26歳の転職が一番良い5つの理由!メリットデメリットと注意点も紹介!

年齢別

26歳は若があり柔軟性があって、社会人としての仕事のスキルも身についているということもあり、多くの企業が求めている人材です。しかし、26歳で転職する場合はメリットもありますがデメリットもあります。この記事では、26歳の転職がなぜベストタイミングと言われているのか解説していきます。

26歳で転職ってあり?なし?調査してみた!

大学を卒業して数年が経ち、ある程度の知識やコミュニケーション能力が身についた26歳は転職をするにはベストだと言われています。

これから、26歳で転職するのはありなのかどうかを徹底的に調査して解説していきます。

26歳の転職が一番良い5つの理由

26歳だと社会人になって3年か4年が経って、ようやく会社の雰囲気や仕事に慣れてきたという時かと思います。

しかし、このまま一生同じ会社に務めるよりは、キャリアップやより好条件の企業や業種に転職したいという人も多いようです。

これから、26歳の転職が良い理由について説明します。

26歳は今後のキャリアを決める大切な時期

26歳になると一通り仕事にも会社の雰囲気にも慣れた頃かと思います。

しかし、中にはこのまま同じ会社で一生働くことに対して不安に感じている人も多いようです。

かつての日本は景気が良く、同じ会社で正社員として雇用されることが安泰な道という認識がありましたが、2020年は正社員として雇用されたからといって、会社自体が永遠に続くとは限らない不安定な世の中となっています。

また、女性の場合は26歳以降になると結婚や出産を視野に入れるようになり、転職をしてキャリアアップを選ぶのか専業主婦になるのか人生の選択をする年齢でもあります。

26歳はまだ転職業界が広い

近年、仕事のジャンルも増えてきて一つの会社で定年まで働くよりも、転職をしてキャリアアップを希望している人が増えてきたこともあり、多くの転職サイトが開設されています。

実は、26歳は転職市場で非常に人気が高いことで有名です。

様々な業界も増えてきているので、未経験の状態であってもステップアップのために新たな業界に飛び込んでみるのも良いかもしれません。

まだ若さを評価してもらえる

26歳という年齢は、まだ若さもあり柔軟性があると多くの企業から判断されることが多いので転職先の選択も幅広いのが現実です。

30代以降になってくるとキャリアも積んできて役職に就いている人も中に入る上に、働き方に関して自分のスタイルが確立されてしまっていることが多く30代は26歳の人よりも転職が難しいと言われています。

しかし、26歳の人は社会経験が未経験ではなく、どのようにチームで働くのかというノウハウも学んでいるので多くの企業から有能な人材として活躍することを期待されています。

26歳までにした経験を評価してもらえる

26歳は第2新卒枠での転職は難しくなってはいますが、実は転職するには理想的でベストなタイムングと言われています。

若さを評価してもらえるというのもありますが、20代前半の頃と比べると働き方のノウハウも身についており実績やスキルがあることから多くの企業が求めている年齢なので、26歳で転職を考えている方は今がチャンスです。

結果的に転職しないにしても納得して働ける

26歳になると、ある程度スキルもついてきて若さもあることから、社内で期待される年齢でもあり、上司から仕事を頼まれて残業することが多かったり月給が安かったりと不満を持っている社員の人もいるようです。

しかし、実際に転職活動をしてみて転職エージェントの話を聞いてみると、現在勤務している環境が他の企業と比べてみると思っていたより良かったというケースもあるようです。

もし今の会社の待遇や環境に不満を感じているのであれば、転職エージェントに登録をしてみて他の企業の待遇と比較してみるのも良いかもしれません。

26歳の転職のメリットデメリット4選!

26歳で転職活動を考えているのであれば、転職のメリットとデメリットを把握して、それでも転職を強く希望がある場合は転職エージェントに登録して別の業種や企業に転職しましょう。

メリット デメリット
成長見込みがある 経験不足と認識される
公務員に転職可能 転職理由が必要

メリット1:成長見込みがあると思われる

26歳という年齢は社会人としての経験を3年程度はしてきて、働き方のノウハウや実績もある上に若くて体力もあるので成長の見込みがあると判断されており、多くの業種で26歳の人材を必要としています

今の業種と全く違う業界に飛び込んだとしても、26歳の人は今までに学んだことを新しい職場に活かせるだけの柔軟性があるので異業種だとしても自信を持って飛び込んでみましょう

メリット2:公務員にも転職が可能

26歳で転職を考えている人は、民間企業のみならず公務員にも転職ができるということを覚えておいてください。

地方公務員に関しては年齢制限があるので30代を過ぎてからの公務員への転職は難しくなってきますが、26歳であれば大学生や新卒の人たちと同じ立場で試験を受けることになります。

公務員は昔から福利厚生が充実しており、突然倒産することもなく非常に安定した職業なので安定した給与体制を重視している26歳におすすめです。

デメリット1:まだ経験不足と思われる可能性もある

26歳で転職をする場合、30代のキャリアがある人たちと比較されることも多く、まだ経験不足だと思われてしまうこともあるようです。

大学を卒業してから入社したとしたら社会人経験が3年程度の26歳よりも、10年程度キャリアを積んだ30代の人たちと比べると若さでは勝っていても、過去の経験を重視する企業の場合は経験としては力不足と判断することもあるようです。

26歳で転職を考えている場合は、経験重視よりも若さと伸びしろを重視する企業や業界を選ぶと転職に成功する可能性が高くなります。

デメリット2:それなりの転職理由が必要

26歳で転職するということは、現在の会社に勤務して3年から4年ということになるので、転職先に「もしかしたら、また5年以内で転職するのかもしれない」という不安を与えてしまうことも無きにしもあらずです。

中には長く勤務して欲しいという企業もあるので、企業側に不安を与えないためにも、どうして今の会社を退職して転職したいのかという明確な理由がないと転職先の面接官から内定をもらうことが難しくなってしまいます。

26歳で転職をしたいとぼんやり思っている人は、転職エージェントに登録して他の企業と今の勤務先を比較したり、26歳で転職する上でのメリットとデメリットをよく考えて転職理由を明確にしましょう

26歳の転職の5つの注意点

若さもあり社会人経験もある26歳での転職は非常に良い時期で、多くの企業が求めている人材でもありますが、転職する際にはいくつかの注意点があります。

これから、26歳で転職する上での注意点を5つ紹介していきます。

異業種への転職の場合の年収が下がる可能性がある

26歳で異業種へ転職したいと考えている場合は、未経験ということもあり今の収入よりも転職先の方が低いという可能性があります。

異業種への転職は新たなことへのチャレンジなので、より価値のあるキャリアと経験を積むことができます。

26歳は若くて新しいことにもチャレンジするにはベストな年齢なので、異業種への転職はおすすめですが、もし今よりも高収入を狙いたいという場合は異業種へ転職するよりも今の業界の中から転職先を見つける方が無難でしょう。

同業種への転職の場合はなぜ御社なのか志望動機を練る

26歳で同業種への転職をしたいという場合、転職先の面接官から必ず「なぜ今の会社じゃなくて弊社への転職を希望するのか」ということを質問されます。

その際は、今の会社に関する不満は決して公言せず、「今まで経験したことを御社で活かせる」というようなプラスな回答を考えておきましょう。

なお、26歳は若いということもあり給料体制や福利厚生などに関して、質問できない人も中にはいるかと思いますが、採用される前に自分が納得いくような採用の条件かどうかも確認することを忘れないでください。

転職回数の多さは今後の信用に関わる

26歳は転職するには最適な年齢で、多くの人が転職エージェントに登録して転職活動をしています。

しかし、転職回数が多くなると今後の信用が下がってしまうので26歳における転職のメリットとデメリットをよく考えて慎重に行うようにしましょう。

高卒の転職だと求人に制限がある場合がある

26歳は転職に向いている年齢ではありますが、大卒か高卒かで転職活動も変化してきます

転職エージェントに登録している一部の企業は、募集要項に大卒以上という条件を記載しており、高卒であった場合はたとえ26歳で若くても書類選考の時点で落選してしまう可能性が出てきます。

だからと言って、高卒だから転職は無理だということではなく、大学に行っていない分、社会人としての経験は大卒の人たちよりはあるので、社会人経験が豊富だということを強みにして転職活動をすることが可能です。

退職手続きは前もってやっておく

もし現在、在職中の場合は今の会社に迷惑をかけないためにも、転職活動と並行して退職手続きを計画的に行うようにしましょう。

退職する場合は、企業にもよりますが基本的に退職日の1ヶ月前ぐらい前から引き継ぎを行う、または業種によっては退職する3ヶ月ぐらい前から引き継ぎ作業をしなければなりません。

有給休暇が残っている場合は、退職してからだと有給休暇の消化は認められないので、退職する前に必ず有給休暇を消化するようにしましょう。

ブラック企業でない限り可能性は低いかもしれませんが、もし今働いている会社が退職を認めないという場合は、退職を認めないこと自体法律上認められていないので、もしこのような問題に直面した場合は近くにある労基署へ相談してください。

26歳の転職に人気のエージェント3選!

これから、26歳の転職に人気の転職エージェント3選を紹介します。

サービス名 特徴 対応エリア 拠点
マイナビエージェント 20代に人気 全国 東京(2箇所)・横浜・札幌
名古屋・大阪・福岡
doda 業種が豊富

全国・海外

北海道・東北・関東・東海・北信越・関西・中国・四国・九州・沖縄
パソナキャリア 海外転職 全国・海外 全国

 

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、様々な業種の企業が人材を探しており転職初心者でもスタッフが丁寧に相談に乗ってくれる転職サービスです。

マイナビエージェントの特徴

マイナビエージェントは、初めて転職する人にも丁寧にアドバイスを行っており、転職したい業種が決まったら企業担当アドバイザーに相談することもできて、求人票には乗っていない職場の雰囲気などの企業情報も伝えてくれます。

サービス名 特徴 対応エリア 拠点
マイナビエージェント 20代に人気 全国 東京(2箇所)・横浜・札幌
名古屋・大阪・福岡

マイナビエージェントの口コミ

ヒアリングもしっかりしてくれて気軽に相談ができました。模擬面接にも対応しているので、本番で緊張しなくてすみました。転職を考えている人に最適なサービスです。

マイナビエージェント

doda

dodaは業種が多様で数多くの企業が人材を探すために登録しているので、26歳の人だけでなく30代以降の人たちにも最適な転職エージェントです。

dodaの特徴

dodoのサイトには年収診断や転職タイプ診断などが無料でできるので、転職先について悩んでいる人にとって最適な転職エージェントです。

また、対応エリアが全国のみならず海外も枠に入っているので、思い切って海外で自分の力を試したい新たな経験を身につけたいという人向きです。

サービス名 特徴 対応エリア 拠点
doda 業種が豊富 全国・海外 北海道・東北・関東・東海・北信越・関西・中国・四国・九州・沖縄

dodaの口コミ

介護福祉士の資格を取ったので転職先を見ていたら、多種多様な業種の企業が登録されていて驚きました。女性のための転職相談にも乗ってくれました。

doda

パソナキャリア

パソナキャリア対応エリアが豊富で、転職のノウハウや履歴書の書き方などの転職に必要な情報を入手することができます

パソナキャリアの特徴

パソナキャリアは拠点が全国にあり各地でセミナーも開催されているので、転職を考えている人はセミナーに参加してみてから転職するかどうかを決めることができます。

また、海外にある企業も多く登録しているので、もしステップアップで海外に就職したいという場合はパソナキャリアをおすすめします。

サービス名 特徴 対応エリア 拠点
パソナキャリア 海外転職 全国・海外 全国

パソナキャリアの口コミ

得意な英語を活かしたくて、パソナキャリアでアメリカにある仕事を探していたところ無事に転職先を見つけることができました。

パソナキャリア

26歳の転職は慎重に行うべき!

26歳は若さと体力がありながら社会人としての常識やスキルもあり、一番転職しやすい年齢と言われています。

今の職場で身につけたスキルを活かす転職先を見つける際には、転職のメリットとデメリットをよく考えることが重要で、どうしても転職したい場合は転職エージェントに登録して転職活動を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました