30歳独身女性が転職で知っておくべき4つのことと失敗しないコツは?

30歳になって仕事が出来るようになると、さらに新しいことへチャレンジしたいという気持ちが芽生える一方で

「結婚や出産を控えた独身女性の需要はあるのか」

「理想のキャリアアップが出来るのか」

といった不安や疑問が浮き彫りになると思います。

しかし、現在の転職事情を様々な目線で見ればそんな不安や疑問も解消されるのではないでしょうか。

この記事では、企業側の事情や世の中の需要などから分かる30歳の独身女性が転職の際に押さえるべきポイントを紹介していきます。

30歳独身女性の転職で知っておくべき4つのこと

まずは企業から求められる人とはどんな人材なのか、企業側の考え方や採用動向を理解することから始めましょう。

そこから自分が何をすべきなのか、どのような考えを持つべきなのかが分かります。

30歳独身女性の転職で知っておくべきことは下記の4つです。

転職する際の参考にしてください。

  1. 30代の転職は30代半ばまでがチャンス
  2. 実績や資格が示せれば転職が有利になる
  3. 契約社員か正社員か今後の働き方を考える
  4. 既婚女性が採用されやすいわけではない

30代の転職は30代半ばまでがチャンス

求人リストを見ると30代前半を対象とする求人が多くあることが分かります。

また、未経験可と表記されているものは30代前半までの募集が大半です。

ですので早めに行動をすること30歳前半の方は転職に有利になると考えておきましょう。

実績や資格が示せれば転職が有利になる

では、30代後半での転職は不利になるかというとそんなことはありません。

しかし、20代、30代前半にはない実績やスキルが30代後半の女性の転職には必ず必要です。

自分の理想の転職を実現させるには今までの会社で、どのような資格、またはスキルを習得し、どのような経験を積んできたという情報が必ず必要になるでしょう。

そうすれば、その職種で活躍出来るだけの力があることをを証明する材料になり、期待が集まる可能性があります。

契約社員か正社員か今後の働き方をよく考える

現在、雇用の形態は変化を続け多様化しています。

正社員や派遣社員、契約社員、個人事業主やウェブ上のサービスを介して、仕事を受注するクラウドワーカー、フリーランス、など新しい選択肢が次々に生まれるなかで、自分に合った働き方を見つけるのはとても難しいことではないでしょうか。

人生の満足度や幸福度を高めるうえで、理想のライフスタイルや価値観にあった働き方を選ぶという事はとても重要なことです。

まずは自分のやりたい事を書き出し、優先順位をつけましょう。その中から自分が一番優先したいことが出来る働き方を選ぶと良いでしょう。

自分に合った働き方を見つけるには、目標とするキャリアパス、やりたいことや価値観、理想の環境を改めて確認し、将来をしっかり考えることが大切です。

既婚女性が採用されやすい訳ではない

既婚の女性が独身よりも採用されやすいと考える人は多いようです。

なぜそのように考える方が多いのでしょうか。

理由として3つ挙げられます。

  • 結婚、出産で生活が変わってしまう可能性がある
  • 結婚、出産と同時に退社の可能性がある
  • 仕事と家庭の価値観が固まっていない

ただし、採用担当者にしっかりと自分の意志を伝えれば、上記の内容で落とされることはありません。

下記のポイントを押さえて自分の意志を伝えましょう。

  • プライベートと仕事のバランス
  • 仕事の価値や重要性、現実的な40代の目標、理想的な50代の目標
  • どのようなことを仕事で達成したいか

上記のような価値観を具体的に伝えることが、30代の転職には求められます

30歳独身女性が転職で失敗しないための5つのポイント

ここまで求められる人材のポイントについて紹介してきましたが、会社選びを失敗してしまえば元も子もありません。

どんなことに気を付けて選ぶべきなのか、どういった動きをすればいいのかなど絶対に覚えておいてほしい準備段階におけるポイントの話をしていきます。

下記の5つが絶対に押さえておきたいポイントになります。

  1. 女性だからとキャリアを諦めない
  2. 条件や待遇にこだわりを持ちすぎない
  3. キャリアプランを明確にして転職先を選ぶ
  4. スキルや実績など自分にしかない強みを考えておく
  5. 仕事を辞める前に転職活動を始める

