転職会議に登録する時の3つのデメリット!会社への身バレや嘘・適当でもバレる?

様々な企業の社員や元社員の口コミが見られる転職会議。

転職を考えている人にとっては、ありがたい情報ですよね。

企業のHPや求人情報を見てもわからない、内部の雰囲気や実際の職場環境については是非知りたいところ。

しかし、何も知らずに転職会議に登録すると、とんでもないことになってしまうかもしれません。

この記事では、転職会議に登録するデメリットと、転職会議を利用することで起こる様々なことについてお伝えします。

転職会議に登録しようと思っているあなた、登録はこの記事を読んでからにした方がいいですよ。

転職会議に登録する時の3つのデメリット

転職会議に登録することに、実はデメリットがいくつか隠されています。

そのデメリットはこちらの3つ。

  1. 閲覧できる口コミの信憑性が低い
  2. 口コミを登録しないと他の口コミが閲覧できない
  3. 口コミなしで閲覧するには有料登録が必要になる

ここから、各デメリットについて具体的にお話しましょう。

デメリット1:閲覧できる口コミの信憑性が低い

転職会議の口コミは、他の口コミを閲覧するために登録した人が書いています。

転職会議の登録者とは、つまり転職活動中か転職を考えている人。

会社に対して少なからず不満を持つ人が書く口コミなので、良くない内容が多くなるのです。

また、転職会議の口コミ登録には、特に何の制限も設けられていないため、嘘の情報も登録できてしまいます。

特定企業の評判を下げるために、嘘の口コミ登録が複数されているという噂がささやかれたことも。

このような事情から、転職会議の口コミは少し信頼性に欠けると言わざるを得ないでしょう。

デメリット2:口コミを登録しないと他の口コミが閲覧できない

転職会議は、無料登録するだけでは口コミを見ることができません。

無料登録に加えて、自分が在籍したことのある会社の口コミを1件登録することで、初めて他の口コミを見ることができるのです。

会員登録時に在籍したことのある会社名を入力しなければならないので、知らない会社の口コミを適当に登録することはできません。

しかも、登録する口コミは150文字以上でなければならないという制約があります。

なお、1つの口コミ登録で口コミが見放題になるのは39日間だけなので注意が必要です。

デメリット3:口コミなしで閲覧するには有料登録が必要になる

転職会議で自分の口コミを登録せずに他の口コミを見る方法は、あるにはあります。

それは、転職会議の有料の口コミパスを購入すること。

有料会員になるというものではなく、「口コミパス」という商品を購入するという形で口コミ閲覧が可能です。

お値段は、39日間の口コミ見放題で980円。

口コミを登録すれば、39日間の口コミ見放題が付与されるため、お金は払いたくないと考える人もいるでしょう。

ですが、どうしても口コミを登録したくないけど口コミは見たいという場合は、この口コミパスを購入するしかありません。

ただ、口コミパスを買っても個人情報を登録しなくていいわけではありません。

会員登録という名の、生年月日や過去に在籍した企業の情報は登録が必要です。

転職会議に登録すると会社に身バレする可能性はあるか

転職会議に会員登録して口コミを登録した場合、その口コミの内容から個人が特定される可能性があります。

業務内容や事務所の雰囲気などの書かれ方から、会社の内部の人ならどこの部署の人かわかってしまうこともあるからです。

特に社員数の少ない会社では、口コミに書かれている業務内容を行っている人が必然的にかなり絞られるので、会社の人にバレる可能性が高くなります。

会社には内緒で転職活動をしていても、転職会議から会社にバレてしまうことも考えられるのです。

転職会議への今の会社の口コミ登録には、かなりの注意が必要になります。

転職会議の登録で嘘を書く/適当に登録するとどうなるのか

転職会議の登録には、身分証の提示などは求められず、特に記入内容に制約も設けられていません。

つまり、登録情報に嘘を書くこともできてしまいます。

嘘やいい加減な情報を登録すると、こんなことが起こる可能性があります。

  1. 嘘の情報でも登録はできるが無意味
  2. 嘘を書くと求人への応募ができなくなる
  3. 適当に登録した情報は利用者の利益にならない

ここから、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.嘘の情報でも登録はできるが無意味

結論から言うと、転職会議への登録は、嘘の情報でも可能です。

転職会議の会員登録には、現住都道府県や生年月日、学校名を含む最終学歴など、かなり多くの個人情報が必要になりますが、嘘の情報で登録すれば、個人情報を転職会議に渡さなくて済みます。

確かに、嘘の情報で登録はできますが、いざ無料で口コミを見ようとすると自分の口コミの登録が必要。

口コミは、登録時に在籍したことのある企業として登録した企業についてしか登録できないので、嘘の情報で登録していると口コミが書けないという事態に陥ります。

結局、嘘の情報で登録しても口コミを見られないので、嘘をついてまで転職会議に登録した意味は何だったのかということになるでしょう。

2.嘘を書くと求人への応募ができなくなる

登録情報に嘘があると、転職会議を経由して応募できる求人情報へ正しく応募することができません。

転職活動中は、たとえ口コミを見るために登録した転職会議経由であっても、出会う求人は大切にしたいところ。

転職会議を利用する中で「是非応募したい!」と思う求人情報に巡り会えたとしたら、登録情報に嘘を書いたことを後悔するでしょう。

転職のチャンスにはどこで出会うかわからないからこそ、嘘の情報で転職会議に登録するのは避けた方が良いと言えるのです。

3.適当に登録した情報は利用者の利益にならない

さて、転職会議の会員登録を終えて口コミを見るために自分の口コミを登録する時、あまり詳細に口コミを書く気にはなれないですよね。

とりあえず150文字、いい加減なことを書き連ねて埋めてしまえばOKだという考え方をする人もいるでしょう。

自分の業務内容や職場の雰囲気など、ある程度個人が特定されないように書くことは普通ですが、嘘や誇張、いい加減な内容は、その口コミを見る人にとって何の利益にもなりません。

