
  • 業界・職種5:IT関連業

次は高卒者でも転職ができやすい職種・業種についてご紹介していきます。

高卒者で転職ができやすい職種・業種では「製造関連業」「販売・接客業」「介護関連業」「運送・配送業」「IT関連業」の5つが挙げられます

それぞれの職種・業種の魅力や特徴について詳しく解説していきますので、転職を検討している人は参考にしてください。

業界・職種1:製造関連業

手先が器用な人やとにかくやりがいのある仕事に就きたいと考えている人におすすめなのが「製造関連業」です。

製造関連業と聞くと少しわかりにくいかもしれませんが、わかりやすく例えると「工場勤務」などが挙げられます。

工場勤務では実際に自分の体を動かして作業をしていくため、大卒者などの専門性の高い知識はすぐには必要ありません。

どちらかというと現場に実際に立って経験を積んでいき、専門的な知識を学んでいく職種になるため、学歴が問われない場合が多いです。

「物を作る」という楽しみを感じながら仕事を行うことができるため、モノ作りが好きな人や手先が器用な人におすすめします。

業界・職種2:販売・接客業

「販売・接客業」に関しては多くの人が想像できるように、小売店や販売店などの接客・販売を専門として行う職種・業種です。

販売・接客関連業も専門的な知識はあまり必要はなく、実際に仕事に従事して企業が取り扱う商品の専門的な知識を学ぶ流れになります。

さらに接客・販売業は人と関わっていくことが多く、人と関わることで人生経験と仕事の経験が積まれて行くため学歴は差ほど関係ありません。

人と話すのが好きな人や誰かのためになるような商品を紹介したいと考えている人におすすめします。

業界・職種3:介護関連業

「介護関連業」も学歴などは問われない場合が多いです。

介護関連業はどちらかというと、学歴よりも介護福祉士などの資格を持っている人を優先的に採用します

実際に介護の仕事を就くためには「介護職員初任者研修」の資格を持っている必要があります。

介護職員初任者研修は、研修プログラムのようなスタイルで、ベッドメイキングなど簡単な作業や必要最低限の知識を学ぶ程度です。

さらに被介護者の身体に触れない介護スタッフの補助であれば未資格者でも対応できるので、誰かを支える仕事に就きたいと考えている人におすすめです。

業界・職種4:運送・配送業

体力に自信があるという人におすすめなのが「運送・配送業」です。

運送・配送業はかなり体力が必要で、専門的な知識はいらないため学歴を問われない場合が多いです。

仕事を丁寧に行ってくれる人ほど重宝されやすいため高卒者でも転職できます。

運転免許さえあれば始められる上に、年齢を重ねて体力的に厳しくなって場合は配車管理など本社勤務に移ることもできるため、将来のことを考えてもおすすめです。

業界・職種5:IT関連業

「IT業界」は一見大卒者の方が優先的に採用されやすいイメージを持つ人が多いですが、高卒者でも転職できます。

というのも、IT業界などではプログラマーやシステムエンジニアが挙げられますが、実際に仕事に就いて身に付けていく場合がほとんどです。

仕事を行いながらだと専門的な知識が必然的に身に付くので、資格を取る勉強もはかどります。

これからさらに伸びるだろうと考えられている職業でもあるため、大きなチャンスをつかみたい人にもおすすめです。

高卒の転職は難しいが業界・職種を上手く選ぶのが成功へのコツ

高卒者の転職はかなり難しいといえますが、業界・職種を上手に選ぶと成功しやすいです。

さらに社会経験数が長い点や専門的な資格を取得して転職活動ができる強みもあるので、高卒者ならではの強みをしっかりと出していくと成功できる可能性が高まります

転職が難しいということで不安に感じている人も多いですが、諦めずにしっかりと従事できる転職先を見つけましょう。

おすすめの記事