企業は20代後半を求めている

50代の転職が失敗する要因を知ることで、転職を成功させる勇気が出ない人や自分のスキルに自信が持てない人も、転職活動への一歩を踏み出すことができるはずです。

企業が50代転職者に抱くイメージや転職が失敗する50代の特徴を詳しく解説していきます。

50代転職は転職で失敗する人が多い

キーエンスへの転職前に知りたい悪い評判

50代転職を失敗させないためには、実績やスキルなど若いころよりもより多くのものが必要になります。

そのため、50代の転職は失敗するリスクが高く、なかなか転職が上手くいかないと悩む人が多いのも事実です。

しかし、少子高齢化が進む近年、労働力やコスト削減のために、あえて50代以上の転職者を受け入れようとする企業も増えてきています

年齢によるハンデを乗り越え、確実に転職を成功させるために、まずは必要なノウハウをしっかりと身に付けましょう。

50代転職で失敗する人の特徴5選

50代での転職が失敗する場合は、現実の自分と企業が求める人物像が一致していない可能性が考えられます。

企業が雇おうとは思えない人物には、決まった特徴があるのです。

以下の特徴に当てはまる人は転職が失敗する可能性が高いため、早急にかつ柔軟に自分の言動やライフスタイルを改めるようにしましょう。

  • 覇気がなく心身の不調を感じる
  • 年収アップを望み給料条件が合わない
  • 常識がない
  • プライドが高い
  • 仕事に対して消極的

覇気がなく心身の不調を感じる

50代という時点で、企業側は加齢に伴う体力の低下や発病の危険性を懸念しています

そのため、顔色が悪かったり、声色が明るくない人は、書類審査や面接の時点で転職が失敗してしまう可能性が高いのです。

普段から生活習慣が悪い人や運動不足の人は、自分が思っているよりも心身が弱っているように見えてしまいます。

できるだけメリハリのある生活を心掛け、適度に運動をし、元気な若々しい肉体と精神を取り戻すように努力しましょう。

特に、50代向けの求人も多いマンション管理人や警備員のような仕事は、経験よりも体力が必要になります。

とはいえ、50代になるとなかなか体力に自信が持てないのが普通でしょう。

しかし、心身ともに健康であれば、多くの50代転職者の中で有利に立ち回ることができるのも事実です。

年収アップを望み給料条件が合わない

現在の職場では今以上の稼ぎが期待できないため、50代で転職を決意する方もいるかもしれません。

何十年もかけて業務スキルを磨いてきた自分に、企業が前職と同等以上の給与を支払ってくれるものと期待するのは当然のことです。

しかし、50代で転職をして収入アップを見込めることは実際にはほとんどありません

給与アップを理由に転職を希望していることをアピールすると、転職が失敗する可能性が一気に高まります。

企業側はベテランの50代転職者ではなく、今後の成長が期待できる若い世代に、給与面や教育面でのコストをかけたいと思っているのです。

知人からの紹介など、好条件で転職先が決まる場合以外は、転職後、ある程度収入が減少することは覚悟しておきましょう。

常識がない

50代ともなれば、年相応の常識を身に付けているものと企業側は期待しています。

そのため、履歴書の書き方や面接のマナーが守れていないなど、常識が疑われる要素がある50代は転職に失敗してしまうのです。

まだ経験の浅い20代や30代の転職者の場合は、今後の成長も見込んで採用されることがあります。

しかし、50代の転職者に求められるものは、培ってきたビジネスマナーや人間性なのです。

常識ももちろんですが、業務上の専門知識もある程度求められます。

50代の転職を失敗させないためには、多くの場合、豊富なビジネス経験をアピールし、即戦力として役立つことを証明しなければなりません。

プライドが高い

50代の転職において年相応の経験やスキルがあることは重要ですが、高すぎるプライドはかえって転職失敗の要因となってしまいます。

今まで管理職や上司の立場で職場の人間と接してきた人も、新しい職場では一番の新人に降格します。

それは、管理職として採用された場合でも同様です。

28歳の未経験への転職のアピールのコツ

面接の時に自分がのこしてきた功績について話すのは当然のことですが、あまりにも自信満々に話してしまうと、プライドが高く、傲慢な印象を与えてしまいます。

自信過剰な50代転職者の場合、自分よりも若い人間の指示に従うとは思えないと面接官に判断され、不採用とされてしまうのです。

50代の転職を失敗に終わらせないためにも、謙虚な姿勢は常に忘れないようにしましょう

仕事に対して消極的

上司からの指示があるまで動けなかったり、言われた仕事だけをこなすような積極性に欠ける50代の転職者は、残念ながら採用されません。

面接の時も、新しい職場でどのようなことを頑張りたいのか、自分で考えて行動できるところを上手くアピールできないと、転職に失敗してしまいます。

50代の転職者に対し、「職場をより良くするためにどのようなアクションが必要なのか、積み重ねてきた数十年の経験から自分で導き出してほしい」と企業側は期待しているのです。

未経験職種の場合、どうしても自分で行動を起こすのが難しいこともあります。

そのような時には、積極的に質問をし、早く業務スキルを習得できるように自ら行動できることを示しましょう。

積極性が認められ、失敗する可能性が低くなります。

50代転職を成功させる3つの方法

50代で転職を成功させるには、まず若い頃とは別の視点を持たなくてはなりません。

やる気や情熱だけでは、50代の転職は失敗に終わります

転職を成功に導く具体的な方法は、以下の通りです。

  • 50代相応のスキルや経験をアピールする
  • 面接では謙虚さを心がける
  • 的確な指示やフォローできる事をアピールする

50代相応のスキルや経験をアピールする

20代前半から50代になるまでに培ってきたスキルは、若手が持っていない50代ベテランだけがアピールできる重要なポイントです。

管理職などの役職についたり、チームをマネジメントしてきた経験がある人は、過去の実績が分かる具体的な内容を提示しましょう。

中には昇格経験などがなく、これといったスキルがないと自分の経験に自信が持てない方もいるかもしれません。

その場合は、自己分析が足りていない可能性が考えられるため、転職に失敗しないように過去に携わった業務を一つひとつ棚卸ししてみましょう。

面接では謙虚さを心がける

50代の転職者の場合、高すぎるプライドを捨てて、相手に対して謙虚な姿勢を示すことができなければ、転職の失敗率が大幅にアップします。

それまでの地位に驕ることなく、自分の能力を新しい企業のために何とか活かしたいと心から思うことで、年下の上司の指示にも従ってくれる素直な人柄の持ち主だと判断されるのです。

実績や業務成績だけをアピールしても、50代以下の他の転職者には勝てません

長年磨いてきた人間的な魅力こそが、50代転職者が積極的にアピールするべきポイントなのです。

的確な指示やフォローできる事をアピールする

指導力を伝える

幹部職に転職しようとする場合限定ではありますが、50代転職者の合否を判断する時に、マネジメント能力や指導力の高さも重視されます

50代の幹部候補を採用しようとする企業は、若手ばかりの組織の中で、ベテランとして引っ張って行ってくれる頼もしい人材を求めています。

今までの会社で部下やチームをどのように指導してきたのか、具体的に答えられるように準備をしておきましょう。

ただし、幹部職に転職するわけではない人間が、部下や後輩を指導してきた経験を得意げに話してしまうと、「プライドが高く扱いにくい人材だ」と判断され、面接が失敗してしまうので注意が必要です。

企業側が50代転職に対して抱く3つのイメージ

50代の転職者を採用しようとしている企業だからといって、50代の転職に対して良いイメージだけを抱いているかというとそうではありません。

50代で転職を決意する理由やその年齢自体へのイメージが、転職の失敗に繋がる可能性は十分に考えられます。

企業が50代の転職者に対して感じている以下のような不安材料を取り除けるように、的を絞ってアピールしていくことが重要です。

  • 病気の心配がある
  • プライドが高く扱いにくい
  • 仕事ができないのでは?と感じる

病気の心配がある

50代の転職者に対して、多くの企業は生活習慣病や老化による発病の可能性を考えています。

肉体的に不健康そうな人物や精神的に弱ってみえる50代の場合は、転職が失敗してしまうでしょう。

とはいえ、加齢による病気のリスクは、企業側も50代の人材を雇おうとする以上、ある程度は覚悟しているはずです。

日頃から健康に気遣って生活をしており、今まで病気一つしたことがないなど、健康面に自信があることをアピールできればそれほど問題はないでしょう。

プライドが高く扱いにくい

50代で新しい職場に就職しても、プライドが邪魔をして素直に指示に従えないのではないか、という不安を企業側は抱いています。

50代になると性格がやや頑固になってきたり、視野が狭まったりしてくる傾向があるためです。

それまでずっと謙虚さを心掛けて生きてきた人は心配いりませんが、部下や後輩に偉そうな態度を取りがちだったり、命令されると腹が立つような性格をしている人は、転職に失敗する可能性があります。

高すぎるプライドは捨て、周囲への感謝や思いやりを常に持つように心掛ければ、プライドが高い印象を与えません。

仕事ができないのでは?と感じる

50代で転職をする人に対して、企業側は業務スキルが低く、前職で評価を得られなかったのではないかというイメージを抱いています。

50代で転職を決意したからといって、必ずしも仕事ができないというわけではないのですが、若い世代よりも豊富な知識と経験をアピールできなければ、なかなかマイナスイメージを塗り替えられないのも事実です。

50代での転職に対するマイナスイメージがあることは謙虚に受け止め、自分には十分な業務スキルがあることを誠意をもって示していきましょう。

50代の転職で役に立つ3つの資格

50代で何も資格がない状態で転職をしようとしても、失敗してしまう可能性が否定できません。

転職の成功率を高めるのに役立つ、50代転職者におすすめの資格を3つ紹介します。

  • ファイナンシャルプランナー
  • 社会保険労務士
  • 介護職員初任者研修

ファイナンシャルプランナー

金融業界や保険業界で働いてきたという人は、税金や保険に関する専門知識が身につくファイナンシャルプランナーの資格を取得してみましょう。

自身のキャリアにプラスしてファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば、即戦力として役に立てることをアピールでき、失敗を避けられます。

また、ファイナンシャルプランナーの試験勉強をすることで、年金や資産運用など、今後の人生に役立つ知識も得ることができるため、50代の転職者にとっては一石二鳥です。

社会保険労務士

事務などに長年携わってきたという50代の転職者は、社会保険労務士の資格を取ってみると良いでしょう。

企業にとっての宝である人材を支えるプロとして、人事や労務に携わることができる能力と経験があることをアピールできれば、失敗を成功に変えられるどころか、幹部職への転職も期待できます。

「働き方改革」の影響を受け、労働保険や社会保険手続きに追われている企業もあれば、人事・労務管理のアドバイスを必要としている企業も多くあります。

社会保険労務士の資格は、企業の抱えるあらゆるニーズに応えることができる50代転職者と相性の良い資格です。

介護職員初任者研修

介護職業界の人手不足は深刻で、50代の未経験者であっても積極的に採用しているような施設が多いです。

しかし、未経験の場合はできる仕事も限られてきますし、何の知識もない状態で50代から介護職に転職しようとしても、過酷な業務についていけず失敗してしまう可能性が高いでしょう。

介護に関する知識をたくわえ、ある程度の融通を利かせて仕事ができるように、介護職員初任者研修の資格だけでも取得しておいた方が賢明です。

50代転職は失敗しやすい。成功する方法を熟知しよう

20代や30代の将来有望な転職者が多い中、50代の転職が成功する確率は、残念ながらそれほど高くはありません。

それでも、生きていくために転職を失敗させるわけにはいかないという50代の転職者は多くいます。

失敗しやすい50代の転職を乗り切るために、本記事で紹介した50代の転職を成功させるためのノウハウをしっかりと熟知し、転職活動に取り組みましょう。

おすすめの記事