転職エージェントを退会する場合のメールの例文4選!件名や理由までも解説!

転職エージェントを退会する理由はさまざまあります。

例えば、転職活動を中止する時、現職を継続する時、内定が出た時、サービスに満足できない時などです。その時は、どうすればいいのか分からないことがあると思います。

そこで本記事では、転職エージェントを退会する場合のメールの仕方について解説していきます。

転職エージェントは退会したくなったらどうする?

転職エージェントは退会をする時は、どんな場合であっても必ず連絡しましょう。

もし連絡がなく、急に紹介メールに返信しなくなると、エージェントにとっては転職活動の意思がないのか、忙しくて返信ができていないのか分からない状態になってしまいます。

また、そのまま連絡がないままだと印象が悪くなってしまい、今後は求人を紹介してもらえなくなくなります。

退会後に再度サービスを利用できるようにするためにも、失礼のないよう退会時はエージェントへ必ず連絡を入れるようにしましょう。

転職エージェントを退会する時のメール例文4選

転職エージェントを退会する時はどのようにメールを送ればいいのか?

退会する時も、しっかりしたメールマナーを守って連絡することが大切です。

退会する時であっても、エージェントはユーザーからのメールの文章の書き方や言葉使いをしっかり見ています。

それは、ユーザーが企業の面接後にお礼のやりとりができる人なのかと、ビジネスマナーを持って対応できる人なのかを見定めているからです。

また、エージェントに対しても退会理由だけではなく、サポートをしてくれたことに対してのお礼も添えて送ることで印象はよくなります。

退会する時は、主に次の4つ理由があります。

  • 転職活動を中止する時
  • 現職を継続する時
  • 内定が出た時
  • サービスに満足できない時

一つずつ見ていきましょう。

①転職活動を中止する場合

希望の職業に就くためにも、キャリアを積んでから転職活動をしたい場合があります。

エージェントとしても、あなたが満足のいく企業へ転職することを望んでいるのでメールでしっかり伝えましょう。

メールの送り方については以下の例文を参考にしてください。

例文A

(例文)
件名:退会手続きの依頼△△(自身のフルネーム)
いつもお世話になっております。
△△(自身のフルネーム)でございます。転職活動を進めていくうちにここで転職活動を中止し、キャリアを積んでから再度転職活動をしたいと考えるようになりました。
そのため、大変心苦しいのですが◯◯エージェントを退会させていただきたく思います。
◯◯様には、親身になって対応していただいたこと感謝しています。
また、転職活動を再開するときには◯◯様に転職サポートをお願いしたいと考えております。
何卒、宜しくお願い申し上げます。
末筆ながら、◯◯様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。△△(自身のフルネーム)

②現職を継続する場合

転職活動をしている中で考え方が変わり、現在の職場で経験を積んでから再度転職活動を行いたい場合や、退職と予定の会社から待遇改善の提案があり、現職を継続したい場合があります。

この場合は、エージェントへその旨をしっかり伝え、転職情報の紹介が来てしまわないよう早めに退会のメールを入れる必要があります。

メールの送り方については以下の例文を参考にしてください。

例文B

(例文)
件名:退会手続きの依頼 △△(自身のフルネーム)
いつもお世話になっております。
△△(自身のフルネーム)でございます。
これまで◯◯様のサポートの元、転職活動を進めてきましたが、今一度自分自身のキャリアを考えたところ、一度現職に留まり経験を積んでから転職活動を行うことを決めました。
そのため、一度◯◯エージェントサービスを退会させていただきたく思います。
◯◯様には大変お世話になったのにも関わらず、転職活動を中止するこになってしまい大変申し訳ありません。
◯◯様には大変親身になってご相談に乗っていただいたことを感謝申し上げます。
末筆ながら、◯◯様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。△△(自身のフルネーム)

③内定が出た場合


転職エージェントを複数登録していて、他で内定が決まった時もエージェントに伝える必要があります。

エージェントも多くのユーザーが複数のエージェントを利用していることは認識しているので、正直に理由を伝えることが大切です。

メールの送り方については以下の例文を参考にしてください。

例文C

(例文)
件名:退会手続きの依頼△△(自身のフルネーム)
いつもお世話になっております。
△△(自身のフルネーム)でございます。
この度、他の別の転職エージェントで進めていた選考が進み内定が出たため、転職先が決まりましたことをご連絡いたします。
◯◯様には、転職活動時には大変お世話になりまして、本当に感謝しています。
直近、転職活動をする考えはございません。
そのため一旦、貴社のエージェントサービスを退会させてもらいたいのです。
◯◯様には大変お世話になったのにも関わらず、御社経由で転職することができなかったことを大変心苦しく感じております。
何卒、宜しくお願い申し上げます。
末筆ながら、◯◯様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。△△(自身のフルネーム)

④サービスに満足できない場合

エージェントも利用しているユーザーも人間同士なので、相性の問題で転職がうまくいかない時もあります。

例えば、希望に合わない案件ばかり紹介を受けたり、応募をしても不採用が続いてしまったりと、思うように転職活動が進まない場合です。

もちろん自身に原因があることもありますが、そもそもエージェントにやる気が感じられなかったり、転職サイトのサービス内容に不満を持つこともあります。

メールの送り方については以下の例文を参考にしてください。

例文D

(例文)
件名:退会手続きの依頼△△(自身のフルネーム)
いつもお世話になっております。
△△(自身のフルネーム)でございます。
これまで◯◯様のサポートの元、転職活動を進めてきましたが、希望に合う求人がないため、◯◯エージェントサービスを退会させて頂きたく思います。
◯◯様には大変お世話になったのにも関わらず、
転職活動を中止することを大変心苦しく感じております。
また、親身なってご相談にのっていただき、大変お世話になりました。感謝申し上げます。
何卒ご理解いただけるようよろしくお願い申し上げます。
末筆ながら、◯◯様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。△△(自身のフルネーム)

転職エージェントを退会するのにNGの3つのタイミング

退会するのがNGなタイミングとは、どういった時なのか。

それは企業やエージェントに迷惑がかかってしまうタイミングです。

迷惑が掛かってしまうと、悪い印象を与えてしまうので転職活動に影響が出てしまいます。

NGなタイミングは次の4つです。

  • 企業へ応募してしまった後のタイミング
  • 企業面接を控えているタイミング
  • 内定が決定するか否かのタイミング

一つずつ解説していきます。

1.企業へ応募してしまった後のタイミング

企業へ応募した後は、エージェントが企業へ応募者の情報の書類提出や、書類選考に通過した後の面接日のやりとりをしています。

もし途中で退会してしまうと、企業からすると曖昧な気持ちで受けていたと感じられ応募者の印象は悪くなるのはもちろん、転職エージェントもそういった人の応募を許したことになるので悪い印象を与えてしまいます。

それによって求人会社と転職エージェントの関係が悪化してしまい信用に傷がついてしまうことになります。

連絡もなく勝手に退会をしてしまうと、転職エージェントのサービスの利用ができなくなることもあるので注意しましょう。

2.企業面接を控えているタイミング

企業の採用担当者は、前もって応募者の情報を確認したり、応募者が希望した面接日の予定を空けています。

そのタイミングで退会すると、面接をする人の仕事に支障が出てしまい迷惑が掛かってしまいます。

面接日の前に内定が決まった場合や個人的な都合で退会する場合は、企業やエージェントにも迷惑を掛けてしまっているので、退会理由も添えて丁寧なメールで連絡を入れましょう。

3.内定が決定するか否かのタイミング

面接後に企業は内定の合否を決めています。

面接での姿勢や人間性、能力などを総合的に評価した後に、応募者が企業へ活躍する人材なのか審査をしているので、そのタイミングで退会をすると企業内では面接担当者以外にも迷惑がかかってしまいます。

この場合も、わざわざ時間を割いて面接をして頂いた企業へ迷惑を掛けてしまっているので、丁寧な文章で早めに連絡を入れるようにしましょう。

転職エージェントを退会する時の3つの注意点

転職エージェントを利用している途中で、状況や考え方が変わることがあります。

もちろん、エージェントもそういった方から連絡がくることは幾度と経験しているので親身になって相談を受けてくれます。

しかし、嘘ついたり、無視や放置をすると失礼になるので、どんな理由であっても必ず連絡することが大切です。

サービス停止にならないよう注意すべき点について3つ紹介します。

  • 退会理由について嘘をつかない
  • タイミングが悪くても事情をきっちり説明する
  • 内定辞退には明確な理由が必要である

一つずつ説明していきます。

注意点1:退会理由について嘘をつかない

今後、転職エージェントのサービスを利用しないからといって、紹介メールの遮断や早くエージェントとの連絡を絶つために、「次の会社が決まりました」と嘘をついてしまう人もいます。

しかし、エージェントはそういったユーザーとのやりとりも経験もしてるので、タイミングに違和感があったり、応募者とのやりとりに少しでも違和感があるとすぐに見抜きます。

もし嘘が発覚してしまった時は信用を失ってしまい、そういった人をエージェントは企業へ送りたくないので、またサービスの利用するために再度登録しようとしても過去の情報を参考に断られる可能性もあります。

どんな理由であっても誠意を持って伝えることができれば問題はありませんので、正直に伝えましょう。

注意点2:タイミングが悪くても事情をきっちり説明する

誰しも予想していなかった事情ができてしまい、どうしても予定を変更せざるを得ないことはあります。

面接日が決まっている時に、急に退会するのは企業にとってもエージェントにとっても迷惑がかかってしまい失礼なことになりますが、理由が明確で、事情をきっちり説明できれば、悪い印象を持たれることはありません。

逆に、そういった場合であってもきちんとした対応ができる人なのかをエージェントは見ています。

タイミングが悪い時はなるべく早めに連絡を入れるようにしましょう。

注意点3:内定辞退には明確な理由が必要である

内定の段階まで、企業とエージェントは多くの時間を使っています。

企業が面接をする立場なのに、内定の決定後に応募者から辞退があると、面接担当者に不快感を与えてしまいます。

もちろん、企業やエージェントにも迷惑が掛かってしまうので、勝手な都合ではなく明確な理由が必要です。

辞退の理由は明確にし、失礼のないような文章で連絡をしましょう。

転職エージェントを退会する時は理由をきっちり説明しよう


転職エージェントを利用しなくなった時に退会することはいつでもできます。

また、利用途中で退会しても違約金などは発生しないので安心して利用できます。

ただ、無料で利用できるからといってマナーを守らないで利用していると、印象を悪くしてしまうと共に、エージェントにとっては企業へ紹介したくない人として判断されてしまいます。

また、タイミングが悪いと、企業やエージェントに迷惑が掛かってしまうので要注意です。

一度退会して数年後にもう一度転職活動で使いたい場合は、再登録が必要です。

再びサービスを利用する時は気持ちよく利用できるよう、エージェントに迷惑をかけることなく、退会する時には、今までお世話になったエージェントへお礼の文章を添えてメールを送ると良いでしょう。

電話が1番伝わるので、担当のキャリアアドバイザーと時間の都合を合わせて、言葉でお礼をいいましょう!

おすすめの記事