50代転職の年収の平均相場は下がるのが普通?年収に重きをおかない転職についても紹介!

年齢別

50歳の転職では年収が下がるリスクがあります。

50代の転職では、年収が減るリスクを考えると足が重くなってしまいがちになります。

そこで今回の記事では、年収を切り口に50代の転職について取り上げてみようと思います。

50代転職の年収の平均相場はいくら?転職すると年収は下がる?

50代で転職というと、本当にできるのかとか年収が下がるのではないかと不安になる人も多いと思います。

特に年収については、普段の生活に影響してきますので、慎重に検討して転職活動をすることが大切です。

年収は今までの経験や、業界の相場によって変わってきますので、平均相場などをきちんと調べて転職するようにしましょう。

この記事では50歳で転職する際の年収の平均相場や、転職後の年収の増減について解説します。

50代の男性/女性の年収相場

今の年収が平均相場と比較して高いようであれば、同じ業種で同じような年収の仕事を見つけるのは難しい可能性があります。

まずは年代別の平均年収を知って、転職活動に役立てることが大切です。

国税庁が行った民間給与実態統計調査を確認してみましょう。

男性 女性
40~44歳 569万2,000円 308万円
45~49歳 629万7,000円 309万5,000円
50~54歳 676万8,000円 302万円
55~60歳 668万6,000円 297万6,000円
60~64歳 507万9,000円 232万円

国税庁:民間給与実態統計調査から引用

この表をもとに年代別の収入について詳しく見てみましょう。

50代男性の平均年収は680万円程度

調査結果を見ると、男性の年代別年収は40~44歳で570万円くらいですが、45歳を超えると600万円を超え、年代別年収が最も高くなる時期を迎えます。

調査結果では50~54歳の世代の年収が各年代の中では最も高く、680万円前後になっていることが確認できます。

60代では男性でも平均年収が500万円台に下がる

50~54歳の年代でピークを迎えた年収は、50代半ばをすぎると下がっていきます。

50~54歳の年代から55~59歳の年代にかけて、平均年収は10万円程度しか下がりませんが、65~69歳では500万円前半くらいの年収になり、50代の年収から約180万円減少しています。

調査結果から50代と60代では、平均年収に大きな差があることが確認できます。

50代女性の平均年収は300万円程度

女性の平均年収が最も高い年代は、男性より若い45~49歳で、310万円くらいになります。

女性の場合、その年代をピークにして年収はその後下がっていきます。

50~54歳では300万円程度まで下がり、55~59歳では200万円台まで下がることが確認できます。

50代で転職すれば年収は上がるのか下がるのか?

男性の場合50~54歳の年代が最も年収が高くなる時期ですが、50代で転職して、果たして次の仕事での年収は上がるのでしょうか。

転職後の収入は転職後の役職や働く期間によって異なります。

年収の考え方として、主に以下の3つのポイントがあります。

  • 役員として転職できれば年収はアップする
  • 未経験職や平社員として転職すれば年収は下がる
  • 転職先で長期間働けたら生涯年収は上がる

役員として転職できるのであれば、年収アップも夢ではありませんが、役員ではなくても収入が減らない方法もあります。

上記の3点について詳しく見てみましょう。

役員として転職できれば年収はアップする

50代で転職する際に求められるのは、今までの仕事の経験値や今までに培ってきたネットワークの活用などです。

自分から表に出て、率先して動くスタイルではなく、若い人や仕事を管理したり、今まで社外で築いたネットワークを活かしたりして、会社を引っ張っていく能力が求められます。

