入社一年目から転職は可能?成功させる5つの方法とデメリットを紹介!

入社をした後に会社の環境に馴染めず、一年目で転職を考える人は少なくありません。

しかし、短期間で会社を辞めているので、「ビジネス経験がまだ浅い状態で転職はできるのか?」と不安になることがあると思います。

そこで本記事では、入社一年目で転職を成功させる方法についてご紹介します。

また、入社一年目で転職するメリットとデメリットについても紹介しています。

入社一年目で転職をすることは可能

結論から言うと、入社一年目(第二新卒)で転職することは十分可能です。

理由は、今の就活市場において第二新卒の需要が高く、若手人材を採用したい会社が多いからです。

しかし、入社して一年で辞めてしまうと「忍耐力がなく、飽きっぽいのではないのか」「人間関係をうまく築けないのではないのか」といったマイナスなイメージを持たれてしまいます。

書類選考や面接の時に不利になってしまうので、悪い印象になってしまわないよう、会社が納得する転職理由を持っておくことが大切です。

また、第二新卒のアピールポイントを理解するためにも入社一年目で転職するメリットとデメリットを知り、実際に会社側からはどう思われているのかを客観的に見ていきましょう。

入社一年目の転職を成功させるための5つのポイント

入社一年目から転職を成功させるにはどうすればいいのか?

ここでは、入社一年目の転職を成功させるためのポイントを5つご紹介します。

  • 転職理由を明確にする
  • 転職理由の問題が解決されるか確認する
  • 短期間でも仕事で得たことを言語化する
  • 転職活動のスケジュールを立てる
  • 転職エージェントに登録する

一つずつ詳しく見ていきましょう。

転職理由を明確にする

面接の時は、志望動機として「転職理由」を必ず聞かれます。

もし、その時に曖昧な理由で答えてしまうと「適当な理由で転職する人」といったイメージを持たれてしまうので注意が必要です。

転職理由を明確にし、「なぜ弊社を志望したのか?」という質問にしっかり答えれるようにしておきましょう。

また、転職理由を「働いてみてイメージと違った」「やりたい仕事ができなかった」「職場の環境に馴染めなかった」など、ネガティブな理由で答えることも良くありません。

人間関係や労働条件(給与、休日休暇、福利厚生、残業の多さなど)を理由にしていると、「うちの会社でも同じ理由で辞めてしまうのではないのか」と思われてしまうので、「もっと自分の能力を活かせる仕事がしたい」といった前向きな理由で持っておくことが大切です。

転職理由の問題が解決されるか確認する

転職先を選ぶ時は、転職理由の問題(不満)が解決されるのかを確認することが重要です。

もし、やりたいことや待遇面ばかりを優先してしまうと、たとえ転職できたとしても前職と同じ不満を抱えてしまい、辞めてしまう可能性があります。

同じ失敗をしてしまわないよう、事前に詳しい企業の情報や、実際に働いた経験がある人の口コミを確認しておきましょう。

短期間でも仕事で得たことを言語化する

第二新卒の転職では、スキルや経験ではなく、成長意欲があるかどうかを重要視しています。

面接で「前職で学んだこと何ですか?」と聞かれた時に、思いつかないような状態であれば、採用者には何も魅力が伝わりません。

書類選考の時でも同じですが、前職で学んだことをしっかり答えれるように、まずは一年間仕事を経験した中で、感じたことや身に付けたことを整理し、「どんな自分になりたいか」を想像してみましょう。

もし、どうしても思いつかない場合は、小さなことでも構いません。

あくまで仕事に対して学ぶ姿勢をアピールすることが重要であって、スキルや経験を誇張して伝えることではありませんので、自分なりに努力や工夫をしたことと、それがどんな「成功」に結びついたかを伝えるように言語化しておきましょう。

