29歳の転職はさすがに難しい?30歳までに転職すべき理由と失敗しないコツも紹介!

29歳は、30歳の大台を目前に今後のキャリアについてとても悩む時期です。

29歳にもなると、もう転職も厳しいのでは?と一歩踏み出すのに勇気がいることでしょう。

しかし実は、20代のうちに行動を起こすことは、転職市場においてとても大切なことなのです。

本日は、20代のうちに転職することの重要性をご紹介いたします。

29歳の転職は難しい?30歳までに転職すべき理由と失敗しないコツとは?

まだ20代とはいえ、29歳にもなった自分に需要があるのか?と思い悩んでいませんか?

もう若手ではないのではと心配になったり、転職に失敗してしまったらどうしようと不安になることでしょう。

しかし実は、20代のうちに転職をすることはそこまで難しくありません。 

29歳の転職事情とは?

29歳の人材は、企業からみると魅力的な採用ターゲットです。

若くて今後の伸び代に期待できる年齢でありながらも、知識やスキルをある程度身につけた即戦力でもある人材だと見られます。

若手である一方、中堅としての強みも合わせ持った人材として転職市場では需要があります。

  • 29歳までは転職の成功率が高い
  • 柔軟性と適応力があれば同業種への転職に有利
  • 営業職やサービス職なら未経験でも転職しやすい

・29歳までは転職の成功率が高い

企業は、採用するからには活躍してくれる人を雇いたいと考えています。

そのため即戦力の人材か、もしくは、将来的に活躍が見込める若手の人材を採用ターゲットとする傾向にあります。

20代である29歳は若手のうちと判断されるので、特段高いスキルがなくてもポテンシャルがあれば採用に至る可能性があります。

つまり、専門的なスキルが無い方の場合は特に20代のうちに転職することが重要なのです。

・柔軟性と適応力があれば同業種への転職に有利

同業種へ転職する際、29歳の人材は即戦力として判断されます。

7年間の経験があるので、仕事において自分のスタイルを貫きたい気持ちがあると思いますが、自身のやり方に捉われずに柔軟になりましょう。

それができれば、若手の柔軟性がありながらも即戦力として活躍することができるため、経験の浅い第二新卒や未経験者よりもかなり有利なポジションとして選考を進めることができます

・営業職やサービス職なら未経験でも転職しやすい

20代であるうちは、専門的なスキルが求められない職種であれば、未経験からでもチャレンジができます。

営業や販売・サービス職は、コミュニケーション能力が重視される職種であり、特定の技術はそこまで求められません。

そのため、選考の中ではスキルの高さよりもトークができるか、好印象を与える人であるか、というところが重要視されています。

特別な知識を要する業界以外の営業やサービス業では、若手とみなされる29歳はほとんどの求人で通用するでしょう。

転職するなら29歳で!30歳までに転職すべき4つの理由

29歳の転職成功率が高いなら、30歳になって転職しても遅くないのでは?と感じる方も多いかもしれません。

確かに29歳と30歳の間は僅か1年間ですが、その1年の差が転職市場において大きく響いてきます。

  1. 転職が成功しやすいのは29歳まで
  2. 30歳になると未経験/異業種への転職が難しくなる
  3. 20代なら今後のポテンシャルを考慮してもらえる
  4. 転職後に年収が上がりやすい

①転職が成功しやすいのは29歳まで

年齢は数字の見え方に過ぎませんが、企業としてもそこでボーダーラインを引くほか選考ができませんので、実は非常に重要な要素です。

20代のうちは基本的に書類選考の対象内となり得ますので、ポテンシャルが高いかどうか、どんなスキルを持っている人なのかとじっくり経歴書に目を通してもらえる可能性が高くなります。

30歳にもなると年齢で足を切られがちなので、高いスキルが伴っていない場合書類選考が通過しにくくなります。

29歳は見え方としてまだ20代だと見てもらえる最後のチャンスです。

②30歳になると未経験/異業種への転職が難しくなる

30歳になった人材は中堅クラスとみなされるため、転職市場では即戦力として活躍できるスキルを求められます。

企業が30歳を採用する際、人柄の良さや潜在能力の高さよりも、スキルがあるかどうかを重要視します。

採用担当者は、社会人として十分成熟している30歳以降の人材を、自社で教育するべき対象とは捉えません。

そのため、30歳になると技術よりもポテンシャルを重視する未経験や異業種への転職は相当厳しくなります。

③20代なら今後のポテンシャルを考慮してもらえる

企業がスキルの浅い20代を採用したいと考える理由は、潜在能力の高い人材を採用したいからです。

ポテンシャルの高い人は、今現在技量が足りなくても自社で教育さえすれば将来的に活躍してくれます。

企業は20代の選考において、コミュニケーション能力が高いか、地頭が良いか、といった潜在部分を選考の基準としています。

29歳も20代とみなされますので、スキルがまだ浅くてもポテンシャルが高ければ採用したいターゲットとなります。

④転職後に年収が上がりやすい

29歳は、社会人として7年もの間スキルを積み上げてきた人材です。

同業種へ転職する場合には、若手としての柔軟性を持ちながらも、即戦力として活躍できると期待をされるので、積極的に採用したい人材だと見られます。

他社に採用される前に自社への入社意思を固めてもらえるべく、現職よりも高い年収で内定を出す会社も少なくありません。

同業種への転職を考えているのであれば、特に29歳でのジョブチェンジはお勧めです。

29歳の転職で失敗しない4つのコツ

ここからは、29歳の人材が転職で成功するためにはどんなポイントを抑えればよいかをご紹介します。

30歳以降は転職成功率が下がりますので、今回のジョブチェンジが最後のつもりで失敗しないようにしましょう。

  1. 転職する理由についてよく考える
  2. 強くアピールできるポイントを自己分析する
  3. これまでの経歴や実績を生かしたキャリアプランを考える
  4. 女性は優先順位を明確にして活動する

