転職の面接でグレー色のスーツはOK?転職の面接先に提出する履歴書の証明写真も大丈夫か紹介!

転職活動をするとき、グレーのスーツでも問題ないか悩んでいる人もいるでしょう。面接で大切なのはスーツの色よりもきちんと身だしなみを整えることです。なので、グレーでも問題はありません。

面接を受けるときの服装や髪型について、注意すべき点を説明します。

グレーのスーツしか無いけど転職活動は大丈夫?

転職活動をするにあたって、グレーのスーツでも問題ないか迷っている人もいるでしょう。

黒か紺のリクルートスーツを着ておけば間違いなかった新卒生の就活とは異なり、転職活動では自由にスーツを選べるだけにかえって悩むものです。

ここでは、グレーのスーツで転職活動をしても問題ないか、どのような点に注意すべきかなどについて説明します。

転職用スーツはグレーで問題ありません

新卒の就職活動では、紺か黒のリクルートスーツを着用することが一般的で、グレーやベージュはなるべく避けた方が良いと指導されることがあります。

これは、一般に「リクルートスーツは黒か紺」との認識が広まっているためです。ほとんどの就活生が紺や黒のスーツを着ているので、そのなかでグレーを着ると悪目立ちしてしまうでしょう。

もちろん、目立つこと自体は別に悪いことではありません。

とはいえ、グレーのスーツを着てひとりだけ浮いてしまうと企業の面接担当者の印象が悪くなったり、下手に注目を浴びることで緊張してうまく受け答えできなくなったりする可能性があります。

そのため、ただでさえ緊張しやすい就活の面接では、グレーは避けるのが無難なのです。しかし、転職活動では話は別です。

新卒の就活とは異なり、大人数が一斉に選考試験を受けるわけではないので、グレーのスーツを着たからといって目立つこともありません。

グレーのビジネススーツは特に珍しくなく、働く社会人でも着ている人はたくさんいます。

転職活動の面接では、ビジネスにふさわしい格好で臨むことが鉄則です。

きちんとしたビジネススーツを感じよく着こなしているのであれば、グレーであっても特に評価が下がる心配はありません

グレーは色味に幅のあるカラーです。明るいグレーもあれば、チャコールグレーなどのかなり落ち着いた濃い色のグレーもあります。

男性であまりカジュアルな印象になるのが気になるようであれば、暗めのグレーをチョイスすると良いでしょう。

女性の場合、軽快なイメージになるため、明るいグレーでも問題ありません。

転職用履歴書の証明写真のスーツもグレーで問題ナシ

転職活動で欠かせないのが、履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成です。

一般に、中途採用の選考ではまず書類選考が行われ、通過した求職者だけが一次面接に進めます。

中途採用では書類選考の段階で落とされて面接に進めないケースも少なくありません。

そのため、応募書類は面接官に「この人に会ってみたい」と思わせる内容になるよう作成する必要があります

記載内容も重要ですが、第一印象を決める証明写真も大切です。

決してスナップ写真を切り抜いて貼ったりプリントシール機で撮った写真を使ったりしないようにしましょう。

できれば、駅前や大型スーパーの店頭などに設置されているスピード写真機ではなく、写真館で撮影するのがおすすめです。

写真館であれば、時間的な余裕をもって撮影でき、ある程度修正したり明るい色味に調整したりすることもできます。

証明写真を撮影する際の服装は、私服ではいけません。

ビジネスにふさわしい格好で撮りましょう。

もちろん、グレーのスーツで問題ありません。

だらしなく見えないよう、髪型を整え、明るい表情を浮かべて撮りましょう。

転職活動はグレーのスーツでOK!それよりも重要なのは着こなし!

転職活動をするにあたっては、グレーのスーツで問題ありません。

それよりも大切なのは、良い印象を与えられるよう着こなしに注意することです。

ここでは、どのような点に注意すべきかについて解説します。

  • 身体にあったスーツを選ぶ
  • 男性であればネクタイをしっかり結ぶ
  • 女性であれば過度なメイクは避ける
  • インナーシャツの透けに注意する
  • 髪型で爽やかさをアピール
  • カバンと靴は黒に統一

