32歳の転職のコツ4選!成功する人と失敗する人の違いや、人気エージェントも紹介!

32歳で人生を見つめなおし、転職を決意する人は少なくありません。

しかし、30歳以降の転職活動は一筋縄ではいかないことも多々あります。

この記事では、32歳という年齢で転職活動を成功させるために知っておくべきコツやノウハウを解説していきます。

32歳の転職のコツとは?成功する人と失敗する人の違い等を紹介!

32歳で転職を成功させるには、明確な目的意識がなくてはなりません

転職をしてどのようにキャリアアップしていきたいのか、どのようなスキルを身に付けたいのか、など具体的なライフプランを設計することが転職活動の成功に繋がります。

なんとなく新しい仕事がしてみたいから、というような動機が通用するのは20代までです。

同じ32歳の転職希望者でも、転職に成功する人と失敗する人では、自身の人生に対する向き合い方がまったく違います。

32歳の転職のコツ4選!

32歳という年齢で満足の行く転職活動を行うためには、様々なコツがいります。

面接に受かることも大切ですが、自分が続けられる仕事を探すという点では会社選びも非常に重要です。

そこで、希望通りの職場で長く仕事を続けられるように、32歳で転職を成功させるコツを4つ厳選しました。

  1. 企業が求める人物像を絞り込む
  2. 現職のキャリアが活かせる仕事を探す
  3. 転職先の選択肢を増やす
  4. 女性はライフプランを考慮しつつ就職先を探す

①企業が求める人物像を絞り込む

会社ごとに必要としている人材は異なりますので、自分の持つスキルや経験を必要としている企業をしっかりと見極めましょう。

20代や新卒など若い人材のみを求めている企業もありますが、近年では経験豊富な30代を積極的に採用するような企業も増えてきています

注意すべきなのは、ただ30代であれば誰でもよいというわけではなく、即戦力になり得る人材を企業は求めているという点です。

未経験の業種で仕事を探す場合も、今までの経験を活かしどのように企業の役に立つことができるのか、明確にしておいた方が成功しやすいでしょう。

②現職のキャリアが活かせる仕事を探す

32歳の転職者を採用しようとする企業は、32歳になるまで10年近く培ってきたキャリアを活かし、会社の力になってくれるような人材を求めています。

まったく関係のない業種を選ぶよりも、今までの業務スキルを活かせるような転職先を選んだ方が、成功率はアップするでしょう。

どうしても未経験業種にチャレンジしたいという場合は、「未経験者歓迎」と書いてる企業を探すか、新業種に関係のある資格を取得すると成功しやすくなります。

③転職先の選択肢を増やす

32歳の転職活動はなかなかスムーズにいかないことも予想されるため、転職先は1つに絞るより、複数候補を選んでおいた方が良いでしょう。

32歳で転職先を探すとなると、20代の頃とは違い、なかなか条件の合う企業を見つけ出すことが難しくなります。

だからといって適当に選んだ企業に就職して、結局また転職をする結果になってしまったとなれば本末転倒です。

選択肢にあるどの転職先に就職しても満足できるように、企業の雰囲気や仕事内容、求人条件などをしっかりと吟味し、複数の転職先を選んでおきましょう。

④女性はライフプランを考慮しつつ就職先を探す

女性の場合は結婚をして退職をする予定があるのか、また子供がいるのであれば「定時退社」など必要な条件がないか考慮して転職先を選択する必要があります。

企業側もせっかく雇った人材にすぐにやめてほしいとは思っていませんし、転職を覚悟した側もできるだけ長く働いていたいというのが本音でしょう。

自分の生活やライフプランを崩さないように優先順位を明確にし、「力仕事なし」や「福利厚生の充実」など絶対条件を重視して転職先を選んだ方が、双方にとって良い結果となるのです。