1.転職する理由についてよく考える

転職理由を自分の中で明確にすることは、非常に重要です。

転職は、現職への不満を一時的に解消したいという感情や勢いだけで行動に移すと失敗しやすいです。

その場の衝動で行動し、もし転職できたとしても、また別の不満を感じる可能性が高いです。

再度転職せずに済むよう、今回の転職で譲れない部分は何なのかじっくりと整理するようにしましょう。

面接の中でも、志望動機が現職への悪口にならないよう、転職先でどんなスキルを身に付けたいのか語れるよう転職したい理由を整理するようにしましょう。

2.強くアピールできるポイントを自己分析する

企業が面接で知りたいのは、採用後どんな良い働きができる人材かです。

そのため、選考通過できるかどうかは、自分を採用するメリットを企業に伝えられるかどうかにかかってきます。

希望する求人にどのようなスキルが必要なのかを調べ上げ、自分のどんな経験や資格が貢献できそうなのか自己分析をしましょう。

これまでの経験を洗い出し、強くプッシュできる点を見つけて面接に臨みましょう。

もしも自分の強みがわからないという方は、転職エージェントに登録したり、キャリアコンサルタントを受けてみるのも良いでしょう。

3.これまでの経歴や実績を生かしたキャリアプランを考える

まだ若い29歳の人材は、未来を作ることに注力したい一方で、これまでの経験を生かすことも重要視したい年齢です。

29歳は未経験の職種にも挑戦できる歳ですが、全くの丸腰では第二新卒にも劣ります。

これまでの10年弱を振り返り、どんな実績を生かして今後どういう経歴を歩みたいのか考えておくと転職しても失敗しないでしょう。

これまでの経験を財産として、目先だけで無く将来的に見て活躍できる道を切り開いて行きましょう。

4.女性は優先順位を明確にして活動する

今の時代、女性も生涯働くことは決して珍しいことではありません。

しかし、女性の働く環境はライフステージによって左右されがちです。

そのため、転職先の企業を選ぶにあたり自分の中で優先順位を明確にしておくことが重要です。

結婚や出産といった人生の転機と重なりやすい20代後半では、この先の人生を長い目で見てキャリアプランを立てていきましょう。

産休が整っている企業がいいのか、それとも家計のために年収をあげられる環境がいいのかなど、自分の中で優先順位をつけるようにし、長期的に考えて行動するのがお勧めです。

29歳の転職のおすすめエージェント3選!

ここからは、29歳の転職に役立つおすすめエージェント3社をまとめていきます。

キャリア相談だけの方も受け付けているので、具体的に転職するかどうか迷っている方でも気軽に登録ができます。

エージェント名 求人数
リクルートエージェント 300,000件
マイナビエージェント 83,000件
doda 130,000件

・3位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本トップの実績を誇る人材最大手のエージェントです。

総求人数は30万件にも及び、転職サイトには掲載されていない非公開求人も豊富です。

各分野に担当のアドバイザーが在籍しており、どんな業界の求人でも幅広く取り扱っています。

スタッフ数が多いため、アドバイザーによって提案の質が変わってくる場合があるので、他のエージェントにも登録して並行で使用するのが良いでしょう。

求人の質
求人の量
提案力
サポート力
得意分野 総合転職

https://www.r-agent.com/

・2位 マイナビエージェント

マイナビエージェントは、特に中小企業の支援に注力しており、創立間もないベンチャー企業の求人も扱っているところが特徴的です。

そのため、転職サイトでは知り得ない企業とのマッチングも実現することができます。

求人数はリクルートやdodaには劣りますが、その分担当エージェントが親身になってサポートを行うため、一人一人に合った求人をピンポイントで紹介できるサービスが強みです。

そのため、初めて転職をする20代にもしっかりとサポートすることができます。

求人の質
求人の量
提案力
サポート力
得意分野 若手、中小企業

https://mynavi-agent.jp/lp/013-u.html?

・1位 doda

dodaは人材業界全般のコンテンツを扱うパーソルグループが運営しています。

実績はリクルートに次いで2位と人材大手のうちの一つです。

面接対策を受けられたり、職務経歴書の添削など手厚いサービスが特徴的です。

加えて、企業担当のエージェントに電話やメールで相談ができるサービスがあり、担当のアドバイザー以外のエージェントにも直接接点が取れるのも強みです。

地方で来社ができない転職者の方や、企業についての説明を詳しく聞きたい方にもおすすめで、網羅的なサポート力に定評のあるエージェントです。

求人の質
求人の量
提案力
サポート力
得意分野 総合転職

https://doda.jp/dcfront/member/memberRegistLP/?entry_id=1&carry_id=5100002781&carry_class=k&form=pc005&cid=001001046041002&utm_id=001001046041002&trflg=1

未経験職種に挑戦してみたい方は、こちらの記事も是非参考にしてみてください。

29歳の転職は難しくない!コツを掴んで20代のうちに転職を成功させよう!

本日は29歳の転職についてご紹介しました。

30歳というボーダーラインを目前に、キャリアを悩みがちな29歳ですが、20代のうちはまだ若手とみなされます。

29歳は未経験職種や他業界にもチャレンジできる最後のチャンスです。

少しでもキャリアに迷いがある方は、30歳になる前に行動を起こしてみましょう。

おすすめの記事