転職回数が多い30代は実際不利なの?内定を取れた3つの秘訣を紹介!

転職回数が多いと選考で不利なのではないかと不安になりますが、多いと思われる転職回数の基準はあるのでしょうか。また、転職回数が多い場合に、書類作成や面接で上手にアピールするコツはあるのでしょうか。

この記事では、30代で転職回数の多い方に向けて、転職成功のためのポイントをまとめました。

30代で転職を考える人の中には転職回数が多いと悩む人も多い

30代で転職を考える人の中には転職回数が多いと悩む人も多い

30代で転職活動をする人の中には、これまでの転職回数が多いことで、他の人より不利なのではと悩む方もいます。

実際に、転職が何回以上だと選考が不利になるという基準はあるのでしょうか?

また、転職回数の多い方が、次の転職を成功させるためのポイントはあるのでしょうか。

30代で転職回数の多い方が、選考で上手にアピールするための方法をまとめました。

”30代の転職” 転職回数が多いと選考に不利なのか

”30代の転職” 転職回数が多いと選考に不利なのか

転職回数は、「これまで在籍した企業数-1」で数えます。

30代の社会人だと、新卒入社の会社から転職したことがない方から、すでに5社以上に在籍したことがあるという方まで、人によって様々です。

そして残念ながら、転職回数の多さが選考で不利にはたらくことは実際にあり、企業によっては、転職回数が多いとそれだけで選考を落とされてしまう場合もあるようです。

しかし一方、大手転職サイトの調査では、「実際に転職回数が4回以上の人を採用した経験がある担当者は6割以上」というデータもあり、平均より転職回数が多い場合でも、それだけで転職をあきらめる必要はありません。

転職回数が多くても、ポイントを押さえた転職活動をして内定を勝ち取っている方も多いので、転職回数の多さをカバーする方法を見ていきましょう。

即戦力となるスキルや実績があれば不利にならない

即戦力となるスキルや実績があれば不利にならない

転職回数の多さをカバーする一番の材料は、即戦力となるスキルや実績です。

スキルと実績は転職市場において何よりも重要視されるものであり、30代以上の転職となるとさらにその傾向が強まります。

企業にとってその人が即戦力になると判断されれば、転職回数が多いことも、あまり問題にはなりません。

実績が少なく転職回数が多すぎると不利になる

実績が少なく転職回数が多すぎると不利になる

逆に、客観的にアピールできるスキルや実績が少なく、さらに転職回数を重ねてきた方は注意が必要です。

上手にアピールしないと、計画性もなく転職を繰り返すジョブホッパーなのではないか、人間関係を構築できない人なのではないか、どうせすぐ辞めてしまうのでは…と採用担当者に不安を持たれてしまいます。

このような方は、書類に書く内容や面接の受け答えを工夫する必要があるでしょう。

”30代の転職” 企業が多いと感じる転職回数は

”30代の転職” 企業が多いと感じる転職回数は

入社した企業が合わなかったり、結婚や出産などのライフイベントで退社する人が一定数いる一方、新卒入社以降まだ転職経験のない方も多い30代。

平均転職回数は、約1回と言われています。

それでは実際に企業の担当者から見て、何回以上だと転職回数が多いと見なされるのでしょうか。

気になるその回数は、以下のようになります。

  • 30代前半で4回以上は多い
  • 30代後半で5回以上は多い

30代前半で4回以上は多い

30代前半で4回以上は多い

30代前半で4回以上だと、転職回数が多い印象を持たれるようです。

転職回数は在籍社数-1で数えるので、転職回数4回以上とは、在籍社数が5社以上ということ。

新卒入社から8~12年ほど経過している30代前半では、1~2年に1回のペースで転職している計算になります。

30代後半で5回以上は多い

30代後半で5回以上は多い

30代後半だと、5回以上の転職で「多い」という印象を持たれるようです。

新卒入社から13~18年ほどで、6社以上に在籍。

2~3年に1度のペースで転職している計算になります。

「石の上にも三年」と言いますが、1社につき3年というのがひとつの基準となっているようです。

転職回数が多くても内定を取れた人の特徴

転職回数が多くても内定を取れた人の特徴

30代前半で4回以上、30代後半で5回以上など、平均を大きく上回る転職回数によってマイナスの印象を持たれることは事実ですが、それでも転職に成功している方はたくさんいます。