身体にあったスーツを選ぶ

着こなすうえでもっとも大切なことの1つが、サイズのあったスーツを選ぶことです。

グレーのスーツがどれだけ仕立ての良い高級感あるものだったしても、サイズが合っていなければ洗練して見えません。

全体にだぶついていたり袖が長かったりすると、だらしない印象を与えてしまいます。

肩幅が合っていなくてぱつぱつになっていれば、窮屈でおかしいでしょう。

グレーのスーツを改めて購入するときは、必ず試着して合うかどうか試すことが大切です。

人によって体型が異なるため、身長やウエストのサイズ表記だけではフィットするものを選ぶことはできません。

上衣は、着たときに肩を反対の手の指で軽くつまめるくらいの余裕があるものがおすすめです。

肩の布をつまめないものは小さすぎ、だぶつくほどつまめる場合は大きすぎます。

着丈はお尻が軽く隠れるくらい、袖丈は机に手をついてみたときに手の甲に少しだけかぶるくらいの長さがベストです。

適性サイズがわからないときは、ショップのスタッフに相談すると良いでしょう。

男性であればネクタイをしっかりと結ぶ

男性は、きちんとネクタイを締めることも大切です。

ノットが締まっていないとだらしない印象を与えてしまうため、注意しましょう。

ネクタイの色は、スーツのグレーに合わせて派手になりすぎず暗くなりすぎないものを選びます。

ピンクや黒などは避けましょう。柄はストライプなどの目立たないものが無難です。

女性であれば過度なメイクは避ける

現職ではメイクをせず素顔で通している女性も、面接の際はマナーとしてきちんとメイクをしていきましょう。

メイクをしないのは、男性が無精ひげを生やしたままにするようなものです。

面接で良い印象を与えることはできません。

とはいえ、濃く派手なメイクも、ビジネスの場にふさわしくないため良くありません。

面接でのメイクは顔をかわいく華やかに見せるためのものではなく、マナーとして行うものですので、ナチュラルメイクを心がけましょう。

下地やファンデーションは、地肌に近い色味のものを選びます。

顔色を明るく見せようとしてワントーン上のカラーを選ぶと白浮きする可能性があるため、注意しましょう。

アイシャドウはラメ入りなどは避け、ブラウン系などにすると派手にならず落ち着いた印象を与えられるためおすすめです。

アイラインは、まつげとまつげの合間を埋めるように丁寧に描いていきます。

太くなると派手に見えるので、ごく細く入れましょう。

眉は丁寧に自然なアーチ型に整え、隙間を埋めるように描いていきます。

真っ黒にすると、濃くなりすぎて眉が浮いて見えることが多いので注意してください。

口紅でおすすめのカラーは落ち着いて見えるピンクベージュ系です。

ラメ入りやグロスなど、不自然につやつやと派手になるものは避けましょう。

うまくメイクすると明るく健康的で知的なイメージを与えることも可能です。

インナーシャツの透けに注意する

夏場の転職活動では、ジャケットをきちんと着ておくべきか、ノージャケットでも良いのか迷うところです。

基本的にはジャケットも必要と考えた方が良いでしょう。

ただし、あまりに汗をだらだら流した状態で面接を受けるのは考えものです。

清潔感がなく、悪い印象を与えてしまう恐れがあります。

そこで、移動中はジャケットを着ずに手に持ち、企業についてから玄関先で着ると良いでしょう。

早めについて汗がひいてから着るのがおすすめです。

企業によっては、面接官から「暑いでしょうから脱いでください」といわれることもあります。

このとき注意したいのが、ワイシャツからインナーシャツが透けて見えてしまうことです。

インナーシャツ自体は汗を吸ってくれるため、透けて見えにくい白無地のものを選んで着ましょう。

面接で着る予定のワイシャツやブラウスは、事前に1自宅で着て透け具合を確かめておくのがおすすめです。

髪型で爽やかさをアピール

髪が与える印象は意外に大きいものです。

寝ぐせのついたぼさぼさ頭で面接に臨めば清潔感もなく、「いい加減そう」「TPOに合わせた格好ができず、仕事を任せられそうにない」との印象を与えてしまいます。

すっきり爽やかにまとめてあれば「きちんとしている」と良い印象を与えられるでしょう。

そのため、面接に臨むときは髪はきれいに整えておくことが大切です。男性の場合、長髪は否定的な印象を持たれることが多いため、自然な短髪に切りそろえておきましょう。

寝ぐせがついたときは、きちんと直しておきます。

ワックスやフォームで整えるのは良いですが、あまりテカテカにならないよう注意が必要です。

女性の場合は、髪が長い場合は後ろでひとつにまとめます。あまり高い位置でまとめず、低めの位置でまとめたほうが落ち着いた印象になります。

