37歳の転職は厳しい?理由と成功させるための5つのポイントを紹介!

年齢別

37歳での転職に厳しい面があるのは確かです。

しかし、ポイントを押さえて活動すれば転職に成功するのは無理ではありません。

この記事では、37歳の転職が厳しい理由、注意すべき点について説明し、おすすめの転職エージェントを紹介します。

37歳の転職はなぜ厳しい?理由と成功のポイントを紹介!

37歳での転職は、簡単に決断できることではありません。成功するかどうか不安で、転職するか思い悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

確かに、37歳での転職は厳しい面があります。

しかし、コツを押さえた転職活動をすれば、成功するのは無理なことではありません

ここでは、37歳での転職が厳しい理由や成功させるために押さえておきたいポイントなどについて紹介します。

37歳の転職はなぜ厳しい?6つの理由とは?

転職活動をするにあたってもっとも心配なのは「果たして成功するだろうか」という点ではないでしょうか。

実際、たとえば20代前半などと比べると、37歳での転職が厳しいのは確かです。

ここでは、どうして37歳の転職が厳しいのか、その理由を説明します

  • 30代後半は応募できる求人が少ないから
  • 実務経験があるのは当たり前 アピールするには弱いから
  • 年収も職位も下がるリスクが伴うから
  • 経験やスキルを活かせる仕事が限定されるから
  • 柔軟性や適応力が低いと判断される年齢だから
  • 女性はライフスタイルが仕事に影響する年齢だから

①30代後半は応募できる求人が少ないから

企業の多くは、中途採用をする際に30代よりも20代の若い世代を選ぶ傾向にあります

これは、若いほど伸びしろもあり、自社で教育し社風に合う人材を育てたいと考える企業が多いためです。

応募できる求人の絶対数が少なくなることが、37歳での転職が厳しい理由の1つです。

とはいえ、すべての企業が若年層の採用にしか興味がないわけではありません。

特に、近年では慢性的な人手不足に悩む業界も多く、即戦力になる30代後半の人材を求める企業も増加しつつあります。

厳しいとはいえ求人そのものはあるため、あきらめることはありません。

②実務経験があるのは当たり前 アピールするには弱いから

37歳というと、大学卒業後に入社したとして15年のキャリアがあります。

15年も務めれば、ある程度のキャリアや実績、マネジメント経験があっても当たり前です。

そのため、巨額のプロジェクトを成功させてきた、相当高度な専門技術があるなど、よほど大きな実績や強みがない限りアピールポイントとしては弱くなります

ほかの応募者と明確な差別化がはかれるようなキャリアや強みがなければ、選考を勝ち抜くのは困難です。

自分の強みやアピールできるポイントを知り、効果的にアプローチする必要があります。

③年収も職位も下がるリスクが伴うから

37歳ともなると、それなりのポジションにつき、年収もある程度は安定している人が多いでしょう。

結婚して家計を支えている人であれば、転職して収入が下がるのは避けたいところです。

また、積み上げてきたキャリアや職位を下げたくない人も多いでしょう。

しかしながら、転職すると前職より収入も職位も下がってしまうことは珍しくありません。

やりたいことさえできれば良いのであればともかく、収入も役職も下がらない転職を目指すとなると、状況はかなり厳しいものがあります。

④経験やスキルを活かせる仕事が限定されるから

37歳で転職を考える場合、これまで働いてきた業界や職種を選ぶ人が多いでしょう。

30代後半になってから未経験の職種で採用されるのは簡単なことではなく、未経験業界や職種で新しい技術や知識を覚えるのも難しいからです。

しかし、経験やスキルを活かせる仕事となると、対象が限定されます。30代後半でも応募できる案件となると、さらに絞られるものです。

選択肢が限られるために、厳しい状況となります。

柔軟性や適応力が低いと判断される年齢だから

中途採用の際、企業は一般に年配者よりも若年層を選ぶ傾向が強いです。

これは、若年層であれば適応力が高く、自社の仕事の仕方にも柔軟に対応する力があると考えているからです。

一方、30代後半ともなると、これまでの働き方に固執して新しいやり方が受け入れらない、対応できない人が増えてきます

そのような人物では会社に貢献する働きができるとは思えないため、なかなか採用にいたらないのです。

実際には、37歳であっても新しい技術や手段をどんどん取り入れられる柔軟性や適応力がある人はいるでしょう。

しかし、企業はそのようにはなかなか見てくれないのです。

説得力のあるエピソードを添えて、柔軟に対応できることや適応力あることをアピールする必要があります。

⑥女性はライフスタイルが仕事に影響する年齢だから

女性は、結婚、妊娠、出産、子育てとライフイベントが多く、働き方を変える必要に迫られることも多々あります。

37歳であれば結婚して子供がいることも多く、転勤や出張のある仕事はしづらいでしょう。

残業が少ない、休みがきちんととれるなど、家庭と両立させるために職場に求める条件も多くなりがちです。

そうなると、応募できる職種は限られてしまい、選考は厳しいものとなる傾向が強いです。

37歳の厳しい転職を成功させる5つのポイント

漫然と活動するだけでは、厳しい37歳の転職を成功に導くことはできません。

ここでは、転職活動の際にどのような点に気をつけるべきかについて説明します。

  • 面接官を納得させられる退職理由/転職理由がある
  • 家族の理解/サポートを得る
  • 期間を定めて転職活動をする
  • 自己分析し応募する業界や職種を絞る
  • 効率良く転職活動するには転職エージェントを利用する

1.面接官を納得させられる退職理由/転職理由がある

中途採用の採用面接では、ほぼ必ず転職する理由を問われます。

なぜなら、キャリアを積み、養う家族がいることも多い37歳で職を変えるのであれば、そこには納得のいく理由があるはずだからです。

十分に考えて決断すべき事柄であるにもかかわらず、あいまいな理由しかないのであれば、仕事を任せられるような人物とは思えません。

そのような人物と判断されてしまっては、採用には至らないでしょう。

「今の仕事が合わないので」「人間関係がつらくて」などといった後ろ向きな理由も避けるべきです。

「前職では~~のプロジェクトに携わり、○○といった実績を上げてきました。御社が今後~~事業に注力していく予定であると知り、ぜひ貢献させていただければと考え、志望しました」

