営業以外の転職で失敗しない3つのこと!営業以外で転職が可能な5つの理由も!

営業が向いていないと感じながらも、営業以外の職種に転職できるのか不安に思っている人は多くいるでしょう。

しかし実は、営業以外の職種への転職に失敗しないための秘訣があるのです。

本記事では、営業以外に転職できる理由や転職する方法も併せて紹介します。

営業以外の仕事に転職したい

「転職するなら営業以外の職種が良い」と感じながらも、自分のスキルや経歴に自信が持てず、結局は営業以外の職種には転職できないのではないかと思っている人は少なからずいるはずです。

確かに営業は高いコミュニケーション能力が求められる職種ですし、ノルマ達成のプレッシャーが強い職場もたくさんあります。

自分の性格や経験から営業が自分に向いていないことははっきりとしているものの、どうしたら営業以外の仕事に就けるのか分からずにいる人もいるでしょう。

そこで本記事では、営業以外の仕事に転職する際に失敗しないための方法や営業以外での転職が可能な理由について解説していきます。

営業以外の仕事の転職に失敗しない3つのこと

営業以外に転職しようと決意していても、以下の3つのことを行わなければ転職を成功させることはできません。

  1. 営業で得たスキルと今後活かせそうなことを整理する
  2. 営業で限界を感じた部分を把握する
  3. 転職したい理由とやりたいことを明確にする

営業で得たスキルと今後活かせそうなことを整理する

転職で失敗しないために、まずは過去の営業職で培ってきたスキルや経験を整理する必要があります。

ただ営業をこなしてきたというだけでは、営業以外の仕事に就こうとする際に強みとしてアピールすることはできません。

顧客のニーズを正しく把握するために努力したことや商品を魅力的に紹介するために磨いてきたスキルなど、営業を行う上で磨いてきた自分のスキルを一つずつ棚卸ししてみましょう。

すると転職先の企業にアピールすべき自分の魅力が、だんだんと分かってくるはずです。

営業をしていたときに「こんな仕事は誰にでもできる」と思っていた業務が、別の企業から見たら立派なビジネス経験になることもあります。

苦しい思いをしてきたからこそ得られたスキルがあるはずだと考え、自己分析をしてみましょう。

営業で限界を感じた部分を把握する

転職活動中は、希望通りの求人がなかなか見つからないものです。

そんな時には、まず営業をしていた時に「限界だ」と感じた部分はどこだったのか、しっかりと思い出してみましょう。

ノルマが達成できないことや残業が多いことなど、嫌なことは複数あったかもしれません。

しかし、二度と営業の仕事をしたくないと決意させるほど限界を感じた部分が、前の職場には必ずあったはずです。

自分がどうしても我慢できなかった部分はなんだったのか思い出すことで、次の転職先に求める最低限の条件がはっきりとしてきます

全ての条件を満たす企業を探して転職活動を長引かせるよりも、必要最低限の条件は満たしている企業に積極的に応募していった方が、転職の成功率は高くなるでしょう。

転職したい理由とやりたいことを明確にする

転職したい理由を聞かれたときに、どうしても営業以外の仕事がしたいからだと正直に答えても、企業からの印象は良くはなりません。

営業以外なら何でもいいのかと思われないように、営業以外の仕事で絶対に成し遂げたいことやどうしてもやりたいことを明確にしておく必要があります。

将来の自分はどうなっていたいのか、具体的にイメージしてみましょう。

目標がはっきりすれば企業に求める条件も明確になり、より相性の良い企業に転職できるようになります。

また妥協のし過ぎは、転職後の後悔に繋がる可能性が多いです。

絶対に叶えたい条件さえ決まっていれば、転職後に後悔する可能性はぐっと減ります。

営業以外での転職が可能な5つの理由

営業以外での転職は決して不可能ではない」と断言できる理由を5つ紹介します。

  1. コミュニケーション能力を活かせる
  2. 目標達成力を活かせる
  3. 情報収集力を活かせる
  4. ビジネススキルを活かせる
  5. アイデアや発想力を活かせる

コミュニケーション能力を活かせる

営業はどの職種よりもコミュニケ―ション能力を必要とします。

そのため、営業経験者は知らず知らずのうちに、高いコミュニケーション能力を身に付けている場合が多いのです。

上司や同僚との綿密なミーティングを行う際はもちろん、顧客からニーズを引き出したり、購買意欲をかき立てるためのセールストークを行う時も、コミュニケーション能力がなければ成功させることができません。

