営業から転職は可能?やるべき3つのこととおすすめの職種も紹介!

営業職は、お客さんと顔を合わせて商品やサービスの提案をするお仕事なので、高いコミュニケーション能力やヒアリング能力、行動力が必要なお仕事です。

内定率が高い反面、肉体的にも精神的にも大きな負担を感じやすいため、営業職から他の職種へ転職を考えている人は多いようです。

しかし、スキルや資格がない状態で違う業界の仕事へ転職ができるのか、不安になると思います。

そこで今回は、営業職から転職をするための知識と面接での受け答えの仕方まで解説していきます。

営業から別の職種への転職は可能?

基本的にどの職業でも転職は可能です。

しかし、無計画に何でも挑戦するのではなく、営業職を経験した中で「これは自分に合っている」と感じた仕事選びや、目的を達成するために必要な職業を選ぶことで大切です。

営業職で得たスキルや知識を生かして同じ分野の職業を転職する場合は、事務職、商品開発、マーケティング職、コンサルティング職がおすすめです。

全く違う職種に転職する場合でも、介護職、プログラマー、セールスエンジニアなどのお仕事は未経験でも可能なお仕事です。

資格や専門知識は必要になりますが、業界によっては人手不足の会社も多いため、しっかり学習をして挑むことで、未経験でも十分、職に就くことは可能です。

また、営業職を経験してきた人は、高いコミュニケーション能力を持っているので、どの仕事でも生かすことができます。

どれだけ技術や専門知識を持っていても、組織として動いていく以上、コミュニケーションを取ることは必須なので、そのスキルを持っている営業職の人は重宝されます。

未経験の業界に飛び込むことは不安になりますが、営業職で培ったスキルは幅広い業界で生かすことができるので、まずはチャレンジをしてみましょう。

営業から別の職種に転職するときに3つのやるべきこと

別の職種に転職する前に、まずは自己分析をしていきます。

自己分析をぜずに転職活動を行うと、就きたい仕事を見つけることが難しくなります。

また、面接の時の受け答えも曖昧な回答になってしまうので転職の成功率に影響します。

そうなってしまわないようまずは、次の3つは必ず行いましょう。

  • 経験やスキルを活かせるか確認する
  • 自分の長所・短所を分析する
  • 何故転職をしたいのか明確にする

それぞれ詳しく説明していきます。

経験やスキルを活かせるか確認する

営業は「売るだけ」の仕事ではありません。

商品やサービスの成約率を上げるためには、さまざまなスキルが必要です。

例えば、信頼関係を築くために必要なコミュニケーション能力、お客さんのニーズに合わせて提案をするヒアリング能力、資料などを使って知りたい情報や分かりやすい説明をするプレゼンテーション能力など、さまざまなスキルがなければいけません。

つまり、これらのスキルを営業職の人は養ってきているので、転職先を見つける際は、そのスキルを生かせる仕事を選ぶことがコツになります。

求人を出している会社の中で、営業職のスキルを必要としているところは沢山あるので、まずは自分がどういったスキルを持っているのか理解しましょう。

自分の長所・短所を分析する

面接官が長所と短所を聞く理由は、客観的に自己分析ができているかと募集職種や社風に合っているかを見るためです。

面接で自己アピールをするためにはまず、自分の長所と短所を理解しておくことが大切です。

長所は例えば、「協調性がある」、「責任感が強い」、「好奇心旺盛」、「前向き」、「継続力がある」、「臨機応変に対応できる」などがあります。

採用担当は、ビジネスシーンでどのように活きるかを知りたいので、イメージを持ちやすいように具体的なエピソードを含め、考えておくとようでしょう。

短所は、そのまま伝えるとネガティブな印象になってしまうので、ポジティブに変換して話せるような状態にしておきましょう。

短所と長所は表裏一体なので、例えば、「優柔不断→ 慎重」、「マイペース → おおらか」、「協調性がない → 主体性がある」、「負けず嫌い → 向上心が強い」、「緊張しやすい → 真面目」のように変換できます。

採用担当者が短所を聞くのは、応募者がその欠点に対し、どう前向きに解決していける人なのかを知るためなので、短所だけではなくその姿勢についても考えておくと良いでしょう。

何故転職をしたいのか明確にする

採用担当者にとって、営業職から他の職種へ転職したい理由は確認しておきたい重要な情報です。

転職したい理由を明確にしておくことで、志望動機を考える際にも役立ちます。

例えば、「スキルアップのための学びができる環境で働きたい」、「自分の希望に合った活躍の場を求めたい」、「自分の能力をフルに発揮したい」などです。

ただ、ネガティブな理由は評価が悪くなってしまうので注意しましょう。

「仕事が忙しすぎる」、「給料が安すぎる」、「仕事がつまらない」、といった理由では、採用担当者に自己中心的なイメージを与えてしまいます。

転職理由は、良いイメージが持てるよう、前向きな姿勢でポジティブな理由にしましょう。

営業から転職するときのおすすめしたい3つの職種

営業職から転職する際は、仕事で身に付けたスキルが生かせる仕事を選ぶと転職成功率は上がります。

営業から転職するときにおすすめしたい職種を3つご紹介します。

  • コツコツとした作業が得意なら事務職
  • 分析やリサーチが得意ならマーケティング職
  • 顧客対応やヒアリングが得意ならコンサルティング職

それぞれ詳しく説明していきます。

コツコツとした作業が得意なら事務職

事務職とは、書類の作成やデータ入力、電話応対など、他の社員がスムーズに仕事が行えるように支援をするお仕事です。

専門的な知識や資格が必要なく、未経験でも転職しやすい職業になります。

営業職から転職しやすい事務職は、一般事務、経理事務、営業事務があります。

一般事務は、高度な専門知識は必要ありませんが、業務内容は幅広く、働く会社や部署によって仕事内容がまったく違うので、臨機応変に対応する能力が必要です。

経理事務は、現金の出納管理や精算業務、伝票の記帳など、数字を扱う仕事になります。正確さが重視されるので、落ち着いて物事に取り組める人が向いています。

営業事務は、営業担当者の代わりに見積書や請求書を作成したり、顧客に説明する時に必要な資料などを作成するお仕事です。営業担当者のバックアップをするお仕事なので、営業職を経験したことがある人にはおすすめなお仕事です。

事務職は、他の職種に比べて帰宅時刻をコントロールしやすいのが特徴です。

分析やリサーチが得意ならマーケティング職

マーケティング職とは、商品やサービスが売れるように、市場調査や分析、企画や宣伝を行う仕事です。

求められるスキルは、調査能力やデータ分析能力、コミュニケーション能力、アイデアを生み出す力が必要になります。

調査能力、データ分析能力とは、「誰に」「どんな価値を」「どのように」提供するのかを調査し、結果に繋がるよう、3C(顧客、競合、自社)などさまざまな分析を行うことです。

コミュニケーション能力は、取引先や社内の関連部署と会話をする上で必要なスキルです。

アイデアを生み出す力は、調査と分析後に、アイデアを生み出し、アピールする能力が必要です。

営業職から転職するのは難しいイメージがありますが、未経験から転職できる求人は多く、営業で身に付けたスキルを生かしやすい職業になるので、営業職から転職する人にはおすすめの職業です。

顧客対応やヒアリングが得意ならコンサルティング職

コンサルティング職とは、クライアントの課題を解決するための方法を考え、助言をするお仕事になります。

求められるスキルは、ロジカルシンキング(論理的思考能力)とコミュニケーション能力になります。

論理的思考能力は、複雑な物事を整理し、シンプルかつわかりやすくする能力で、成果が上がらない原因がどこにあるかわからないクライアントへアドバイスをするために必要なスキルです。

コミュニケーション能力は、クライアントの立場になって物事を考え、信頼を得るために必要なスキルです。

コンサルティング市場は伸びているので、これから専門知識や能力を身に付けたい方や、キャリアアップしたい方にはおすすめです。

営業で培ったスキルはどんな転職先でも活かせる!

どの仕事も人と関わっていくお仕事なので、営業で培ったスキルはさまざまな職種で生かすことが出来ます。

営業職で生かせるスキルは主に次の3つです。

  • コミュニケーション能力
  • 臨機応変な対応
  • 計画実行力
  • マネジメント経験

それぞれ詳しく見ていきましょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力の中には、人間関係を構築する能力、相手の話を聞き出す能力、相手に情報を正確に伝える力があります。

人間関係を構築する能力は、まず自分のことを知ってもらい、親近感を持ってもらうような会話をするスキルです。

相手の話を聞き出す能力は、顧客へ商品やサービスの提案をするために、ニーズ(求める要望)を聞き出すために必須のスキルです。

相手に情報を正確に伝える力は、正しく相手に伝えるために、相手の立場になって、理解できるように話をすることです。

コミュニケーション能力は、どの業界でも必要とされるスキルなので生かすことが出来ます。

臨機応変な対応

臨機応変な対応能力は、顧客とスムーズに契約まで進めるにあたって、必要なスキルです。

仕事は計画通りにいかないことが多いため、突発的な依頼や、人員不足で急な対応をしなければいけないことがあります。

そういった場合に、迅速に対応できる能力があれば、会社にとって有用な人材として必要とされます。

計画実行力

計画実行能力とは、段取りを決めて物事を遂行する力のことです。

営業職は、多くの顧客と関わる仕事なので、一人一人確実に成約に繋げれるように計画を立てて、その通りに実行する能力が求められます。

また、マネージャーやリーダーにも必要不可欠な能力であるので、さまざまなお仕事で役立つスキルです。

マネジメント経験

マネジメント経験とは、後輩や部下の管理業務に携わった経験のことを言います。

管理職として、チームをまとめて部下の指導をしたり、店舗の人員管理や売上管理をしたりするので、幅広い業務内容の管理し、組織をまとめる上で必要なスキルです。

マネジメント経験の有無で、リーダーとしての資質があるかどうかが分かるので、営業職で身に付けることができれば、将来性のある人材として優遇されます。

営業から転職するとき面接で聞かれやすい質問

会社にとって、なぜ営業職から他の職種に就きたいのか気になります。

面接では、しっかり受け答えができるように、自分の考えを前もって整理しておくことで余裕を持って迎えることができます。

面接で聞かれやすい質問を3つご紹介します。

  • 退職理由
  • なぜこの会社を志望したのか
  • 今までの経験で一番頑張ったことや苦労したこと

それぞれ詳しく見ていきましょう。

退職理由

退職理由は、前向きに変換して話すことが重要です。

もし、退職理由を前職の労働環境や人間関係のせいにしてしまうと、「当社に入社しても不平不満を言うのでは?」と受け取られる心配があります。

不平不満があったとしても、どう向き合ってきたのかや、解決するようにどう取り組んできたのかを話すことで、ポジティブな印象を持たれるので評価は良くなります。

なぜこの会社を志望したのか

未経験の職業に就く場合は、その理由を明確にすることが大切です。

「営業職を通して得たスキルを発揮するため」や「もっと専門的な仕事に携ってキャリアアップをしたい」など、向上意欲のある姿勢を感じるような内容であれば、採用担当者にとって、将来性のある人材として必要とされます。

また、今までの経験で得たスキルが会社でどのように生かすことができるのか、相手が得ることのできるメリットを伝えることも大切です。

今までの経験で一番頑張ったことや苦労したこと

面接で、今まで頑張ったことや苦労したことを聞く理由は、応募者の今までの仕事の取り組む姿勢や、負担を感じる業務、問題解決能力、などを知るためです。

ただ「苦労しました」であわることがないよう、エピソードを交えながら、その課題にどう乗り越えてきたのかや、その経験から何を学び、今度どのように活かしていけるかの話をすることで、人間性を伝えることができます。

まずは自分のやりたいことを明確にして営業から転職しよう!

営業職から全く違う職種に就くのは不安が多いと思います。

しかし、未経験でも転職可能な職業はたくさんあるので、諦めずにまずは挑戦することが大切です。

自分に合った仕事に転職できるよう、今までの経験を通して得たスキルが生かせる職業を選択すると良いでしょう。

仕事選びに悩んだ時は、是非参考にしてください!

おすすめの記事