28歳の未経験への転職は可能?失敗しない4つのコツとアピールポイントなどを紹介!

年齢別

28歳は社会人として成長をしていることが多いですが、将来について考え始める人が多い年齢です。

10代や20代で決めた仕事を定年まで続ける人はいるものの、28歳頃は今の仕事とはまた違った仕事をしてみたいという意欲が湧きやすい年頃でもあります。

未経験の職業への転職は不安を抱きやすいですが、実際に28歳での未経験職業への転職が可能か、転職する場合の失敗しないコツや未経験職への転職事情についてご紹介します。

28歳の未経験への転職は可能?それとも厳しい?

いきなり質問になりますが、皆さんは28歳で経験したことがない職業への転職をすると考えた場合、転職しやすいと思いますか?転職しにくいと思いますか?

多くの人が28歳での未経験職への転職は難しいとイメージするのではないでしょうか。

実際に転職自体が歳を重ねるほど難しいというイメージが社会全体で回っています。

しかし、28歳で未経験職への転職を考える人はかなり多く、未経験職への転職が可能なのか不安に感じている人はたくさんいます

未経験職への転職事情や、どのようにしたら転職が成功するのか調べる人が多いので、28歳の未経験職への転職について焦点を絞って解説していきます。

28歳で未経験への転職事情について

転職事情はもちろん時代の状況や景気によって大きく変動しやすいのですが、転職を考える場合はまず、周りの状況をリサーチした上で対策を考え、行動することが重要です。

年齢ごとによって転職のできやすさも大きく変わるので、28歳は未経験職への転職はしやすい年齢なのか、転職事情についてまずは迫っていきます。

未経験への転職が可能な職種

最初に意識していただきたいのが未経験者からの転職も受け入れてもらいやすい職種と、受け入れてもらいにくい職種が存在します。

わかりやすく例えると、銀行員や弁護士などの職種はどうしても高度で専門的な知識などが必要で未経験者は歓迎されにくいです。

しかし、営業職や飲食業といったサービス業は常に人手不足になっているような状況が多い上に、自分の努力次第ではスキルなどが身に付きやすいため未経験者であっても受け入れてもらいやすいといえます。

自身がどうしても仕事をしてみたい職業が専門職の場合は資格の取得や知識の習得が必要で、しっかりとした入念な準備が必要です。

営業職やサービス業など未経験者でも受け入れてもらいやすい職業は、逆に入念な準備は必要ないにしても、転職後の努力がかなり必要になります。

30歳を越えると厳しくなる

さらに28歳の人に意識していただきたいのが「30歳」までのタイムリミットです。

もちろん30歳を過ぎても未経験職への転職は可能ですが、未経験者歓迎の職業などは将来性を見込んで30歳未満の人を募集していることが多くなっています

書類選考の段階で「合格できる」のと「合格できない」のでは転職先の選択肢が大きく異なるので、30歳までにはできるだけ転職できるように行動してください。

給与が下がる

28歳から未経験職への転職では、給料面は下がる可能性が高いです。

もちろん以前の転職先や次の就職先の状況によって上がる場合もありますが、学校卒業後に28歳まで同じ会社で頑張っている人は役職がついたり、基礎給料が上昇したりしている場合が多いです。

しかし、未経験職への転職の場合はまた1から経験を積みなおすという状況になるため、給料面は下がる場合がほとんどになります。

28歳での未経験の転職で失敗しない4つのコツ

  • 転職エージェントを活用する
  • 転職すると決めたら即行動する
  • 社会人としての基礎力が必要
  • ポータブルスキルをつけておく

28歳の人が未経験職への転職を視野に入れている場合におさえていただきたい、失敗しないコツが大きく分けて4点存在します。

次はこの失敗しないためのおすすめのコツについて解説していきますので、転職を検討している人は参考にしてください。

転職エージェントを活用する

未経験職への転職を有利に進めるためにもまずは「転職エージェント」を利用するようにしてください。

転職エージェントとは、転職をしたいと考えている人をサポートしてくれるサービスです。

28歳での転職を検討する人は多いのですが、28歳は転職エージェントでも人気が高い年齢になります。

有利に転職を進めることが可能なので、率先して転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職すると決めたら即行動する

未経験職への転職で失敗しないために転職エージェントの活用を決めたら、次は率先して行動をするようにしてください。

行動力はとても大切で、いつか自分にぴったりあう職業が見つかるかもと油断をしているとその気持ちの緩みからズルズルと転職できるタイミングを逃してしまう可能性が高いです。

28歳で未経験職への転職を検討する人も多いのですが、28歳以外の人も考えている人が多いので、油断をせずに行動をしていきましょう。

社会人としての基礎力が必要

率先して行動したからといって転職がすぐに決まるというものではないのですが、転職先が決まっていない間もチャンスタイムとして捉えてください。

というのも、転職先が決まっていない間は社会人に必要な「基礎力」を勉強にすることが可能です。

基礎力は常識力とも言い換えることができますが、社会人らしい立ち振る舞いができる人は転職後も仕事場の人に受け入れられやすいといえます。

転職先が決まっていなくても常識力も勉強していくようにするのがおすすめです。

ポータブルスキルをつけておく

社会人としての基礎力を身に着けることも大切ですが、28歳で未経験職への転職を考えている場合に併せて行っていただきたいのが「ポータブルスキルの習得」です。

ポータブルスキルは持ち運びができるスキルのことを指し、わかりやすく例えると「提案力」や「マネージメント能力」などのどの職種でも役立ちやすいスキルが挙げられます。

ポータブルスキル力が高い人は、やる気がある上に仕事で活躍してくれるような人物として判断されやすいため、28歳の未経験職への転職でも有利に就職できやすいです。

28歳の未経験への転職のアピールのコツ

  • 指導力を伝える
  • とにかく成長意欲とポテンシャルを伝える
  • 社会人経験を伝える
  • これまでの実務経験を伝える

28歳での未経験職の転職で失敗しない4つのコツについてご紹介しましたが、転職をしたいときには面接時にアピールすることも大切です。

アピールをするのにもコツが存在するので、次は面接時に活躍してくれるアピールのコツをご紹介していきます。

指導力を伝える

28歳まで仕事を続けている人は役職がついている場合も多いのですが、後輩や部下に指導をしたことがある人は指導力があることもアピールしましょう

もちろん指導力をアピールするにしても、具体的に「どのようなことを考えたうえでどう指導したのか」、「結果どうなったのか」などを説明するようにしてください。

具体的な指導力のアピールは自分を雇ってもらえた場合のイメージを掴んでもらいやすいです。

ただし、指導力のアピールでも「嘘をついている場合はバレやすい」うえに、「内容がまとまっていない説明」、「自分本位な指導」だった場合は逆効果になります。

とにかく成長意欲とポテンシャルを伝える

指導力のアピールの他にも成長意欲やポテンシャルを伝えることもおすすめです。

中途採用を考えている企業は、28歳の未経験職からの転職でも即戦力になってくれる人物なのか探っています

成長意欲や自身のポテンシャルを伝えることでも将来性を検討してもらうことができやすいので、しっかりと成長意欲やポテンシャルを伝えてください。

社会人経験を伝える

社会人経験も面接時にアピールをするのもおすすめです。

社会人として仕事以外にも何をしてきたのかを説明すると、自分自身がどのような人物なのか知ってもらうことがさらにできやすくなります

社会人経験も重要なので、自己分析を一度してからアピールする内容に盛り込んでみましょう。

これまでの実務経験を伝える

面接で自分をアピールするときに最も重要なのが「これまでの実務経験を伝える」という点です。

実務経験を具体的かつ簡潔に伝えることができると、仕事ができるというイメージを相手企業側に与えることができます。

実務経験は自分が今まで仕事を頑張ってきたことの集大成で、自分を売り出す最大のアピールポイントです。

未経験職への転職だからこそ重要視されることが多いので、これまでの実務経験をしっかりと伝えることができるように自己分析を行うのがおすすめになります。

28歳から未経験へのおすすめの転職エージェント3選!

  • doda
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア

28歳の未経験職への転職で意識していただきたいポイントなどをご紹介しましたが、最後は多くの人におすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントは近年では多く存在し、それぞれの転職エージェントごとに魅力が異なります

28歳での未経験職への転職を成功させたい人は参考にしてください。

doda

  • 出回っていない非公表の求人募集もあり
  • 履歴書や職務経歴書の書き方もしっかりとサポート
  • フォローアップも充実

doda(デューダ)は転職エージェントの中でもかなり有名で、多くの人が利用しています。

ハローワークなどでは見ることができない非公表の求人募集も知ることが可能な上に、転職時に重要になる履歴書や職務経歴書の書き方もサポートしてくれます。

さらに就職後のフォローアップもしっかりとしているので、就職後の不安についても親身になってサポートしてくれる転職エージェントです。

転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト
転職なら、【doda(デューダ)】。「大手・優良企&#...

マイナビエージェント

  • 書類添削・模擬面接が可能
  • 未経験職への転職も丁寧にアドバイス
  • 専門職などの非公開求人数が多い

マイナビエージェントも転職エージェントの中では知名度が高いです。

非公開の求人所有数も好評ですが、未経験職への転職でも丁寧にアドバイスをしてくれるので、安心しながら転職に挑むことができます。

28歳での未経験職への転職を検討している人が利用することが多く、模擬面接なども可能なので、サポートが充実しています。

転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト
マイナビエージェントはあなたの転職活動をサポートする転職エージェントです。完全無料であなたの希望に沿った求人をご紹介。「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」の実績と、マイナビグループが誇る豊かな求人情報であなたの転職を全力で支援します。

パソナキャリア

  • 丁寧に転職希望者をサポート
  • スタッフによる対応差などはほぼない
  • 女性の転職にも向いている求人募集も豊富

パソナキャリアはマイナビエージェントやdodaと比べると知名度が低い転職エージェントになります。

しかし、パソナキャリアはしっかりとしている転職エージェントで、丁寧にサポートしてくれる点から登録者が急増しています

徹底したスタッフ教育をしているため、スタッフによる対応差がない上に、女性の転職時にも向いている求人募集も豊富に揃っている転職エージェントです。

【パソナキャリア】転職エージェントが支援する転職・求人情報サイト
パソナキャリアは業界トップクラスの取引企業【16,000社】の求人情報を扱う転職エージェントです。高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職成功までを支援します。

28歳からの未経験への転職は熱意とポテンシャルが大事

28歳での未経験職への転職を検討している場合は、熱意やポテンシャルがかなり重要です。

他にも自分がどの職業に転職したいのか、自分はどのような魅力があるのかなどをリサーチしてから準備をすると未経験職への転職も成功しやすいといえます。

転職後にも努力をすることが必要ですが、転職を成功させるためにも入念な準備はしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました