32歳で未経験への転職の4つのコツ!32歳で知っておくべきことも紹介!

新しいことに挑戦をしたい頃でもである32歳ですが、未経験の職種に転職するのは厳しいのか?
本記事では男性だけではなく女性にも未経験で転職する上で知っておくべき知識やコツなどを紹介しています
転職活動をこれからする方でもわかりやすく解説しているので是非参考にしてみてください。

32歳で未経験への転職はできる?転職のコツと知っておくべきことも紹介!

32歳になり、未経験だけど転職はできるのか?と悩んだことがある方も多いのではないでしょうか。

本記事ではそのような悩みを持った方に、読んでいただきたい転職のコツや知っておくべき知識などを解説しています

32歳で転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

32歳で未経験の職種に転職する4つのコツ!

一般的に32歳で転職する多くの人はスキルアップや収入アップなどの理由で職場を変えることが多いです。その場合もともと持っているスキルや資格を生かして転職を成功させる人がほとんどです。

そこで今回は未経験での転職となると、何を武器に転職を成功させるのか?

ここからは未経験の職種に転職する以下の4つのコツを紹介していきます。

(下記の中見出しを箇条書きでリスト表記)

  • 職務を遂行するための十分な資格やスキルがある
  • 明確なキャリアプランを持ち計画的に行動できる
  • 未経験や希望以外の職種でも意欲的に取り組める
  • 女性はライフプランに合わせ優先順位を明確にする

①職務を遂行するための十分な資格やスキルがある

32歳となると新卒などと違い、採用してすぐに1人でも業務を遂行できるかという十分なスキルや知識などがあるかが大切になります。

もちろん採用する側も未経験とはあってもその職種にあった資格などがあると、人材育成のコスト削減にもなるので少しはプラスに物事を進めやすくなります。

まずは自分に資格やスキルがあるかを確認し、どの職種に合っているのか自分をよく知ることが大切です。

②明確なキャリアプランを持ち計画的に行動できる

キャリアプランを明確に設定せず転職活動を始める人も少なくはないです。

自分が設計したプランで行動できているか否かで転職だけでなくその後の仕事にも影響してくる恐れがあります。

採用以前に希望の業界が自分のキャリアプランに適しているのかというのも知っておくことが大切です

入社後の状況などを想像しながらキャリア目標を設定していくことが、32歳で未経験の職種に転職するコツとなってきます。

③未経験や希望以外の職種でも意欲的に取り組める

企業の面接で希望以外の職種でもやっていけますか?という質問をされることがあります。

その時に自分が未経験でもやりたい職種への信念を持ちつつ、柔軟に意欲的に取り組む姿勢というのが大事になってきます。

たとえ今まで経験したことのある分野が適任だったとも限りません。

未経験や希望以外の職種でも新たな発見や力を発揮することもあるので、何事も進んで取り組むことが大切になってきます。

④女性はライフプランに合わせ優先順位を明確にする

32歳での転職は男性だけでなく女性にも少なくはないでしょう。

企業によっては女性に関する質問で今後のライフプランを聞いてくることもあります。「結婚」や「出産」を控えている方であれば、「産休」や「育休」を取れる職種でなければなりません

未経験の職種に転職することだけを優先するのではなく、自分に合ったライフプランに合わせて優先順位を明確にすることが4つ目のコツになります。

32歳で未経験の職種に転職するなら知っておくべきこと

32歳に限らず転職活動をする上でしっかりと計画性を持って行動しないと失敗する恐れがあります

ここからは知らないと損をする4つの知っておくべきことを紹介しています。

  • 年収が上がる人は半数以下である
  • 未経験の職種より専門性のある職種の方が有利である
  • 転職期間は約3ヶ月以内 短期間に集中すると成功しやすい
  • 自己流で活動するより転職エージェントの活用が便利である

上から順に解説していきます。

 

年収が上がる人は半数以下である

転職をしたからといって必ずしも年収が上がるわけではありません。

32歳の転職となってくると企業側は即戦力の人材が欲しいはずですので、自分の持っている資格やスキルが年収につながるポイントにもなります。

「現在の職種をなぜ辞めてまで転職を考えたのか?」、「これからの未経験の職種で年収が下がってもやっていけるのか?」このような金銭面以外のところを視野に入れることも大切です。

未経験の職種より専門性のある職種の方が有利である

もちろん資格やスキルがない職種に転職をするのは少し難しいところがあります。

専門性のある職種の場合、今までと全く違う業界に採用されても過去のスキルやキャリアを生かすことが可能なので有利になります。

特に自分のやりたいことや職種がないのであれば、出来るだけ今まで携わってきた仕事に関連する職種を選ぶのもおすすめです。

転職期間は約3ヶ月以内 短期間に集中すると成功しやすい

32歳での転職は長期化するのではないか?と不安に感じている方が多いです。

だからといってずるずると引きずっていては、なかなか転職先が決まらず失敗してしまう恐れがあります。さらにはストレスや他者からの圧などで自信をなくしてしまいます。

そこで、転職期間の目安として3ヶ月以内の短期間に取り組むことで成功率が上がると言われています

転職活動期間を長期化しないためには、体調管理はもちろん転職の準備や面接時間の調整などの時間をあらかじめ確保しておくことがポイントになります

自己流で活動するより転職エージェントの活用が便利である

転職エージェントとは人材紹介サービスのことで、求職者の悩みを解決してくれるので自分にあった最適な職種選びの手助けになります

32歳で未経験の転職となると知らない業界や自分にどんな職種が合っているのかがわからないはずです。

自分と同じような悩みを持った方を何人も相手してきているプロの方に相談ができるので、自己流で活動するよりも転職の成功率が格段に上がります。

32歳で未経験の職種へ転職を成功させる!4つのできること

いざ転職活動をしようと思って行動しようとしますが、最初は何をやればいいのだろうと考えてしまうことありませんか?

