40代転職の志望動機の例文3つ!書き方のコツや企業が求めているものも紹介!

40代で転職をする際、志望動機の書き方のコツが少し変わってきます。今回は40代転職者の志望動機の例文を3パターン用意しました。例文があるとグッと志望動機を書くハードルが下がるのでぜひ参考にしてみてください。また企業が40代転職者に求めているものもいくつか紹介していきます。

40代転職の志望動機の例文とは?書き方のコツや企業が求めているものも紹介!

40代で転職する人に求められるものは即戦力です。今まで培ってきたスキルが新しく入る会社にとってどれくらい役に立つのかが常に見られているポイントになります。

また自分のスキルをアピールする他にも、会社に貢献したい、役に立ちたいという気持ち面もしっかり記入しておくことが大切です。

下記では転職パターン別に3つほど志望動機の例文を紹介しますので、例文が志望動機も書きやすくなりますし、自分が企業に何を伝えたいのか明確にしやすくなります。

40代転職の志望動機の例文3つ

転職をするといっても様々な状況があると思います。

  • 1.同業界/異業界の未経験職種に転職する場合
  • 2.異業界の同職種に転職する場合
  • 3.同業界の同職種に転職する場合

他にもあるかもしれませんが、今回は上記3つの場合の例文を紹介していきます。

1.同業界/異業界の未経験職種に転職する場合

未経験の職種を希望する場合、自分がこれまで培ってきたスキルや経験をどのように活かすことができるのか説明する必要があります。なぜなら未経験の職種の場合、即戦力になるのかどうかが企業側では判断しづらいからです。

また職種が違うだけでなく業界も違うのであれば、どうして今までと違う業界を選んだのか企業側は疑問に思うでしょう。そのため違う業界へ進もうと思った経緯や熱意も志望動機に記入しておくと印象が良くなります。

作成時の注意点

異業種へ転職する場合、自分が会社に対してどのように役に立つことができるか明確にすることが大切です。会社側からすると即戦力を求めているので、以前と違う業界や未経験職だと即戦力にならないのではないかと敬遠してしまいがちです。

企業側からすれば新しく人材を育成するのであれば、若い人を採用したいはずです。未経験職種への転職でも共通して使える経験やスキルは具体的に記入しておきましょう。

志望動機の例文

以下が未経験職種に転職する場合の例文になります。

私は前職で10年間、接客業の経験を積んできました。様々なお客様とコミュニケーションをとることでお客様が本当に望まれていることを聞き出すスキルを身につけることができました。

お客様が満足してくれることに喜びを感じ、もっと別の立場からのコミュニケーション能力も身に着けたいと考え、営業職への転職を決意しました。御社が取り扱う商品は魅力的でもっと多くのお客様に使用してもらいたいと思っており、今まで培ってきたコミュニケーション能力を土台として営業でのスキルも磨き上げていきたいと考えています。

2.異業界の同職種に転職する場合

異業界同職種の場合、どうして違う業界に飛び込もうと思ったのか具体的に伝えるが大切です。40代になるまで違う業界で働いていたのに、どうして違う業界で転職をしようと思ったのかという点は誰もが疑問に感じるポイントになります。

自分の中にある挑戦したいという気持ちを具体的に書き、その上で自分のスキルをどう活かすことができるのかを書いていきましょう。

作成時の注意点

異業界同職種の場合、自分のスキルだけをアピールするだけではなく異業界へ飛びこもうと思い立った考えや、その中でもどうしてこの会社を選んだのかも書いておきましょう。

同職種だからと自分のスキルだけをアピールしただけだと、同業界の会社に入れば良いのではないかと思われてしまいます。また会社からしたら職種が一緒でも異業界だと勝手が違うことがあるので即戦力になるのか判断しづらい点もあります。

勝手が違う点は1つ1つ経験していく必要がありますが、それをカバーできるだけの熱意を伝えるように意識しましょう。

志望動機の例文

以下が異業界の同職種に転職する場合の例文になります。

前職では○○保険の営業担当を務めておりました。1件1件丁寧にお客様とコミュニケーションをとることで毎月の目標を達成しておりました。その頃から御社が取り扱っている商品を愛用しておりまして、自分の好きな商品をもっと広めたいと強く思うようになり、転職活動を機に御社を志望いたしました。