いい加減な内容での口コミの登録は、控えるようにしましょう。

転職会議は大学生でも登録できるか

大学生は、基本的には転職会議に登録することはできません。

大学生の場合は、転職会議を運営するリブセンスによって運営されている「就活会議」への登録を行うことで、転職会議の口コミも見ることができるようになります。

大学生は、素直に就活会議に登録することをおすすめします。

転職会議に登録し口コミを登録するときに気をつけること

転職会議に会員登録したら、口コミを見るために自分の口コミを登録する人が多いでしょう。

実は、転職会議への口コミ登録で気を付けるべき3つのポイントがあるんです。

  1. 個人が特定される口コミを避ける
  2. 嘘や適当な情報は書かない
  3. 社会人として節度ある書き方を心がける

この3点を必ずチェックしてから口コミを登録しましょう。

では、順に説明していきます。

気をつけること1:個人が特定される口コミを避ける

まず、口コミを書いた人がどこの誰だか分かってしまうような書き方は避けるべきです。

記名する人はさすがにいませんが、より正確な情報を書こうとするあまり個人が特定されるような細かい情報まで書いてしまう場合があります。

このような口コミは、確かにその口コミのある会社への転職を考えている人には大変有益なものですが、会社の関係者が見たら誰が書いたのかバレてしまう危険をはらんでいるのです。

口コミには、細かなエピソードなどを盛り込むのは避けて、ある程度ぼかした表現にとどめることも、自分の身を守るためには必要でしょう。

気をつけること2:嘘や適当な情報は書かない

転職会議の口コミは、その会社の情報を欲している人が見に来るので、ありもしないことやいい加減な情報を書くことはNG。

モラルの面でももちろんですが、ひどい場合は会社からクレームが来るなんてこともあります。

クレームを受けた転職会議側が口コミを削除することで終わればまだマシで、最悪の場合は法的手段を取られて損害賠償を請求される可能性もあるのです。

嘘や適当な情報を口コミとして登録して、後から「何か言われるかも」と怯えるのも嫌ですよね。

いい加減な口コミの登録はしないように注意しましょう。

気をつけること3:社会人として節度ある書き方を心がける

転職会議は、主に転職希望者が集まる場所です。

転職したいと思うからには、今の会社へ何かしら思うところがあるからで、それが口コミの内容に反映されてしまうことも多々あります。

もちろん、あまり良くないと思うところも正直に書かれた口コミはとても貴重で歓迎されますが、過度に不満を爆発させたような口コミは見る方も不愉快になります。

また、あまり酷い書きっぷりだと、会社から訴えられる場合も。

口コミを見るだけなら個人情報はわかりませんが、転職会議側には登録時に個人情報をばっちり渡しています。

開示請求されてしまったら、口コミを書いたのが誰かはすぐにバレてしまうのです。

不満なところを口コミに書くときは、節度ある書き方になるよう十分に気を付けましょう。

転職会議に口コミを登録せずに口コミを見る方法

口コミを登録しなくても、転職会議の口コミはこちらの2つのステップを踏めば見ることができます。

  • STEP1:登録アカウントにログインする
  • STEP2:口コミパスを購入する

では、この2つのステップについて説明しましょう。

STEP1:登録アカウントにログインする

まずは登録したアカウントにログインしましょう。

口コミを見ようとすると「口コミを投稿して、すべての口コミを閲覧しましょう。」というメッセージと共に、ボタンが2つ出てきます。

このうちの1つは「口コミを投稿する」となっており、ここから口コミを登録して閲覧制限を無料で解除できます。

今回は口コミを登録しないで閲覧したいので、もう1つの「口コミパスを購入する」ボタンを押します。

STEP2:口コミパスを購入する

「口コミパスを購入する」ボタンを押すと、左側に「口コミ見放題39日 980円(税別)」の文字、右側に「購入する」ボタンのある画面に遷移します。

支払い方法はクレジットカードのみなので、カードを持っていない場合は作ってから購入しましょう。

この「購入する」ボタンを押してカード決済が完了した瞬間から、39日間の口コミ見放題が適用されるのです。

ページ下部に「購入時のご注意」として小さめの文字で5点の注意書きがありますが、大切なのはいかなる場合も返金対応不可というところ。

間違えて2重に口コミパスを買ってしまったとしても返金されることはないので、購入の際は細心の注意を払ってボタンを押しましょう。

転職会議への登録は身バレする可能性あり 口コミの投稿は慎重に

転職会議は、転職を検討している会社で働く人の生の声を知ることができるので、転職者はとてもありがたいサービスです。

でも、登録には多くの個人情報を転職会議側に渡す必要があり、口コミを無料で見るためには、さらに自分の口コミを登録しなければなりません。

口コミの内容などから会社に転職活動がバレるリスクはもちろん、あまりに悪意のある口コミだと訴訟問題に発展するケースも。

転職会議を上手に利用するために、特に口コミ情報の登録は慎重に行いましょう。

おすすめの記事