そんな時に役立つ4つのできることを以下で紹介しています

何も手につかないという方は是非参考にしてみてください。

  • ハローワーク等の公的サービスを利用する
  • 企業のHPに直接応募する
  • リファラル採用できる企業を探す
  • 転職エージェントを積極的に活用する

できること1:ハローワーク等の公的サービスを利用する

ハローワークとは国民に安定した雇用機会を確保してくれる公的サービスのことで、誰でも利用できのが特徴的です。

無料で利用できることから求人者数も多く、色々な業種や仕事を選ぶことができます

転職で何をすればいいかわからない方はまずはハローワークから試しみると良いでしょう。

できること2:企業のHPに直接応募する

やりたい業種や行きたい企業が明白の場合、HPに直接連絡することがおすすめです。

中小企業をはじめ、飲食などの大量採用企業の場合は転職活動をする時期を問わず、通年募集を行っているので採用率も高いです。

求人サイトには出しておらず、自社ページのみでの応募も珍しくはないので積極的に応募することが大切です。

できること3: リファラル採用できる企業を探す

リファラルとは英語で「推薦・紹介する」という意味があり、希望の企業の社員に紹介してもらって転職する方法をリファラル採用と呼ばれます。

推薦で事が進むというのもあって、個人で応募するよりも面接や採用の難易度も下がるのが特徴的です。

友人や現在の職の知人などに話を聞いてみるところから転職活動をするのもできることの1つとなっています。

できること4:転職エージェントを積極的に活用する

未経験の職種に転職するにはその業界などの特徴や情報を少しは知る必要があります。

自分の周りの知人が幅広く職種について詳しいことは滅多にありませんよね。そういう時は転職エージェントがおすすめです。

それぞれの業種に精通したプロの方からアドバイスやサポートをしてくれるので、疑問に思っていることや聞きたいことを気軽の相談できます。

以下に未経験におすすめの転職エージェントサイトを紹介しているので、是非参考にしてみてください。

未経験に強い転職エージェント1:ハタラクティブ

  • プロ目線の企業の選び方
  • 転職内定率80.4%
  • 未経験業界なのに驚くほど受かる

ハタラクティブはたった1時間の相談で希望の転職先が見えてくるくらい未経験にとても強い転職エージェントです。

求人サイトには載っていない未経験歓迎の求人まで紹介しており、自分に向いている仕事を見つけるのに適しています。

業界未経験転職支援実績が15万人以上もいるので、初めての方でも安心して気軽に相談ができるのが特徴的です。

https://hataractive.jp/lp/173aa/00/00/00/?a=TY1AL5RE15LA0&presco_sid=409.43.60.5NCEKSd6e1430165&trflg=1

未経験に強い転職エージェント2:リクらく

  • サービスは全て完全無料
  • 未経験大歓迎・学歴職歴不問!
  • 内定後のアフターサービス

内定率がなんと94%で8割の人が未経験での転職を成功させています。

リクらくで就活をした95%の人が、友達におすすめしたい就活サービスと回答をするくらい充実したサポートが配慮されています。

書類の添削から面接練習まで手厚くサポートしてもらえるので、完全未経験の方でも安心して転職活動に取り組めます。

https://www.rikuraku.net/promotion/lp2/?presco_sid=1050.264.60.C40bycvtv1430201

32歳で未経験の職種へ転職するリスクとは?

いくら今の会社に不満があるからといってすぐに退社や転職をしてしまうのはかなりリスクのある行動なので気を付けたい部分でもあります。

転職を成功することだけをイメージするのではなく、ある程度のリスクを知っておくことも大切になってきます。

以下で転職する際のリスクを紹介してますので参考にしてみてください。

  • 転職回数が増えると選考に影響する
  • 年齢が上がるほど選択肢は狭くなる

転職回数が増えると選考に影響する

選考方法はそれぞれの企業にもよる物がありますが、転職回数は最低で2回までが一般的と言われています。

3回以上で一部の会社は選考に通りにくくなることがあり、企業側も転職してきた会社での経験や知識が少ないと感じてしまうのでイメージダウンにもつながります

面接などでは転職回数が多いということを引き目に捉えず、自分のセールスポイントを明確に相手に伝えることが重要になってきます。

年齢が上がるほど選択肢は狭くなる

未経験の転職となると新規プロジェクトなどを成長の期待をかねて若手に任せる企業も少なくはないです。

そうなってくると若手を欲しがる会社は必然的に経験豊富な30代を採用せずにいたり、そもそも30歳からの募集すらしていない企業もあります

32歳で未経験の転職というのは、20代とは違って選択肢が少ないところからのスタートになるというリスクも抑えておきましょう。

32歳の転職は未経験でもコツを掴めばできる!リスクも考慮して活動を

32歳で未経験の職種に転職をしようか悩んでいる方や今準備している方は今回紹介した4つのコツを是非参考にしてみてください。

闇雲にいきなり転職活動を始めるのではなく、転職エージェントなどで無料相談のサービスを使ってみたり、今後のキャリアプランを立ててから行動することで大きく成功の道が見えてきます

もしもの時を考え今の会社からいきなり退社や転職するのではなく、しっかりとリスクを把握してから活動をしてみましょう。

おすすめの記事