27歳の女性の転職前に知っておくべき4つのポイント!27歳の転職事情も調査!

社会人として5年ほどが経過し、キャリアアップや転職を考える人が多い27歳女性は、転職に有利な年代とされています。

この記事では、転職市場でニーズが高い理由27歳女性の転職事情、転職活動前に押さえておきたい企業選びのポイントをご紹介します。

27歳の女性が転職前に知っておくべきポイントは?転職事情も調査!

27歳の女性が転職前に知っておくべきポイントは?転職事情も調査!

27歳の女性は、社会人として5年程のキャリアを経て仕事にも自信がつき、結婚や出産などのライフイベントも見えてくることで、転職を考える人が多い年代です。

実はとても転職に有利な時期であることを知っていますか?

転職を考える27歳女性が知っておくべきポイントと、この年代の転職事情を調査しました。

27歳の女性が転職前に知っておくべき4つのポイント

27歳の女性が転職前に知っておくべき4つのポイント

27歳女性は採用ニーズが高く、選択肢も多く転職には有利な年代。

予想外に早く内定が出るなど、嬉しい誤算もあるかもしれません。

舞い上がって転職後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔することにならないよう、27歳女性の転職のポイントを押さえましょう。

  1. 27歳前後は会社の採用ニーズが高い
  2. キャリア向上の転職がしやすい年齢である
  3. 20代は今後の伸び代があると判断される
  4. 優先順位をつけると女性に合った職場が見つけやすい

1. 27歳前後は会社の採用ニーズが高い

1. 27歳前後は会社の採用ニーズが高い

27歳前後は、他の年代に比べて採用ニーズが高く、企業の採用のメインターゲットになりやすいという特徴があります。

実際に、ある女性向けの転職サイトでは、26~28歳がメインターゲットの求人数が最も多いというデータがあります。

その理由は、新卒から5年ほどのキャリアがあり社会人としての基礎力が身についていることだけでなく、担当者として業務はきちんと任せられる程度の専門性がある上、20代だからこその伸びしろを期待できることが挙げられます。

27歳の転職者には、他の年代の転職者よりも幅広い選択肢があると言えるでしょう。

2. キャリア向上の転職がしやすい年齢である

2. キャリア向上の転職がしやすい年齢である

27歳での転職は、キャリアアップも十分に見込めます。

企業が応募者の採用可否を判断する視点の一つに、「数年後にどのような成長を見込めそうか」というものがあります。

27歳の転職者の場合、転職後3年で30歳、年齢的にもリーダーを任されやすい時期になります。

社会人としての基礎力がある27歳の人材は、リーダーやマネジメント職への登用を見込んで採用されやすく、結果年収アップにつながりやすいのです。

3. 20代は今後の伸び代があると判断される

3. 20代は今後の伸び代があると判断される

転職市場において、「20代=若手」という見方があることは押さえておきましょう。

20代の転職者はまだまだポテンシャルがあると判断されるため、未経験の業界や職種にもチャレンジしやすい傾向があります。

これが30代になると「中堅」とされ、未経験者の採用はぐっと減ってしまいます。

「現職に向いていないかも…」と考えている方や、「結婚や出産に備えて働き方を変えたい」と思う方は、なるべく早いうちに転職を検討した方が、チャンスをつかみやすいでしょう。

4. 優先順位をつけると女性に合った職場が見つけやすい

4. 優先順位をつけると女性に合った職場が見つけやすい

やりたい仕事に就くことや収入のアップ、安定した企業で働くことなど、転職の希望はさまざま。

27歳女性の転職で特に大切なのが、転職で叶えたい希望に優先順位をつけることです。

27歳と言えば、結婚や出産も視野に入ってくる時期。

今後の人生に出産・育児の希望があれば、必然的に働き方も独身時代とは変わってきます。

現状での待遇の良さだけにとらわれないよう、中長期的な視点でキャリアプランを練り、条件の優先順位を整理しておくことが大切です。

27歳の女性の転職事情

27歳の女性の転職事情

27歳女性の転職事情を4つのポイントからご紹介します。

転職市場の内情と、企業がこの年代に何を求めているのかを理解し、転職活動を有利に進めましょう。

  • 27歳前後は企業からの求人が最も多い
  • 今後の成長を見込んで採用されやすい
  • 未経験や異なる業種へ転職しやすい
  • 転職後の年収向上も見込める