転職回数の多さを問題とせず、内定を勝ち取る人には、どのような特徴があるのでしょうか。

  • 特徴1.専門性がはっきりしている
  • 特徴2.協調性があり意欲も感じられる

以下で詳しく見ていきましょう。

特徴1.専門性がはっきりしている

特徴1.専門性がはっきりしている

転職回数が多くても内定を勝ち取れる人の特徴として、専門性がはっきりしていることが挙げられます。

今後の成長性を見てもらえる20代の転職と違い、30代転職者に企業が求めているのは、その人の持つスキルや実績。

在籍社数が多くても、同じ業界や職種を渡り歩いてきた場合は、30代に求められる専門性を持っている上、転職回数の多さも、様々な企業を見て幅広い知見があると強みに変えることができるでしょう。

一方で、職種や業界がバラバラで転職回数が多いという方の場合は、経験職種は多くても「スペシャリスト」と言えるほどの専門性を身につけたスキルが少なく、企業側には「結局うちの会社で何をしてくれるの?」という疑問が浮かびがちです。

その疑問に対して、例えば「ずっとマネジメントをやってきた」など、職種はバラバラでも、これまでの経歴で一貫して身につけてきたスキルがあると言うことができれば、専門性をアピールすることができるのです。

特徴2.協調性があり意欲も感じられる

特徴2.協調性があり意欲も感じられる

転職回数が多くても内定を勝ち取った30代の特徴2つ目は、協調性や仕事に対する意欲の高さ

30代は、企業の中で中堅に位置づけられることが多い年代です。

ある程度の社会人経験と実績があり成果も求められる上、20代の若手と、40代以上のマネジメント層のつなぎ役を期待されることもあります。

そのため、様々な立場の人とコミュニケーションが取れる明るさや協調性、周りの人を巻き込むような意欲を感じれられる人材は企業にとってありがたい存在であり、仕事の成果も期待できるため、内定を勝ち取りやすい傾向があるようです。

転職回数が多い人が内定を得るための秘訣

転職回数が多い人が内定を得るための秘訣

転職回数が多い人が内定を勝ち取るために、面接など実際の選考の場で押さえたいポイントがあります。

  • 秘訣1:前向きな転職理由を伝える
  • 秘訣2.実践的なスキルや経歴を示す
  • 秘訣3:在職期間が長い仕事をアピールする

以下でそれぞれの秘訣を詳しく解説します。

秘訣1:前向きな転職理由を伝える

秘訣1:前向きな転職理由を伝える

転職活動の面接で、必ずと言っていいほど聞かれるのが退職理由です。

転職回数が多い場合、現職の退職理由だけでなく、なぜ何度も転職をしているのか、というところまで問われる可能性もあるので、あらかじめ1社ずつの退職理由を用意しておきたいところ。

退職自体は悪いことではないので、負い目に感じることはありませんが、面接官が納得する理由を示すことが大切です。

その際に、ポジティブで一貫した退職理由であれば、逆にプラスに働くこともあります。

例えば、「自分の目標に向けたステップアップのため」や、「仕事で達成したいことが現職ではできなかった」などの理由があり、さらに面接している企業の志望動機へとつながれば、相手を納得させることができるでしょう。

秘訣2.実践的なスキルや経歴を示す

秘訣2.実践的なスキルや経歴を示す

持っている実践的なスキルをわかりやすく伝えることは、転職回数にかかわらず大切なことですが、各企業での在籍期間が短いと、アピールポイントになる専門的なスキルは持っていないという場合もあるでしょう。

