転職の面接・活動のスーツの色は?注意点や選び方を男女別に紹介!

転職活動や面接で着るスーツは、何色を選べば良いのでしょうか。

スーツの色によって面接での印象が異なりますので、転職活動を成功させるにはスーツの色選びが重要です。

そこで、転職活動におすすめのスーツの色の選び方を、注意点も交えて解説します。

転職活動や面接時の服装はスーツが一般的

転職活動や転職の面接では、性別に関係なくスーツを着ることが多いでしょう。

転職ではビジネスパーソンとして活躍する企業の人と合う機会が多く、先方に失礼にあたらないよう、スーツを着るのが良いとされています。

また、スーツはビジネスにおける戦闘服であるともいわれ、着るだけで自分をワンランク上げてくれる魅力も持ち合わせているのです。

そのような理由から、転職活動や面接のシーンではスーツを選ぶのがおすすめです。

ただ、スーツの色は何色が良いのでしょうか。ここからは、転職活動や面接時のスーツの色について説明していきましょう。

転職活動時の男性のスーツは何色が良いか

転職活動や面接のときには、何色のスーツを着ると好印象を与えるのでしょうか。面接を成功させるためにも、次の3つのポイントに気を付けて選んでください。

  • 1.スーツの色は黒やネイビーが一般的
  • 2.スーツの色がグレーなら暗めの色が良い
  • 3.金融系の転職にはダークカラーが良い

1.スーツの色は黒やネイビーが一般的

転職活動や転職の面接時のスーツの色は、黒やネイビー系が一般的です。派手すぎずベーシックな黒やネイビー系であれば、悪い印象を持たれることが少ないでしょう。

また、ビジネスのシーンですので、上下に別々の色を持ってきてはいけません。上下を同じ色でそろえ、きちんとした印象を与えるのがおすすめです。

2.スーツの色がグレーなら暗めの色が良い

転職活動時のスーツの色は黒やネイビーが多くみられますが、グレーを選んでも問題ありません。

ただし、明るいグレーは派手な印象を与えてしまう可能性があり、面接にはカジュアルすぎる色だともいえます。

したがって、グレーを選ぶ際には暗めの色にするのが良いでしょう。明るすぎないグレーであれば、面接でも落ち着いた雰囲気が演出できます。

3.金融系の転職にはダークカラーが良い

転職活動時のスーツの色は業種によって異なるのが特徴です。例えば、銀行や金融系などの場合には、落ち着いた印象を与えるダークカラーのスーツを選ぶのが良いでしょう。

なぜなら、銀行や金融系では誠実な人材が求められているからです。落ち着いたダークカラーのスーツであれば、誠実さが伝わりやすいでしょう。

また、金融系はスーツで個性を出すことを嫌う傾向もみられることから、面接では無地のダークカラーがおすすめです。

転職活動での男性のスーツの選び方や注意点

転職活動の難関ともいえる面接で着るスーツは、色だけでなくデザインやシャツ・ネクタイの組み合わせなども重要だといえるでしょう。

そこで、転職活動で気をつけたい男性のスーツの選び方や注意点をまとめてみました。

  • 男性のスーツの選び方
  • 男性のスーツを選ぶときの注意点

男性のスーツの選び方

転職活動の戦闘服となる男性のスーツは、無地や目立たない柄を選ぶのが良いとされています。また、シャツやネクタイの組み合わせは業種によって変えましょう。

ここからは、転職活動の面接で失敗しない男性のスーツの選び方を解説します。

選び方1:スーツの柄は無地や目立たない物を選ぶ

転職活動では、あまりにも派手なスーツは好まれません。転職の面接で好印象を与えるためには、無地のスーツが良いでしょう。

ただし、柄物のスーツでも目立たない物であれば問題ありません。

同系色のストライプなどであれば、シンプルでありながらも少しばかりの個性を表現することが可能です。

選び方2:業種に合わせてシャツやネクタイの組み合わせを選ぶ

シャツやネクタイの組み合わせは、スーツの色味に合わせるのはもちろんのこと、転職を希望している業種にも合わせるようにしましょう。

堅い業界であれば派手なものを避けますが、ダークな色味を選んでしまうと、暗すぎる印象を与えてしまいます。したがって、控えめながらも明るい色を選ぶようにしましょう。

ネクタイの柄も奇抜なものではなく、ストライプや小紋などのシンプルな柄を選びます。

一方、クリエイティブな業界やアパレルなどの場合には、華やかな印象を与え、面接で個性を主張できるネクタイやシャツを組み合わせましょう。

男性のスーツを選ぶときの注意点

転職で使用するスーツを選ぶときには、色だけでなくさまざまな点に注意しなければなりません。

ここでは、転職活動や転職の面接時のスーツを選ぶ際の注意点を紹介します。

注意点1:ネクタイやシャツは派手なものを合わせない

転職活動のスーツは無地が多いため、派手な色や柄のシャツやネクタイで個性を主張しようと考える人もいるでしょう。しかし、面接などで受け入れられやすいのは無地や小紋・ストライプなどです。

転職の面接はビジネスのシーンであるため、カジュアルになりすぎる柄は好まれません。したがって、シャツやネクタイはシンプルなものを合わせることが肝心です。

注意点2:リクルートスーツ風にならないよう気をつける

転職活動は新卒の就職活動とは異なります。転職希望者は社会を経験していることから、前職で培った経験やスキルを武器に転職活動を進めていくでしょう。

もし、転職希望者が新卒の就職活動で着るリクルートスーツのようなスーツを選んでしまうと、垢抜けない印象を与えてしまいかねません。

頼りない印象を与えてしまうと、転職活動にも大きく影響してしまいます。

そのため、面接で着るスーツがリクルートスーツに見えないよう、気を付けることが大切です。

転職活動時の女性のスーツは何色が良いか

男性のスーツはダークカラーが多く、転職活動向けのものと、普段着るものにはそれほどの違いはありません。

しかし、女性のスーツは色のバリエーションが多いことから、迷う人もいるでしょう。

女性が転職の面接で選ぶべきスーツの色は次の通りです。

  • 1.スーツの色はダークグレーやネイビーが一般的
  • 2.ライトグレー/ベージュ/キャメルも良い
  • 3.キャリア転職ならジャケットと同系色の下を選ぶと良い