そういった意味では、未経験の業界や職種に転職をした場合は、ゼロからのスタートになるので、若い人たちと同じ年収しかもらえない可能性が高くなります。

50代で転職して年収を上げる最も良い方法は、役員として転職することです。

特に同業他社の役員であれば、今までの経験も役に立つ見込みがありますので、企業側としても年収を上げて迎え入れたいという意向が強くなります。

その場合は年収が上がる代わりに、仕事や社員を管理し、会社を成長させていく能力が求められることになります。

福利厚生の内容によっては年収アップも期待できる

役員として転職できな場合でも、転職先の企業の福利厚生が充実している場合は年収アップにつながる可能性があります。

例えば住宅手当や家族手当、役職手当などです。

今まで勤めていた会社では住宅手当が出ていなかったのに、転職先の会社では支払われる場合は、年収が上がってなくても、出ていくお金が減るので手取りの収入が増えることになります。

年収の増減を見る場合は、給与の額面だけでなく手元に残る金額も試算して、転職を検討することが必要になります。

未経験職や平社員として転職すれば年収は下がる

未経験職や平社員として転職する場合は、残念ながら年収が下がる可能性が高くなります。

年功序列の会社でない限りは、業績をもとに年収や役職が決められてきますので、50歳を超えていても業界未経験ということであれば、若い中途の人と同じように見られます。

未経験でゼロからの業種や職種の場合は、年収が下がる可能性が高くなると考えた方が良いでしょう。

転職先で長期間働けたら生涯年収は上がる

50代で転職する場合は、定年まであと何年働くことができるかという点にも注意しましょう。

60歳で定年を迎える企業もあれば、65歳まで働ける企業もありますし、中小企業の中にはずっと働けるという会社もあります。

例え年収がアップしたとしても、定年までの年数が、今働いている会社より短い期間しかない場合は、生涯で受け取れる収入は減る可能性もあります。

逆に転職先の企業が今の会社より定年までの年数が長くなるようであれば、多少収入が減っても生涯で受け取れる収入が増えることになります。

生涯年収を考えた場合、目先の収入額だけでなく、定年までの年数も考慮して判断することが大切です。

50代の転職で年収や役職よりも重視したい4つの条件

50代で転職する場合に考慮した方が良いのは年収や役職だけではありません。

仮に年収が減ったとしても、他の条件が良ければ、年収以上に喜びを感じることもできます。

重視したい条件として以下の4点が考えられます。

  1. 心地よく働ける人間関係
  2. 生活をサポートするための福利厚生
  3. 最低限の生活を支えるための年収
  4. 60代に入っても働ける環境や制度

上記の条件が満たされれば、転職して年収が減ったとしても満足できる可能性があります。

それぞれ詳しく見てみましょう。

1.心地よく働ける人間関係

一緒に仕事をする人と人間関係がうまくいかなければ、仕事をスムーズにすすめることが難しくなりますし、仕事も面白くなくなります。

逆に1人でも気が合う人がいれば、楽しく仕事ができるものです。

結果を求められる50代にとって、心地よく働ける環境かどうかというのは、会社を決める際の大きなポイントと言えるでしょう。

2.生活をサポートするための福利厚生

会社の福利厚生には住宅手当や役員手当など支給されるものと、社会保険のように負担してもらうものがあります。

住宅手当や役員手当があると、収入が増え手元に残る金額も増えます。

社会保険料は毎月支払うもので、保険料の50%を会社が支払ってくれていますので、手元から出ていくことがありません。

例えば毎月2万円の社会保険料がかかっている場合、会社が2万円支払ってくれていますので、仕事を辞めると自分で4万円負担しなくてはなりません。

また住民税は前年の収入によって決まりますので、転職して収入が減ると、住民税の給与に占める割合が高くなります。

会社に勤めている場合は、会社が負担しているお金も結構あることを知った上で転職活動をすることが大切です。

3.最低限の生活を支えるための年収

今の仕事で仮に1000万円の年収があるとして、果たして今後もその額が必要かどうかを検討することも必要です。

子供が社会人になって学費などを支払わなくて良くなったり、家のローンが終わったりした場合などは、出費が減り年収が減ったとしても十分生活できるようになります。

その場合、年収にこだわらずに仕事を探すことができますので、さらに選択肢が広がります。

4.60代に入っても働ける環境や制度

50代で転職する際に頭に入れておきたいのは、60代に入っても働けるかどうかという点です。

60歳を過ぎても働きたいという人も多くいますし、100年時代と言われる社会になり、60歳を過ぎても働ける企業はたくさんあります。

年収が増えなくても働く期間が長くなれば生涯年収も増えますので、目先の収入だけでなく、60歳以降の環境や制度にも注意して転職活動をすることが大切です。

50代でも転職しやすい職種4選

50代になると募集している職種が少なくなり、転職もしにくくなるのが現状です。

しかし全ての企業が50代の募集をしていないわけではありません。

業種や職種によっては、未経験の人材を積極的に募集している企業もあります。

そういった仕事の中から50代でも転職しやすい仕事を4つ選んでみました。

  • 4位 商業施設の清掃員
  • 3位 製造業の工員
  • 2位 介護関連施設のスタッフ
  • 1位 タクシーやバスの運転手

それぞれの職種について詳しく見てみましょう。

4位 商業施設の清掃員

商業施設の清掃員は年齢や経験にこだわりがないため、50代でも転職がしやすい仕事です。

未経験でも応募が可能ですし、1日4時間以内もOKなど、自分の時間を多く持ちたい方などもできる仕事です。

特に細かいところに目が届く人であれば楽しくできる仕事になるでしょう。

清掃の求人 - 中高年の転職情報(40代・50代・60代)|マイナビミドルシニア
清掃の求人のページです。中高年、シニアの方に向けた転職・求人情報が満載。|中高年の転職、再就職、アルバイト、パート、派遣の求人、仕事探しならマイナビミドルシニア

3位 製造業の工員

製造業の工員は履歴書不要の募集もあり、手間がかからず気軽に応募できる職種です。

未経験者も募集している上に、社会保険完備、交通費全額支給など福利厚生がしっかりしている点が魅力です。

製造・組立・加工の求人 - 中高年の転職情報(40代・50代・60代)|マイナビミドルシニア
製造・組立・加工の求人のページです。中高年、シニアの方に向けた転職・求人情報が満載。|中高年の転職、再就職、アルバイト、パート、派遣の求人、仕事探しならマイナビミドルシニア

2位 介護関連施設のスタッフ

介護施設関連のスタッフは時間の融通が利くところが多く、まとまった時間を確保したいという人でもできる仕事です。

交通費全額支給や、資格取得費用を全額支給してくれる会社も多く、福利厚生もばっちりです。

資格をとれば資格手当が付き、収入アップも期待できる仕事です。

介護助手、ヘルパー・ケアマネージャー、施設管理者、看護助手・病院内サポート、その他(医療・介護・福祉)、医療事務、看護師・薬剤師の求人|マイナビミドルシニア
マイナビミドルシニアは、40歳代、50歳代、60歳代、主婦の方のための求人情報サービスです。中高年、シニアの方に向けた転職・求人情報が満載。|中高年の転職、再就職、アルバイト、パート、派遣の求人、仕事探しならマイナビミドルシニア

1位 タクシーやバスの運転手

50代で応募しやすい職種の1位はタクシーやバスの運転手です。

未経験者でも募集している上に、給与も高い点が魅力と言えるでしょう。

昇給・賞与や家族手当など福利厚生が充実している点も安心して仕事ができるポイントになっています。

また、60歳を過ぎた人も多く活躍していて、長く仕事ができ生涯年収を多くもらえる仕事でもあります。

https://mynavi-ms.jp/search/job_type-49

50代の転職は年収が下がることも 年収より長く働けるかを重視しよう

50代の場合、次の仕事で役員として迎えられたり、福利厚生がしっかりしている会社に転職をしたりしなければ、年収が下がる可能性が高くなります。

年収にこだわりすぎると、仕事が見つからずに時間だけが過ぎ、転職をするチャンスを逃すことが考えられます。

年収が高い仕事がなかなかない場合は、生涯年収を重視して、年収は低くても長く働ける仕事を探すようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました