転職回数の平均ってどれくらい?20代、30代、40代と年代別に調査!

何度も転職したことがあり、選考で不利になるかもと悩んでいる人もいるでしょう。不利にならない転職回数の目安は20代で1回、30代で2回、40代で3回です。

選考では前向きな転職理由を述べるようにし、習得したスキルや実績を示すようにしましょう。

転職回数が多いと選考に影響しそうで不安

転職に対する考え方は変わりつつありますが、回数が多いのはあまり良い印象を与えるものではありません。

求人に応募しても書類選考にも通らないのではと不安になっている人もいるのではないでしょうか。

また、面接にたどりつけても転職回数の多さについて追及されると困ると考えている人もいるでしょう。

転職回数が多くても、いくつかのポイントを押さえればカバーできます。

ここでは、転職回数の平均や何回くらいあると印象が良くないのかについて説明し、転職活動に成功するために知っておくべきポイントを紹介します。

20代の転職回数の平均は

20代はまだそれほど長い職歴があるとはいえない年代であり、何度も職を変える人はそれほど多くないイメージです。

20代での転職回数は実際のところどのくらいなのか、見ていきましょう。

  • 20代の転職回数の平均は1回程度
  • 転職回数が2回を超えると多い印象に

20代の転職回数の平均は1回程度

20代は入社した会社で仕事を覚え、吸収する時期です。

この年齢で転職する人はあまり多くないイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、転職サイトのリクナビNEXTの調査では20代での転職経験者の割合は24%あり、およそ4人に1人は経験していることになります。

転職回数はさすがに多くはなく1回が大半を占めます

ある程度の年数は働いたうえで、思い切って転職にふみきる人が多いのでしょう。

転職回数が2回を超えると多い印象に

終身雇用制度が一般的だった時代は、いったん入社した企業には定年まで勤めあげることが当たり前とされ、転職は歓迎されることではありませんでした。

しかし、現在では企業の雇用環境も社員の意識も変わりつつあり、より良い職場を求めて転職することは珍しいケースではありません。

とはいえ、何度も職を変えている人に対しては、採用する企業は「ひとつのところに長く勤められない人ではないか」と不審に思います。

20代の場合、転職回数が2回を超えると「多いな」という印象を持たれがちです。

学校を卒業して10年足らずの間に2回以上転職しているということは、ころころと職を頻繁に変えていることを意味するからです。

30代の転職回数の平均は

30代は経験を積んで実績を上げはじめる年代であり、より良い環境を求めて転職を考える人も増えてきます。

ここでは、30代での転職回数の平均や何回までなら選考に影響しづらいかなどについて紹介します。

  • 30代の転職回数の平均は1-2回
  • 転職回数が3回を超えると多い印象に

30代の転職回数の平均は1-2回

リクナビNEXTの調査によれば、30代で転職した経験がある人は53%と過半数を超える高い割合でした。

30代は会社で経験を積み、スキルや専門的な知識が身につく年代です。

40代以降は転職が難しいと予想されることもあり、会社の状況や将来性を考えて転職にふみきる人も増えてきます。

また、家庭を持ったことで現職より収入の良い職場や休みの取れる職場に転職する人や、出産を機に退職して再就職する女性も多いでしょう。

転職者の割合が増えるだけでなく、回数も増える傾向にあります。

調査では、転職回数でもっとも多いのは1回(24%)、ついで2回(16%)でした。

30代では、1、2回が転職の平均回数といえます

転職回数が3回を超えると多い印象に

一定のスキルも専門知識もある30代の求職者は、即戦力を求める企業にとってもほしい人材です。

実績があれば、特に30代の前半までは転職も成功しやすいしょう。

ただし、これまでにすでに2回転職し今回が3回目になる、あるいはそれ以上になるケースでは注意が必要です。

腰を落ち着けて仕事に取り組むべき時期に簡単に職を変えてしまう人と判断される恐れがあります。

40代の転職回数の平均は

かつては「35歳転職限界説」がささやかれ、40代での転職は難しいと言われてきました。

しかし、現在では事情が変わりつつあります。

  • 40代の転職回数の平均は1-3回
  • 転職回数が4回を超えると多い印象に

40代の転職回数の平均は1-3回

40代は、キャリアを十分に積み管理職を務める人もでてくる年代です。

家族を養う立場の人も多く、職を変えることに慎重になる年代のように思えますが、実際には転職経験のある人の割合が増え、62%に達します。

転職回数も増え、3回程度であれば職を変えた経験があってもそれほど珍しくありません

4~5回という人も一定数存在します。

転職回数が4回を超えると多い印象に

40代での転職で重視されるのは、即戦力となり企業に貢献できる経験やスキルがあるかどうかです。

40代で転職経験が1~3回なら、キャリアや実績次第でそれほど気にしない企業も多いです。

それよりも、それぞれの職場で何を学び、どのようなスキルを磨いてきたかのほうが重視されます。

たとえば、管理職や特定の分野におけるスペシャリストとして複数の職場で働いてきたのであれば、高いスキルがあると判断され、むしろ高い評価が得られる可能性があります。

とはいえ、さすがに転職経験が4回以上となると多い印象を与えます。

選考でも厳しく追及される可能性があるため、「どうして転職を繰り返しているのか」をきちんと自分の言葉で述べられるよう、整理しておくことが大切です。

それぞれの会社での在籍期間が3年未満であったり、関連のないさまざまな業種を渡りあるいていたりする場合は、良い評価を得ることは難しいでしょう。

全体の転職回数の平均は

求職者全体で考えたとき、平均すると何回くらいの転職経験があるものでしょうか。

また、何回くらい転職を経験していると採用に影響を与えるのかも気になるところでしょう。

  • 採用者の転職回数の平均は3回程度
  • 転職回数が4回を超えると採用に影響する

採用者の転職回数の平均は3回程度

年代別に細かく見ると、20代では2回以上、30代では3回以上の転職経験があると、選考が厳しくなる傾向にあります。

とはいえ、年代にあまりこだわらない企業では、3回までならさほど重視しないことも多いです。

ただし、これは納得のいく転職理由があり、応募書類や面接できちんと伝えることが前提となります。

また、転職回数についての考えかたは企業や採用担当者によっても異なるものです。

あくまで目安と考えてください。

転職回数が4回を超えると採用に影響する

4回以上の転職経験があると採用に影響することが一般的です。

特に、20代の若年層では短期間で転職を繰り返していることになるため、選考が厳しくなる可能性は高いでしょう。

ただし、転職経験が4回以上あっても転職に成功している人もいます。

転職回数が多い人も、それだけで悲観することはありません。

納得のいく転職理由や、転職経験が多いことでどのような経験を得て成長したか、どのようなスキルを習得したかなどを選考できちんと伝えれば、採用に至ることも可能です。

転職回数が多い人が転職活動する時の注意点

日本では、もともとあまり転職をポジティブにとらえない風潮があります。

平均的な回数以上に転職を繰り返していると選考に響く可能性が高いため、いくつか注意が必要です。

ここでは、ライバルに勝ち抜き採用されるために注意すべき点について紹介しましょう。

  • 注意点1:転職回数が平均以上だと選考に響く
  • 注意点2:転職回数だけでなく在籍年数も確認対象になる
  • 注意点3:転職回数だけでなく退職理由も確認対象になる