上記のことを理解して行動に移しましょう。

女性だからとキャリアを諦めない

女性が採用されやすいという理由だけで派遣社員に切り替えると後々後悔するかもしれません。

「40歳までに結婚して養ってもらえば契約社員でもいいかな。」

と安易に考えてしまうことも危険です。

独身で40歳を迎えたとしても1人でしっかりと収入を得られるようにしておきましょう。

やりたい仕事が派遣社員でしか働けないが、将来のビジョンに納得している場合は別ですが、簡単に妥協はしないようにしましょう。

条件や待遇にこだわりを持ちすぎない

「今まで以上にさらに上のステージで働きたい」という気持ちも理解できますが、

待遇の内容に執着するとさらに求人の数が減り、転職が難しくなります。

待遇がよくて入社してみたものの思っていた仕事と違う、男性社員ばかりで働きにくいなど新たな問題が起こることもあります。

ですから待遇の内容ばかりにこだわらず、業務内容、会社の環境なども考慮することが転職をする上で大切になります。

③キャリアプランを明確にして転職先を選ぶ

自分の理想の姿を実現させるために何をするべきなのか、何をしたいのか一度書き出してみましょう。

すると、自分にとって絶対に譲れない転職における条件が出てくるはずです。

希望条件がいくつもあるとなかなか転職できません。ですので絶対に譲れない条件を決めておくことは大切です。

④スキルや実績など自分にしかない強みを考えておく

「ビジネスパーソンとしてのあなたの強みは何ですか」

と聞かれたらはっきりと迷うことなく答えることが出来るでしょうか。

スキルや実績ももちろん自分の強みになると思います。

加えて自分らしい行動や考え方を持ち、それらも強みにしてほしいと思います。

ただ単に「頑張りました」「出来ました」という話をするのではなく、実績を挙げるためにどんなことを考え、どのように行動し、どう工夫したかなどのエピソードを話しましょう。

自分の考え方や行動力における強みを相手に伝えることが大切だということです。

仕事を辞める前に転職活動を始める

前述の通り30代は、年齢とともに転職が難しくなります。現職を継続しながらの転職活動をお勧めします。

すぐに転職先が決まると思い離職したものの、なかなか決まらず経済的にも精神的にも追い込まれてしまう人が多いようです。

焦るとついつい妥協してしまい、自分の思い描いていた転職とはかけ離れてしまいます。

ですので妥協をせずに納得のいく転職をしたい方は現職を継続しながら転職活動をしましょう。

30歳独身女性が面接でアピールできる強みとは

ここからは面接におけるポイントを紹介していきます。

会社が求めるような人材になり、自分が希望する条件に当てはまる会社を見つけるところまでのポイントは分かっていただけたと思います。

しかし、どれだけ入念に準備をしてきても採用担当者に自分の魅力が伝わらなければ何も意味がありません

面接の際は下記の3つの事を相手にうまくアピールしましょう。

  1. 取得したスキルや資格
  2. 前職の実績やマネジメント経験
  3. 今後長期にわたって働く意思/意欲

取得したスキルや資格

30歳以降の転職では、今までに習得したスキルや持っている資格を売り込むことが大切です。

なぜなら企業は即戦力で活躍できる人材であることを30代以降の転職者に求めているからです。

今までに習得したスキルや持っている資格は、自分が即戦力で活躍できることを証明できる大切な材料となります。

また、専門的なスキルだけでなくコミュニケーション能力や行動力なども評価の対象になります。

前職の実績やマネジメント経験

前職で実績やマネジメント経験はアピールするべきポイントです。

同じ業種、業界への転職を考えている方はこれまでの実務経験や実績を交えてアピールしましょう。

違う業種、業界へ転職する場合はこれまでの経験がどのように活きてくるのかを抽象的に伝えましょう。

実務経験は年齢を重ねるほど重要視されます。ですので、マネジメント経験や指導経験がある人は優遇されやすいです。

詳細が分かるようなストーリーがあれば小さなことでもアピールすることが出来るので、これまでの実務を振り返って確認してみましょう。

今後長期にわたって働く意思/意欲

企業は30代の女性が結婚や出産によって退職するリスクを危惧しています。

そのため30代の独身女性は長期にわたって働く意思があることをアピールすることが大切です。

採用したら即戦力として活躍できる人材を求めているため、企業によっては今後の結婚や出産の予定を確かめる場合もあります。

その際は長期にわたって働く意思があることをアピールしましょう

家庭と仕事のバランスや価値観が伝われば企業の不安も解消されます。

不安がなくなれば、採用に意欲的になる可能性は上がります。

30歳独身女性が転職しやすい業種5選!

ここまで転職するにあたって知っておくべきことや失敗しないために心得ておくべきことを紹介してきました。

ここからはどんな業界が需要があるのか詳しく紹介していきたいと思います。

自分に合った働き方の業界を見つけるきっかけをお届けできればと思います。

5位 配送業

ネット通販が急激に増えている反面、物流業界は配送業務の供給が間にあっていないのが現実です。

ですので30歳独身女性でも積極的に採用するでしょう。ドライバーなら大型の免許が必要になるだけで、他は何もいりません。

しかし、長距離輸送など体力的負担がある上、仕事中心の生活になる可能性があります。

このような勤務条件でも働けるならば転職を考えていいと思います。

他の業界と比べ働き方が違うので勤務条件などをよく確認した上で転職しましょう。

4位 不動産/建設業

男性が主体となっていますが実は女性が求められている業界の1つです。

しかし、体力、根性、忍耐力が必要となる業界ですので将来的なことを考えると肉体的に厳しいかもしれません。

一方で、女性の活躍が期待されているのが建設業界です。

女性のデザインや視点を求めるクライアントが増えてきている事が背景にあります。

そのため、結婚や出産の可能性がある30歳の独身女性でも企業としては積極的に採用したいのです。

ですので女性が少ない環境ですが非常に転職しやすい業界だといえるでしょう。

3位 IT/WEB関連業

IT/WEB関連業界は今後さらに成長を遂げる業界といえます。

そのため需要の増加に伴い、求人の数が一番多い業界と言えます。この業界は技術の進化が著しく、常に変化に対応するために勉強しなければいけません。

需要が増加しているのですでに技術や知識が身についている30代女性にはおすすめです。

急成長の業界なので仕事は多くなるケースが多いです。ですので、体力と精神力の強さがある程度は必要になります。

2位 サービス業

主に飲食やイベントを仕事とするサービス業は、30代の女性が主体となって活躍している業界です。

スキルがなくても転職しやすい>うえに、人の出入りの多い業界なのでたくさんの求人があります。

しかし、立ち仕事が大半を占めるので体力仕事と言えます。

朝早い仕事から、夜遅い仕事まであるので自分のライフスタイルに合った仕事を見つけやすいです。

1位 福祉関連業

福祉関連業界の深刻な人手不足は社会問題にまでなっているほどです。

そのため、未経験でも積極的に採用をしています。

また、前職で培った接客対応やコミュニケーション能力が最も生かせる業界だと言えるでしょう。

働きながら資格取得を推奨する会社もあるため、新たなキャリアを築きたい人にはおすすめです。

30歳独身女性の転職は30代前半までがカギ!失敗しないよう強みを作ろう

もし転職しようか迷っているならば、早く決断を下してすぐ行動に移しましょう。

決断に時間をかけて年齢を重ねてしまうと後悔するかもしれません。

この記事で紹介した知識やポイントを押さえて転職活動を行えばきっと理想のキャリアアップが出来るはずです。

まとめると以下の通りです

  • 30代の転職は30代半ばまでがチャンス
  • 既婚女性が採用されやすいわけではない
  • 仕事を辞める前に転職活動を始める
  • 今後長期にわたって働く意思/意欲をアピール 
おすすめの記事