3.同業界の同職種に転職する場合

同業界の同職種に転職を考えている場合、入社する会社の魅力を感じたポイントを積極的に伝えていくことが大切です。同じ業界の同じ職種でどうして転職しようと考えたのか、どこに惹かれてこの会社を選んだのか、入社後にはどんな形で会社に貢献していくのかが志望動機に書く内容です。

また同業界の同職種であれば、前職で培ってた人脈を武器にすることも可能です。自分を採用してくれれば、あの人と繋がりがあるから仕事をスムーズにすることができるなど、人脈の強味があるのであればこちらも志望動機に盛り込んでいきましょう。

作成時の注意点

同業界同職種の場合、どうして現在の会社を辞め、別の会社に転職しようとしているのかを明確に書くことが大切です。転職しても同業界同職種ですから業務内容も大体同じようなものになるでしょう。

転職する会社の方が待遇が良いという理由を素直に伝えるというのも1つの方法ですが、それだけでは仕事に対しての意欲が伝わりずらいので前の会社とどう違うのか、自分はどう会社に貢献したいのかを明確に書くことが大切です。

志望動機の例文

以下が同業界の同職種に転職する場合の例文になります。

前職では○○飲食店のマネージャーとして○○地方に点在する店舗の管理を行っていました。ここ4年間では本社で新入社員の育成とマネジメント業務も兼任した経験があり、毎月の売り上げ目標に到達するため日々試行錯誤を繰り返してきました。

この経験は御社での目標達成をする際にも役に立つと思います。また御社のキャッチコピーにもなっている雰囲気の良い店づくりは私自身も非常に共感を持てる言葉であり、最終的には売り上げにも深く関連してくるポイントだと考えております。このキャッチコピーを大元に考えて一緒に御社の事業拡大をしていきたいと思い、志望いたしました。

40代転職の志望動機の書き方のコツを紹介

先程は転職のパターン別で志望動機の例文を3つ紹介しました。下記では40代で転職する場合の志望動機の書き方のコツとして以下の3つが挙げられます。

  • 誰もが納得する志望理由を記載する
  • 実績や経験等の内容は具体的に説明する
  • 企業側のメリットを強調した内容にする
  • 添削サービス等を利用して第三者にチェックしてもらう

企業側が40代の転職募集をする理由として即戦力になる人材を探しているからです。そのため志望動機には自分は前職でどんな経験や実績があって転職先の企業ではどういう風にスキルを活かせることができるのかを明確にすることが重要になります。

誰もが納得する志望理由を記載する

特に異業種や異職種の企業へ転職を考えている方は例文の箇所でも紹介したようにどうして転職を考えたのか志望理由を明確に書いておくことが重要です。

40代での転職は即戦力を求めているので、志望理由があやふやだと仕事に対する熱意や態度などがいまいち伝わりません。企業側は即戦力を求めているのでモチベーションが高いというのも重要な判断ポイントです。

特に異業界異業種へ転職希望の人はそれなりに実績を残しているのになぜ?という疑問が出てきますので志望理由は誰が読んでも納得するようなものを記載するようにしましょう。

実績や経験等の内容は具体的に説明する

40代転職応募では即戦力の人材を探している企業がほとんどなので、どんな実績を持っていてどんな経験を積んでいるのかを企業側は知りたい傾向にあります。実績や経験を把握しておくことで、どこに配置すればより力を発揮してくれるのか企業側も把握がしやすいからです。

このことからも志望動機の中には以前はどんな仕事をしていて、どのような実績を納めたのか自分のスキルや経験はどんなものなのか具体的に説明しましょう。

企業側のメリットを強調した内容にする

自分の実績やスキルを説明したら、それらを転職先ではどのように役立てることができるのかも説明するようにしましょう。企業側のメリットを具体的に伝えることで企業側も安心して採用することができます。

またメリットを伝えるためには、企業研究をしっかりとしていないと難しい点があります。会社や転職先の業界の現状を知っていると分かってもらう有効な手段の1つです。

添削サービス等を利用して第三者にチェックしてもらう

どうしても志望理由が上手く書けない、書けているか不安を感じる人は添削サービスを使って第三者にチェックしてもらうのも良いでしょう。客観的な立場から志望理由をチェックしてもらうことができます。

家族や周りの人に志望動機を読まれるのに抵抗を感じる人にはおすすめのサービスです。中には志望理由の添削チェックだけでなく、面談をしてスキルの洗い出しや例文など、文章を一緒に考えてくれるサービスをしているところもあります。

40代転職で企業が求めている3つの能力

40代転職で企業が求めている能力は以下の3つになります。

  • ①即戦力となる実力
  • ②企業にメリットをもたらす実績
  • ③高い協調性や柔軟性

会社がこれから人材育成をしようと考えるのは20代や新卒の人であり、40代の人には即戦力を求めています。そのため即戦力になると証明できる過去の実績などを持っていることが大切です。

また柔軟性や協調性を持っていることも企業が求めていることの1つになります。

①即戦力となる実力

40代といえばスキルや実績を積んで会社を引っ張ていくポジションになっている人が多い傾向です。つまり、その仕事に対するスペシャリストになっているわけです。

会社の中心になるような年代の募集をしている企業は仕事ができる即戦力を求めています。そのために面接を履歴書を見るとは、この人は即戦力になるような実力を持っているのかという点を最重要視している傾向にあります。

②企業にメリットをもたらす実績

即戦力を求めている企業がほとんどですので、即戦力になるという証明として実績は企業側もよく見ています。この人はこんな実績を持っているからこの部署で力を発揮してくれるかもしれない、こんな経験を豊富にもっているから新しい事業をまかせられるかもしれないと思わせることができるでしょう。

前職で実績を持っている人は積極的にアピールすることをおすすめします。

③高い協調性や柔軟性

どれだけ能力が高い人でも周りと協力して業務をこなしたり、柔軟に対応してくれる人でないと職場の環境が悪化してしまいます。前職の経験だけでなく、入社してから新しい経験や知識も意欲的に取り込もうという姿勢も大切なポイントです。

40代の転職で転職エージェントを使う3つのメリット

40代の転職で転職エージェントを使うメリットは以下の3つです。

  • ①志望動機の添削や面接対策ができる
  • ②選考対象についてアドバイスをもらえる
  • ③企業との交渉を代わりにしてもらえる

転職エージェントでは志望動機の添削だけでなく、他の転職に対するアドバイスや企業との交渉を代わりにしてくれるなど多くのメリットがあります。

①志望動機の添削や面接対策ができる

東京都内で転職エージェントを上手に利用するための3つのコツ

転職エージェントでは志望動機の添削や面接対策を行ってくれます。中には志望動機の例文を作ってくれることもあるでしょう。志望動機の文章チェックを自分ですることは難しいものです。中には例文があってもどう書けば良いか分からないという人もいるでしょう。転職エージェントでは転職者の不安点や疑問点を解消してくれるサービスの1つです。

②選考対象についてアドバイスをもらえる

面談をして自分のスキルや実績を洗い出しもらい、自分の価値と企業側が求めているもののアドバイスを受けることができます。

特に異業界や異職種の場合、自分だけでどのスキルが転職先で通用するのか判断が難しいこともあります。そんな時に転職エージェントだと今までのスキルが他の企業でどう活かすことができるのかアドバイスを貰えるので面接時のアピールがしやすくなります。

③企業との交渉を代わりにしてもらえる

転職エージェントは企業と転職者の橋渡しのような役割をしてくれるサービスです。そのため面接の日程や給与交渉など自分でするのは気が引けてしまうような交渉も転職エージェントを通して行うことが可能です。

40代転職の志望動機は例文を参考に!コツを掴んで魅力ある内容にしよう!

40代転職の志望動機は転職したい会社を研究して、例文に当てはめていくと良いでしょう。40代転職者に求められていることはどの企業でも「即戦力」になります。企業がどんな即戦力を求めているのか考え、自分の実績、スキルを上手く説明できるようにするとより魅力のある志望動機になります。

おすすめの記事