27歳前後は企業からの求人が最も多い

27歳前後は企業からの求人が最も多い

転職市場において、最も多いのが26~28歳をメインターゲットとした求人です。

業務を安心して任せられるだけの仕事の基礎力がある上で、まだ若く、未経験の業務に就いたとしても伸びしろが期待できるため採用ニーズが高いと考えられています。

あなたが今27歳で、数年中の転職を考えているのなら、選択肢の多いこの好機を逃す手はありません。

今後の成長を見込んで採用されやすい

今後の成長を見込んで採用されやすい

企業が転職者を判断する基準は、「即戦力になるか」「成長を見込めるか」の大きく二つ。

「即戦力になるか」は、応募職種での経験や実績があるかがポイントになり、30代の転職者の方が有利と言えます。

一方で、「成長を見込めるか」という点では、30代以上よりも20代が有利

「これまでの社会人経験や実績をもとに、どのように成長できるか」をアピールしやすい27歳は、企業側にも数年後の成長をイメージしてもらいやすいでしょう。

未経験や異なる業種へ転職しやすい

未経験や異なる業種へ転職しやすい

転職市場では、27歳はまだ若手の部類で、ポテンシャルに期待してもらえる有利な時期です。

28歳を超えると、やや経験重視になる傾向があり、30歳を超えるとその傾向はさらに強まります。

やってみたい憧れの職業がある方や、現職での実績にいまいち自信がない方も、未経験や今までと違う業種へ転職できる可能性が十分にあるのです。

転職後の年収向上も見込める

転職後の年収向上も見込める

もちろん、現職での経験が活かせたり、実績がアピールできれば転職での年収アップも十分に見込めます

ただし、未経験業種や、現職と別商材の営業職など、即戦力になれない場合は収入が下がってしまう可能性も。

会社の規模によるところも大きいので、納得するまで調べることをおすすめします。

27歳の女性の転職に人気の職種3選!

27歳の女性の転職に人気の職種3選!

転職後に希望するのは、今と同じ仕事でしょうか、それとも全く別の仕事でしょうか?

ここでは、27歳女性の転職者に人気の職種をランキングでご紹介します。

  • 3位 企画・管理職
  • 2位 営業職
  • 1位 事務・アシスタント職

3位 企画・管理職

3位 企画・管理職

27歳女性に人気の職種第3位は、企画・管理職でした。

人事、総務、経理、マーケティング、経営企画など様々な専門分野がある「企画・管理職」。

専門的なスキルを身につけることができるため、結婚や出産などのライフイベント後も長く活躍することを希望する方に人気です。

2位 営業職

2位 営業職

27歳女性に人気の職種第2位は、営業職でした。

ヒアリング力やプレゼン力、課題解決力などビジネス全般に活かせるスキルを磨くことができるため、20代のうちに経験しておきたいと考える方も多くいます。

また、他の職種に比べ、自分の営業成績が給与に反映されやすい点も、収入アップを望む方には魅力的です。

1位 事務・アシスタント職

1位 事務・アシスタント職

27歳女性に人気の職種第1位は、事務・アシスタント職でした。

未経験でもチャレンジしやすいことや、妊娠中や子育て中でも無理なく働けるイメージが人気の理由のようです。

ただし人気の一方で、企業の中で事務・アシスタント職の採用数は限られているため、競争率は高め

基本的な事務スキルとともに、自分のスキルがどのように貢献できるかのアピールや、身につけたい専門性などの展望があると良いでしょう。

27歳の女性にとって魅力ある転職先とは?

27歳の女性にとって魅力ある転職先とは?

27歳で転職すれば、3年後に30代に突入します。

結婚や出産もより現実的になるこの時期に、労働者にとって魅力的な企業とはどのような企業でしょうか。

押さえておきたい特徴を5つご紹介します。

  1. 時短勤務がある
  2. 出産・育児休暇が充実している
  3. 社員食堂やカフェテリアがある
  4. フレックスタイム制度がある
  5. 資格取得をサポートする制度が整っている

1. 時短勤務がある

1. 時短勤務がある

時短勤務とは、3歳未満の子を養育する労働者や、介護を要する家族がいる労働者の勤務時間を短縮するための制度です。

一日の労働時間を原則6時間とすることや、残業や深夜時間帯(午後10時~午前5時)業務の免除を希望する場合はそれに応じなければならないことが法律で定められています。

ただし、日々雇用の従業員や、入社1年未満の従業員、所定労働日数が週2日以下の従業員は対象外となりますので注意が必要です。

法律で時短勤務制度を講じなければならないとされているのは3歳未満の子がいる場合ですが、企業によっては、本人の希望に応じて対象年齢を未就学児や小学校卒業までとしているところもあります

将来的に出産を希望する場合は、選考時に時短勤務制度について確認してみるのがおすすめです。

2. 出産・育児休暇が充実している

2. 出産・育児休暇が充実している

産前産後休業は出産予定日の6週前(双子の場合は8週前)から産後8週までで、雇用形態や、入社からの期間を問わず誰でも取得できます

育児休業は産後休業終了日の翌日から、子が1歳になる前日まで取得でき、保育園に入れないなどの理由がある場合は、最長2歳になる前日まで延長することができます

産休と違い育休は、日々雇用の労働者、所定労働日数が週に2日以下の労働者は取得できず、パートや契約社員などの期間雇用社員の場合、同じ雇用主に1年以上雇用されていること、子が1歳6か月になるまでに契約期間が満了することが明らかでないことという条件があります。

産休・育休は法律で定められた労働者の権利である上に、近年は男性の育休取得を推進するなど、子育て世代を会社全体で応援する企業も現れています。

制度の有無だけでなく、実際に産休育休を取って働き続けている社員がどのくらいいるのかも確認できるといいでしょう。

3. 社員食堂やカフェテリアがある

3. 社員食堂やカフェテリアがある

絶対条件ではないかもしれませんが、あると嬉しい社員食堂やカフェテリア。

仕事にプライベートに忙しい20代後半~30代の女性にとって、栄養バランスの取れたランチが安く食べられるのは嬉しいですね。

食堂やカフェテリアがあれば、同僚とのコミュニケーションの機会も広がりそうです。

4. フレックスタイム制度がある

4. フレックスタイム制度がある

生活様式や価値観が多様化する中で、近年取り入れる企業が増えているフレックスタイム制度。

「始業・就業時間を自分で自由に決めることができる働き方」を指し、1日ごとの労働時間ではなく、「1か月に160時間」のように一定期間の総労働時間を定めることで、日々の出社時間や退社時間を自由に設定できます

効率的に仕事ができたり、プライベートの予定との調整がしやすいのがフレックスタイム制度のメリット。

平日に習い事の予定を入れたり、家族と家事や育児の分担をするなど、使えれば便利な制度です。

5. 資格取得をサポートする制度が整っている

5. 資格取得をサポートする制度が整っている

医療や福祉業界といった専門性の高い職種では、資格の有無で仕事の幅や収入が左右されることがよくあります。

そういった職場へ転職する場合は、資格取得をサポートする制度があるかを確認してみましょう。

費用面の支援や、働きながら学びやすくするための労働条件面での支援など、企業によってサポート内容は様々です。

資格取得を奨励する職場では、資格があることで収入アップを見込めますし、同じ目標を持つ同僚がいればモチベーションアップにもなるでしょう。

27歳は女性の転職に有利! 未経験の職種や魅力ある転職先を探すチャンス!

27歳は女性の転職に有利! 未経験の職種や魅力ある転職先を探すチャンス!

27歳の女性は、企業からのニーズや期待値が大きく、転職するのにとても有利です。

自信を持って大胆に行動してみれば、キャリアアップや未経験業種にも道が開けるかもしれません。

30代に向けてライフプランを練り、今後の仕事人生をもっと輝かせる絶好のチャンスを活かしましょう!

おすすめの記事