1.スーツの色はダークグレーやネイビーが一般的

女性が転職の面接を受ける際にも、ダークカラーのスーツを選ぶようにしましょう。

面接では濃い色味が好まれる傾向がありますので、ダークグレーやネイビーなどを選んでおくと安心です。

2.ライトグレー/ベージュ/キャメルも良い

銀行や金融系などの面接では一般的に濃い色のスーツが好まれますが、それ以外の業種であれば、ライトグレーやベージュ、キャメルなど色を選ぶのも良いでしょう。

これらの色味のスーツを着ると明るい雰囲気になりますので、面接官にも好印象を与えられます。

3.キャリア転職ならジャケットと同系色の下を選ぶと良い

キャリアアップを求めた転職活動の場合にはセットアップのスーツではなく、ジャケットに同系色のスカートやパンツを合わせるスタイルがおすすめです。

全体をベージュ系やベイビー系、グレー系にそろえ、上下をうまく組み合わせることで、スーツスタイルがワンランクアップするでしょう。

一目置かれる存在となることで、面接では高いキャリアを示せるのです。

転職活動時の女性用スーツの選び方や注意点

女性が転職活動や転職の面接で着るスーツは、色だけでなくさまざな観点から選ぶことも大切です。

ここからは、女性が面接で着用すべきスーツの選び方と注意点を紹介します。

  • 女性のスーツの選び方
  • 女性のスーツを選ぶときの注意点

女性のスーツの選び方

転職活動をしている女性が面接で好印象を与えるには、どのようなスーツを選ぶのが良いのでしょうか。

女性の面接時のスーツは、無地や落ち着いた柄を選びましょう。パンツかスカートかに関しては、業種ごとに選び分けるのがポイントです。

選び方1:無地や落ち着いた柄を選ぶ

転職活動の面接で着るスーツは、男性と同じように無地を選ぶのがベターでしょう。柄物であっても、落ち着いたものを選ぶようにし、派手になりすぎないことを心がけます。

インナーとなるシャツやブラウス、カットソーなども無地が好まれ、白などの明るい色を選ぶようにしましょう。顔色が明るく見えることで、面接でも好印象を与えます。

選び方2:希望職種に応じてスカート/パンツを選ぶ

女性が転職活動をするときに悩むのが、スカートかパンツかという点です。面接時のスーツはスカートでもパンツでもそれほど大きな問題ではないでしょう。

しかし、スカートの場合には女性らしい印象を与え、パンツはアクティブな雰囲気を演出します。秘書などの業務であればスカート、営業職はパンツといったように、応募している業種によってボトムスを選び分けるのがおすすめです。

女性のスーツを選ぶときの注意点

女性の転職を成功させるには、面接時のスーツ選びが重要なカギを握ります。

スーツを選ぶときにはいくつかの注意点がありますので、詳しく紹介していきましょう。

注意点1:服装自由でもジャケット着用を心がける

転職活動中の面接では、服装に指定がないことも多いでしょう。アパレルなどの場合には「スーツ以外で」と指定されることがめずらしくありません。

面接前にそのような指定が合った場合には、スーツではなく私服で面接を受けましょう。

ただし、カジュアルすぎる服装は避け、いかなる場合でもジャケットの着用を心がけるのがマナーです。

派手な色や柄のジャケットでは、面接官の印象を悪くしてしまう可能性がありますので、無地や落ち着いた柄の物を選びます。

注意点2:就活生風にならないよう気をつける

転職活動中の男性のスーツと同じように、女性の場合にも新卒の就職活動時に着るようなリクルートスーツに似たデザインはおすすめできません。

垢抜けない印象を与えないためにも、転職活動らしい上品なスーツを着用しましょう。

”男女共通”転職活動時の服装のマナー

面接では、服装のマナーも見られているポイントの1つです。そのため、スーツは次の点を意識して選びましょう。

  • 服装のマナー1:清潔感を意識する
  • 服装のマナー2:体型に合ったサイズを選ぶ

服装のマナー1:清潔感を意識する

面接時の服装でチェックされているポイントには、清潔感が挙げられます。スーツにしわがあったりタバコなどのにおいが残っていたりすると、良い印象を与えません。

自分では気づかない汚れがある可能性も考えられますので、面接前のスーツはしっかりとお手入れしておくのが良いでしょう。

服装のマナー2:体型にあったサイズを選ぶ

面接では、スーツがカラダのサイズに合っているかもチェックしているポイントです。

誰かから借りてきたようなサイズの大きなスーツであれば、だらしない印象を与えるでしょう。また、ルーズなスーツを着ているときちんと仕事ができないと感じられてしまうので注意が必要です。

転職活動や面接時のスーツの色は男性も女性も暗めが一般的

転職活動をするときのスーツの色は性別に関係なくダークカラーがおすすめです。

濃い色のスーツを選ぶと、面接でも真面目に仕事ができる人材だと考えてもらいやすいでしょう。

また、応募している業種によってスーツの色を選び分けるのもポイントです。

今回紹介したいくつかのコツや注意点を参考に、転職活動にぴったりのスーツで面接での好印象を獲得しましょう。

おすすめの記事