転職の一次面接の結果が来る日数や期間は?遅い理由や対処法を紹介!

転職の一次面接の結果を待っているけど、いつまで待てばいいの?結果が遅い理由はあるの?など、面接結果を待つのは不安との戦いでしょう。

そこで今回は、転職の一次面接の結果が来る平均的な日数・期間を紹介し、結果が遅い理由や、対処法も詳しく解説します。

転職の一次面接の結果が遅いと不安に思っている方は、ぜひ参考にご覧ください。

転職の一次面接の結果がなかなか届かない

転職の一次面接の結果が出る日数がどのくらいか分からない、企業から連絡が来ない、と悩んでいる転職者は多いです。

連絡が来ないと不採用なのでは?と不安に思うことでしょう。

しかし、一次面接の結果連絡がなかなか来ないからといって、必ずしも不採用ということではありません。

連絡が遅い理由は様々で、企業によって理由も異なります。

今回は、転職の一次面接の結果が来る日数・期間を解説し、結果が遅い理由やその際の対処法も詳しく紹介します。

一次面接の結果が届かず、日数ばかりが過ぎて不安を感じている転職者の方は、ぜひ最後までご覧ください。

転職の一次面接の結果は一般的に1週間程度で分かる

転職の一次面接の結果が届く日数・期日は、一般的に1週間程を目安に通知している企業が多いようです。

中には、面接を受けた後すぐに二次面接を伝えられた、その日の内に連絡が来た、という人も居ます。

しかしこれとは反対に、1週間以上の日数が経ってから連絡が来た、1ヵ月後に来た、連絡が来ない、という場合もあります。

必ずしも1週間以内に結果が分かるわけでは無いことも、頭に入れて置くとよいでしょう。

転職の一次面接の結果の連絡が遅い5つの理由

転職の一次面接結果の連絡が遅い5つの理由を紹介します。

連絡が遅いとネガティブになりがちですが、ポジティブ思考で結果を待つと不安も少なくなるでしょう。

  • ①応募者選考が難航している
  • ②採用者への連絡を優先している
  • ③応募した企業が繁忙期
  • ④採用者が辞退した場合の追加要員
  • ⑤不採用

①応募者選考が難航している

転職の一次面接の結果に日数がかかっている理由に、応募者選考が難航していることがあります。

一次面接者が多く全員との面接が終わっていない可能性があり、全ての転職希望者と面接をし、より良い人材を確保したい企業側で選考が難航しています。

他には、最終決裁者が慶弔休暇や出張で時間が取れず、最終の確認が出来ない、複数の承認者のサインが要るが中々揃わない、など結果を出すのに日数がかかってしまうこともあるようです。

②採用者への連絡を優先している

日数が経っても面接の結果が来ない理由に、採用者へ一早く連絡をしているのもあります。

これは、採用者が他に面接を受けていた場合、他の企業に決めてしまうことを危惧し、日数を空けず早めに連絡をしておきたいと思うからです。

採用者から辞退される可能性もありますので、第二候補となっている合格者に連絡が来るのは、さらに日数が経ってからになります。

③応募した企業が繁忙期

転職者の一次面接の結果が遅い場合、応募した企業が繫忙期ということもあります。

特に規模が小さい企業では、人事担当者が他の業務と並行しながら選考を進めている場合もあり、繁忙期と時期が重なっていると業務の対応に追われ、連絡が遅くなってしまうでしょう。

④採用者が辞退した場合の追加要員

転職者の一次面接結果が遅い場合、採用者が辞退した場合の追加要員とされている可能性もあります。

「②採用者への連絡を優先している」でも少し触れましたが、採用者の第一候補に辞退されることを想定して、いわゆる補欠要員として確保されているため連絡が遅くなっているのかも知れません。

第一、第二候補の採用者が相次いで辞退される不測の事態が起こっていると、さらに日数がかかり連絡が遅くなってしまうでしょう。

⑤不採用

転職者の一次面接の結果が遅く日数がかかっている理由に、不採用の可能性もあります。

採用者から連絡した後に不採用者への連絡をおこなっているため、ある程度の日数が経ってからの通知になってしまうようです。

転職の一次面接の結果の連絡に振り回されないための対処法

転職の一次面接の結果の連絡に振り回されないためにも、対処法を知っておくとよいでしょう。

転職活動は、日数が長引くほど不安が募っていきますが、対処法を知っておけば不安も少なくなり、転職活動もスムーズに行えます。

  • 面接時に採用結果がいつ分かるか目安を聞く
  • 余裕を持ったスケジュールで転職活動をする
  • 他の企業も視野にいれて転職活動をする

面接時に採用結果がいつ分かるか目安を聞く

面接の結果に振り回されないためにも、面接の際に採用結果がいつ分かるか日数の目安を聞いておきましょう。

「選考結果のご連絡はいつ頃になりますでしょうか?日数の目安をお教え頂けると幸いです」「不採用の場合もご連絡はいただけるのでしょうか」とあらかじめ確認しておくと、よいでしょう。

