転職先の決め方は5つのパターンで!失敗しない注意点を見て決めよう!

これから転職を考えている人で、「転職先をどうやって探したらいいの?」と悩むことはありませんか?

初めて転職をする人にとっては、どの職種や企業を選べばいいのか分からないことばかりです。

そこで本記事では、転職先の決め方と決めるときの注意点にご紹介します。

転職先を決める前にやりたいことが分からない人は多い

あなたは転職先を探そうと思ったとき、まず何をしますか?

おそらく、タウンワークや求人を眺めたり、転職サイトで検索して探したりすると思います。

ほとんどの人は、自己分析をすることやキャリアプランを立てることもなく、案件を眺めて、見つかったら応募するといった方法で転職先を決めてしまう場合が多いので、数打ちあたっていくようなスタイルになってしまいます。

その結果、なかなか内定がもらえなかったり、就職できても実際に働いてみると想像してたより大変な仕事にあたってしまうことになってしまいます。

そういったことがないよう、転職先を探す前に自己分析をしたり、キャリアプランを立てることが大切です。

具体的にどうやって行うのかについて、次は説明していきます。

転職先の決め方 5つのパターンとは

転職先を決めるときは、まず「自分に何ができるのか?」「苦手なことは何なのか?」を明確にしていくことから始めていきます。

具体的に、どういった考え方で行うのか5つご紹介します。

  • 転職先の決め方1:転職理由から見つけるパターン
  • 転職先の決め方2:できることから見つけるパターン
  • 転職先の決め方3:嫌なことから逆算するパターン
  • 転職先の決め方4:身に付けたいスキルから見つけるパターン
  • 転職先の決め方5:必要とされる仕事から見つけるパターン

一つずつ詳しく見ていきましょう。

転職先の決め方1:転職理由から見つけるパターン

なぜ、転職をしたのか?まずは、それをしっかり整理していきましょう。

例えば、「給料が少なかった」「労働条件が悪かった」「職場の人間関係が好ましくなかった」「仕事内容に興味が持てなかった」「会社の将来性を感じなかった」など、主に「人間関係」「仕事内容」「条件面」が退職理由として多くあげられます。

しかし、このままではネガティブな理由になってしまうため、会社側から見ると、愚痴や不満ばかり言う人だと思われてしまいます。

そこで、転職理由をポジティブな理由に変換していきましょう。

例えば、「会社に貢献したい」「責任ある仕事をしたい」「専門スキルで価値を発揮したい」「尊敬できる上司のもとで成長したい」など、転職によって実現したいことに言い換えていきます。

そうすることで目的が明確になるので、希望に合った転職先が見つけやすく、面接時も向上心のある人だと評価されるため、内定率が上がります。

転職先の決め方2:できることから見つけるパターン

まずは、今までの経験を通して身についたスキルや、能力に自信のあるものをリストアップしていきましょう。

そうすることで、強みを軸とした転職先を選びやすくなります。

例えば、コミュニケーション能力がある人は接客業や営業職、繊細にモノ作りができる人は職人などの技能系の仕事、資格や専門的スキルがある人は医療業界やIT業界の仕事など、適材適所で選ぶことで、持っているスキルを活かすことができます。

会社としても、既に知識や能力がある人は仕事を覚えるのが早く、即戦力として必要とされるので、採用されやすくなります。

専門性を高めていくと、管理職として働くことができたり、その分、収入もが上がったりするので、キャリアアップするためにスキルを磨くことができる仕事を選ぶと良いでしょう。

転職先の決め方3:嫌なことから逆算するパターン

誰でも仕事に向き不向きはあります。

例えば、成果が求められプレッシャーになる仕事や、安定はしているが毎日が単作業で変化がない仕事、論理的で技術よりも知識を使う難しい仕事、メンバーを指導したり取りまとめる仕事など、苦手でストレスになってしまうものです。

自分にとって何が苦手なのかを再確認することで、体力や精神面でストレスになる職業に当たることを防ぐことができます。

できないことをできるようにするより、できることを伸ばすほうが効率的に知識や能力を上げることができます。

いくら待遇が良かったり、仕事内容が簡単であっても、内容自体に興味がなかったり、無理をしてしまう仕事であれば長続きはしませんので、それによって、また転職することになってしまわないよう、どういった仕事は選択肢から外して考えるのかを、しっかり整理しましょう。

転職先の決め方4:身に付けたいスキルから見つけるパターン

まずは、「将来はどういった職業で活躍したいのか?」「達成したいことは何なのか?」を想像してみましょう。

次に、その理想の将来を実現するためには、何のスキルや実績が必要なのかの行動計画を立てることです。

そうすることで、転職先を探すときに、労働条件や待遇面だけを確認して応募するようなことはなくなるので、軸がぶれてしまうことなく、目的に合った仕事を見つけやすくなります。

将来のキャリアパスに合わない企業を選んでしまわないよう、身につけたいスキルを得ることができる環境なのか確認をしましょう。

身につけたスキルは、将来の選択肢を増やすための柱になります。

転職先の決め方5:必要とされる仕事から見つけるパターン

時代が変わればニーズは変わります。

時代のニーズに合わない仕事を選択してしまうと、給料が下がってしまったり、過酷な労働環境になったりしまいます。

そういった状況になってしまわないよう、将来性の高い仕事を選ぶことで、収入が長期的に安定していて、時間に余裕のある職場で働くことができます。

今後、市場の伸びていくと言われている仕事として、IT業界、広告業界、クリエイティブ系の仕事、人材系の仕事があります。

また、将来なくなると言われている仕事は、レジ係、建設現場や工場の作業員、銀行員、バスやタクシー運転手、などがあります。

一つの業界に固定されず、さまざまな業界の知識を得ることも大切です。

転職先を決める時 失敗しないための3つの注意点

転職先の選ぶときの考え方が間違っていると、失敗してしまう恐れがあります。

そこで、また退職すると転職した履歴が残ってしまうので、新しい企業へ応募する際はイメージが下がってしまいます。

辞めづらい会社にあたってしまい、後悔してしまうこともあるので、転職先選びで失敗しないために知っておくべき注意点を3つご紹介します。

  • 注意点1:優先順位(条件)を曖昧にしない
  • 注意点2:仕事内容にこだわりすぎない
  • 注意点3:勢いで焦って決めない

一つずつ詳しく見ていきましょう。

注意点1:優先順位(条件)を曖昧にしない

給与や福利厚生などの待遇を好条件に求めすぎて、優先順位が曖昧になってしまうのはよくありません。

よくある失敗する考え方としては、「給与が高くて、住宅や通勤、家族などの手当も付いていて、勤務地は近いところがいい」と全ての条件が揃っている企業を選ぼうとすることです。

もちろん、そういった会社は多くありませんし、見つけたとしても競争率が高かったり、知識や能力が優秀ではないと採用されなかったりするので、好条件すぎる会社に就くことは非常に難しいです。

理想が高いと、不採用続きで転職先がなかなか見つからない状況に陥ってしまうので、会社を選ぶ際は、まず自分が重視する条件に「優先順位をつける」という作業が重要です。

待遇ばかりに囚われてしまうと、本当に就くたい仕事へ就くことができ可能性を失ってしまいます。

注意点2:仕事内容にこだわりすぎない

「やりたい仕事」や「好きな仕事」を選ぶことは大切なことです。

しかし、実際に経験してみないと、それがやりたい仕事なのかどうか分からないこともあるので、考えすぎたり、こだわりすぎたりすることはよくありません。

また、得意なものもについても同じです。

さまざまな経験をしていく中で、自分に向いている仕事に出会うこともあるので、時には未経験なことへチャレンジすることも大切です。

楽しく続けられる仕事は、労働環境に影響されることもありますが、自身がそれを見つけることができるかどうかも関係してくるのです。

注意点3:勢いで焦って決めない

お金の問題や周りの雰囲気に影響されてしまい勢いで焦って決めようとしてしまうことがあります。

それでは、正しく会社情報を得ることができないまま応募してしまうので、例え採用されたとしても、働きにくい職場にあたったり、興味のない仕事をすることになってしまうことになります。

転職先を選ぶことは、自分の人生を決めることなので、落ち着いて行いましょう。

転職時に転職エージェントを利用する3つのメリット

転職エージェントは、転職選びに困っている人へ、キャリアアドバイザーが幅広い業界知識で自分の強みや性格に合ったキャリア提案を行ったり面接対策までのサポートをして転職の成功を支援するサービスになります。

そのサービスを活用するどんなメリットがあるのか?3つご紹介します。

  • 転職エージェントのメリット1:応募できる求人の選択肢が増える
  • 転職エージェントのメリット2:職種/業種選びの相談ができる
  • 転職エージェントのメリット3:書類選考や面接対策のサポートをしてくれる

一つずつ詳しく見ていきましょう。

転職エージェントのメリット1:応募できる求人の選択肢が増える

転職エージェントの求人数は非常に多いので、選択肢が広がり、自分のキャリアにより合った仕事を選びやすくなります。

もちろん、エージェントへ相談しながら求人を見つけることもできるので、転職先の選び方が分からない人にとっては安心できます。

また、転職エージェントでしか取り扱っていない「非公開案件」や直接訪問取材をして得ている案件もあるため、求人サイトと比べ良質な案件が多いです。

求人サイトを眺めていてもなかなか見つからない場合は、転職エージェントを活用するといいでしょう。

転職エージェントのメリット2:職種/業種選びの相談ができる

相談することができるの、転職エージェントサービスの最大の強みです。

業界知識に詳しいプロのキャリアドバイザーがヒアリングしてくれるので、未経験の職種にチャレンジしたい人や転職先にに悩んでいる人に、さまざまな提案をしたり、業界知識について丁寧に教えてくれたりします。

また、選び方についても色々と学ぶことができるので、失敗しない選び方のコツを掴むことができます。

また、求職者へのサポートだけではなく、企業にあなたの経験やスキルをアピールもしてくれるので、就職できるか自信がない方でも、あらかじめフォローをしてくれます。

転職エージェントのメリット3:書類選考や面接対策のサポートをしてくれる

転職エージェントは、仕事の紹介だけではなく、書類選考時の履歴書と職務経歴書内に書く志望動機や自己PRの書き方や面接対策までサポートしてくれます。

サポートする際は、過去の転職成功者のデータをもとに行うので、万全な体制で望むことができます。

転職エージェント中には、書類選考を省略して、すぐに面接を受けることができるものありますので、職歴に自信がなく、書類選考が通過するか不安な方でも安心できます。

転職先の決め方はパターンで考えると職種/業種が選びやすい

転職先の選び方が分からない人にとっては、探し方の段階から悩んでしまうことがあります。

選ぶ時には、会社情報をただ眺めるのではなく、まず自分がやりたいことやできることは何なのかをしっかり自己分析し、それに合わせて決めていくことでミスマッチを防ぐことができます。

決め方は、パターンで考えると選びやすくなります。

どうしても見つからないときや、分からないときは、転職サービスを是非活用してみてください!

後悔しないよう納得いく転職先を見つけましょう!

おすすめの記事