32歳の転職で成功する人と失敗する人の特徴

転職活動を同じ32歳という年齢で初めたとしても、上手くいく人といかない人がいるのは事実です。

両者には明確な違いがあり、それぞれ注目すべき特徴があります。

ぜひ自身の特徴と照らし合わせて、転職活動の参考にしてみてください。

32歳の転職で成功する人の特徴

32歳で転職を成功させる人は、自分を客観的に見つめ、無理なく転職活動を行うことができる人です。

具体的には、以下のような特徴を持っています。

  1. 期間を定めて転職活動に取り組んでいる
  2. 専門性を活かした職種を選んでいる

特徴1:期間を定めて転職活動に取り組んでいる

転職に見事成功できる人は、期間をきちんと定めて就職活動を行っています。

だらだらと進めるよりもある程度期間を決めることで、より計画的に準備を進めることができ、結果的に面接などでも良い結果を残せるのです。

ちなみに、32歳の転職に必要な期間は、おおよそ3ヶ月程度だといわれています。

初めから3か月間と分かっていれば、多少無理をしてでも一生懸命転職活動に取り組もうという気になれるのです。

特徴2:専門性を活かした職種を選んでいる

転職先にSEや営業職といった専門性の高い業種を選んでいるのも、32歳で転職に成功する人の特徴です。

前職でスキルを磨いてきたという経験者が、より高い専門性を求めて転職する場合が多いですが、中には未経験から専門職にチャレンジしようとする人もいます。

専門性の高い業種では経験豊富な人材も即戦力として必要としていますが、もともとの人材が少ないこともあり、意欲的な未経験者も積極的に採用しているという企業が多いのです。

32歳の転職で失敗する人の特徴

32歳の転職に失敗する人の多くは、自己分析があまりできていなかったり、自分の持つ可能性を自ら狭めてしまっていたりするという特徴を持っています。

転職に失敗しないためにも、以下のような特徴に自分が当てはまっていないか注意してみましょう。

  1. キャリアプランが定まらず狙いが散漫である
  2. 単一の方法で転職先を探している

特徴1:キャリアプランが定まらず狙いが散漫である

転職をしてどのようなキャリアを積みたいのか明確に決められていない人は、自己の曖昧さを企業に見抜かれ、面接や書類選考で落とされてしまいます。

仕事でどのようにキャリアアップをしていきたいのかをはっきりと見定めることで、次の転職先で頑張りたいことが絞られてきます。

目標を絞ることで、明確なやる気を面接官に伝えることができ、採用に繋がるでしょう。

特徴2:単一の方法で転職先を探している

32歳の転職はあらゆる方法を利用して並行して進めていくことで、成功確率があがります。

たとえば信頼できる先輩に相談しながら、ハローワークに通うことで、より転職先の候補が増やせるのです。

また、より確実に転職を成功させたいという場合は、転職エージェントを利用するのも有効な手段です。

転職エージェントは、転職活動に必要になる雑務を代行してくれるばかりか、プロが転職のアドバイスをしてくれるので、32歳の転職に自信が持てないという人はぜひ利用してみると良いでしょう。

32歳の転職で人気のエージェント5選!

転職希望者の中でも、特に32歳で転職を行う人におすすめの転職エージェントを5社紹介します。

各転職エージェントの求人数は以下の通りです。

会社名 求人数
マイナビエージェント 約2万件
リクルートエージェント 約30万件
ビズリーチ 約13万件
パソナキャリア 約4万件
doda 約10万件

5位 マイナビエージェント

第二新卒のための独占求人を多数所有している転職エージェント。

丁寧なサポートが受けられると評判で、20代後半の利用者が比較的多いです。

30代前半の転職希望者からのニーズにもある程度対応可能ですが、求人数は少なく、中小企業の求人が中心となるため、高い目標を持って転職先を探している人には物足りないかもしれません。

また、手厚いサポートのために密に連絡を取る傾向があるため、仕事で忙しい32歳の転職者は少々煩わしさを感じる可能性もあります。

求人の質 ★★☆☆☆
求人の量 ★★☆☆☆
サポート力 ★★★★☆
提案力 ★★★☆☆
得意分野 あり

https://mynavi-agent.jp/

4位 リクルートエージェント

求人の量の多さと質の高さが自慢のリクルートエージェント

得意とする求人分野は特にありませんが、幅広い分野の求人を集めているため、転職希望者のニーズに柔軟に応えることができます。

一人一人に就職のプロが担当者としてつき、面接の対策や練習までサポートしてくれるのが魅力です。

交渉力にも自信ありですが、少々強引なところもあり、「何が何でも就職させるぞ!」という気合いが利用者にはデメリットに映ることもあるようです。

また、連絡がなかなか来ないという口コミも目立つため、転職を急ぐ方は注意した方が良いでしょう。

求人の質 ★★★★★
求人の量 ★★★★★
サポート力 ★★☆☆☆
提案力 ★★★☆☆
得意分野 なし

https://www.r-agent.com/

3位 ビズリーチ

求人の量が多く、中でも高収入の求人が多いというところがメリットです。

さらに、各分野を専門にしているヘッドハンターも多く在籍しているため、利用者は自分が気になる分野のヘッドハンターを選んで相談することができます。

明確な目的意識を持って転職先を探したい方にはおすすめの転職エージェントです。

ただし、すべてのサポートを無料で受けられる他社エージェントとは違い、ビズリーチのサービスをフル活用するには、有料のプレミアムプランに登録する必要があります。

また、エージェント側から手厚くサポートを行うというよりは、利用者の積極性に任せている部分が多いので、その点も注意が必要です。

求人の質 ★★★★★
求人の量 ★★★★★
サポート力 ★★★☆☆
提案力 ★★★☆☆
得意分野 あり

https://www.bizreach.jp/

2位 パソナキャリア

30代をメインターゲットとしている転職エージェントです。

年齢制限はなく、転職希望者が自分の希望通りの企業と出会えるよう、優良な求人のみを取り揃えています。

求人の数は大手ほど多くはないのですが、その分、求人の質は高いと評判です。

得意としている業種は特にないので、あまりに専門性の高い転職先に対しては、アドバイス力を発揮できないこともあります。

とはいえ、どんな経歴の利用者にも丁寧にサポートや提案を行ってくれるため、32歳の転職に不安があるという方にはおすすめの会社です。

求人の質 ★★★★★
求人の量 ★★★★☆
サポート力 ★★★★☆
提案力 ★★★★☆
得意分野 なし

https://www.pasonacareer.jp/

1位 doda

他社よりも手厚いサポートが、すべて無料で受けられると評判のdoda。

非公開にしている求人数も多く、一人一人につく担当者が自分の魅力や可能性を見出し、的確な求人を紹介してくれます。

企業とのコミュニケーション能力も高く、面接での失敗を後に人事に電話してカバーしてくれたという口コミも見受けられるほど、親切な会社です。

30代から40代まで幅広い年齢の転職者をサポートしてきた実績があり、面接の必勝テクニックなども熟知しています。

求人の質 ★★★★★
求人の量 ★★★★☆
サポート力 ★★★★★
提案力 ★★★★★
得意分野 なし

https://doda.jp/

32歳の転職は難しい?2回目3回目の成功率は?

キーエンスの面接でされる質問例

32歳で転職を行う場合、年齢はもちろん転職回数も気になるところです。

実際に2回目や3回目の転職の成功率がどれぐらいになるのか、解説していきます。

  • 2回目の転職までは成功率が変わらない
  • 3回目以降の転職の成功率は一気に下がる

2回目の転職までは成功率が変わらない

生涯で就職した会社が2社以上あるという人は、意外にもそれほど少なくはありません。

新卒でどこでもいいから就職したいという気持ちで入った会社で躓き、1回転職をしたら今度は職場で培ったスキルをもっと別の企業で活かしてみたいと感じる人もいるでしょう。

2回目の転職ははっきりとした目的意識を持って行われることが多いため、転職活動にも精が出ます。

その結果、自分が本当に働き甲斐を感じる仕事や企業には、2回目の転職で出会えることが多いのです。

3回目以降の転職の成功率は一気に下がる

3回目の転職は企業側にもあまり良い印象を持たれません

よほど具体的で説得力のある退職理由がないと、「うちの会社に来てもすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまうためです。

以前に勤めていた4社をすべて退職した正当な理由を見つけるのは、容易なことではありません。

3回転職することは決して悪いことではないですが、ハードルは間違いなく高くなってしまうということを肝に銘じて、よりしっかりとキャリアプランを練り、信頼できる転職エージェントに相談するようにしましょう。

32歳の転職は2回目までがカギ!失敗しないようエージェントを選ぼう

32歳になるまでに、転職はできるだけ2回までにとどめておきましょう。

転職回数が増えると、どんなに立派な志を持っていても、企業側には厳しい目で見られることが多くなってきてしまいます。

どうしても転職を成功させたいという方は、一人きりで頑張らずに、転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

32歳の転職をサポートしてくれるプロがいるのは心強いですし、一人では気が付けなかった自分の長所に気付かせてくれるエージェントも多くいます。

転職エージェントを利用して、32歳の転職活動を間違いなく成功させましょう。

おすすめの記事