40代の面接ウケが良い転職理由4選!40代の本音の転職理由も調査!

年齢別

40代の転職は年齢的な側面から不安になる人も多いでしょう。転職が難しい年代といわれることもあり、二の足を踏んでしまう人もめずらしくありません。

ただ、40代でも、転職理由によっては面接で高評価を得ることもあるのです。

面接では、本音ではなく好印象を与える転職理由を伝えると好印象を与えるでしょう。そこで、40代の転職にピッタリの転職理由を4つ選んでみました。

40代の本音の転職理由も調査しましたので、あわせて紹介しましょう。

40代の面接ウケが良い転職理由4選

40代の転職では、面接官にいかに好印象を与えるかが非常に重要なカギを握ります。40代は責任のある仕事を任される年代ともいえますので、離職理由によっては採用が見送られる可能性も考えられるのです。

そのため、面接官にウケが良い転職理由を伝えるのがよいでしょう。

面接官にウケが良い転職理由は次の通りです。

  • キャリアプランの変更
  • 諸事情による働き方の見直し
  • 契約期間の満了
  • 推奨退職

ここからは、それぞれの理由を詳しく説明します。

キャリアプランの変更

40代の転職では、これまで描いてきたキャリアプランを変更し、活躍の場を広げたいと考える人が多いでしょう。また、ベンチャー企業などの働き方に感銘し、転職を希望するケースも少なくありません。

キャリアプランの変更による転職は、これまでの経験のステップアップにつながるため、企業に良い印象を与えるでしょう。

諸事情による働き方の見直し

40代になると、親の介護などでこれまでと同じ勤務形態が選べなくなる人もみられます。地元に帰っての介護などになった場合には、職場を離れざるを得ないこともあるでしょう。また、自身の病気などで離職を余儀なくされるケースも多いものです。

このような諸事情による働き方の見直しをする40代はめずらしくありません。やむを得ない諸事情であっても、能力の高い人材であれば、受け入れてくれる企業は多いでしょう。

また、働き方改革の推進により、リモートワークなどの導入も進められています。したがって、新しい働き方を取り入れている企業もたくさんあるといえるのです。

契約期間の満了

契約の満了を転職理由とする場合にも、企業に良い印象を与えます。このケースでは、契約の満了までその仕事を勤め上げたとも言い換えられますので、意欲的に仕事をする人材だと判断してもらえるでしょう。

その企業でも、高いモチベーションを持って仕事をする人物であると考えられることから、40代の転職理由では高評価を得られます。

推奨退職

努めていた企業の倒産や業績の悪化、さらに、人員整理による推奨退職も、転職の理由となります。会社側からの推奨退職にはネガティブな印象もありますが、キャリアを見直すチャンスと捉えたと言い換えると印象が良くなるでしょう。

これまでの経験を活かしたステップアップにつなげたい旨をアピールすると、採用につながりやすくなるのです。

40代の本音!胸に秘める転職理由

面接では企業から好印象を得るために、企業が望む転職理由を伝えることが多いでしょう。

面接官は、応募者が企業でどのような活躍ができる人材かをチェックしていますので、前職への愚痴などはマイナスポイントとなります。

そのため、本音はできるだけ封印し、ポジティブな転職理由を伝えるのが40代の転職を成功させるコツです。

ただ、40代の転職理由の本音が気になる人も多いでしょう。

実際の転職理由として多いのは、給与体制や評価制度などに関する不満です。40代であるにもかかわらず、自身の頑張りが正当に評価してもらえず、思うような給与がもらえなかったことで転職を決める人が多いでしょう。

また、望まない部署や支社への人事異動があったときにも転職を考える40代は少なくありません。

さらに、降格などによって転職を決意した人もみられます。若手の登用や人材育成などの観点から、40代の評価が下げられてしまうこともあるでしょう。

これまで会社に貢献してきたにもかかわらず、正しく評価されない場合には、会社を離れる理由となってしまうのです。

そのほか、人間関係が理由となることもあります。上司からのパワハラなどを受けている場合には、転職を考えるきっかけとなるでしょう。

ただし、人間関係を転職理由としてしまうと、転職先でも人間関係の問題が起こる可能性があると判断されてしまいます。人間関係のトラブルはどこの職場にもあると考え、面接では心の内に秘めている人がほとんどでしょう。

面接で好印象!40代の転職理由を伝えるポイント

給与面や待遇面での不満や、人間関係のトラブルなど、転職理由はさまざまです。しかし、いかなる理由であっても、40代の転職では伝え方が成功を左右します面接で好印象を与える転職理由の伝え方のポイントは次の通りです。

  • 高評価を目的に偽りの理由を述べない
  • 伝える内容を絞り込む
  • ポジティブに言い換える
  • 客観的に評価できる内容にまとめる
  • 自信をもって明るく説明する

ここからは、それぞれについて詳しく説明します。

評価を目的に偽りの理由を述べない

40代の転職では、面接官の印象を良くするため、偽りの転職理由を述べる人もみられます。

しかし、面接官はこれまでに多く面接を経験している、いわば面接のプロです。したがって、転職を考える40代が前職に不満や不安を抱いていたことはお見通しだといえるでしょう。

また、偽りの転職理由で転職を勝ち取っても、入社後に同じトラブルが起こることもあります。40代にもなって同じことを繰り返さないためにも、転職先で気持ちよく働けるベース作りも必要です。そのためにも、作り上げた転職理由ではなく、本当の理由を伝えましょう。

伝える内容を絞り込む

40代の転職では、転職理由をたくさん挙げてはいけません。どこの会社でも起こり得る内容や不満などは伝えず、応募先企業が知りたい転職理由に絞っておきましょう。

そうすることで、不平不満の多い人物だと判断されることがなくなるのです。さらに、的確な発言ができる人物であると好印象も与えられます。

ポジティブに言い換える

転職理由はそのまま伝えるのではなく、ポジティブに言い換えるのも40代の転職を成功させるコツです。

「前職の仕事内容が単純でつまらなかった」と感じていたのであれば、「仕事のしやすさはあったが、さらに専門知識が必要な仕事に就きたい」などと話しましょう。

仕事への熱意や情熱を込めた言い回しにすることで、やる気があると判断してもらいやすくなるのです。

客観的に評価できる内容にまとめる

40代の転職は、転職理由のみを述べるだけでは仕事への情熱が伝わりません。なぜ転職をしたいのかだけでなく、どうしてこの会社を選んだのかといった志望理由も結び付けるのが良いでしょう。

志望理由も伝えることで、転職理由に説得力が加わるのです。

また、前職からの転職理由では、具体的な数字を上げるのもポイントでしょう。労働時間が長かっただけではなく、勤務時間が朝6時から夜は11時までであったなどと明確な数値を示すと、客観的な判断も可能です。

過酷な労働を強いられたというのが個人的な意見ではないとわかり、面接官を納得させられます。

自信をもって明るく説明する

40代の転職では転職理由を聞かれたくないという人も多く、転職理由を質問されたときには困ってしまう人もいるでしょう。しかし、転職理由は、自信を持って明るく説明することが大切です。

前職の経験を活かしてこの会社で活躍したいという気持ちが伝わりますので、前向きな姿勢を崩さず40代の転職にかける熱意を最大限に表現しましょう。

参考になる!40代の転職理由を伝える例文

これまで、40代の転職理由の伝え方を説明してきましたが、実際にはどのように話すのが良いのでしょうか。

転職にはさまざまなケースがあり、ぞれぞれに適した理由が求められます。そこで、考えられるケースごとの例文を紹介していきましょう。

職務内容や評価に不満が理由になる場合

キャリアアップの実現に向けて転職を希望しました。前職では、管理職を目指し、売り上げ目標を達成してきました。

しかし、年功序列の風潮が色濃く残り、先輩社員も多いことから昇格が認められなかったのです。実力主義の御社で、売上げに貢献しながら管理職へとキャリアアップへを目指したいと考えています。

経済的な不満が理由になる場合

経済的な問題から、転職を希望しました。現在の職場では、営業成績が評価されることがありません。月収も20万円程度であり、将来的な昇給ができないと判断し、転職を決意しました。

御社では、成績を正しく評価してもらえると伺っています。また、御社で活躍できるとキャリアアップも望めるため、転職を希望しました。

家庭の事情が理由になる場合

両親の介護が必要となり、家族で故郷に戻ってきたことが転職理由です。家族で支え合いながら生活できるこの地で、前職を活かした仕事に就きたいと考え、御社を志望いたしました。

キャリアプランの変更が理由になる場合

新たなキャリアプランが見つかったことで、転職を決意しました。前職で担当をしていた部署ではどれだけ顧客の声を把握していても、顧客が本当に求める商品作りができません。商品開発部への異動も希望しましたが、叶えられることがありませんでした。そのため、自分の望む仕事ができる環境を求めて転職を決めた次第です。

現在の職場で培った顧客ニーズの取り組みには自信があり、御社ではお客さまが本当に求める商品の開発をしたいと考えております。

事実でも注意!気を付けたい40代の転職理由3つ

40代の転職理由は事実をありのままに伝えれば良いというわけではありません。転職理由によっては気を付けるべき点もあるでしょう。40代の転職理由で気をつけたいのは次の点です。

  • 人間関係に関すること
  • 仕事内容に関すること
  • お金に関すること

ここからはそれぞれの解決策や対策案を解説します。

人間関係に関すること

40代の転職では、人間関係のトラブルが理由になる人も多いでしょう。しかし、人間関係がうまくいかなかったことが転職理由の場合には、応募先の企業にまた同じ問題が起こるかもしれないといった不安を与えます。

そのため、人間関係に関することが理由であれば、社風が合わなかったなどと言い換えておくのが良いでしょう。

仕事内容に関すること

自分の思ったような仕事が与えられなかったという理由も、40代の転職理由では注意が必要です。やりたいことしかしたくない人材と判断されかねませんので、転職理由だけでなく、応募先の企業で働く熱意なども伝えましょう。また、自分のやりたい仕事に関われそうな企業に絞り込むことも40代の転職を成功させるポイントです。

お金に関すること

40代の転職では、お金は理由になることも多いでしょう。しかし、企業は多くのお金を必要とする人材ではなく、即戦力として能力を発揮してくれる人材を求めています。そのため、お金に固執しすぎる理由を伝えると採用を見送られる可能性が高いでしょう。仕事をするうえでお金はもちろん大切ですが、それ以上に仕事への熱意を伝えることが重要だといえます。

40代の転職は理由の伝え方に注意!前向きに自分をアピールしよう

40代の転職では、転職理由の伝え方が非常に重要なポイントです。包み隠さずありのままを話すのではなく、ポイントを絞って的確な理由を述べましょう。また、転職理由と志望動機を結び付け、仕事への熱意をアピールすることも大切です。

転職理由をうまく言い換えるように気を付け、これまでの経験を新しい会社でどのように活かせるのかをしっかりと伝えられると転職が成功しやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました