転職活動に疲れた人必見!対策5つと休み方を紹介!

転職活動が上手くいかず、長期化してきたことで疲れてしまったという人は多くいるでしょう。

疲れた状況を何とかしようと思っても、具体的な対策はなかなか思いつかないものです。

そこで本記事では、転職活動に疲れた時の5つの対策法と休み方を紹介します。

転職活動に疲れた時の対策と休み方が知りたい!

「転職活動に疲れた…」

「いつまで転職活動を続ければいいのだろう」

書類審査や面接を何社も受けているのに内定が出ず、転職活動が長期化してくることで、このような悩みに苦しむ転職希望者の方が多くいます。

転職活動が長引けば、それだけ時間やお金も多く費やすことになるため、悩みは尽きません。

決して楽ではない転職活動を続けていくには、疲れた状況を解消するための対策法と効果的な休み方を知っておく必要があります

転職活動が疲れる6つの理由

転職活動で疲れた場合は、まずその原因を分析してみましょう。

疲れた原因が分かれば、どのような対策を行えばいいのかが見えてきます

転職活動で疲れた人は、主に以下の6つの理由で疲れた可能性が高いです。

  1. 条件に合う転職先を見つけるのが大変
  2. なかなか内定通知が来ない
  3. 履歴書などの書類作成や情報収集に時間がかかる
  4. 現在の仕事が忙しくて時間が取れない
  5. 職場の同僚と気まずい・現在の仕事にやる気が出ない
  6. 転職の為の資金が不足している

条件に合う転職先を見つけるのが大変

なかなか自分の希望する条件を満たす求人が見つからずに疲れたという経験は、転職希望者の多くが経験することです。

むやみやたらに多くの企業に応募するよりも、条件を見て慎重に転職先を選ぶ方が良いことは確かでしょう。

しかし「転職で失敗したくない」という強い気持ちがあるために、求人を見る目が厳しくなっている可能性もあります。

残念ながらすべての条件を満たすような転職先は、なかなか見つからないものです。

転職活動に疲れたという人は、今の職場よりも少しでも悩みが解消できる転職先があれば、積極的に応募していった方が良い時期に来ているのかも知れません。

なかなか内定通知が来ない

何社も受けているのに1通も内定通知が来ないことで、転職活動に疲れたと感じる人も多いでしょう。

「縁がなかっただけだ」と頭では分かっていても、不採用通知が届けば届くほどメンタルはすり減り、安定を保つのが難しくなっていくものです。

しかし、落ち込んでばかりいても状況は好転しません。

転職活動の場は、個人と企業のマッチングの場です。

一度精神的なショックには目をつむり、客観的に自分の転職活動について見なおしてみましょう。

そうすることで、内定通知が届かないのは何も自分が否定されたわけではなく、自分が伝えた情報が会社のニーズとは合わなかっただけだと分かるはずです。

履歴書などの書類作成や情報収集に時間がかかる

転職活動に必要な書類を作成したり、応募する企業の情報を一つひとつ調べたりするだけでも、精神的に疲弊してしまいます。

転職活動では履歴書だけでなく職務経歴書なども書かなければならないため、なおさら時間がかかるのです。

企業のニーズに合うような文言を考えたり、何か書き直すべき項目はないかと履歴書を見直したりするだけで疲れたという転職経験者の話も多く耳にします。

しかし書類作成や情報収集は、転職活動を成功させる上で一番手の抜けないところです。

どうしても疲れた場合は、上司や友人などの力を借りて、書類作成や情報収集の手間を減らしてみると良いでしょう。

現在の仕事が忙しくて時間が取れない

離職期間を作らないために、忙しい業務の合間を縫って転職活動を続けている人も多いでしょう。

通勤時間や休憩時間を活用したり、残業をしてまで書類を作成しようとする人もいるかもしれません。

体を十分に休ませることができなくなると、精神的にも肉体的にも疲れた状態が続いてしまいます。

スケジュール管理をしっかり行い、自分の体を休めるための休日はきちんと設けましょう

無理をすることで、せっかく続けてきた転職活動を止めざるを得ない状況に陥る危険性もあります。

職場の同僚と気まずい・現在の仕事にやる気が出ない

今の職場の人に転職活動をしていることがバレて気まずくなったり、休みが増えたことで上司や同僚からの視線が気になったりすることは、転職活動中にはよくある話です。

職場の人にバレないように体調が優れないフリをしたり、スーツを着ていく頻度を増やしたり、機嫌を取るためにお土産を買っていったり。

転職活動でも疲れたというのに、職場への気配りでさらに疲れたという人も少なくありません。

また転職することが決まっていると、どうしても今の仕事へのモチベーションが下がってしまうことがあります。

そのような時は、今の職場があったからこそ自分は今まで働けたのだという感謝の気持ちを思い出しましょう

恩返しの気持ちを持てれば、会社の人に気を遣ったり、引継ぎのために業務を頑張るのも苦ではなくなります。

転職の為の資金が不足している

転職活動には何かとお金がかかるものです。

スーツを新調したり、証明写真を撮ったり、面接先が定期券の範囲外だと交通費もかかったりします。

中には転職活動資金を調達するために貯金を切り崩したり、移動手段を自転車や徒歩に変えたりする人もいるでしょう。

転職活動には、平均して月給2~3か月分の資金が必要だという話もあります。

お金が無くなってきた焦りから転職活動に疲れたという人は、無理をせず、退職後に失業手当をもらった後に転職活動を再開するのも一つの手です。

転職活動に疲れた時の5つの対処法

転職活動に疲れた原因が分かったら、今度は対処法について考えてみましょう

転職活動で疲れた時は、以下の5つの対処法を試してみるのがおすすめです。

  1. 転職活動の計画スケジュールを立て直す
  2. 自分のスキルや経験・長所短所を見直す
  3. 希望の企業について深く研究する
  4. セミナーに参加するなどして採用担当者から直接話を聞いてみる
  5. エージェントや転職サポートなどを活用する

転職活動の計画スケジュールを立て直す

転職活動をしていて疲れた時は、最初に立てた転職活動の計画スケジュールを見直してみましょう。

転職活動期間は、平均でもおおよそ3カ月程度はかかるものだといわれています。

転職計画を立てて自己分析や情報収集を行う準備段階から始まり、応募や書類選考、面接の繰り返しを経て、最終的に内定が出たら引継ぎや退職の手続きを行うまでが転職活動です。

現在の転職活動の進捗状況を見直し、自分がどの段階にいるのかを知ることで、力の入れどころと抜きどころが分かるようになります。

スケジュールにある程度余裕を見つけたら、疲れた心と体を癒すための休暇を取る日もスケジュールに加えると、モチベーションが復活するでしょう。

自分のスキルや経験・長所短所を見直す

転職活動が長引いてきて疲れたという人は、履歴書や職務経歴書に書いた内容に不足がないか確認しなおしてみましょう。

自分では何でもないと思っている業務内容も、立派な経験になるものです。

歩んできたキャリアを一つずつ棚卸しして、職務経歴書に書き漏れている経験がないか今一度見直してみましょう。

自分のスキルや経験を見直すことで、今まで気が付かなかった自分の良さに気が付き、自信を取り戻すことができる可能性もあります。

希望の企業について深く研究する

応募する企業が多くなってくると、一社ずつ丁寧に調べるのが面倒くさくなってくるものです。

しかし企業についての研究を疎かにしてしまうと、面接時に急に突っ込まれた質問をされて回答に詰まってしまう頻度が多くなってしまいます。

会社のホームページの内容に目を通すだけでなく、会社の口コミを調べたり、資料をじっくり読んだりして自分なりに企業を研究をしてみましょう。

自分の言葉で企業のことを語れるようになれば、面接時に企業のニーズに合うような回答がスムーズに出てくるようになるはずです。

セミナーに参加するなどして採用担当者から直接話を聞いてみる

セミナーに参加することで、複数の企業から一度に話を聞けるだけでなく、採用担当者から直接ためになる情報を聞き出すことができます。

採用担当者にアドバイスをもらったり、実際の職場の雰囲気などを聞くことで、本当に自分に合う企業なのかどうかを見極めることができるでしょう。

ネットで企業の求人情報を探しているだけでは知ることのできなかった情報を知ることで、選択肢の幅が広がるのもセミナーに参加するメリットです。

エージェントや転職サポートなどを活用する

転職活動のすべてを一人で行おうとすると、途方もない時間と労力がかかります。

転職エージェントを利用して、企業とのスケジュール調整や希望する条件を満たす求人探しを代行してもらうのも、負担を減らす有効な手段です。

エージェントに転職活動の一部を代行してもらうことで、面接や書類作成に費やす時間が増えて、自己アピールの質を上げることができます

また、企業の内情や書類の添削、面接の練習などを行ってくれる転職エージェントを活用すれば、時間や心にも余裕が生まれるでしょう。

転職活動に疲れた時の効果的な3つの休み方

転職活動に疲れたと感じた時は、しっかりと休息を取り、無理をしないのが一番です。

疲れたからと休んでから転職活動を再開した時に、より良い結果が残せるような効率的な休み方を3つ紹介します。

  1. 自分をいたわって好きなことをしてリフレッシュする
  2. いったん立ち止まって転職活動をストップする
  3. 家族やパートナー・友人に話を聞いてもらう

自分をいたわって好きなことをしてリフレッシュする

転職活動を数日だけお休みして、思いっきり趣味や好きなことに没頭する日を設けるだけでも、疲れた心と体をリフレッシュさせることができます。

できるだけ転職活動のことは忘れて楽しめるように、企業がお休みの日に自分の休日を設けるのがコツです。

次の日気兼ねなく休めるように、前日から企業に連絡をしないようにするなどの工夫をしましょう。

いったん立ち止まって転職活動をストップする

「自分はどの企業からも必要とされていないのではないか」とどうしても後ろ向きな考えしかできない状況まで精神的に追い込まれている場合は、思い切って転職活動をストップさせましょう。

頑張りすぎて心が疲れた状態のままでいると、転職活動が上手くいかなくなるばかりか病気になってしまう危険性もあります。

どうしても転職活動が続けられない場合は休職したり、失業手当をもらうという選択肢もあるため、深刻に考えすぎないようにしましょう。

家族やパートナー・友人に話を聞いてもらう

転職活で疲れた時は、何かと孤独を感じるものです。

そんな時には身近な家族や友達、パートナーに思い切って頼ってみましょう。

あなたが大切に思っている人は、きっとあなたのことも大切に思ってくれています。

そんな第三者に優しく話を聞いてもらい共感してもらうことで、自信と元気を取り戻すことができるでしょう。

転職活動は疲れるもの!うまくコントロールしよう!

転職活動が長引くことで疲れたと感じるのは、まったく不思議なことではありません。

情報を収集したり、自分のスキルを見直したり、転職活動中はやることがたくさんあるため、疲れたと感じるのは仕方がないことなのです。

疲れたという事実を無視せずに、しっかりと休息をとる日と全力で頑張る日のメリハリをつけられるようスケジュールをコントロールしましょう

おすすめの記事