注意点1:転職回数が平均以上だと選考に響く

転職したことはあっても、回数が平均に収まっていればそれほど気にする必要はありません。

しかし、平均より多い場合は、選考での見る目が厳しくなることは覚悟しておきましょう。

これは、「働いてもすぐに辞めるのではないか」「実務に必要なスキルが身についていないのでは」と思われてしまうからです。

企業は、採用活動そのものにも採用した後の教育にも大きな費用をかけています。

そのため、採用した人が自社に貢献できるレベルになるまえに辞められてしまうと困るのです。

そこで、転職回数が平均より多い求職者に対しては「どうして何度も転職したのか」を尋ね、理由を探ろうとします。

注意点2:転職回数だけでなく在籍年数も確認対象になる

転職回数以外に注意したいのが、在籍期間です。

仮に、30代で転職回数が2回であっても、各社の在籍期間がA社に2年、B社に1年、C社に1年といったケースであれば選考は厳しくなるでしょう。

これでは、年齢にふさわしい実務経験があるとは言いづらく、業務に必要なスキルや専門知識もきちんと身についていない可能性が高いからです。

また、「ひとつのところに長く勤められない人」との評価を下されてしまうでしょう。

一般的な目安としては、ひとつの企業に3~5年は就業することが望ましいです。

注意点3:転職回数だけでなく退職理由も確認対象になる

転職回数が平均よりも多くても、納得のいく転職理由があれば選考に影響しない可能性があります。

たとえば、企業の倒産が続いたなど、自分ではどうにもならないケースです。

「○○のキャリアを極めたく、勉強もしていたが、現職では無理だとわかったため転職を決断した」などのポジティブな理由も問題ないでしょう。

また、技術系やクリエィティブ系など専門性が高い職業の場合、キャリアアップやスキルの向上を目指して転職する人が多く、回数が多くてもあまり不利にならない傾向があります。

反対に、転職回数は1、2回というケースでもあいまいな理由しか話せなかったりネガティブだな内容だったりすると、選考を通るのは難しくなります。

転職回数が多い人が転職を成功させる方法

転職回数が3~4回以上と平均より多い人は、選考で不利になる可能性があります。

そこで、押さえておくべきを紹介します。

  • 方法1:転職回数や経歴について正しく伝える
  • 方法2:肯定的な転職理由を伝える
  • 方法3:即戦力で役立つスキルや実績を示す

方法1:転職回数や経歴について正しく伝える

転職回数が多いと悪い印象を与えるかもと心配になり、履歴書に記入するときや面接で聞かれたときに少なめに申告したほうがいいのではと考える人もいるでしょう。

しかし、これはしてはいけません。

虚偽の履歴書を提出して面接に進めたとしても、話しているうちに内容に齟齬がでて嘘が露見する可能性があるからです。

そうなると「大事な話をごまかす人間性」と判断されて、落とされてしまうでしょう。

無事に採用されたとしても、入社後には雇用保険の手続きのために被保険者証の提出が求められます。

年末調整のために前職の源泉徴収票を提出することも必要です。

これらから過去の経歴がわかりますので、面接で言っていたことと違うとしてもめる恐れがあります。

一瞬で信用を失ってしまいますし、会社によっては解雇などの処置をとる可能性も否定できません。

虚偽の申告はせず、誠実にまじめに答えることが大切です。

方法2:肯定的な転職理由を伝える

多くの面接官は、「どうして転職したのか」を重視します。

「倒産や業績悪化による解雇など本人の意思によらない転職だった」「キャリアアップのため」「自分のしたいことができる環境を目指したから」など納得のできるポジティブな内容であれば、選考で不利にはなりません

仮に、「なんとなく仕事が嫌で」「人間関係の悪化に嫌気がさしたから」などのネガティブな理由で転職を希望しているのだとしても、それをそのまま伝えないようにしましょう。

経歴に関して嘘をつくのはご法度ですが、転職理由に関してはすべて馬鹿正直に話す必要はないのです。

たとえば、「人間関係が悪く誰も信頼できなかった」が転職理由の場合、「私自身は周囲と協力して仕事を進めていくのが得意ですが、前職は個々で判断して動くことが多い環境でした。周りと連携して成果を上げたいと考え、転職しました」などと言い換えると、前向きなものとなります。

方法3:即戦力で役立つスキルや実績を示す

転職回数が多い人は、それだけ多くの環境で仕事をし、多様な経験をしてきています。

そこで身につけたスキルや視野の広さ、コミュニケーション能力の高さなどをアピールし、即戦力になれることを示すと良いでしょう。

何回も転職していれば、さまざまな業務を経験しスキルも習得しているはずです。

そのなかで、特に志望職種に役立つものにフォーカスしてアピールしましょう。

転職回数が多い人は平均回数と比較して対策を考えよう

何度か転職した経験があると、選考で不利になるかもしれないと心配になるものです。

しかし、3回までであれば企業もあまり問題にしない傾向にあります。

それよりも重視されるのは転職理由や在籍期間です。

面接では、経歴や転職回数はごまかさずに誠実に答え、前向きな転職理由を述べるようにしましょう。

平均よりも転職回数が多い場合も、それによって「どのように成長したか」「どのような実績を上げてきたか」を示すことで、内定を得ることは可能です。

おすすめの記事