いつ分かるか期日・期限を聞いておくと、その期日の日数を過ぎた時に問い合わせがしやすくなります。

余裕を持ったスケジュールで転職活動をする

転職の一次面接の結果連絡に振り回されないためにも、余裕を持ったスケジュール・日数で転職活動を行うとよいでしょう。

面接は複数回行われる企業がほとんどですので、一次面接から1ヵ月程度日数がかかると想定して、余裕のあるスケジュールを組んでおくと焦らずに転職活動が行えます。

転職活動は、現在の仕事をしながら行うという方がほとんどですので、仕事が休みの日に面接を入れる必要があります。

現在の仕事と折り合いを付けながら、面接のスケジュールを組んでおきましょう。

他の企業も視野にいれて転職活動をする

転職活動は、限られた時間・日数を有効に使うことが大切です。

一次面接の結果に振り回されないためにも、他の企業も視野に入れて転職活動を行いましょう。

書類選考の通過率はおよそ3分の1程度で、面接の通過率は2分の1程と言われています。

そのため、一次面接を受けた企業だけで内定を得るのは簡単なことではありません。

他の企業への応募をしておけば、一次面接の結果待ちをしている企業の内定が得られなかったとしても、一から転職活動をやり直す必要が無く不安も少なくなるでしょう。

現在の仕事との時間調整は難しくなりますが、応募数を増やすと結果を待つ日数のロスが減り、転職活動も短期間に終わらせることへ繋がります。

転職の一次面接の結果連絡がこない場合

転職の一次面接の結果連絡がこない場合は、どうしたら良いのでしょうか。

ここからは、一次面接の結果連絡がこない時に行うべきことを解説していきます。

  • 着信履歴や郵便物を確認する
  • 迷惑メールに振り分けられていないか確認する
  • 履歴書に記載した連絡先を確認する
  • 転職エージェントを利用している場合は担当者に確認する

着信履歴や郵便物を確認する

一次面接の結果は、電話やメールで連絡されることがほとんどです。

そのため、電話の着信履歴は確認するようにしましょう。

就業中の方は、電話が取れない場合も多いですが、企業側もその点は考慮していますので、着信後に折り返し連絡を入れれば問題はありません。

企業によっては、留守番電話に伝言を入れていたり、再度電話をかけて来る所もあります。

着信があった場合は、すぐに連絡を入れるようにし、何日も放置するのは止めておきましょう。

社会人の常識が無い、志望度が低いと思われてしまいます。

また、一次面接の結果を郵送で通知する企業もあります。

そのため、郵便物は毎日確認するようにしましょう。

しかし、郵便での通知は不採用の可能性が高いようです。

郵送は、結果を早く伝えるのに不向きなことや、今後のスケジュールを伝える必要もなく履歴書の返送と共に通知ができるため、不採用者には郵送としている企業は多いです。

迷惑メールに振り分けられていないか確認する

転職の一次面接の結果はメールで通知する場合もあります。

そのため、メールチェックは頻繁に行い、迷惑メールに振り分けられていないか確認するようにしましょう。

一次面接の結果のメールが届いた場合、合格の通知の時は必ず返信する必要がありますが、不合格の場合は返信しなくても問題ありません。

合格の通知の場合返信しないでいると、気づいていない、辞退した、などと思われてしまいます。

合格通知が来た時は、日数を空けず24時間以内に返信するようにし、件名は変えないようにして新規で作成するのではなく、そのまま返信するとよいでしょう。

こうすることで、採用担当者が選考関係のメールを管理しやすくなります。

メールは早く返信することで、企業側のスケジュール・日数調整もスムーズになり、社会人としての信頼も得られます。

履歴書に記載した連絡先を確認する

転職の一次面接の結果が来ない場合、履歴書に記載した連絡先を今一度確認しましょう。

履歴書には、住所(現住所)と連絡先という欄がありますが、現住所と連絡先が違う場合は、そちらに合否の連絡が入っていることもあります。

転職活動中に、一時的に知人や親せき宅に仮住まいしていたなど、連絡先欄を現住所と違う場所にしていた場合、そちらに郵便物が送られているかも知れません。

転職エージェントを利用している場合は担当者に確認する

転職エージェントを利用して一次面接をした場合は、担当者に面接結果を確認しましょう。

転職エージェント経由で応募した時は、企業に直接問い合わせする行為はNGになります。

転職エージェントから、日数が経っても連絡が無いと不安になりますが、企業の特性によって連絡が遅くなる場合もあります。

大手企業は応募が殺到していることも多く、一次面接の結果を出すまで時間がかかることも多いです。

中小企業は比較的、結果が早く分かることが多いですが、繁忙期や人事担当者が不在などの時は、連絡が遅くなる場合もあります。

転職エージェントを利用している場合は、応募先企業とのやりとりは全てエージェントを通じて行いますので、連絡が無い場合は転職エージェントに問い合わせをしましょう。

それでも転職の一次面接の結果の連絡が来なければ問い合わせよう

一次面接の結果の期日が指定されている場合は、その日まで必ず待つようにし、ある程度の日数が(一週間以上)経っている場合は、企業に問い合わせしてもよいでしょう。

その際は、電話かメールで問い合わせしましょう。

電話での問い合わせは、始業直後の時間帯や昼の休憩時間、定時後の時間帯は避けて問い合わせします。

企業に電話する場合は、自分の名前を名乗り担当者に繋いでもらってから、一次面接の結果はいつ頃になるのか聞くようにしましょう。

担当者不在の時は、◯月◯日の一次面接の合否の連絡はいつ頃になりそうかお伺いしたい、と言うことを伝え伝言をお願いするとよいでしょう。

メールでの問い合わせの場合は、用件を簡潔に丁寧に書くようにします。

その際「一次面接の結果を教えてください」ではなく「一次面接の結果はいつ頃分かるのか」を尋ねるようにしましょう。

「結果を教えてください」では催促しているように取られるのと、まだ結果が出てない可能性もありますので、いつ頃分かるのかを聞くようにするといいです。

メールは宛名、挨拶、自分の名前、用件、結びのひと言、署名を盛り込むようにし、名前はフルネームで書くようにします。

一次面接の結果が遅く日数が経つと不安になりますが、遅い理由や対処法を知って不安を解消し、前向きな気持ちで転職活動に挑みましょう。

おすすめの記事