前髪が目を隠すほど長いと、うっとうしく暗い印象を与えかねません。

短く切るか、ピンで留めるかしておきましょう。

カバンと靴は黒に統一

靴やカバンは黒にしましょう。グレーのスーツにも合い、ビジネスにもふさわしい落ち着いた色です。

靴は、男性は革靴、女性はパンプスを合わせると良いでしょう。

泥などで汚れていたり底がすり減っていたりすると台無しです。

面接前に、あまり傷んでいる靴は買い直し、磨いて手入れをしておきましょう。

靴は合っていないと靴擦れができたりするので、新しく購入したときは事前に外を歩いて慣らしておくことも大切です。

面接で好印象を与えるための5つのポイント

面接では、「こう聞かれたらなんて答えたら良いだろう」ということにばかり意識がいきがちです。

しかし、ぼそぼそとした話し方であったり落ち着きがなかったりすれば、たとえ回答の内容が素晴らしいものであっても面接官に良い印象を与えることはできません。

ここでは、好印象を与えるために気を付けたい5つのポイントを紹介します。

スーツの色がグレーかどうかということよりも大切なことですので、しっかり押さえておきましょう。

  • 質問には簡潔に答える
  • 面接官の目をしっかりと見ながら話す
  • 背筋はしっかりと伸ばす
  • ボディーランゲージもしっかりと使う
  • 面接会場に入る前には大きく深呼吸

質問には簡潔に答える

面接は限られた短い時間のなかで自分を効果的にアピールすることが大切です。

質問されたらだらだらと話すのではなく、要点を絞って簡潔に答えるようにしましょう。

答えるときは「まず結論を述べ、その理由を話し、まとめる」ことが望ましいです。

たとえば、「あなたの長所は何ですか」と問われたとしましょう。

これには「私の長所は、~~です。前職では~~を活かして○○に取り組み、××の結果を出すことができました。御社に採用いただけましたら、長所である~~を活かして貢献したいと考えております」のような流れで答えると良いでしょう。

答えるときは、聞き取りやすい大きさの声ではきはきと話すことも大切です。

面接官の目をしっかりと見ながら話す

どれだけ素晴らしい内容であっても、うつむいて面接官と目も合わせず、ぼそぼそと話してしまうと良く聞こえません。

面接中はまっすぐに顔を上げ、面接官の目をしっかりと見て話すようにしましょう。

こうすることで、誠実に答えている印象を与えられ、話にも説得力がでます。

緊張しやすく、相手の目を見れずに視線をあちこちに遊ばせる人がいますが、これは話を聞いていない印象を与えるため止めましょう。

ただし、じっと見つめ続けるのも不自然です。

適度に視線を外し、自然な表情で話すようにします。

背筋はしっかりと伸ばす

面接中は、姿勢も重要なポイントです。

たとえば、うつむき加減で背中を丸めた姿勢では覇気も感じられず、自信なさそうに見えるでしょう。

体をぐらぐらさせたり足をぶらぶらさせたりするのは落ち着きがなく、社会人としてふさわしい態度ではありません。

背筋をまっすぐに伸ばし、顔を上げて座りましょう。

姿勢が良いと自信がありそうに見え、話す内容にも説得力が生まれます

ボディーランゲージもしっかりと使う

面接官が話しているとき、ただあいまいな笑みを浮かべているだけでは、しっかり聞いているかどうかわかりません。

適度にうなづいたり、あいづちを打ったりすると良いでしょう。

自分が話すとき、大事なところで両手を広げる、手を合わせるといった自然な身振りが入るのも効果的です。

ただし、意図的にオーバーなアクションをとると嘘っぽくなりますので、無理に大げさな動きをつける必要はありません。

面接会場に入る前には大きく深呼吸

面接で過度に緊張してしまい、うまく対応できないとお悩みの方もいるでしょう。

緊張しやすい人は、面接会場に入る前に大きく深呼吸するのがおすすめです。

ゆったりと大きく息を吸い、意識してゆっくりと吐きましょう。

深呼吸にはリラックスさせる作用があり、気持ちを落ち着けることができます

転職用スーツの色はグレーでOK!それよりも着こなしにこだわる

転職活動をするときは、グレーのスーツでも問題はありません。

グレーには明るい色から遠くから見ると黒に見えるような暗い色までさまざまな種類があります。

新しくグレーのスーツを購入するのであれば、濃いめの落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。

面接で良い印象を与えるためには、スーツの色よりも身だしなみを整えることが大切です。

身体にフィットするスーツにし、髪はすっきりとまとめて清潔感のある格好をしましょう。

おすすめの記事