人との関わり合いは、営業を行う上で避けては通れないことなのです。

営業で培われたコミュニケーション能力は、接客業やマーケティングを行う上で重宝されます

営業以外のどんな仕事でもコミュニケーション能力の高さは問われるものですから、営業経験者は転職にも有利なのです。

目標達成力を活かせる

多くの場合、営業では「〇日までに〇個以上の売り上げを出せ」というようなノルマを課せられます。

ノルマを達成するためには、ただがむしゃらに頑張るだけでは足りません。

目標を達成日から計算して、必要な工程をこなすための日数や時間などを計算する逆算力が必要になります。

また計画を立てて実行するだけでなく、結果を見直し業務を改善するというPDCAサイクルを回す力も必要になってくるでしょう。

ノルマを達成するために努力してきた過程で、営業経験者の目標達成力は自然と磨かれてきたはずです。

目標を確実に達成できる能力は、営業以外の幅広い職種で活かすことができるでしょう。

情報収集力を活かせる

顧客に商品を売り込むには、自社の製品についてだけ理解していればよいというものではありません。

経済の動きや世の中の流行り、年齢による購買傾向など、営業を成功させる上で集めなければならない情報は多くあります。

インターネットでどんな情報でも手に入る現代では、情報過多により必要な情報がなかなか手にできないという事態にも陥りやすいものです。

しかし営業経験者の多くは、情報にあふれた社会の中で、営業に必要な情報だけを器用にピックアップするという能力を持っています。

この情報収集力は、特にマーケティング職で求められている能力です。

顧客や商品に対する情報を正しく収集し、営業に活かしてきた経験を営業以外の転職希望先でも存分にアピールしましょう。

ビジネススキルを活かせる

営業は毎日決まった作業をこなすルーティンワークではなく、常に臨機応変さを求められる仕事です。

上司の指示に素早く従ったり、新しい顧客を獲得するために毎日営業の範囲を変更したりする能力は、汎用性の高いビジネススキルとしてあらゆる企業に評価されるでしょう。

また先輩の真似をしているだけでは営業は上手くいかないため、自分で課題を発見して成長する力も自然と身に付きます。

営業を行う上で身につくスキルが必要不可欠なビジネススキルだからこそ、企業の多くが入社したての新入社員に営業職を経験させるのです。

営業を始めるのに、特別な能力や資格は一切必要ありません。

にもかかわらず、営業をこなしていくうちに、営業以外の職種でも必ず役立つビジネススキルが得られるのです。

アイデアや発想力を活かせる

営業で商品を売り込むために、セールスマンは自分なりに試行錯誤するものです。

そうして自分の頭で考えて仕事をするうちに、アイデアを生み出す力や発想力が育ちます。

あまり苦労をしたことがない人材よりも、営業で苦労をしてきた人材の方が、発想力が豊かで提案力もあるものです。

商品が売れるメカニズムを考えたり、顧客のニーズを満たすにはどんな工夫が必要なのかを考えたりする力は、営業職以外の人事やマーケティング部門でも求められます。

どのような企業でも自社を成長させるためには、柔軟な発想力で良いアイデアを常にひねり出す必要があるためです。

そのため営業以外の職種でも、アイデアを出す力や発想力は強みになります。

営業以外の仕事に転職するには?

営業以外の仕事に転職するためには、自分で転職先を探す方法と転職先を探してもらう方法の2種類があります。

具体的な方法は、以下の4つです。

  1. 転職サイトに登録
  2. 転職エージェントに相談
  3. ハローワーク
  4. 知り合いの紹介

転職サイトに登録

転職サイトに登録することで、インターネットさえあればどこからでも求人を探せるようになります。

多くの転職サイトは無料で利用できる上に、日本各地の求人を幅広く検索できるため、ほぼ100%営業以外の希望の求人を見つけることができるのです。

また仕事の合間や移動中など、自分のペースで転職先を探すことができるのも、求人サイトを活用するメリットです。

具体的にどんな職種に転職したいのか決まっていなくても、眺めているだけで新しい仕事に対するイメージがわいてくるでしょう。

中にはプロフィールを埋めたり、経歴を登録したりしておくだけで、企業からスカウトが来る仕組みになっている求人サイトも存在しています。

営業以外に転職したい人は、登録だけでもしておいて損はないでしょう。

転職エージェントに相談

転職活動を一人で行っていると孤独を感じたり、ストレスがたまりがちです。

その場合は転職エージェントを利用して、転職のプロのサポートを受けてみると良いでしょう。

転職エージェントに登録すると、無料で自分に合った求人を紹介してもらえる上に、プロが履歴書や職務経歴書の添削も行ってくれます。

面接に自信がない人でも安心して就職活動ができるように面接の練習に付き合ってくれたり、企業とのスケジュール調整もまとめて転職エージェントが行ってくれたりするため、転職者の負担は大幅に減少するのです。

一般的な転職サイトでは紹介されていないような非公開の求人を紹介してもらえるのも、転職エージェント利用者ならではの特権でしょう。

転職者の代わりに条件交渉や面接後のフォローを行ってくれる親切な転職エージェントもあるので、営業以外の職種に転職するのが難しいと感じている方は一度登録してみることをおすすめします。

ハローワーク

ハローワークは職業紹介のみならず、職業訓練や失業手当の手続きなど市民の職事情を幅広く支えてくれる公的な施設です。

ハローワークの窓口にいる職員に相談をすれば、希望に一番近い営業以外の求人を紹介してくれます。

取り扱っている求人は地元の求人が多く、求人サイトに掲載されていないような個人経営の企業の求人も豊富です。

知り合いの紹介

転職希望理由や経験・スキルは正直に話す

家族や親類、友人や上司などに頼んで、転職先を紹介してもらう方法もあります。

信頼できる人から紹介してもらった職場なら、安心して入社することができますし、条件にも融通が利く場合が多いです。

ただし、紹介してくれた人に迷惑をかけないためにも責任をもって仕事をしなくてはならない上、簡単に辞めることもできないため注意しましょう。

営業をしていた人はマルチプレイヤーが多い!


営業職を経験した人には、コミュニケーション能力や数字管理能力、アイデア力、提案力などの様々なスキルを身に付けたマルチプレイヤーが多くいます。

営業を頑張ってきた人ほど、営業以外の仕事でも活かせる多彩な能力を武器に、幅広い職種に挑戦していけるのです。

「自分には営業経験しかないから…」と卑下せずに、自分が培ってきた経験を信じて営業以外の道に勇気を持って踏み出してみましょう。

営業職を経験していたからこそ活かせる仕事に転職しよう!

営業でストレスをためて心身ともに疲れたという人は、つい営業とは全く関係のない職種に転職したいと思ってしまいがちです。

しかし営業で大変な思いをした分、あなたが手に入れたスキルや経験は、幅広い職種で活かせる大切なものかもしれません。

営業経験を全く生かせない職種ではなく、営業で身に付けたビジネススキルを活かして働ける転職先を見つけるのが、営業以外の職種への転職を成功させる秘訣です。

おすすめの記事