転職先に馴染めないから辞めたい…6つの対策法と再転職のタイミングを紹介!

せっかく転職できたのに、職場の人や新しい環境に馴染むことができないと、辞めたくなることがあります。

「辞めて再就職しよう」と見切りをつけることも大切ですが、また再就職するための時間と労力が必要になるので、なるべく職場の人とは仲良く付き合っていきたいところです。

しかし、どのようにすれば馴染むことができるのか?

また、再就職をしたい場合はどのタイミングですれば良いのか?

分からないことがあると思います。

そこで本記事では、転職先に馴染むための対処法と再就職にベストなタイミングを年代別にご紹介します。

転職先に馴染めないけど対処法はある?

仕事を長く続けることができない原因として、人間関係のストレスが原因となっていることが多いようです。

精神的なストレスは、仕事に支障が出るだけではなく、「体調」にも影響してしまいます。

しっかりコミュニケーションを取り、良好に保ちたいところですが、仕事の人間関係に対処法はあるのか?

信頼関係をすぐに構築することは難しいですが、自身の意識を変えたり、相手の立場になって物事を考えるようにすることで、改善することができます。

転職先に馴染めない時に試したい6つの対処法

再就職をせずに、今の仕事の環境に馴染むためにはどうすればいいのか?

ここでは転職先に馴染めない時に試したい対処法を6つご紹介します。

  • 初心を思い出してあと少しだけ我慢してみる
  • 周囲を状況を見るようにする
  • 焦らずに与えられた仕事でまずは結果を出す
  • まずは自分からコミュニケーションを取る
  • 姿勢社内の人間関係相関図を整理する
  • 前職のやり方に縛られず新しいルールを覚える

一つずつ詳しく見ていきましょう。

初心を思い出してあと少しだけ我慢してみる

仕事でも人間関係でも、「謙虚さ」はとても重要なスキルです。

謙虚な人ほど多くの人から好かれ、信用され、良い仕事をとることができます。

入社した当初は、謙虚で何事にも積極的だったのに、地位が上がったり、実績を得たりしていくことで、謙虚さを忘れていき、途端に態度が偉そうな態度になってしまうことがあります。

天狗になり傲慢になってしまうと、周囲の人間が離れて行ったり、人望を失ったりすることになります。

そうなってしまわないよう、初心を思い出すことが大切です。

自分の能力を過大評価せず、相手の視点で物事を見るように意識すれば、自然と慕われる人になり、信頼関係を築くことができます。

また、謙虚な姿勢で積極的に質問をして吸収していくことで、考え方を見直すきっかけになることもあります。

周囲を状況を見るようにする

与えられた仕事をこなすことは大切ですが、その仕事ばかり集中してしまうと周囲が見えなくなってしまいます。

その状態で仕事をすると、見落としによるミスをしてしまったり、自分の仕事のペースが遅くても気づか無くなったりしてしまいます。

また、相手を非難したりわがままな態度をとったりしてしまうので、自己中心な印象を与えてしまい、周囲から声をかけられなくなってしまいます。

特にこういった状態には、営業職などの成果や成績によってインセンティブが得られる仕事や、大工や左官などの技術で物を作る職人の仕事をしている人が陥りやすいので、注意が必要です。