そんな場合にも、スキルの棚卸は大切です。

目立った専門性を持ち合わせていなくても、これまでの職業経験で身につけてきたものや、様々な企業で人間関係を作ってきたコミュニケーション力など、転職回数が多いからこそアピールできるスキルもあります。

自分だけではよくわからなければ、家族や友人、転職エージェントに相談して一緒に考えてもらうのも1つの手です。

秘訣3:在職期間が長い仕事をアピールする

秘訣3:在職期間が長い仕事をアピールする

転職を繰り返した中で、在籍期間が短い企業と長い企業があると思いますが、書類や面接でアピールしたいのは、在籍期間がより長い仕事についてです。

他より長く続けられたのはなぜなのか、ぜひ理由を掘り下げてみましょう。

仕事内容が自分に合っていた、成果を上げることができた、自分の成長を感じられた、商材が好きだったなど、何かしらポジティブな理由があれば、アピールするスキルや志望理由につなげることもできるでしょう。

逆に、在籍期間が短い仕事については、自分から触れる必要はありませんが、仕事内容や短い期間で辞めることになった理由は、聞かれたら答えられるよう準備しておきましょう。

”30代の転職” 履歴書で上手くアピールするための方法

”30代の転職” 履歴書で上手くアピールするための方法

転職回数の多い30代は、そうでない人に比べて書類選考のハードルが高いこともあります。

転職回数だけで判断されないよう、履歴書で強みを上手くアピールする方法をまとめました。

  • 方法1:転職の軸を明確にする
  • 方法2:転職の軸に合わせてポイントを要約する
  • 方法3:企業毎にアピールポイントを再考する

書類作成の前にチェックしてみましょう。

方法1:転職の軸を明確にする

方法1:転職の軸を明確にする

「転職の軸」とは、「今後○○のプロフェッショナルとして仕事をしていく」というキャリアの方向性です。

例えば営業のプロ、経理のプロ、人事のプロ、製造管理のプロ…など、今後の職種の希望から、自分が何のプロフェッショナルでありたいかを定めましょう。

方法2:転職の軸に合わせてポイントを要約する

方法2:転職の軸に合わせてポイントを要約する

次に、方法1で定めた転職の軸に合わせて、これまでの職務経験や手持ちのスキルを要約していきます。

「1社目ではAのスキルを、2社目ではBのスキルを身につけ、3社目ではこんな経験をしてこのように成長した…」というように、「○○のプロフェッショナル」を目指した理由や成長してきた経緯を示せるよう、これまでの職歴を見直しましょう。

また、転職回数が多い方の場合、職務経歴書の内容が膨大になってしまう場合もあります。

書類選考の段階では、必ずしも書類の隅々まで見てくれるわけではないので、各職歴に要約した見出しをつけ、その見出しを読むことで、「○○のプロフェッショナル」と言える理由がわかるようにするのが効果的です。

さっと目を通しただけでも、「こんな理由で○○のプロフェッショナルなのだ」ということが分かる書類を目指しましょう。

方法3:企業毎にアピールポイントを再考する

方法3:企業毎にアピールポイントを再考する

最後に、応募企業によってアピールポイントを再考するとより効果的です。

方法2で要約したスキルや経歴の中で最も強調する内容を、応募先の企業の業界や社風などに合わせて変えてみましょう

そうすることで、「だからこの人はうちを志望しているのだな」という説得力を増すことができるのです。

30代で転職回数が多くても上手にアピールすれば転職できる

30代で転職を4回、5回と重ねている場合、他の応募者に比べて選考が厳しくなってしまう場合もあるでしょう。

転職を成功させるためには、職歴を十分に見直し、実践的なスキルを上手にアピールする必要があります。

そして、ポジティブな雰囲気や受け答えもとても大切。

転職回数の多さも、人よりたくさんの企業を知っていて経験豊富な証です。

担当者を納得させられる、前向きな転職理由や志望理由を答えられるよう準備しましょう。

おすすめの記事