30代未経験での転職は厳しい?30代で転職を成功させるポイント

仕事人生において、最も脂が乗ってくると言われる30代。

今の仕事がわかってきたからこそ、「このままでいいのか?」とふと迷うこともあるのではないでしょうか?

しかし、30代で特に未経験の職種への転職は、何も知らずに転職活動をした場合、成功する可能性がとても低いです。

ここでは、30代で未経験の転職がなぜ厳しいのか、そんな厳しい道を成功に導くポイントを解説します。

30代未経験での転職が厳しい5つの理由

30代という年齢と、未経験というあまり転職市場では歓迎されない条件が組み合わさると、転職活動が厳しくなるのは容易に想像がつきます。

では、具体的になぜ厳しいのでしょうか。

そこには、こんな5つの理由があります。

  • 即戦力として求められるから
  • 収入が減少する可能性があるから
  • 資格があっても有利とはいえない状況だから
  • 若い頃とは違い記憶力が低下しているから
  • 管理職としての採用が多いから

ここから、それぞれの内容について詳しく説明していきます。

即戦力として求められるから

30代を中途採用しようという企業の多くは、即戦力を求めています。

即戦力とはすなわち、採用して勤務を開始したらすぐに、担当する業務を自分で進めて行ける力があること。

30代は、1から教育するコストがかからない人材として求められる傾向にあるのです。

よって、30代で未経験の転職活動は、より厳しいものとなるのです。

収入が減少する可能性があるから

新卒で入社して同じ会社にいる場合は、30代なら10年以上のキャリアがあるということになります。

しかし、未経験職種へ転職するとなると、いわば若葉マークから仕事を始めることになります。

となると、キャリアを積んだ今より貰えるお給料が少ないのは明らかですよね。

転職したい、けど収入は欲しい。

このジレンマが、30代未経験の転職が厳しいとされる理由の1つなのです。

資格があっても有利とはいえない状況だから

転職したいと思う業種や職種に必要な資格は、もちろんあるに越したことはありません。

しかしながら、30代での転職においては、もはや資格があることは武器にはならないのです。

30代に求められるのは、資格そのものではなく実務経験。

30代の転職では、たとえ資格を持っていたとしても、実務を行ったことがなければ役に立つとは評価されません。

これも、30代未経験の転職活動を厳しくしている要因の1つです。

若いころとは違い記憶力が低下しているから

30代未経験の転職を厳しいものにしている理由の1つに、30代になると若い世代と比べて物覚えが悪くなるというイメージがあります。

もちろん、いくつになっても新しいことを覚えるのが早い人もいるのですが、やはり20代と並ぶと若い方が覚えが早そうだと思われてしまいます。

未経験の仕事をするとなると、初めは覚えることばかりになるので、記憶力が良く覚えがいいイメージの、より若い人が歓迎されるのは当然のこと。

このようなイメージから、30代未経験の転職は厳しいものとなってしまいます。

管理職としての採用が多いから

28歳の未経験への転職のアピールのコツ

30代の中途採用の求人には、管理職を求めるものが多くなってきます。

指導力やリーダーシップのある人に、管理職として来てもらいたいという企業が多いのです。

管理職の求人において求められるのは指導力などの部下を引っ張っていける力ももちろんですが、業界や業種の経験があることが大前提。

30代で未経験職種への転職を行う場合、管理職の求人は諦めざるを得ないので、必然的に応募できる求人の数が減ってしまいます。

ここにも、30代未経験の転職活動が厳しい理由があります。

30代未経験が正社員を狙えるおすすめの業界

30代で未経験職種への転職を狙っている場合、未経験を受け入れてくれやすい業界に絞ることで、転職活動を成功させることができます。

未経験可の求人が、他と比較して多く出てくる業界はこちらの3つ。

  • 販売系
  • 美容系
  • IT系

なぜ未経験でも採用されやすいのか、具体的に見ていきましょう。

販売系

店頭で接客を行い、モノやサービスを売る販売系のお仕事は、比較的未経験でも正社員として採用されやすい業界といえます。

販売業界は、人の入れ替わりが多く、人手不足に悩む企業も少なくありません。

また、細かいルールや商品知識など、もちろん覚えることはたくさんあるのですが、販売において大切なのは人当たりの良さや接客のソツのなさなど、人柄による部分が大きいのです。

未経験でも魅力的な人は、販売のお仕事にもってこいだということになります。

販売業界は、休みが少ない、土日や年末年始などは出勤しなければならないなど、希望通りに休めるイメージがあまりないかもしれません。

ですが、中には希望に合った働き方ができる求人もあるはずなので、販売業界に興味がある場合は、求人情報をたくさん集めてみることが大切です。

美容系

美容系業界も30代未経験でも正社員への転職を狙える業界の1つです。

美容系といえば、専門的な知識や経験が特に必要なイメージがありますが、知識は後からつけることができます。

美容業界も販売系と同じく、人と対面で接する仕事。

つまり、未経験であっても対人スキルが高い人や、会話からニーズを拾うことができる人は、人材として求められるということになるのです。

30代未経験の厳しい転職活動でも、美容系業界に絞れば正社員として転職できる可能性がぐっと上がります。

IT系

IT業界の専門職で働くには、資格や技術が必要になるため、未経験での転職は厳しいとイメージされがちです。

しかし、IT業界は人手不足の代名詞のような業界。

企業は、たとえ教育の必要があっても、人手を欲していることが多いのです。

30代未経験でも、自作のプログラムやWEBページなどの成果物を見せることができれば、専門職として転職することは案外難しくありません。

ただし、IT業界に転職するなら基本情報技術者の資格は必須だと思っていた方がいいでしょう。

30代未経験におすすめな転職エージェントを3つ紹介

社会人としての基礎力が必要

30代で未経験職種に転職するには、転職エージェントの力を借りるのが近道。

ここでは、星の数ほどある転職エージェントの中から、30代未経験の転職に強いおすすめの転職エージェントを3社紹介します。

会社名 求人の質 求人の量 サポート力 提案力
doda
マイナビエージェント
エン転職

では、それぞれを詳しく解説していきましょう。

doda

doda

会社名 求人の質 求人の量 サポート力 提案力
doda

転職エージェントとしては最大規模の求人数を誇る大手転職エージェント、doda。

dodaは、特に30代以上の転職者向けの求人を数多く取り扱っているため、30代の転職を積極的に応援してくれているエージェントだといえます。

求人の母数が多いので、未経験でも応募できる求人に出会える回数が多くなるのも、おすすめする理由の1つです。

また、dodaの担当者はとても親身に話を聞いてくれると評判です。

転職希望者の話を丁寧に聞き、合いそうな企業の求人を厳選して紹介してくれるので、忙しい30代でも紹介された求人をしっかり検討することができます。

さらに、面接対策として模擬面接などのサポートもしてくれます。

面接の受け答えの姿勢から内容まで細かくアドバイスしてくれるdodaは、30代未経験の転職をしっかり支えてくれる転職エージェントです。

https://doda.jp/

マイナビエージェント

会社名 求人の質 求人の量 サポート力 提案力
マイナビエージェント

新卒の就活ではおなじみのマイナビが運営する転職エージェントが、マイナビエージェント。

特に首都圏や関西の求人の質が良いと評判を呼んでいます。

マイナビエージェントの特徴として、転職者のサポートをするキャリアアドバイザーが専門とする業界を持っていることが挙げられます。

専門業界については知り尽くしているキャリアアドバイザーたちは、求人情報からは分からない、業界の風習やその企業の雰囲気などの内部事情までも教えてくれる貴重な存在。

30代未経験の転職が雰囲気的にいけるのかどうかなど、1人で転職活動をしていてはつかめない情報を得ることができます。

また、マイナビエージェントは独自の非公開求人を多数持っているので、30代未経験でもOKな求人情報に出会える可能性も高くなります。

そして、選考書類の添削や模擬面接など、転職者が納得いくまで付き合ってくれるのもマイナビエージェントの特徴の1つ。

親身になってしっかりアドバイスをくれるので、面接が苦手な人でも自信を持って本番の面接に臨めるようになります。

https://mynavi-agent.jp/

エン転職

会社名 求人の質 求人の量 サポート力 提案力
エン転職

圧倒的な登録者数の多さで有名なエン転職。

エン転職の1番の特徴は、中小企業の求人情報が多いことです。

他の転職エージェントや、独自で転職活動をしていても中々お目にかかれない求人にも出会うことができます。

これは、多くの求人に応募したい30代未経験の転職活動において、とても重要なメリットです。

そして、エン転職は求人情報がとても充実していることでも評判を呼んでいます。

その企業にはどんな人が合うのかなど、エン転職スタッフが肌で感じたコメントも見ることができるので、本当に自分に合う転職先を探すことができるのです。

また、エン転職のサイト構成は非常にわかりやすく、忙しい中で転職活動を行う30代には非常に使い勝手のいいサービスとなっています。

https://employment.en-japan.com/

30代未経験が転職の際に気を付けるべき4つのポイント

30代未経験の転職は、ポイントを抑えているかどうかで厳しいものになるか否かが決まります。

その抑えておくべきポイントは以下の4つ。

  • 業務に通じる資格を取得する
  • 多くの求人に応募する
  • 自己分析をしっかりする
  • 面接対策をしっかりする

ここから、それぞれについて具体的に解説していきます。

業務に通じる資格を取得する

30代で未経験職種に転職したい場合、その業種や業界に転職するための努力をしているという姿勢を示すことが大切です。

志望する業務に関連する資格を転職に向けて取得することは、転職への本気度をよりわかりやすく示すことができる最適な方法です。

もちろん、志望する業種業界によっては資格が必須であることもあります。

ですが、それ以外でも「あった方がより良い」と思われる場合は、取得しておくとより有利に転職活動を進められます。

多くの求人に応募する

30代未経験の厳しい転職活動において、より多くの求人情報に触れ、応募することが成功のカギになります。

数打ちゃ当たるという側面もありますが、複数の求人に応募している状況であると、1つ落ちてもモチベーションが保てるという効果もあるからです。

条件に合わない求人でも、最も譲れない条件を満たしていれば応募してみる方が賢明といえます。

自己分析をしっかりする

自己分析で転職理由や自分の強みをしっかり認識しておくのも、30代未経験の転職には大切なポイントです。

転職して実現したいことがはっきりしていないと、なぜ未経験の業種に飛び込もうとしているのかの理由に説得力が欠けてしまいます。

そして、自分の強みを把握して効果的にアピールすることが、30代未経験の転職においてはとても重要になります。

未経験だけど自分の強みを生かせると企業側に納得させることができれば、希望の転職先に採用される可能性はぐんと上がるのです。

自己分析でより自分のことを深堀して理解することは、30代未経験の転職の厳しい道を切り抜けるためには必ず行うべきことといえます。

面接への対策をしっかりする

企業から内定をもらうためには、面接は避けては通れない採用試験です。

30代未経験の場合は、特に面接で人柄や自分の強みをアピールし、経験のなさをカバーする必要があります。

企業側に「この人なら」と思わせる面接スキルが必要になるのです。

模擬面接をたくさん行い自分をより良く見せるための練習を行うことで、30代未経験でも採用される可能性は確実に上がることになります。

30代未経験は転職エージェントを使って転職しよう

30代未経験の転職活動には、高い壁が立ちはだかっています。

でも、面接対策や自己分析を入念に行い、30代未経験でも採用されやすい求人に絞ってたくさん応募することで、転職活動を成功に導くことは可能です。

そしてこのポイントを全てクリアするための強力な味方が、転職エージェントなのです。

特に求人の件数が多く、サポートが充実している転職エージェントは、30代未経験の厳しい転職には欠かせないパートナーとなってくれるはず。

30代未経験の転職活動、厳しい道のりかもしれませんが、転職エージェントとともに成功への第1歩を踏み出しましょう。

おすすめの記事