など、前向きで意欲を感じさせ、同業他社ではなくその企業でなければならない理由が伝わる内容にすることが大切です。

そのためには、自己分析と企業研究を丁寧に行う必要があります。

2.家族の理解/サポートを得る

独身であればあまり問題ありませんが、既婚者の場合は家族の了解とサポートを得ることも大切です。

転職すると、キャリア次第では年収が上がることもありますが、下がることも当然あります。

家族を養っている男性は、まずその点について家族の了解を得ることが大切です。

幼い子供がいる女性も、転職した先の仕事を長く続けていくつもりであれば、保育園の送り迎えや病気になったときの対応など、家族のサポートが欠かせません。

面接でも、「家族の理解を得ているか」「サポートしてくれる家族はいるか」といった点を確認されることがあります。

理解も得ないまま転職活動を進めていたりサポートが受けられない状態だったりすれば、企業は良い印象をもたないでしょう。

家族が理解して応援してくれていれば、前向きな気持ちで転職活動に専念でき、良い方向に進みやすくなります

3.期間を定めて転職活動をする

仕事でも同じことですが、何かを達成するなら「期限を決める」ことは重要な意味をもちます。

期限を決めずに活動していても、なかなか真剣にはなりづらいものです。

緩んだ気持ちでいると、面接官にも伝わってしまいます。

一般に、37歳での転職は厳しいために長引きがちですが、「半年以内」などの期限を決めて取り組みましょう。

期限が決まっていると、仮に書類選考や面接で落ちたとしても、のんきに落ち込んでいる暇はありません。

「何が悪かったのか」「次はどう改善するべきか」などと考え、行動にうつせるため、内定に近づきます

4.自己分析し応募する業界や職種を絞る

なるべく多くの企業で面接を受けたほうが内定を得る可能性が高くなると考えて、手当たり次第に応募してはいけません。

37歳ともなると、未経験の業界や職種に応募しても内定を得られる可能性は高くないからです。

採用されたとしても、経験のない職種や興味のない業界であれば、うまく働けず再び転職を考えるといったことにもなりかねません。

37歳の転職を成功させるためには、丁寧に自己分析を行ってキャリアの棚卸をし、自分の強みが活かせる業界や職種を絞り込んで応募することが大切です。

志望動機にも説得力を持たせられるため、採用されやすくなります。

5.効率良く転職活動するには転職エージェントを利用する

転職活動を成功させるためには、自己分析を適切に行って自分に合った求人に応募し、企業に合わせた方法で効果的にアピールする必要があります。

しかし、自分ひとりで転職活動を行っていては、得られる求人情報にも限りがあり、自己分析がきちんとできていないことも珍しくありません。

そこでおすすめなのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントを活用すると、以下のようなメリットがあります。

  • 求人の情報が多く、条件の良い非公開求人も豊富に保有している
  • 希望条件やキャリアに合った案件の紹介が受けられる
  • 応募書類の添削や面接練習など選考対策が充実している
  • 応募企業と給与や休日などの条件に関して交渉を代行してもらえる

転職エージェントに登録すると、1人1人に担当のアドバイザーがついて案件の紹介から内定後のフォローまで受けられるのが大きな魅力です。

応募書類をどのように書けばよいか、面接ではどのように受け答えすればよいかなども教えてもらえるため、内定を得る確率が高くなります。

ひとりで転職活動をするのに比べ、はるかに効率的に進めることが可能です。

転職エージェントは紹介した人材を採用した企業から報酬を得ているため、求職者は無料で利用できます。

積極的に相談してみると良いでしょう。

37歳の転職は厳しい!転職をする時の3つの注意点とは?

37歳で転職活動をする際には、留意しておいた方が良いポイントが3つあります。

どのようなことに注意しておくべきか、紹介しましょう。

  • 今後のキャリアを見据えないと転職は厳しい
  • 転職先で年下の上司/先輩の元で働く可能性がある
  • 転職先の待遇や人間関係に満足できないこともある

今後のキャリアを見据えないと転職は厳しい

どのような仕事でも良いのであれば、37歳でも内定を得ることは難しくないでしょう。

しかし、年収が低かったり激務だったり興味のない業界だったりするのであれば、なんのために転職したのかわかりらず、成功とはいえません。

37歳での転職を成功させたいなら、今後どのようにキャリアを築きステップアップしていくのかをしっかり見据えることが大切です。

長期的な視点でキャリアをとらえ、転職先を絞りましょう。

転職先で年下の上司/先輩の元で働く可能性がある

新卒で入社したとは異なり、37歳で転職すると先輩や上司が自分よりも年下になるケースがしばしばあります。

自分よりも年下の人間に指導されたり指示されたりすると、どうしても抵抗を覚えてしまうものでしょう。

しかし、そこは割り切って、年齢にはこだわらず職場での上下関係をわきまえて接することが大切です。

転職先の待遇や人間関係に満足できないこともある

晴れて転職を決めたものの、実際に働いてみたら「待遇が聞いていた条件と違った」ということは往々にしてあるものです。

また、仕事内容や待遇に問題がなくても、人間関係が非常に悪い職場だったということもあります。

待遇に関しては、入社前に細かく確認することが大切です。

転職エージェント経由で転職活動をしているなら、担当のコンサルタントによっては職場の残業状況や人間関係などの内情に詳しく、応募前に教えてくれるケースもあります。

転職後に待遇の条件が異なる場合も、コンサルタントに相談して対応してもらうことも可能です。

37歳の厳しい転職に役立つ!おすすめ転職エージェント3選!

37歳の厳しい転職活動を成功させるためには、転職エージェントの活用が欠かせません。

ただし、どこの転職エージェントでもよいわけではなく、保有する案件数が多く優秀なコンサルタントがいるところを選ぶことが大切です。

ここでは、特におすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェント求人数
(公開・非公開)
リクルートエージェント約20万件
doda約10万件
JACリクルートメント約1万5000件

3位 リクルートエージェント

 

転職エージェントのなかでも知名度が高く、圧倒的な求人数を誇るのがリクルートエージェントです。

保有求人数は公開、非公開合わせて20万件を超えます。

リクルートグループならではのパイプを活かし、大手から中小まで数多くの企業の求人がそろっているため、希望条件に合った仕事が見つかる可能性が高いです。

企業の意向に合わせた応募書類の書き方指導や面接対策が受けられるなど、充実したサポートも高い評判を得ています。

37歳で転職活動は、書類選考で落とされることが多いですが、リクルートエージェントのサポートがあれば自信を持って望めるでしょう。

求人の質★★★★☆
求人の量★★★★★
サポート力★★★★☆
提案力★★★★☆
得意分野なし
転職エージェントなら転職支援実績No.1のリクルートエージェント
リクルートエージェントは転職支援実績No.1の転職支援サービスです。実績豊富な転職エージェントが、業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。

2位 doda

dodaはリクルートエージェントに次ぐ求人数を誇る転職エージェントです。

10万件近い求人を保有していて、30代以上が対象の案件も多いので、希望に合った求人を見つけやすいでしょう。

キャリアアドバイザーの質も総じて高く、内定を得るまで丁寧なサポートやフォローが受けられます。

内定が得られた企業に対して年収や休日といった条件面の交渉をすることもあるので、満足度の高い転職が可能です。

求人の質★★★★☆
求人の量★★★★★
サポート力★★★★☆
提案力★★★★☆
得意分野なし
転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト
転職なら、【doda(デューダ)】。「大手・優良企&#...
doda(転職エージェント)の悪い評判と注意点を事例から解説!
転職エージェント「doda」は、数多くある転職エージェントの中でも利用者が多く人気がありますが、中には悪い評判もあるようです。この記事では、転職エージェント「doda」の利用者による口コミを徹底的に調査して良い評判や悪い評判を紹介します。

1位 JACリクルートメント

JACリクルートメントはイギリスで創業され、現在は日本を含む12か国に拠点を持つ外資系の転職エージェントです。

その成り立ちから外資系企業や海外進出企業の求人が豊富で、管理職や専門職などハイキャリア求人を探している人に特に向いています。

求人の量はやや物足りないものの、30~50代の転職に強いのも大きな特徴です。

一定の実績のあるワンランク上の求人を探している37歳の方であれば、ぜひ登録しましょう。

ハイキャリア求人を中心に扱っているだけに、コンサルタントが優秀だと高い評価を得ています。

各分野に分かれているため、業界に精通していて適切なアドバイスを受けることが可能です。

求人の質★★★★★
求人の量★★★☆☆

サポート力★★★★★
提案力★★★★★
得意分野外資系企業/管理職
JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)公式サイト
JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)&#1239...

37歳の転職は厳しい!成功には30代に強い転職エージェントの活用を!

37歳からの転職が厳しいのは事実です。

企業の多くは中途採用するなら20代の若年層を選んで教育したいと考える傾向があり、37歳では応募できる求人自体が少ないからです。

とはいえ、即戦力になる人材を求め経験豊かな30代を積極的に採用する企業も増えつつあるため、悲観することはありません。

求人の情報を得ること、徹底した自己分析をすることが必要です。

そのためには、転職エージェントを活用すると良いでしょう。

好条件の非公開求人も多数保有しており、キャリアや志向に合った求人の紹介が受けられます。

選考を乗り切るためのさまざまなアドバイスやサポートが得られ、内定を獲得する可能性が高くなる点も大きな魅力です。

1つに絞る必要はありません。

複数に登録して自分に合うところを見つけ、37歳の転職活動を成功に導きましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました