転職が怖いと感じる5つの原因と10つの対策方法・考え方を解説!

転職したいのに、転職が怖いと感じている人も多いでしょう。

例え条件が良くなるにしても、転職に不安はつきものです。

転職する際はどのような点を怖いと感じるのでしょうか。

今回は転職が怖いと感じる原因や対策方法について考えてみましょう。

転職が怖いと感じる原因を解説!対策方法や考え方も

キャリアのことや収入面のことを慎重に考慮して転職を考えているはずなのに、いざ転職しようとすると色々なことが頭をよぎって、怖いと感じてしまう人は多いでしょう。

新しい仕事や環境に飛び込んでいくわけですから、不安はつきものです。

ただ、ずっと不安を抱えたままでは転職はうまくいきません。

この記事では転職をする際に怖いと感じる原因を明確にしたうえで、転職がスムーズにできるように対策方法や転職に対する考え方を解説したいと思います。

転職が怖いと感じる5つの原因

転職が怖いと感じる原因には、対人関係や、新しい環境に飛び込む点が怖く感じる原因です。

主には以下の5つの点が原因になっています。

  • 原因①人間関係が不安
  • 原因②職場環境が不安
  • 原因③転職先が見つかるか不安
  • 原因④給料が下がるかもしれない不安
  • 原因⑤転職先も今と変わらないかもしれない不安

ここでは、この5つの不安について詳しく解説します。

原因①人間関係が不安

転職をする際に怖い理由として、最も大きい不安が人間関係についてでしょう。

仕事以外のことでも人間関係については神経質になりがちですので、転職をする際に人間関係に不安を感じるのは当然のことだと言えます。

新しい職場では、自分以外の人はすでにそこで仕事をしている人になりますので、自分だけが違う世界にいるような気持ちになるのです。

仕事のことがわからないだけでなく、新しい職場でうまくやっていけるかどうかといったことや、仲間に入れるのだろうかとか、いじめにあわないだろうか、といったことも大きな不安となります。

人間関係の悩みは、転職が怖いと感じる大きな理由の1つと言えます。

原因②職場環境が不安

人間関係と同じように大きな不安が、職場環境についてです。

職場環境には3つの環境があります。

1つは社員の雰囲気です。

社員の雰囲気には人間関係につながる点もありますが、笑顔が多い職場なのか、あるいはいつもピリピリしている職場なのかといった雰囲気は転職が怖い原因になったりします。

たった1人、怖い上司がいるだけでも雰囲気が悪くなる、ということもありますのでとても気になる点でしょう。

2つ目はオフィス環境です。

今まで仕事をしていた会社のオフィスがとてもきれいなインテリジェンスビルなどに入っていた場合、小さな雑居ビルの職場には行きたくない、という人もいるでしょう。

決して雑居ビルが悪いというわけではありませんが、オフィス環境が気になるという人はその点も転職が怖い理由の一つになります。

3つ目は労働環境です。

今までの仕事では、ほとんど残業がなかったのに、転職する会社が残業ばかりだと耐えられないという人もいるでしょう。

また始業時間や業務規程などもどのようになっているかは、転職が不安になる原因になります。

この3つの環境を明確にしない限り、転職に対する恐怖は取り除けないままになりますので、転職する際は事前に押さえておきたいポイントと言えます。

原因③転職先が見つかるか不安

転職活動をしても転職先が果たして見つかるのだろうか、という不安はつきものです。

転職するからには、今より環境が良くなったり、スキルアップできたり、収入が増えたりすることが条件になるでしょう。

しかし、本当に希望に見合った会社があるのかどうかが不安で、転職が怖いと感じている人もいます。

転職するにはある程度パワーがいりますので、パワー全開で取り組んだところで転職先が見つからないのでは、動いた時間や費やしたパワーが無駄に終わってしまいます。

また、仮に条件に合う転職先を見つけたとしても、採用されるかどうかもわかりません。

後で解説しますが、そのような不安を取り除くには、きちんと準備をして転職活動に取り組むことが必要になります。

原因④給料が下がるかもしれない不安

職場環境や仕事の内容は申し分なくても、給料が下がるということはよくあることです。

それでも仕事内容が希望にあっていれば良い、という人もいれば、給料は下げたくないという人もいるでしょう。

例えば、子供がいて給料を下げられないとか、今の給料が低すぎて転職するなら給料は譲れないという人は、重要な条件になりますので、給料が下がる不安は大きな問題になってきます。

原因⑤転職先も今と変わらないかもしれない不安

転職が怖い理由には、転職先の条件や環境が今と変わらないかもしれない、という不安もあります。

転職するということは、今までの会社と縁を切って、新しい世界に飛び込むことになります。

今までいっしょに仕事をしてきた人たちと別れて、新しい会社の人たちと仕事をしますので、それなりの決心や覚悟をして転職をするはずです。

しかし、それだけの心構えで転職をしたとしても、転職先が今と変わらない環境や条件だと、何のために転職したのかわかりません。

転職して失敗したと感じる人の多くがこのケースです。

こういった不安が原因で転職が怖いと感じる人もいるでしょう。

このような結末を迎えないためにも、きちんと計画をたてて転職活動をすることが重要になってきます。

転職が怖いことを乗り越える10つの対策方法や考え方

転職が怖い理由は1つではなく、人間関係や環境など複数に及びますので、それぞれ対策をして臨むことが大切です。

対策方法として、以下の10点があります。

  • 対策方法①転職活動の流れを知る
  • 対策方法②退職する際に引き止めに合わない方法
  • 対策方法③転職活動の無職期間が長いときの対策
  • 対策方法④ブレない「転職軸」を持つ
  • 対策方法⑤企業の情報収集をしっかりする
  • 対策方法⑥ブラック企業を見分ける方法
  • 対策方法⑦自己分析をして自分に自信をつける
  • 対策方法⑧採用面接の克服方法
  • 対策方法⑨新しい職場にすぐに馴染む方法
  • 対策方法⑩早く新しい仕事に慣れる方法

ここでは上記10の対策方法について具体的に触れてみたいと思います。

対策方法①転職活動の流れを知る

転職先が見つかるかどうかわからないといった不安や、給料が下がるかもしれない不安がある場合、転職活動が漠然としていて、どのように転職活動をするのかが理解できていないことが考えられます。

転職活動をする際は、企業情報を見て、問い合わせをして、面接をする流れの中で、疑問点を解決することができます。

収入や環境、仕事内容は転職活動の中で質問をすることができ、解決できる内容だと言えます。

少しでも不安を解消するために、漠然と転職を考えるのではなく、転職活動はどのような流れになっていて、疑問点をどこで解決するかといったことを把握して取り組むようにしましょう。

対策方法②退職する際に引き止めに合わない方法

転職をしようとする際に立ちはだかる大きな問題が、勤めている会社から引き留めにあうということです。

転職が怖いと感じている人の中には、会社から引き止められるのが、転職への隔たりになっているケースが多く見受けられます。

今までお世話になった会社ですので、失礼な辞め方はしたくないというのは誰もが思うことでしょう。

また、自分がいなくなると回らなく仕事もあるかもしれません。

そのようなことを考えると引き留められた場合、辞めにくくなるのは当然のことですが、これを乗り越えなければ転職ができません。

なるべく引き留めに合わない方法の一つとして、早めに退職することを伝えるということです。

引き留めにあったとしても、話し合う時間がありますし、自分しかできない仕事も十分引き継ぐことができます。

また、退職をする理由として、不満を並べるのは引き留めたくなる理由になりますので、不満は言わずに、キャリアアップなど、転職する前向きな理由をはっきりと伝えることも、引き留めにくくなるコツです。