ミスをしてしまうと周りに迷惑をかけてしまうので、仕事に没頭しすぎないように、周囲の状況をしっかり把握をしましょう。

仕事の納期が間に合わない場合であっても、落ち着いて仕事をすることでミスも軽減し、周囲の人間も協力してくれるようになります。

組織で活動していく上では、お互いに協力し合って取り組むことが大切なので、細かい気配りができる人になりましょう。

焦らずに与えられた仕事でまずは結果を出す

なかなか成果を上げることができなくても焦りは禁物です。

誰でも最初から完璧に仕事をこなせるわけではないので、分からない時は周りを頼り、少しずつでもできるようにする事が大切です。

もし1人で抱え込んでしまうと、優先順位が間違っていたり、判断能力が鈍くなってしまったりするので、なかなか結果が出せない状態に陥ってしまいます。

また、他の仕事が気になり、与えられた仕事を疎かにしてしまうと、自分勝手な印象を与えてしまいます。

目標を高く設定してしまうことや、短期間でこなそうとすると失敗してしまう可能性が高くなるので、焦らず、一つずつ達成していきましょう。

まずは自分からコミュニケーションを取る

周囲の人へ自分から進んでコミュニケーションを取ることは、関係性を深める上で、とても重要なことです。

色々な人とコミュニケーションが取れる人は、仕事を頼まれやすく、会社の中で核となって動ける人材として必要とされるので、高い地位の役職へ昇格することもあります。

また、積極的に話をすることは、信頼関係を構築できるだけではなく、さまざまな情報を得ることもでき、仕事においても自然と成果に繋がるようになります。

すぐに成果を出すことも大切ですが、コミュニケーションが取れるかどうかで、仕事の進行スピードにも大きく影響します。

入社してまだまもない時期であれば、コミュニケーションを取りにいくことに対し、最初は緊張することもありますが、関わっていくことで話やすい関係になっていくので心配することはありません。

話しかけにくい雰囲気を出してしまうと、なかなか馴染むことはできないので、まずは姿勢から変えていきましょう。

社内の人間関係相関図を整理する

上司と部下や部署間の関係性など、社員の人間関係相関図を知っておくことも、付き合っていく上で重要なことです。

逆に、知っておかないと誤って無礼な態度をとってしまい、信用を無くしてしまうことになります。

そうなってしまわないよう、なるべく入社した段階から、身近にいる人からでもいいので、社内のメンバー同士の関係性を把握しておきましょう。

一度に理解しようとせず、少しずつ整理をしていくことで、チームの和の中へ溶け込みやすくなります。

前職のやり方に縛られず新しいルールを覚える

職場が変われば、仕事の環境だけではなく、人間関係の築き方も変わります。

会社の方針やルールの違いによって職場の雰囲気も変わるので、前職で関わった人と同じような接し方で、新しい人に関わりにいかないように注意しましょう。

付き合いずらいと感じられてしまうと、仕事がしにくい環境になってしまうため、最初は慎重になる事が大切です。

【年代・タイプ別】馴染めない転職先からの再就職にベストなタイミングは?

「色々と挑戦してみたけど、どうしても馴染めなかった」という場合もあると思います。

再就職を考えているけど、どのタイミングがいいのか?

ここでは、馴染めない転職先からの再就職にベストなタイミングを年代別にご紹介します。

  • 20代の転職のタイミングは20代中盤から
  • 30代の転職のタイミングは能力がついてから
  • 40代の転職のタイミングは有効求人倍率が高い時

一つずつ詳しく見ていきましょう。

20代の転職のタイミングは20代中盤から

20代は、吸収力があり将来性があるので、さまざまな仕事にチャレンジしやすい時期になります。

大学で必要な資格を取得して、理想の職業に就くことはできたけど、実際に働いてみて想像していたものとは違ったということは良くあります。

「せっかく大学を卒業して就職したのに、辞めてしまうのは後悔するのではないか」と思うことがありますが、20代は自分に合った仕事を見つけるためにチャレンジできる時間があるので、後になって転職を考えるのは遅くなってしまいます。

しかし、挑戦しやすい時期だからといって無計画に転職を繰り返すのは良くありません。

また、短期間で辞めてしまうのも十分なスキルが身につかないまま転職することになるのでおすすめできません。

では、どのぐらいの歳なら転職するタイミングがベストなのか?

20代の転職は、社会経験を5、6年目経験した20代中盤からが望ましいです。

入社をして3年間は仕事の基礎を覚える期間で、応用的な仕事を担当するようになるのは4〜5年になります。

つまり、社会人として基礎的なスキルと豊富な実務経験をした20代中盤の歳が、企業にとっても必要とされやすいわけです。

20代のうちに、基本的なビジネスマナーと即戦力となる実務のスキルを身に付けておくと転職成功率が高くなるので、再就職をする際は、在籍期間3年以上を目安に考えておくと良いでしょう。

30代の転職のタイミングは能力がついてから

30代は20代と比べ実務年数が長いため、社会人としてのビジネスマナーや専門スキル、コミュニケーション能力が優れています。

また、20代の内に経験することが難しい管理職や、幹部の役職の経験があれば、マネジメントや部下を取りまとめる能力があるので、会社としても有用な人材として重宝されます。

しかし、30代は20代と比べると転職成功は難しいのではないかと不安になります。

特に35歳後半になってくると、「35歳転職限界説」などという言葉もあるので、「転職をするのは年齢的に限界なのでは?」と感じてしまいますが、実は、30代以降の人材を積極的に採用する企業が増えているため、昔よりも企業が採用しやすい傾向があります。

なぜ、そのような企業が増えているのかというと、日本が抱える社会的問題である就業人口全体の高齢化や、終身雇用制度が崩壊したことにより、人員不足になる企業が増えたからです。

そのため、30代後半の求人募集は増え、転職しやすい時代になっています。

しかし企業が必要としているのは、30代の過去の経験による実績やスキルなので、転職する前に、それらが備わっている状態なのか見直す必要があります。

つまり、30代の転職のタイミングは、なるべく同業やそれに近い職種で活かせる実績を積み、即戦力として活躍できるぐらいの能力がついたタイミングが良いでしょう。

40代の転職のタイミングは有効求人倍率が高い時に

40代は、20代や30代と比べ、圧倒的な実務経験と幅広い業界知識があるので、管理能力を期待して採用する企業が大半です。

だた、中高年労働者というマイナス面があるので、それを把握したうえで、会社へどのようなメリットがあるのか考えておく必要があります。

就業人口の高齢化が進んでいるとはいえ、40代は、30代よりも転職は厳しくなってしまいます。

そのため、会社としても優秀な人ではない限り採用をするのは難しいです。

転職するタイミングとしてはなるべく早いほうが好ましいですが、40代から転職をする場合は、有効求人倍率(有効求職者数に対する有効求人数の割合)が高い時期に転職するのが良いでしょう。

求人が豊富な転職エージェントを利用することで、求人情報がすぐに入ってきて、情報を見逃すことがないのでおすすめです。

よくある転職先に馴染めない3つのケース

転職に馴染めないのは自身の問題だけではなく、職場に問題がある場合があります。

ここでは、よくある転職先に馴染めない3つのケースをご紹介します。

  • 年功序列・新卒文化が根強い会社で馴染めない
  • 高待遇での転職したケース
  • 上司との人間関係が上手くいかないケース

一つずつ詳しく見ていきましょう。

年功序列・新卒文化が根強い会社で馴染めない

年功序列は成果主義とは反対に、勤続年数や年齢などに応じて給料や役職が上がっていく人事制度になります。

昔から採用されている会社が多い精度ですが、実力がある者が正しく評価されず、不公平になってしまったり、実績がなく、経歴が長いだけの上司と仲良く付き合っていかなければいけないので、馴染みにくいデメリットがあります。

そのため、現在では、年功序列を廃止する企業が多くあります。

高待遇での転職したケース

給与が高く、さまざま手当が付いていて福利厚生も充実している、言わば「高待遇」で入社できることは嬉しいことですが、会社からは過度に期待されるので精神的に辛くなることがあります。

少しのミスでも許されないほど神経質な職場な場合は、馴染む以前に働くことへやりがいや楽しさを感じなくなるため、待遇面で企業を選ぶことはおすすめできません。

上司との人間関係が上手くいかないケース

人間関係のストレスの中でもよく上がってくるのは「上司からのストレス」です。

上司の性格によっては相性が悪かったり、教え方が適当で、頼れる人ではない場合は、コミュニケーションをとることも苦痛になってしまうので、精神的に限界がきてしまいます。

その場合は、辞めるという決断も時に必要です。

転職先に馴染めるよう対処法を試してみよう

せっかく就職できた会社なので、なるべく自ら進んでコミュニケーションを取り、長く続けるためにも良好な関係を築きたいところです。

しかし、馴染むことができないのは、職場が問題な場合もあるため、その場合は再就職をするというのも必要な判断になります。

人と話すことはコミュニケーション能力の向上に繋がるので、緊張をせず、積極的に話しかけましょう。

https://tenshokugo.com/knowhow/6722/
おすすめの記事