そうすれば、自分のやりたいことが見えてくるようになるので、将来のイメージを掴むきっかけにもなります。

転職活動のスケジュールを立てる

転職を考えている人の中には、「今の仕事を早く辞めたい」と焦ってしまい、勢いだけで転職を決意してしまう人がいます。

しかしそれでは、たとえ転職できたとしても、転職先で同じ不満を抱えてしまい、転職を繰り返してしまうことになりかねません。

転職を繰り返すと「すぐに辞める人」という印象が付いてしまい、採用率が下がってしまいます。

そうなってしまわないよう、まずは自身の将来のビジョンが明確にし、スケジュールを立てることが大切です。

キャリアプランを立てる時は、「自分は今後どんなキャリアを築いていきたいのか」「5年後、10年後、どうなっていたいのか」という視点で考えてみましょう。

そうすれば、目標を達成するために必要な経験やスキルが分かるようになります。

自分のキャリアプランに合った仕事を選択し、面接では「将来どんなことをやりたいの?」「うちを選んだ理由は?」などの質問をされても答えれるようにしておきましょう。

転職エージェントに登録する

転職エージェントとは、転職を検討している方と採用を考えている企業の間に立って、転職成功を支援するサービスになります。

転職が初めてで不安な方でも、エージェントが希望に合った求人紹介から応募書類の添削と面接対策までサポートしてくれるので安心です。

また、転職後のアフターフォローもしてくれるので、入社後に何か不安や悩み事があれば、相談をすることもできます。

無料で利用できるサービスなので、一人で転職活動をするのが不安な方は、気軽に利用してみると良いでしょう。

入社一年目で転職をする3つのメリット

入社一年目で転職することには、さまざまなメリットがあります。

どんなメリットがあるのか?

ここでは、入社一年目で転職をするメリットを3つご紹介します。

  • 卒業後3年以内であれば第二新卒の対象となることもある
  • 早めに転職することで新たに経験を積んでいくことができる
  • 新しい環境で気持ちをリセットできる

一つずつ詳しく見ていきましょう。

卒業後3年以内であれば第二新卒の対象になる


新卒で就職して3年未満で転職する人のことを、一般的には第二新卒と呼びます。

企業が第二新卒を採用するメリットは次の2つです。

    1. 基本的なビジネスマナーをすでに身に付けているため、人材の育成の手間が省ける。
    2. 中途半端にキャリアを積んでいない分、新しい職場でも柔軟に対応することができる。

    このように、企業側にとって第二新卒を採用するメリットがあるので、入社一年目でも転職することは十分可能です。

    第二新卒を採用する企業は、若手人材を確保するためにキャリアよりもポテンシャルを重視するので、スキルと経験よりも「人柄」と「仕事に対する意欲」で自己アピールをしましょう。

    第二新卒の対象になることで、転職後は新卒を教育するのと同じように仕事を丁寧に教えてもらうことができるので、メリットが大きいです。

    職場に馴染んでいきやすいので、同期の輪にも入りやすいでしょう。

    新たに経験を積んでいくことができる

    年齢を重ねるにつれて新しい仕事へチャレンジすることが難しくなってきます。

    しかし、第二新卒は、年齢的に未経験職種へのチャレンジがしやすいので転職先の選択肢が豊富です。

    もし、前職を経験して自分のやりたいことが明確になった場合は、新しい業界に挑戦するのも良いでしょう。

    早く転職するほどその後の人生においてキャリアを積みやすくなるので、将来のビジョンやキャリアプランが明確になってきたらすぐに行動することです。

    また、転職したい業界が成長傾向にあるのであれば、昇給昇格も早いため長期的な視点で考えてみると良いでしょう。

    もちろん、チャレンジすることに年齢制限はありませんが、やはり若いうちのほうがチャンスが多いです。

    新しい環境で気持ちをリセットできる

    新しい仕事へ転職するメリットは、前職の不満が解決され、意欲的に働くことができることです。

    例えば、「前職の仕事はやりがいのある仕事だったけれど、職場の環境に馴染めずストレスだった」といった不満で退職した場合、仕事の環境が変わると一緒に働く人も変わるので、人間関係のトラブルで引きずっていたことがあっても、気持ちをリセットして取り組むことができます。

    そのため、新しい気持ちで再チャレンジすることができるのです。

    第二新卒は、前職の癖がついていないので、新しい環境に適応して柔軟に進めていくことができる能力があります。

    企業としては、何も癖がついていない状態で来てくれる方が教えやすい」「入社後1年目ならまだ前職の考え方に染まっていない」というメリットがあるので、ポテンシャルを重視している会社から採用されやすいです。

    採用後も会社の雰囲気や人間関係に早く慣れることができることでしょう。

    入社一年目で転職をする3つのデメリット

    短期間で退職をすることは、もちろんデメリットもあります。

    どんなデメリットがあるのか?

    ここでは、入社一年目で転職をするデメリットを3つご紹介します。

    • 転職理由が曖昧だとマイナス印象になる
    • すぐ辞めてしまうような印象を抱かれる
    • スキル不足と判断されやすい

    一つずつ詳しく見ていきましょう。

    転職理由が曖昧だとマイナス印象になる

    短期間で退職をすることのデメリットは、「採用してもまた辞めてしまうのではないか」「飽きっぽいのではないか」といったマイナスなイメージを持たれてしまうことです。

    特に、転職理由がネガティブであったり、曖昧だったりすると、マイナスなイメージを与えてしまいます。

    面接を受ける以前に、書類選考が通過しないという現状に陥ってしまうので、前職の経験を踏まえて次はどう改善していくのかをしっかり考えておきましょう。

    そして、面接では転職理由を詳しく聞かれるので、明確に答えれるようにしておきましょう。

     すぐ辞めてしまうような印象を抱かれる

    一年以内での転職だと「入社してもすぐ辞めてしまうのではないか」と思われてしまいます。

    転職理由を面接官が聞いても「それは仕方ない」と納得できる理由であれば別ですが、それが応募者の性格に問題がある場合は、良い印象はありません。

    企業は、採用する時も時間や労力にコストがかかっているので、なるべく採用コストを抑えるようにしています。

    具体的にどういったコストがかかっているのかというと、

    • 面接のための採用担当者の人件費・採用費
    • 新入社員の人材育成のための説明会・研修費

    などがあります。

    もし、採用後にすぐに辞められてしまうとコストと労力が無駄になってしまうので、会社は書類選考の段階から、「条件と合っているかどうか」「求める人物像であるかどうか」を見極めて、条件と一致した応募者だけを通過させています。

    つまり、短期間で退職した経歴がある応募者は、採用するメリットや長く働いてくれることが伝わらない限り、不採用にしているわけです。

    そうなってしまわないよう、転職理由は前向きな理由に答えて、長期で働きたいことが伝わるようなアピール文章にしましょう。

    スキル不足と判断されやすい

    会社が応募者の能力を測る時は、「一年」というスパンで考えることが多いです。

    そのため、一年以内で退職した応募者が、いくら面接でアピールをしても、スキル不足と判断され、不採用になってしまうことがあります。

    会社は、応募者の人間性だけではなく、会社の売上に貢献できる能力や実績を持っているのかを確認しています。

    つまり、第二新卒は、スキルがあると見なされる年数としては十分ではないため、若手採用をする会社ではない限り、採用されるのは難しいのが現実です。

    入社一年目での転職はメリットとデメリットを加味して考えよう

    入社一年目(第二新卒)で転職することは十分可能です。

    しかし、短期間で退職していることになるので、マイナスイメージは持たれてしまいます。

    明確な理由と前向きな姿勢で、面接官にも納得してもらえるような理由で答えましょう。

    どうしても納得いく転職理由が思い浮かばない場合は、転職エージェントで相談すると良いでしょう。

    あなたの就職活動の成功を願っています。

    おすすめの記事