引き留めを乗り越えるには、転職をするという強い意志を持って、きちんと会社と話をすることが重要になってきます。

対策方法③転職活動の無職期間が長いときの対策

退職をしてから次の転職先と面接するまでの期間が長くなる場合、転職に不利になることもありますので、注意が必要です。

3ヵ月くらいであれば、転職活動をする中では普通にあることですので問題はありません。

ただ、6ヵ月以上間が空く場合は、それなりの理由があった方が良いでしょう。

例えば、習い事をしていたとか、次の仕事と同じ業種で勉強のためにアルバイトをしていたなどです。

前向きに仕事に関する活動をしているのであれば、問題視はされませんが、何もせずに時間だけが過ぎた場合は、印象があまり良くありません。

ブランクが空きそうな時は、仕事に関する活動をするなどして、計画的に転職活動をすることが大切です。

対策方法④ブレない「転職軸」を持つ

転職を成功させるにはブレない「転職軸」を持つことが大切です。

「転職軸」とは、転職する目的や、転職をしてどのようになりたいかといった目標などのことです。

転職が怖いという人には、そういった強い「転職軸」がないケースが多くなります。

「転職軸」がないと、転職先の条件が今より悪かったり、引き留めにあって気持ちが揺らいだりする原因になります。

転職を成功させるためには、どうして転職をするのか、転職をしたら何をしたいのかといったことを、しっかり考えたうえで、転職活動をすることが大切です。

対策方法⑤企業の情報収集をしっかりする

転職が怖いと悩んでいる人の中には、転職をしたくてもどういった会社があるのかわからないだとか、転職先の情報がよくわからないという人もいます。

転職後の給料や労務環境は、企業情報や公開されている転職情報にある程度記載していたりします。

公開されている情報で分からない点は、面接の時に質問すれば解決できる範囲です。

転職が怖いと悩むのではなく、転職するのであれば、希望の業界のことを調べたり、企業の情報収集をしっかりしたりして、転職活動をすることが大切です。

対策方法⑥ブラック企業を見分ける方法

ブラック企業とは残業が規定より多かったり、残業しているのに残業代が出なかったり、上司がパワハラやパワハラに近いことをする会社のことを言います。

成功する為ならブラックでもいいという人は別ですが、たいていの人は、転職先がブラック企業だったらどうしようと思うと、転職自体が怖いものになってしまいます。

ブラック企業かどうかは、ある程度入る前に見分けることができます。

最も有力な情報は口コミサイトです。

転職先のの口コミが掲載されているサイトでは、実際に会社に勤務したことがある人が口コミを書いていますので、企業の実態を知ることができます。

また、ブラック企業一覧などネットで探すと企業名が掲載されているサイトもあります。

入社した後にブラック企業だったということがないように、口コミサイトなどで調べて転職活動をするようにしましょう。

対策方法⑦自己分析をして自分に自信をつける

転職はしたいけど、できるかどうか心配だったり、自分に自信がなかったりする人は転職が怖いと思うのが当然です。

そういった人は、冷静に自己分析をして自分に自信をつけることが大切です。

自己分析をするには、今の会社で一生懸命取り組んだことや、自分の長所を書き出して整理すると良いでしょう。

また、転職エージェントには転職する際に自己分析をしてくれたり、スキル不足の点を調べてスキルアップ研修などをしてくれたりする会社があります。

自分だけでは自信がつかない場合は、そういったサービスを行っている会社のコンサルタントに相談するなりしてスキルを上げ、自分に自信をつけるようにしましょう。

対策方法⑧採用面接の克服方法

面接に対して恐怖感があり、転職が怖いという人もいます。

そういった人は、無理に背伸びをして、自分を良く見せようとしているケースが多い傾向にあります。

自分の経歴を必要以上に良く見せようとしたり、過度にアピールしようとすると疲れてしまいますし、面接をするのが面倒になることがあります。

どちらにしろ、転職したらその会社で仕事をしますので、無理して背伸びをしても意味がありません。

背伸びをせずに、そのままの自分を出すつもりで面接に臨むようにすることが大切です。

面接に自信がない人は、等身大の自分を見てもらうという気持ちで取り組むことが、恐怖心を解消する近道と言えます。

対策方法⑨新しい職場にすぐに馴染む方法

新しい職場にすぐに馴染めるかどうかが心配で、転職が怖いという人もいるでしょう。

馴染めるかどうかは、こちらからのアプローチも大切ですが、あまりアプローチをしすぎても嫌がられることもありますので、職場の雰囲気を見ながら対応していくことが大切です。

まずやるべきこととしては、丁寧な言葉遣いをしたり、身なりを清潔にしたりして、印象を良くするということです。

また、社員の名前を早く覚えるだけでも印象は良くなります。

机の位置と名前をメモして、なるべく早く社員の名前を覚える努力をするようにしましょう。

対策方法⑩早く新しい仕事に慣れる方法

新しい仕事ができるかどうかで、転職が怖いという人もいます。

せっかく今まで馴染んだ会社を辞めて転職をしたのに、仕事ができなかったら無理して転職した意味がありません。

早く新しい仕事に慣れる方法としては、わからないことはそのままにしておかず、メモしておいて質問するということが大切です。

また、良くない傾向としては、同じ失敗を繰り返すということです。

同じ間違いを2度としないように、きちんと整理していくようにしましょう。

転職のが怖い気持ちに向き合い自分にあった対策方法を考えよう

転職する際に怖くなるのは、誰もが感じることです。

一度怖いと思うと、結局転職をしなかったり、中途半端なまま転職活動をしたりして結局はうまくいかないということにもつながりかねません。

転職が怖いという気持ちはそのままにしていても、消えることはありませんので、しっかり向き合って、一つ一つ整理して対策をすることが大切です。

対策をして恐怖感を取り除いて、ぜひ転職を成功させましょう。

おすすめの記事