中途転職・第二新卒と新卒入社の難易度は違う?失敗しないためにやるべき3つのことを紹介!

就職・転職先を探す場合はその人の状況によって大きく難易度が変わります。

就職者・転職者のくくりとしては大きく分けて3つに分けられ「新卒者」・「第二新卒者」・「中途転職」の分けられます。

この「新卒者」・「第二新卒者」・「中途転職」はそれぞれ就職・転職する際には難易度が異なるので、どのように違うのか、失敗しないためのやるべき3つのことと併せてご紹介します。

中途転職・第二新卒と新卒入社の難易度が知りたい

「新卒者」・「第二新卒者」・「中途転職」はそれぞれ難易度が異なり、行動することも大きく変わってきます。

就職や転職は精神的に大きな負担となり、「次の就職先が見つかるのか」や、「次の仕事場では上手くやっていけるのか」など不安に感じてしまいやすいです。

早く就職先や転職先が見つかるほど安心できることはありません。

難易度を把握して行動すると就職先・転職先も見つかりやすいので、難易度とどのような行動をするべきなのか解説していきます。

中途転職と新卒入社の就職難易度はどう違う?

まずは「新卒者」・「第二新卒者」・「中途転職」それぞれどのように難易度が違うのかについてご紹介します。

難易度が優しい必ず入れるというわけでもない上に、難易度が高いから必ず入れないというわけではありません。

就職・転職を考えるときの参考程度にチェックしてみてください。

国内大手企業の採用は圧倒的に新卒が有利

国内でも大手企業に入ろうと考える場合は、圧倒的に新卒者が有利です。

なぜかというと、新卒者はまだアルバイトなどをしたことがあるかもしれませんが、就職をして仕事をしている経験がないことから給料面をおさえることができます。

大手企業側もコストを抑えた人事採用ができる上に、真っ白なキャンパス状態から始まるので会社の色に染めやすいです。

もちろん新卒者のポテンシャルを見抜く必要はありますが、コスト面や会社の色に染めやすい点から大手企業は新卒者が採用されやすいです。

第二新卒を積極採用する大手・中堅企業は多数

新卒者は国内大手企業に有利に就職できますが、第二新卒は大手企業や中途企業に対して有利です。

第二新卒とは、新卒後に就職はしたものの、2年から3年以内に転職をすぐに探しているような人を指します。

一度仕事経験があるため、社会にもまれている経験から育成コストがかかりづらい上にポテンシャルがある人を採用することができやすいため、大手企業や中途企業が採用しやすいです。

ただし、即戦力を求めている会社からは新卒者・第二新卒ともに採用されづらいです。

中途転職は外資系や経験のある業界・職種が有利

中途転職は大手企業や中途企業からはやや採用されにくい傾向がありますが、外資系や経験がある職種は採用されやすいです。

というのも、外資系などは良くも悪くも人材の流出が多いため、常に人材を募集している可能性が高いです。

さらに現在の職業や過去に同業職をしている場合はキャリア採用の即戦力として重宝されるため、同業職の場合は難易度が易しくなります。

中途転職の場合はやはり即戦力を求めているような企業に入社しやすいです。

転職難易度を下げる!失敗しないための3つの方法

次は転職難易度を下げることができる、失敗しないための3つの方法について解説していきます。

新卒者の場合は在学中に就職活動を行うことができますが、転職者の場合は仕事をしながら探す流れになるため、時間が割きにくいです。

効率よく転職先を探す準備をしていくと転職ができやすいので、どのような方法を行うべきなのか参考にしてください。

大まかな転職スケジュールを立てる

大まかな転職スケジュールを立てる

転職先を探す場合はまず大まかなスケジュールを組むようにしてください。

スケジュールを細かく組むのももちろんいいことですが、スケジュールを細かく組んでも希望通りに転職ができるという可能性は少ないです。

逆にスケジュールを組まずに行う人もいますが、スケジュールを組まないと気持ちも乗りにくく、転職意欲が面接時に表れにくいため転職できる可能性がやや落ちます。

大まかなスケジュールを組んで行動をしていくようにすると、転職意欲が落ちにくい上にスケジュールに合わせた行動・準備を行うことができます

転職スケジュールは半年が目安

大まかなスケジュールを組むことが大切ですが、スケジュールを組む場合は半年を目安に考えましょう。

1か月から3か月の範囲内で転職できる人もいますが、半年と考えることで切羽詰まった状態にならないため、より自分に合った転職先を見つけることができます

もちろん半年以内に自分の希望をする条件の転職先が見つかった場合は率先して行動するのがおすすめです。

内定後の退職準備

内定が決まった場合は、退職をする準備をしていきましょう。

内定が決まらないうちに退職することを伝える人も多いですが、できれば内定後に会社への報告を行い、引継ぎや退職日の調整・有休消化などに入るのが好ましいです。

基本的には退職前の1か月に報告する必要がありますが、会社によって雇用内容が違う場合や、人材不足状態の場合は引き延ばしにされる可能性があるため、転職活動時に現在の就職先の雇用契約書を確認するのがおすすめです。

