20代で転職4回目だけど内定は取れる?4回目の転職での注意点や成功させる3つの方法を紹介!

20代で転職を繰り返していると、転職活動が難しいと感じてしまうでしょう。転職回数が多いと応募先の企業に良い印象を与えません。

ただ、いくつかのポイントに注意すると、4回目でも転職を成功させることが可能です。今回は、20代で4回目の転職の方法を紹介します。

20代で転職が4回目だけど内定はとれる?

20代で4回目の転職になると、企業は転職回数が多いと感じてしまうでしょう。しかしながら、20代で4回目の転職でも、内定は取れます。

ただし、初めての人と同じ方法では、転職は成功しないでしょう。若いうちから転職を繰り返してきた人には、ポイントをおさえた転職活動が重要です。

20代で転職が4回目なら注意した方がいいこと

20代で4回目の転職に挑戦する人は次の2つのポイントについてしっかりと考えることが大切です。

  • 企業から見て転職回数が多い人はどう見える?
  • 安易な転職回数の繰り返しは選択肢をせばめる

企業から見て転職回数が多い人はどう見える?

転職回数をそれほど重要視していない企業もありますが、一般的に20代で転職回数が4回目になると、1つの会社の在籍期間が短いと感じられてしまいます。そのため、腰を据えて仕事に取り組まない人物だと判断されてしまうことがあるでしょう。

採用をしてもすぐにやめてしまうのではないか、少しでもうまくいかないことあれば逃げ出してしまうのではと感じられてしまうケースもみられます。

ただし、企業によっては4回目であっても転職回数をまったく気にしないところもあるのです。

安易な転職回数の繰り返しは選択肢をせばめる

若いうちから何度も転職を繰り返していると、それぞれの業務経験が浅くなります。経験が足りないと判断されることも多いため、キャリアとして考えてもらえることが少ないでしょう。

転職回数が多いという理由で応募書類さえ見てもらえない場合には、自身のスキルが活かせず、希望する職種に就きにくくなります。4回目にもなると書類選考を通るのが難しくなり、選択肢がせばまってしまうため、安易な考えで転職をするのはおすすめできません。

20代で転職が4回目でも就活を成功させる方法

20代で4回目の転職では、書類や面接で悪いイメージを与えないように気をつけ、自分の魅力をしっかりと伝えることが大切です。そのため、次のポイントに気を付けるのがよいでしょう。

  • 転職回数の多い人のための職務経歴書の書き方
  • 転職回数の多さが不利にならない履歴書の書き方
  • 面接での質問への答え方

転職回数の多い人のための職務経歴書の書き方

転職が4回目になると、当然、経歴が多くなります。これまでの経歴に一貫性みられない場合には、やりがいを持って仕事をいてこなかったと判断されてしまう可能性があるでしょう。

そのため、異なる職種に就いていた場合でもそれぞれの共通点を見つけ出し、キャリアに一貫性を持たせることが大切です。

さらに、共通点と自分が仕事をするうえで大切にしていることを結び付けて表現すると、良い印象を与えます。また、前職からの転職理由をポジティブに記載することでも、好印象につながるでしょう。

これまでの職場で身につけたスキルも洗い出し、応募先の企業でどのように活かせるかもしっかりと伝えておく必要があります。これらをコンパクトにまとめると読みやすい職務経歴書となるのです。

転職回数の多さが不利にならない履歴書の書き方

転職が多い場合の履歴書では、これまでの経験がどのように活かせるのかをしっかりとアピールすることが重要です。同じ職種での転職を繰り返している人は、スキルの高さを強調しましょう。違う職種で転職をしてきた人は、さまざまな分野に対応できる幅広い視点を伝えるのがベターです。

さらに、どのようなポリシーを持って転職をしてきたかを表現することも大切だといえます。

また、4回目の転職だからといって転職回数を減らして記入するのは経歴詐称にあたりますので、正しく書いておきましょう。応募先企業で自分がどのような活躍ができるのか、活かるスキルは何かといった熱意が込められた履歴書が作成できると、4回目の転職でも高評価が得られます。

面接での質問への答え方

面接では、転職回数の多さに対する質問をされることがあるでしょう。4回目の転職の場合には仕事への忍耐力がないといった印象を持たれてしまうことがあります。

しかし、自分の能力を高めるために必要であり、ステップアップを図ることを目的としているなど、転職の具体的な意図を伝えると好印象を与えます。

また、応募した企業や仕事内容にどのような魅力を感じたのかについて聞かれた場合には、魅力的な点を挙げるだけでなく、なぜ自分には魅力的に映ったのかというポイントも押さえるのがおすすめです。

さらに、採用されると、どのような仕事をしていきたいのかといった将来的なビジョンも交えてアピールするようにしましょう。

20代で転職が4回目でも役立つおすすめエージェント

転職エージェントを利用すると、転職に関するさまざまなサポートが受けられます。したがって、転職活動が優位に進められるでしょう。

しかし、20代で4回目の転職の場合には、転職回数が多い転職希望者を得意としているエージェントを利用する必要があります。

20代で4回目の転職の場合におすすめの転職エージェントは次の3つです。

会社名 求人数
doda 約10万件
マイナビ転職 約1万4000件
リクルートエージェント 非公開求人20万件以上

doda

大手転職エージェントの1つであるdodaには、10万件以上の求人があります。求人が多いため、自分が求める仕事が見つかりやすいでしょう。

経験豊富なキャリアアドバイザーのサポートが受けられることから、20代で4回目の転職でも不安がありません。求人検索会や、転職フェアなども開催されていますので、積極的に転職活動をしたい人にぴったりでしょう。

求人の質 ★★★★★
求人の量 ★★★★★
サポート力 ★★★★★
提案力 ★★★★
得意分野 なし

dodaの公式サイト

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職の求人数はそれほど多くありませんが、未経験からでも応募できる求人が多いため、20代で4回目の転職でも安心です。未公開求人も多いことから、ほかのエージェントでは見つからない求人にも応募できるのが魅力でしょう。

地方にも支社があり、地方在住の人やUターン求人にも強いのが魅力です。

求人の質 ★★★★
求人の量 ★★★
サポート力 ★★★★★
提案力 ★★★★
得意分野 なし

マイナビ転職の公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手といわれるリクルートエージェントは、圧倒的な求人の量が魅力です。未経験や第二新卒向けの求人も多いことから、新しい分野でもチャレンジしやすいといえるでしょう。求人の質も高く、4回目の転職でも安心して転職活動ができます。

また、大手の強みを活かし、企業との交渉もしっかりと行ってくれると評判です。そのほかにも、豊富な実績を基にした面接対策なども充実していますので、20代で4回目の転職でもしっかりとした下準備をして面接にのぞめます。

求人の質 ★★★★★
求人の量 ★★★★★
サポート力 ★★★★★
提案力 ★★★★★
得意分野 なし

リクルートエージェントの公式サイト

20代で転職が4回目だからこそ必要な準備作業

20代で何度も転職を繰り返し、4回目の転職にチャレンジするときには、それなりの準備が必要です。あらかじめ準備ができてきると、面接でも困ることがありません。

そのため、しっかりと自分と向き合い、確実に準備をしておきましょう。20代で転職が4回目だからこそ必要とされる準備は次の通りです。

  • 転職理由を明確にし、ポジティブにアピールする
  • 複数回の転職で得たスキルや実績をリスト化する
  • 自分のセールスポイントと今回の転職への意欲を語れるようにする
  • 転職回数を偽ることなく前向きな動機として説明できるようにする

転職理由を明確にし、ポジティブにアピールする

面接では転職理由を聞かれることが多いでしょう。転職理由はマイナスポイントになりやすいことから、言いたくないという人もたくさんいます。さらに、4回目の転職ともなると、言いづらいケースもめずらしくありません。

しかし、どれだけ転職回数が多くても、明確な転職理由が伝えられると好印象を与えられます。

転職理由には一貫性があり、自分のスキルアップのための転職であるを示すのが良いでしょう。そうすることで、企業にとって有益な人材として判断される可能性が高くなります。

また、会社が倒産したことや出産などのやむ終えない理由の場合にも正直に説明しましょう。

複数回の転職で得たスキルや実績をリスト化する

 

20代で転職が4回目になると、それまでの職場でさまざまなスキルや実績を得たという人も多いでしょう。これらのスキルや実績は、リストとして書き出し、明確にしておきます。

これまでの自分が身につけてきたことが明らかになっていると、急な質問でも自信を持った対応が可能です。

企業は、これまでの転職で得たスキルなどを自分の言葉で話せる人を求めています。そのため、リストをもとに自分の言葉に置き換え、心を込めて伝えられるようにしておきましょう。

自分のセールスポイントと今回の転職への意欲を語れるようにする

20代で4回目の転職を成功させるには、自分のセールスポイントが重要です。今できることやこれからやりたいことを具体的に伝え、応募する企業が求めるポジションにおいて、いかに活躍できるかをアピールしましょう。

20代で4回目の転職をマイナスに取られないためには、これからの仕事への熱意や意欲を十分に伝えることが大切なのです。

また、コミュニケーション能力の高さを伝えるのもよいでしょう。上司やチームのメンバー、クライアントと円滑な関係が築けることを主張すると、企業にとって必要な人材であると判断してもらいやすくなります。

転職回数を偽ることなく前向きな動機として説明できるようにする

20代で4回目の転職となると、転職活動では引け目を感じてしまうこともあります。しかし。面接担当者から転職回数について質問された場合には、正直に伝えるのがよいでしょう。

ただし、「4回目です」と端的に答えるのはおすすめしません。正直に回数を伝えた後、自分の転職への目的意識の高さもしっかりと伝えることが大切です。

そのうえで、4回目の転職は必然的であったことをアピールしましょう。そうすることで、成長やキャリアアップのための転職だと伝わり、面接官を納得させられる可能性が高くなります。

20代で転職が4回目でも工夫次第で内定が取れる方法はある

20代で転職が4回目の場合には、転職回数が多いことをマイナスに取られてしまわないように注意します。転職回数は正直に伝え、自分にとって意味のある転職をしてきたことをアピールしましょう。

また、転職理由を話すときには、仕事への熱意ややる気も加えておくと、好印象を与えます。さらに、20代で4回目の転職でも、転職エージェントを利用するとスムーズです。

今回紹介した方法を参考に、4回目の転職を成功へと導きましょう!

おすすめの記事