50代の転職の現実は厳しい?転職事情や転職後の厳しい現実も紹介!

50代で転職を考えている方に向けてお尋ねします。

転職活動はいかがでしょうか?スムーズに進んでいますか?

おそらく大半の方が現実的に厳しい状態なのではないかと思います。

今回はそんな深刻な悩みを持っている方に向けて、50代での転職が難しいと叫ばれる現代でも転職活動に役立つ有益な情報を提供していきたいと思います。

最後まで読んで頂くことで、現代における「50代転職の現実と対策方法」を一挙に知ることが可能になっています。

50代の転職は現実的に厳しい

まずは50代の転職の現実的なお話からさせて頂きます。

結論として、現実の50代転職は厳しい状況に変わりありませんが、転職成功が完全に無理なわけではありません。

つまり、望みがあるという話です。

あくまでも望みなので100%転職成功できるということではありませんが、逆にいうと失敗を恐れていても何もできません。

50代からでも転職によってキャリアチェンジする機会は充分あります。

なので、転職活動を始める前から諦めモードになるのは絶対にやめましょう!

それでは50代の転職活動における傾向や特徴を見ていきます。

主に次のような状況になっていることが分かっています。

  • 50代で転職をする理由は労働条件への不満が多い
  • 50代で転職をする人は増えている
  • 50代での転職成功率は低め
  • 50代での転職活動は長期化する可能性が高い

それでは1つ1つの項目について、順に詳しく解説していきます。

50代で転職をする理由は労働条件への不満が多い

ここでいう労働条件の不満は何かというと、親の介護と仕事の両立が大きく関係しています。

現実的に言って労働条件を守りながら現職と介護の両立が難しく、ストレスも膨大になり不満が溜まっていくことが主な原因となっています。

つまるところ、公私共にストレス地獄なため転職せざるを得ない状況に陥りやすくなっているということですね。

50代で転職をする人は増えている

あまり知られていませんが、実際は50代で転職する人は増えています。

問題はその理由、気になりますよね?

それは豊富な経験値と即戦力候補として企業に期待されているからです。

そしてこれを証明するかのように、現実では転職成功率も増えているのです。

50代での転職成功率は低め

近年の傾向として50代での転職成功率は低くなっています。

50代転職が失敗しやすい主な理由は次の2つです。

まず1つ目は50代転職者のプライドが高く企業側が採用を躊躇いやすいためです。

2つ目の理由は若い世代を雇うほうが人件費の面で安く済むため、50代転職者はコスト面で敬遠されやすくなります。

しかし50代の方であっても豊富な経験を持っていれば転職成功する事例も出ているため、転職活動自体を諦めるのは勿体ないです。

諦めずに転職活動を頑張っていきましょう!

50代での転職活動は長期化する可能性が高い

50代の転職活動は長期化しやすい傾向があると分かっています。

約3か月以内に転職先が決まった人は、30代で約6割~7割、50代になると約4割が標準となっています。

このことから分かるように、50代で転職先が決まらない人達は50代転職希望者全体のうち約6割ということになります。

約6割の人達が長期化してしまっているということで、短期間でスパッと決めるのが難しい状況と言えます。

そのため50代での転職をしっかり現実的に考えている方は短期決戦でのチャレンジを極力控えるようにしましょう。

50代での転職後に起こる3つの現実

50代で転職成功した後に起こりやすい3つの現実について解説します。

事前に知識を入れておくことで余計な悩みや苦しみを覚えることなく仕事に励むことができます。

知っておいてほしい事柄は次の3つ。

  • 新しい職場に馴染むのに時間がかかる
  • 理想と現実のギャップに苦しむ
  • 記憶力が低下しており新しい事を覚えるのが大変

それでは各項目について詳しく見ていきましょう。

新しい職場に馴染むのに時間がかかる

転職を行う人にとって転職先は新しい職場になります。

そのため転職先の独自のルールや社風といったものに慣れるためには、ある程度の時間を要します。

しかも50代での転職ということで、周囲からは即戦力と期待され、またその期待に必ず応えなければいけない状況下なわけです。

もしも50代の人間が転職して即戦力にならなかったら、一般的に考えて若い世代の人間を雇ったほうがよかったと捉えられるのがオチになってしまいます。

だからこそ周囲の視線や評価に対して異常に敏感となり、「分からないことを分からないと言えない」状況を自分自身で作り上げやすくなるので、50代が転職先で馴染もうとすると、どうしても時間を要してしまうのです。

理想と現実のギャップに苦しむ

転職先で働く前に描いていた理想と実際に働いてみて感じる現実。

事実、このギャップに苦しむ人はかなり多いです。

50代での転職における現実的な話をすると、入社して最初の約半年間は忍耐の期間だと思ってください。

実績も出ない、失敗も多い、はっきり言って理想と現実はまるで異なります。

でもそれが当たり前で、何ら不思議なことではありません。

そのため理想と現実のギャップに苦しめられないような心構えで働くことを意識していきましょう?