転職に必要な情報収集をする

大まかなスケジュール調整なども必要ですが、他にも転職に必要な情報収集を行うようにしましょう。

転職は情報戦といっても過言ではなく、情報がしっかりない状態は自分に合った転職先が見つかりにくいです。

どのように情報収集をするのかご紹介していきますので、スケジュールと併せてぜひチェックしてみてください。

希望する業界の動向は毎日チェック

情報収集のためにはまずは希望する業種・業界の動向をチェックするようにしてください。

求人情報などはあまり変わらないイメージを持っている人もいますが、人気がある求人情報は競争率が高いためすぐに募集が埋まることが多いです。

転職は一種の戦いでもあるため、競争に負けないように毎日求人情報などのチェックを行うのがおすすめです。

複数の媒体を利用して求人情報を収集する

情報収集をするためには、ハローワークなどを含めて複数の媒体で探すようにしましょう。

求人媒体によって取り扱いをしている求人内容が異なるため、複数の媒体を利用すると求人案件数も増えます。

非公開の求人案件を取り扱っているところもあるので、情報を集めるためにも複数の媒体を利用してください。

自己分析と経歴の洗い出し

転職を失敗しないための必須ポイントといっても過言ではないのが「自己分析と経歴の洗い出し」です。

自己分析と経歴の洗い出しを行っているか、行っていないかで成功率が大きく変わります。

重要ポイントでもあるので、自己分析と経歴の洗い出しもしっかりとしましょう。

経歴やスキルを客観的に洗い出し、今後のキャリアの方向性を考える

自己分析と経歴の洗い出しの中でもまず行うべきなのが「経歴」や「スキル」を客観的に見て洗い出すという点です。

一度冷静になって自己分析を行うのもおすすめですが、自分でわからない場合は親しい職場の先輩や相談できる相手に聞くようにするのもいいでしょう。

経歴やスキルの洗い出しをすることで再度自分の中の強みを認識することが可能で、面接時にもアピールすることができます。

さらに今後のキャリアの方向性も考えると、より鮮明に次の仕事・将来に向けてのビジョンをイメージすることが可能です。

応募書類の作成

自分のスキルや自己分析の洗い出しが終わると、次は応募書類の作成を行ってください。

できれば自己分析や洗い出しを行い、頭がスッキリと整理整頓されているうちに書くようにすると、自分の強みを応募書類に入れることができます

応募書類は「履歴書」・「職務経歴書」・「ポートフォリオ」などです。

時間があるときに複数枚用意しておくと困ることがありません。

面接の準備

転職の失敗しやすいポイントでもある「面接の準備」も欠かせません。

面接はどうしても緊張がしてしまいやすいものですが、志望動機や自己PRなどの整理をしておくことで、相手にも伝わりやすい上に、忘れることが少ないです。

ついつい長く考えてしまいがちですが、志望動機や自己PRが長いと緊張から忘れてしまいやすいため、忘れないためにも一度整理をしてください。

転職難易度が高い中途の転職活動は在職中に

第二新卒者は転職難易度がやや易しいですが、転職難易度が高い中途転職者は、在職中に職探しをするのがおすすめです。

次は在職中に職探し行うメリットについて解説していきます。

転職難易度が高いものの、中途転職者は大きな強みを持つことができます。

中途転職者はぜひチェックしてみてください。

転職活動資金を確保できる

在職中に職探しを行っている間は転職活動資金を貯めることができます。

人によっては先に退職することを伝え、上手く就職が決まらずに無職状態になったという人も多いです。

転職活動のための資金を貯めておくと、万が一無職になってしまった場合でも職探しに専念することができるため大きな強みといえます。

経歴やスキルを得ながら転職活動できる

さらに、在職中では経歴やスキルを高めながら転職先探しを行うことができます。

同業職でなくても人の動かし方や動き方、考え方などを学ぶことができるため、自分の経験値として勉強にすることが可能です。

スキルを磨くほどやはりアピールポイントにもなるので、在職中は転職活動と併せてスキル磨きを行うのがおすすめです。

転職難易度が低い業種は未経験でも狙える

職業経験がある業種であれば即戦力として考えてもらいやすいですが、未経験の場合はさらに転職難易度が上がります。

ただし、慢性的に人材が不足しているような「IT」「建築」「製造」「運輸」などの業種は未経験であっても採用してもらいやすいです。

実際に仕事についてから教わって技術を高めていくような業種になるため、未経験の業種に就こうと考えている人におすすめします。

転職難易度は時期によって変化する

転職難易度は、時期によって大きく変動します。

転職難易度などは情報収集をしているとなんとなくわかりやすいのですが、難易度を把握して上でスケジュールを組むと、さらに転職できる可能性が高いです。

転職を考えている人は難易度が変動しやすい時期も参考にしてください。

求人数は景気に左右される

転職難易度は景気によって左右されます。

というのも、一番わかりやすい例でもありますが、新型コロナによって景気が大きく傾き、世界全体的に景気が悪いタイミングになりました。

この景気の悪さによって求人数が少なくなった上に、雇用数までも少なくなりました。

逆に景気が良くなれば案件数も一気に増えるため、転職難易度・案件数は景気によって左右されるので、景気の動向を踏まえてスケジュールを組むのがおすすめです。

売り手市場となるタイミングを逃さない

景気の動向とともに売り手市場となるタイミングを逃さないようにしましょう。

というのも、大手企業などは年度の切り替えやボーナス後に求人が増える傾向があり、ベンチャーや中小は波が少ないです。

自分が希望する業種や大きさなどを考えてチェックするとチャンスのタイミングを逃さずに応募することができます。

転職難易度を理解して失敗しないための準備をしよう

転職難易度を下げるためには、景気の動向をチェックするとともに、自己分析やスケジュール調整を行うのが好ましいです。

難易度を理解することで対策を練ることもできるので、失敗しないためにもしっかりと準備をするようにしましょう。

おすすめの記事