転職の適齢期を男性・女性で紹介!有利な時期と厳しい時期はいつ?

転職には適齢期があるのか、気になる人は多いでしょう。転職市場において特に需要の高い年齢はあります。

ただし、内定を得るためには、適齢期かどうかよりも企業ニーズを正確につかみ、それを満たす人材であることをアピールするほうが大切です。

転職の適齢期が気になる

転職しようと思っても「あまり若いと転職市場で不利になる」「年を取るほど内定を得るのが難しくなる」などさまざまな意見があり、いつするのがベストなのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

転職市場で特に需要が高い年代があるのは確かです。

とはいえ、年齢さえ問題なければ転職に成功しやすいかというと、そうではありません。

ここでは、そもそも転職するのに適齢期はあるのか、転職を成功させるためにタイミングより重視すべきことは何かなどについて紹介します。

男性の転職適齢期はいつ?


かつては「35歳転職限界説」が広く流布していました。

これは「転職に成功するのは35歳までで、それ以上の年齢となると難しい」という意味です。

しかし、近年は経験豊富な40歳以上の社員のニーズも増えており、年齢にふさわしいスキルや実績があれば35歳で限界ということはありません。

ここでは、男性の転職適齢期がいつなのかということについて紹介します。

企業からのニーズが高いのは28歳前後

企業からの採用ニーズが特に高い傾向にあるのが、28歳の転職希望者です。

これは、22~23歳で大学を卒業して入社したとして5年前後の職務経験があり、ひととおりビジネスマナーや常識を身につけ、それなりの実績も出している年齢だからです。

企業からは、改めてビジネスマナー研修などの社員教育をする必要がなく、ある程度の専門知識に加え将来性や柔軟性も期待できる人材として評価されます。

業務面ではポテンシャルを期待されることが多いため、未経験業界への挑戦もほかの年齢に比べると難しくありません。

キャリアを積んだ30代前半

30代はある程度のキャリアを積み、主任や課長など役職につく人も出てくる時期です。

業務を通して培ってきた専門知識や技術に加え、マネジメント能力がある点も評価の対象となります。

特に、まだ若く柔軟性がある30代前半は30代後半より転職が決まりやすい傾向にあり、未経験業界に挑戦する余地もあります。

ただし、30代後半になると事情が変わります。

転職市場においては若くなく、より高い実績やスキルが求められるようになるからです。

30代後半でまったく未経験の業界に挑戦するのは難しいでしょう。

特殊な技能や実績のある40代

40代は管理職につき、部下を指導する立場に立つ人が多くなる年代です。

企業は、40代の転職希望者に対しては業務の専門知識やスキルだけでなく、高いマネジメント能力も求めます

マネジメント能力とは、グループや部下の課題を考え適切な目標を設定する力や計画の進捗を管理する力、部下の能力を引き出し育てる力などです。

このような力に加えて、年齢にふさわしい実績やスキル・培ってきた特殊な技術などもある40代なら、より良い条件で転職しキャリアアップを図ることも可能です。

男性の転職適齢期ではないタイミング


転職するなら、より良いタイミングを選び、少しでもスムーズに決めたいものです。

転職適齢期ではないタイミングで転職活動を始めると、思わぬ苦労を強いられる可能性があります。

そこで、ここでは、男性の転職適齢期に該当しない年齢を紹介します。

社会人経験が未熟な20代前半


20代前半は、まだまだ社会経験が浅い時期です。

大卒で入社していれば、まだ働いて1~2年というところでの転職となります。

新卒で入社した会社の労働環境があまりにひどいものだったなど、早々に転職を決める理由もあるでしょう。

しかし、一般には、入社して浅い時期に転職しようとしているのをみると「忍耐力が低く、どこに行っても長続きしない人ではないか」「うちで採用してもすぐに辞めるのでは」などと受け止められがちです。

この時期は転職適齢期とはいいがたく、可能であれば20代後半まで勤めて経験を積んでから転職に踏み切ることが望ましいでしょう。

30代の未経験職種は厳しい

30代は企業では若手を脱却して中堅扱いされる年代です。

ひととおり社会人としてのマナーも身につき、業務経験もあることから、経験業種や職種への転職であれば成功の可能性は高いでしょう。

しかし、30代でも後半になると、指導する立場に立つ年齢になることから未経験業界への転職の成功確率はぐんと下がります。

30代後半の未経験者が応募できる求人の数もがくんと少なくなります。

30代で他業種への転職を考えている場合は、少しでも早めに動くことが大切です。

短期間で転職を繰り返すと敬遠される

たとえ20代後半や30代前半などの転職に強い時期であっても、それまでに何度も転職をしている場合は適齢期とはいえません

どのような事情があるとしても、短いスパンで転職を繰り返していると企業にマイナスイメージを抱かれてしまいます。

これは、「1つのところに長く勤められない人」「1社あたりの勤務年数が短すぎてまともにスキルが身についていない」と思われてしまうからです。

深く調べずに勢いで転職してしまい、入社してから「思っていた仕事ができない」「労働環境がひどかった」と気づいて再び転職活動を始めることもあるでしょう。

これは、無意味に転職歴を重ねてしまうだけです。

転職前には時間をかけて企業研究を行い、納得のいく職場に入社するようにしましょう。

女性の転職適齢期はいつ?


女性の転職は、男性の場合より年齢の影響を受けやすい傾向があります。

これは、女性の場合、結婚や出産で仕事を辞めたり休んだりせざるを得ないことがあるためです。

企業は採用してすぐに産休に入られたり退職されたりすると困ります。

そのため、女性を採用する際は年齢を気にする傾向があるのです

それでは、女性の転職適齢期はいつなのでしょうか。

次から見ていきましょう。

キャリアチェンジを目指すなら27歳まで


新卒で入社したものの、実際に働いてみると、「この仕事は自分に向いていない」「ほかにもっと興味の持てる仕事が見つかった」といったことがあるものです。

女性が未経験職種への転職を希望するのであれば、27歳ごろまでが適齢期のリミットとなります。

なぜなら、30代に入ると中堅として経験やスキルが求められるようになるからです。

30代の時点である程度業務経験を積むことを考えると、必然的に27歳が限界となります。

資格や専門スキルがあれば30代でも需要有り

看護師や薬剤師など資格職や専門性の高いスキルがある場合は、何歳であろうと比較的スムーズに転職することが可能です。

むしろ、業務経験を積んだ30代以降の方が歓迎されるケースもあるでしょう。

ただし、資格は取得しているものの、特に活かすことなく事務職などほかの職種に従事してきた場合は別です。

このケースでは、「やはり資格を活かして働きたいから」と30代で資格職を目指して転職活動をしても、採用されるのは難しくなります。

40代は業界経験を活かしてキャリアアップ

40代に入ると、資格も経験もない業種への転職を目指しても成功は難しいです。

専門性の高いスキルを身につけている、高い実績を上げている、マネジメント経験があるといった女性であれば、転職適齢期といえるでしょう。

「どうして40代の今転職したいのか」を明確にし、業務経験を通して培った自分の強みが何かを把握して、応募書類や面接で適切にアピールすることが大切です。

女性の転職適齢期ではないタイミング


ここでは、女性が焦って転職するべきではない適齢期を外れる時期がいつかについて紹介します。

経験や知識の少ない20代前半


男性にもいえることですが、業務経験が浅くスキルや専門知識が身についていない20代前半は、転職市場において武器になるものが若さ以外にありません。

年齢が高いよりは若い方が転職しやすい傾向があるのは確かです。

とはいえ、入社してあまり間をおかずに転職活動を始めると良い印象を与えることはできません。

20代半ばまで勤めてから転職するほうが、一定の経験があるとみなされて転職しやすくなるでしょう。

30代後半に突入すると厳しい

30代後半での転職は、即戦力になれるスキルやマネジメント能力が求められるようになります。

高い実績や管理職経験がある女性なら、あまり問題はないでしょう。

しかし、事務職などサポート的な立場で仕事を続けてきた女性にとっては30後半での転職は難易度が上がります

長期的なキャリア形成などの観点から35歳までなどの年齢制限がつく求人が増えることも、30代後半での転職を難しくする原因です。

結婚や出産の予定がある人は不利

若い未婚の女性が面接を受けると、結婚の予定はないか聞かれることがあります。

既婚女性の場合は、出産の予定について聞かれることがあるでしょう。

これは、企業としては、せっかく採用した女性がすぐに結婚で辞めたり産休に入ったりされては困るからです。

結婚や出産の予定が具体的にある女性は、転職活動で不利になることはさけられず、適齢期とはいえません

転職適齢期よりも年齢に見合った需要を見極めよう


一般的な傾向として、転職するのに適した時期があるのは確かです。

ただし、これはあくまで「傾向がある」という話であり、何歳であっても転職に成功して活躍している人はたくさんいます。

なぜなら、転職活動に成功するために大切なのは、適齢期かどうかよりも年齢に見合ったスキルや実績があるかどうかだからです。

ここでは、年代ごとに企業がどのようなスキルや実績がある人材を求めているかについて紹介します。

企業が求める若い人材の需要

企業が中途採用で20代を採用するときに期待しているのは、主に次の3つです。

  • 職場環境の若返り
  • 物覚えも早く体力がある
  • 柔軟性や向上心に期待

フレッシュな20代の社員が入ってくることで職場が活気づき、既存の職員にとって良い刺激となる効果が期待できます。

また、20代はまだ十分に若くて体力があり、指導したことに対しての吸収力が違います。

柔軟性もあるため、新しい職場や仕事のやり方に対してもすぐになじんで働けるでしょう。

選考では、特にこのような「物覚えには自信があり、柔軟に物事に対応できる」「向上心がある」点をアピールすると良いでしょう。

裏付けするような前職・現職でのエピソードを付け加えるとより説得力が増します。

企業が求める中高年の人材の需要

企業が中高年の中途採用者にも求めるのは、主に次の3点です。

  • 即戦力として業界のスキルや知識に期待される
  • マネジメント能力が求められる
  • 若手育成要員として期待される

新卒や若手の採用とは大きく異なり、即戦力になることが求められ、年齢にふさわしいマネジメント能力があることも期待されます。

また、中高年は職場を引っ張り若手を育てていく年代でもあります。

そこで、面接では応募先企業に貢献できるどのようなスキル、知識があるのか、どの程度のマネジメント能力があるのかを示すことが大切です。

その際、「前期比120%の売上を達成した」「グループリーダーとして幅広い年代の10人の部下をまとめてきた」など、具体的な数字も入れ込みながら話すとより効果的にアピールできます。

部長や課長などの役職についたことがない人も、マネジメント能力が示せないと考える必要はありません。

中高年ともなれば、チームリーダーやプロジェクトリーダーなど複数のスタッフをまとめる立場に立った経験がある人は多いでしょう。

「チームリーダーとして○○の点に注意し、プロジェクトを成功に導いた」など「まとめる立場に立ったとき、何をどのようにして、どのような実績を上げたか」を述べることで、マネジメント能力があることは十分に示せます。

転職適齢期を知って転職のタイミングを図ろう!

転職には、より採用されやすい時期、つまり適齢期が存在します。

たとえば、ひととおり業務経験があってこれからの伸びしろも期待できるうえ、ビジネスマナーを教えなくてすむ28歳前後は特に転職ニーズの高い年齢です。

担当業務をこなすだけでなく、部下を指導したり取りまとめたりとマネジメント経験もある30代前半も転職に成功しやすいでしょう。

とはいえ、適齢期とされる年齢以外でも転職に成功する人はたくさんいますし、適齢期であっても適切に自分をアピールできなければ内定は得られません

転職の選考では、20代は柔軟性や吸収力がありフレッシュな点を、30代・40代は即戦力になれる実績があることやマネジメント力があることなどをアピールすることが大切です。

丁寧に自己分析してこれまでに担当した業務を細かく棚卸し、志望企業に合った内容でアピールできそうなものを見つけましょう。

おすすめの記事