記憶力が低下しており新しいことを覚えるのが大変

50代で転職し新しい仕事を覚えることは非常に大変です。

現実問題として年齢が上がるにつれ記憶力が低下してしまうからですね。

そうは言っても仕事は仕事です、記憶力が低下していたとしても言い訳になりません。

しかも50代転職者は即戦力候補として内定されることが多いので、仕事内容を逐一忘れていては話になりません。

新しい仕事内容を覚えるのは簡単にいかないと思いますが、即戦力として会社に貢献するためにも踏ん張りましょう。

絶対に諦めてはいけません。

50代の転職を成功させる4つのポイント

ここからは50代の転職を成功させるために必要なポイントを4つ、ご紹介していきます。

どのポイントも重要で、必ず押さえておかないと転職失敗の可能性も出てくるので注意してください。

重要ポイントは次の通りです。

  • 豊富な経験やスキルをアピールする
  • 大手企業ではなく中小企業も狙う
  • どうしても決まらなければ正社員以外も考える
  • 年収がダウンすることもある事を前提とする

豊富な経験やスキルをアピールする

必須事項ですが、自分のアピールポイントがない人間を会社は雇ってくれません。

理解は頂けますよね?

会社にとってメリットのない人間をわざわざ雇う理由は1つもありません。

しかも50代という経験値が豊富な年齢でアピールできるポイントがないのは、転職先にとってマイナスイメージです。

必ずアピールポイントを提示するようにしましょう。

自分をアピールする際にはコツもありますので、それも合わせてご紹介しておきますね!?

コツは非常にシンプルで「とにかくYESマンを意識しよう!」ということです。

前向きで積極的な人間に票が集まるのはどの業界も同じで、逆に「何かにつけNOを言う」人間に票が集まらないのも業界問わず共通しているポイントになります。

50代で転職活動を成功させたいなら重心をYESマンに置くのは鉄則です。

前向きに積極的にアピールして自分という存在を全面に押し出していきましょう!!

大手企業ではなく中小企業も狙う

50代の転職活動は必ず視野を広げながら行ってください。

視野の狭い転職活動は失敗する可能性大です。

特に大手企業のみ応募をするといったような理想ばかりを追い求めていると、結果どこも採用してくれず転職失敗に終わる可能性が高くなります。

希望を持つことも大切ですが、その時の現状に見合った転職活動を行うようにしましょう!

どうしても決まらなければ正社員以外も考える

どうしても転職先が決まらない状態であれば、正社員以外も視野に入れていきましょう。

転職先が見つからなければ収入が入らず生活がしていけなくなります。

最低限度の生活がしっかり行えるからこそ健全な転職活動も可能になります。

未来で転職を叶えるためには、時に臨機応変な対応も必要です。

常にフットワークを軽く保っておくというのは、それに相反しやすい50代なら猶更のこと強く求められるでしょう。

年収がダウンすることもある事を前提とする

50代で転職をしたとしても、年収ダウンの可能性はあります。

転職してみたはいいものの、実績を出せず会社に貢献できなければ年収は当然下がりますよね?

それに転職していきなり大きな実績を出せる人はなかなかいないので、年収ダウンは前提として転職活動をするようにしましょう。

50代の転職活動には転職エージェントがおすすめ

50代の方が1人で転職活動を行うのは不安が大きいのではないでしょうか?

バックアップやサポートをしてくれる組織を味方につけたほうが転職に有利です。

そんな時に登録をおすすめしたいのが「転職エージェント」になります。

それによってあなたに与えられる主なメリットとはこちら。

  • 最新の50代の転職情報を知ることができる
  • 自分に合った求人を探してくれる

最新の50代の転職情報を知ることができる

50代が転職の際に必ず理解しておく必要があるのは、50代に求められるスキルが存在するということです。

そのスキルとは何なのか?について、最新の需要を教えてくれるのが転職エージェントの強みになります。

自分1人でこの需要をリサーチするのはひどく大変な作業で、正確な需要を調べることができるかどうかも分かりません。

転職エージェントは自分1人でできない部分を徹底的にフォローしてくれる利用価値抜群の存在なのです。

自分に合った求人を探してくれる

転職エージェントの強みはもう1つあります。

それは自分に合った求人を探してくれるという点です。

転職エージェントが適正求人を探してくれるので、転職後のミスマッチをできる限り未然に防いでくれます。

自分1人でこの作業を行うのは現実的に言って至難の業ですよね。

自分の市場価値が何なのかを広い視野で見てくれる存在は転職活動において非常に貴重となります。

50代の転職に本当におすすめできるエージェント4選!【2020年最新版】

ここからは50代の転職におすすめできるエージェントをご紹介します。

◆2020年最新版の厳選した4つの転職エージェントについて解説!!

◆転職エージェントの選び方や注意点を網羅!!

◆50代が転職活動を成功させるためのポイントを提供!!

50代転職を控えている方なら、必ず気になる内容を取り揃えています。

まずは転職エージェントを利用した50代転職の全体像を掴んでいくところから始めていきましょう。

~50代が転職エージェントで現実的な転職活動を行っていくために【2020年最新版】~

50代の転職活動は現実的に厳しい

いかがでしたでしょうか?

50代の転職活動について、特徴や傾向などを含めて様々な角度から解説してきました。

当記事の内容を端的にまとめると次の通りになります。

”50代の転職活動は現実的に厳しい”

とはいえ、何もせず立ち往生していてはいけません。

現実的に厳しいと言っているだけで、現実的に無理だと言っているわけではありません。

つまり50代でも転職活動成功の可能性はあるということです。

本気で転職活動をしたいなら、是非ご紹介した転職エージェントを最大限にフル活用して成功させていってほしいと思います。

おすすめの記事