転職を成功させるための考え方を20代・30代・40代の年齢別に紹介!

あなたは、転職を成功するためにまず何をしますか?

多くの人は、さまざまな参考書を読んだり、転職セミナーを受けたりして、対策をすると思います。

しかし、なかなか内定がもらえず、「なぜ、色々と対策をしてるのにうまくいかないんだろう」「年齢的な問題なのかな」と頭を抱えてしまうことがあるのではないでしょうか?

実は、転職に成功させる鍵になるのが「考え方」です。

企業によって年代別に求めるものは変わってくるので、それを理解することが大切なのです。

そこで本記事では、年代別に転職を成功させるための考え方と、転職で後悔しないための考え方についてご紹介します。

転職を成功させるための考え方を知っておこう

転職を成功するための考え方を知ることは、今の自分に何が必要なのかを知るヒントになります。

考え方を身に付けないまま転職活動をしていると、自身が狭い視野で見ていることに気づかずに、失敗を繰り返してしまうことになります。

また、年齢によっても必要な考え方は変わってきます。

会社を引き継ぐ人材としての将来性や人生経験による専門知識や能力が違うので、会社から求められるものに違いがあります。

まずは、自身の年齢に対し、どのように見られているのかを採用する相手の立場で物事を考え、今の自分に必要な取り組みを心掛けましょう。

20代で転職を成功させる3つの考え方

20代は自身の可能性を探す「探索期」になります。

企業が20代は求めるものは何なのか?

ここでは、20代で転職を成功させる考え方を3つ紹介します。

  • 20代は成長が見込める魅力のある人材である
  • 20代前半なら第二新卒に応募が可能
  • 20代後半ならキャリアップ転職を目指せる

一つずつ詳しく見ていきましょう。

20代は成長が見込める魅力のある人材である

20代は、実績よりもポテンシャルを重視してくれる傾向があります。

社会人としての経験が浅いですが、吸収力や適応能力もあるので、会社を支える人材をして期待されます。

また、新しいことに対して意欲的であり、チャレンジをする時間があるので、成長や伸びしろを見込んで採用する企業が多いです。

しかし、「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」という不安もあるので、飽きっぽいというネガティブな印象があります。

それは、職場環境に馴染めるかどうかで大きく変わるので、「積極的にコミュニケーションが取ること」と「弱みがあってもしっかり向き合おうとする姿勢」が大事になってきます。

20代前半なら第二新卒に応募が可能

20代前半(新卒から3年以内)であれば、「第二新卒」として転職活動を行うことができます。

「第二新卒」の定義は、新卒のように明確な基準がありませんが、一般的には「学校を卒業して企業に就職した後、1~3年以内に就職や転職をする若手求職者」ことを指します。(おおむね25歳以下の人を指します)

第二新卒の人は、社会経験をある程度積んでおり、基本的なビジネスマナーを習得してるので、新卒よりも育成のコストが掛からないことがメリットになります。

そのため、急速な業績成長や事業領域拡大に伴って早く採用したい企業は、即戦力として第二新卒の人を積極的に採用することが多いです。

また、社会経験がまだ浅いので、会社の社風に染まっておらず、転職先の企業に馴染みやすいという柔軟な適応力を持ち合わせています。

入社してすぐに業務スキルを求めることは少ないので、意欲や仕事に対する姿勢をアピールすると良いでしょう。

20代後半ならキャリアアップ転職を目指せる

入社して5年以上経っている20代後半の人は、実務経験を通して得たスキルや高い役職でマネジメント業務に携わった経験を活かして、キャリアアップ転職を目指すことができます。

転職先は、実力を評価する会社に転職することで、昇給や昇格スピードを速めることができます。

また、20代ということでポテンシャルも加味してもらえるで、新しい企業へのチャレンジがしやすいです。

しかし、未経験であれば、一からキャリアを積まなければならないので、なるべく現職のスキルを活かして働くことができる会社に就くことをおすすめします。

30代で転職を成功させる3つの考え方

30代は専門性を確立するための「確立期」になります。

企業が30代は求めるものは何なのか?

ここでは、30代で転職を成功させる考え方を3つ紹介します。

  • 30代での転職は即戦力として期待が大きい
  • 30代での転職は経験や適応力が見込まれている
  • 30代での転職はリーダーシップが見込まれている

一つずつ詳しく見ていきましょう。

30代での転職は即戦力として期待が大きい

30代は20代と比べ、社会経験が長いので、コミュニケーション能力がマーケティング能力が優れており、高度なスキルや豊富なスキルを発揮することができます。

そのため、成果のスピード性を重視している企業から「即戦力」として採用してもらえることが多いです。

ビジネスマナーもしっかりしているので、仕事に対する責任感が強く、長く続けてくれるという安心感があります。

しかし、35歳を過ぎると「転職35歳限界説」という言葉があるように、転職のハードルは大きく上がってしまいます。

よほど凄い専門性があるか、マネージャーとして実績のある人材でないと、転職は難しくなってしまいます。

ただ、人手不足やマネジメント能力を必要としている会社であれば、30代であっても採用してくれるケースがあります。

即戦力を必要としている会社は多いので、なるべく今まで積み上げてきたキャリアを生かせる企業を選ぶと良いでしょう。

30代での転職は経験や適応力が見込まれている

30代は、長くキャリアを積んでいるので、豊富な知識や経験を持っている人が対象となる「キャリア採用」を行っている企業に採用されやすいです。

また、適応力があるので、新しい事業や部署を立ち上げる際に、チームの中心としての役割を果たこともできます。

ただ、経験といっても企業が求める能力を身に付けていることが必須なので、どのような職種で活躍したいのか、しっかりキャリアプランを立てて、スキルを磨くことが大切です。

30代での転職はリーダーシップが見込まれている

30代のもう一つの強みは、リーダーシップ能力(人をまとめる力)を発揮できることです。

もし、管理職や主任、グループリーダーなどの役職を携わったことがあれば、マネジメント能力も持っているので、新入社員の教育もでき、将来的には企業の中堅層として期待されます。

企業の面接の時には、新人へ教育できるスキルや、現職で身につけた能力をどのようにその仕事に活かせるのかをアピールすると良いでしょう。

40代で転職を成功させる3つの考え方

40代は職業的地位の安定を築く「維持期」になります。

企業が40代は求めるものは何なのか?

ここでは、40代で転職を成功させる考え方を3つ紹介します。

  • 40代の転職はマネジメントスキルへの期待が大きい
  • 40代の転職は協調性・忍耐力が見込まれている
  • 40代の転職は専門スキル・経験・人脈を見込まれている

一つずつ詳しく見ていきましょう。

40代の転職はマネジメントスキルへの期待が大きい

40代は30代と比べ、管理職としての経験が長いので、マネジメント能力を期待して採用する会社が多いです。

年齢が高くなるほど転職は難しいと言われていますが、管理部門を強化したい企業であれば経験豊富な人材を採用したいと考えるので、広い範囲での業務指導に長けた40代を採用することも十分あります。

ただ、職場の年齢層によっては、年齢の差が大きく開いてしまうことがあるので、柔軟なコミュニケーション能力が必要になります。

世代によって教え方も変わるので、部下を指導する際は注意しましょう。

また、管理業務ではなく、実務担当者として勤務したいということで転職を考える人がいますが、20代と30代の求職者と同等の職務能力であれば、企業は若年層を採用するので、非常に難しいです。

もし、未経験でも就きたい職業がある場合は、若い世代にはない職務能力や実績を具体的にアピールする必要があります。

40代の転職は協調性・忍耐力が見込まれている

40代は、経営メンバーや従業員、取引先など、さまざまな人と関わってきているので、築いてきた人脈が広い分、協調性に優れています。

また、今までの業務経験の中で、取引先とのトラブルの対応をしたり、会社の理不尽に耐えてきたりして、メンタル面も鍛えられているので、ストレスに対する忍耐力もあります。

そのため、感情的にならず冷静な判断ができるので、取引先との仕事がある場合は、安心して任せることができます。

転職をする場合は、新しい人を関わっていくことになるので、「固定観念にとらわれ頑固だ」と思われないよう、素直な気持ちで接することが大切です。

また、教育する場面で「扱いづらい」と思われることもあるので、新しいことでも積極的に吸収しようという姿勢が大事です。

40代の転職は専門スキル・経験・人脈を見込まれている

40代は30代と比べ、圧倒的な実務経験と幅広い業界知識があるので、専門性の高いスキルと豊富な知識があります。

30代と同様に「即戦力」として必要とされるケースが多いので、社歴が浅い企業や中小企業、新規プロジェクトを短期間で立ち上げたい企業など、すぐに活躍できる人材を求める会社に採用されやすいです。

転職した会社は、能力が認められても前職のように、給与を高くするとは限らないので、年収をこだわすぎないようにすることが大切です。

またこれからの転職活動においての考え方として、「なりたい自分」ではなく「なるべき自分」について焦点をあて、キャリアを積んでいくと良いでしょう。

どの年代でも後悔のない転職にするためには

間違った考え方で転職活動を行うと、就職できても「想像していた仕事と違った」という状態になりかねません。

そうならないよう、どの年代でも後悔のない転職にするための考え方を3つご紹介します。

  • 勢いや焦りだけで転職活動をしない
  • 丁寧に自己分析を行う
  • 冷静に情報収集・企業研究を行う

一つずつ詳しく見ていきましょう。

勢いや焦りだけで転職活動をしない

理想のキャリアを積むために、すぐに行動することは大切ですが、早く転職したいからといって焦って転職先を探すのは良くありません。

焦って転職活動を行うと、視野が狭くなってしまい、計画性のない就職活動になってしまいます。

過去の仕事経験から、自分に合った仕事やキャリアプランを明確にして、挑むことが重要です。

丁寧に自己分析を行う

自己分析は、応募書類での自己PRや面接の場面で、自分を表現していくために重要なことです。

自分を客観視に見て自己分析をすることで、自身の弱点を知り、対策するともに、今まで気づくことがなかった新しい可能性を発見するきっかけにもなります。

自己分析をしないと、「やりたいことがない」「何をしたらいいか分からない」というような軸が定まらない状態になってしまうので、過去の行動などについて深く考え、言語化することが大切です。

また、転職先で過去と同じ失敗しないように、現職で改善できるポイントや反省点が無いかをしっかり考えましょう。

希望条件を整理して優先順位をつけることも大切です。

冷静に情報収集・企業研究を行う

転職先を見つける時は、自分との相性の良い転職先を見つけるために、綿密に情報収集と企業分析を行うことが大切です。

企業分析をする際は、さまざまな会社を比較しながら行うと良いでしょう。

その時は、転職口コミサイトを活用すると効率的に行えます。

会社によって、仕事内容や待遇面に大きな違いがあるので、見落としがないよう慎重にチェックしましょう。

ポジティブな考え方で転職に取り組もう

転職活動をする時は、やみくもに勉強したり、応募したりすることではなく、自身の年齢が企業から「どのような印象を持たれるのか」と「何を求めているのか」を理解しておくことで、やるべきことを再確認でき、道筋を正すことができます。

また、どの年代に限ることでもなく、自己分析や企業の情報収集は必ず行いましょう。

内定をもらうまでがゴールではありませんので、後悔することがないよう、しっかりキャリアプランを立てて、計画的に進めていきましょう。

年齢に自信を無くすことはありませんので、ポジティブな考え方で取り組んでいきましょう。

おすすめの記事