52歳の転職ってどうなの?年収相場は?52歳の転職事情と失敗しないための7つのコツ!

52歳の転職には、様々な事情があるものです。

親の介護や老後の貯蓄問題などで、ジョブチェンジを余儀なくされることもあるでしょう。

しかし、50代にもなった自分に今更転職は難しいのでは、と思いがちで悩んでいる方も多いはずです。

こちらの記事では、52歳の転職事情と、失敗しないためのコツもご紹介します。

52歳転職は厳しいが不可能ではない

前提として、52歳の転職活動は厳しいと言えます。

チャレンジできる求人が数少なく、その上選考の通過率も低くなってしまいます。

中には、100社以上エントリーしても書類選考の合格がたったの数社、といったように大変な苦労をしている方も多くいます。

52歳の転職は、若い世代に比べると難易度が高く、簡単なものではありません。

活動中は憂き目に遭うかも知れませんが、結果的に転職することは不可能なことではありません。

52歳の転職事情は?待遇や給料をチェック

52歳が転職をする場合、一体どのような部分が厳しいのでしょうか?

ここからは、52歳が転職市場で受ける待遇や、転職後の年収事情について具体的にご紹介します

  • 50代になると転職の条件は一気に厳しくなる
  • 残念ながら給料は下がるのが一般的

・50代になると転職の条件は一気に厳しくなる

52歳の転職は、40代と比べても大変難易度が高いものです。

企業から見ると40代の人材は、50代の転職者と比べると定年までに時間的な猶予がある上、ベテランレベルの即戦力として迎えられるので十分採用ターゲットとなり得ます。

一方で、50代の人材は定年までのタイムリミットが短く、採用してもまたすぐに退職してしまいます。

それがネックとなって、応募できる求人数はグッと減ってしまい、一気に転職が厳しくなります。

やっとのことで求人が見つかったとしても、書類選考や面接を突破することが難しくなってしまい、転職活動にかかる時間が長くなって厳しさを感じてしまうでしょう。

・残念ながら給料は下がるのが一般的

52歳の人材は残念なことに転職後は給与が下がってしまうケースが圧倒的に多いです。

50代の転職で年収を上げられる人は、専門的な高いスキルがあったり、特別な資格を持っているほんの一握りの希少人材と言えるでしょう。

52歳の平均年収は、男女合わせた統計で600万円前後とされていますが、転職後もこの金額をキープすることは難しいのが一般的です。

現年収が600万円台の方であっても、転職後の年収は良くても500万円台と、100万円以上も年収を下げて転職する人がほとんどです。

また、雇用形態や役職によっては、350万円〜400万円程と一気に数百万単位でダウンしてしまうケースもあり、50代は慎重に転職活動を進めていく必要があります。

52歳転職を成功させる7つのコツ

52歳の人材は、若手に比べると転職成功の確率が低いので、慎重になって転職活動を進める必要があります。

52歳で転職に失敗してしまわないためには、一体どんなとことに気をつけて活動すればよいでしょうか?

ここからは、52歳が転職活動を成功させるためのコツをご紹介していきます。

  • 人生観や現実的に必要なお金などトータルで考える
  • これまでの経験やスキルを棚卸する
  • 転職がなかなか決まらないのは当たり前だと理解する
  • 転職エージェントを上手に使う
  • 仕事内容や条件にこだわり過ぎない
  • 自分の市場価値を冷静に判断する
  • 転職先が見つかるまでは今の仕事を続ける

・人生観や現実的に必要なお金などトータルで考える

52歳が転職先を選ぶにあたり、現実的な問題と自分の価値観などを総合的に考えることが大変重要です

50代は今後の老後生活においての資金や、体力的な部分において現実を考慮しなければならない事項がたくさんあります。

また、これまでの長いキャリアで築いてきたプライドや人生観も尊重したいことと思います。

全ての条件をベストに叶えることは不可能ですが、下げられる条件は譲歩して求人の幅を広げながらも、現実的に考えて妥協が厳しいラインは死守するなど、全てを総合的に考えて活動をする必要があります。

・これまでの経験やスキルを棚卸する

52歳が採用決定に至るには、大前提として即戦力である必要があります。

中には、若手が持ち合わせていないようなマネジメント経験や豊かな人脈を、ベテラン人材に期待している企業もあります。

52歳の人材は、これまでとても多くの経験をされてきたので、キャリアの中にはたくさんの強みが詰まっています。

長きに渡る経歴の中に、自分自身でも忘れてしまっている仕事はありませんか?

これまで培った全ての経験を棚卸しして、企業に貢献できるアピールポイントを一つでも多く見つけ出しましょう。

・転職がなかなか決まらないのは当たり前だと理解する

若手層のニーズが高い転職市場において、52歳の人材が転職に苦戦することは当たり前のことです

そのため、書類選考でも面接でも、とにかく不採用の結果が続くのは当然のことなのです。

不合格の通知ばかりを受け取り続けると、どうしてもショックを受けて心が挫けてしまいがちですが、それでもめげずに挑戦をし続けましょう。

途中で諦めてしまうと、絶対にいい結果にはなりません。

納得が行くまで行動し続け、何十社とトライし続けましょう。

・転職エージェントを上手に使う

52歳が応募できる求人は数少なく、自力で雇用を探すのに限界があるため、50代の転職こそ、ベテラン層支援に特化した転職エージェントの利用をお勧めします。

転職エージェントに登録すると、アドバイザーに自分の希望を伝えた上で、チャレンジできる求人をピンポイントで紹介してもらえたり、面接の対策や経歴書の添削などといった選考通過のコツをサポートしてもらえます。

また、エージェントによって担当している案件が異なるので、複数のエージェントに登録をし、応募できる求人の選択肢を増やした方がいいでしょう。

職探しにはハローワークを利用するという手段もありますが、扱う求人の仕事内容や雇用形態に偏りがあるので、50代の転職にはあまりお勧めできません。

転職について1人で思い詰めてしまうと心が辛くなってしまいますが、プロのアドバイザーがついていれば不安も小さくなるでしょう。

・自分の市場価値を冷静に判断する

52歳の人材は、これまでの長い社会人生活において、色々な経験を積み重ねてきたことでしょう。

現職での立場や年収が高いことや、過去の成功体験などから、ついつい自分なら大丈夫だろうと過信してしまいがちです。

確かに豊富な人生経験は武器にはなりますが、転職市場において長きに渡り活躍が期待できる若手人材には、どうしてもかなわないでしょう。

自分の市場価値を冷静に見つめ直し、今の自分に対するニーズを理解する必要があります。

そのためには、エージェントサービスに登録して第三者としての意見をもらったり、転職サイトに登録してみて、どんなスカウトがどれくらい来るのかを測るのもいいでしょう。

・仕事内容や条件にこだわり過ぎない

前提として、52歳の転職は厳しく、挑戦できる求人の数が少ないです。

ただでさえ選択肢が狭いので、労働条件や仕事内容に固執してしまいさらに幅を狭めてしまうと、転職自体が不可能と言えます。

50代の転職では、年収を限界まで下げたり、職域を妥協したりして選択肢の範囲を広げていくことが大変重要です。

転職には譲れない部分があって当然ですが、52歳の転職では強いこだわりを持ってしまうと失敗しやすいので、時には妥協や我慢をすることも必要です。

・転職先が見つかるまでは今の仕事を続ける

52歳で転職を考える場合、転職活動は現職を続けながら行うようにしましょう。

50代の転職は、無事に成功して必ず希望通りに再就職できるとは限りません。

確かに現職と転職活動の並行は忙しく大変ですが、活動が終了するまでは必ず会社を辞めないようにしましょう。

仕事を辞めてから、転職活動を行うのはリスクがとても高いことです。

52歳で未経験の仕事に転職はほぼ不可能

現職での仕事内容に不満があって、転職を考えている方もいらっしゃると思います。

しかし、52歳の転職で未経験の職種や業種に挑戦することは、十中八九不可能であると言えます。

大前提として、50代にもなると、採用決定のポイントは即戦力として明日からでも活躍できる人材であるということです。

そうは言っても、中にはどうしても今の仕事内容が耐えがたく、続けていくのが困難だと感じている方もいらっしゃることでしょう。

ここからは、如何様にしても職種のチェンジがしたいという方へ、52歳で未経験からでも挑戦できる職種をご紹介します。

52歳が未経験でも転職可能な仕事3選

ここからは、52歳からでも未経験でチャレンジ可能な職種をご紹介します。

現職の仕事内容がどうしても耐えがたいという方は、参考にしてみてください。

  • タクシードライバー
  • 介護職員
  • 警備員

・タクシードライバー

未経験からチャレンジしやすい職種の一つに、タクシードライバーがあります。

運転手の高齢化により年々ドライバー数が減っており、タクシー会社では積極的に運転手の採用を行っています。

自動車の第2種免許さえ取ることができれば、過去にドライバー経験がなくてもすぐにキャッチアップできる仕事と言えるでしょう。

免許取得にはまとまったコストが必要ですが、ほとんどのタクシー会社では第2種免許取得サポート制度を導入しており、企業側で転職者の免許取得にかかる費用を負担しています。

また、入社後に2種免許の取得を目指しますので、今現在持っていなくても未経験から挑戦できる職種です。

・介護職員

少子高齢化社会が加速している今、介護業界では人手不足が続いており、どこの企業も常に採用活動を行っています。

そのため未経験の人材も、門戸を広くして積極的に採用しています。

介護助手であれば資格がなくても就くことができるので、無資格で助手をしながら介護士資格の合格を目指すのもいいかもしれません。

以降も需要は増していく業界なので、介護のスキルを身に付けられれば今後も安定して働くことができるでしょう。

・警備員

警備員は未経験の人材でも、プロを目指しやすい職業です。

警備員という職種には社会的な責任が伴うので、しっかりとした研修を受けなければならないと法律で定められています。

これは法的研修といいますが、最低受講30時間に加えて実地研修を8時間も受けなければなりません。

手厚い研修が義務付けられているので、未経験でも自ずと知識をつけられます。

また、資格を取っていくことでキャリアアップができるので、未経験者に警備員はお勧めの職業です。

52歳の転職は大変だけれど諦める必要はない

52歳になって転職するということは、そう簡単なことではありません。

どんなに自信がある方でも、多くの不採用通知を受けたり様々なところで希望を妥協しなければならないなど、想定以上に厳しい現実を見ることとなるでしょう。

しかし、だからと言って諦める必要は一切ありません。

若者には無い豊富な人生経験を活かして、企業に貢献できるポイントを洗い出し、諦めずにトライし続けましょう。

より良い転職ができるよう、納得がいくまで挑戦をし続けましょう。

おすすめの記事