29歳の未経験への転職はラストチャンス?異業種への転職事情と3つのコツを紹介!

29歳は、「未経験転職のラストチャンスの1年」と言われます。若い方が有利とされる未経験職への転職を29歳で成功させるには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

この記事では、29歳と30歳の未経験での転職事情の違いや、29歳で未経験への転職を成功させるコツをご紹介します。

29歳の未経験への転職は難しい?異業種への転職事情とコツを紹介!

29歳の未経験への転職は難しい?異業種への転職事情とコツを紹介!

異業種への転職は、若い方が有利なイメージがありませんか?

実際に未経験者の求人数は、30代になるとぐっと少なくなってしまいます。

では30代を目前に控えた29歳の方が異業種への転職を希望する場合、転職は成功するのでしょうか。

29歳の異業種・未経験への転職事情を見ていきましょう。

29歳の未経験職への転職事情

29歳の未経験職への転職事情

転職市場では、29歳は「未経験職への転職のラストチャンスの年」と言われています。

その理由は以下の3点。

  • 未経験の求人は29歳までが多い
  • 20代の間は転職の成功率が高い
  • ポテンシャルを評価してもらえるのは29歳まで

それぞれの項目を詳しく解説します。

未経験の求人は29歳までが多い

未経験の求人は29歳までが多い

30代以上になると、経験者/未経験者にかかわらず、応募できる求人数自体が減ってしまうという厳しい現実があります。

企業は転職者に、即戦力となるスキルや経験だけでなく、転職後自社の風土に染まってくれる素直さも求めており、若ければ若いほど有利になるからです。

未経験の求人となると、さらにその傾向は顕著になり、「未経験者は29歳まで」とする求人も多くあります

20代の間は転職の成功率が高い

20代の間は転職の成功率が高い

2018年下半期から2019年上半期のデータで、転職に成功した人の約50%が20代という結果があります。

20代のうちは、業界に染まっていない素直さや仕事の吸収の速さ、これからの伸びしろなどに期待され、転職が成功しやすいのです。

29歳は20代では最後の1年ですが、ぎりぎり20代であり「若手」と捉えられるため、30歳になった後より転職成功率は高くなります

ポテンシャルを評価してもらえるのは29歳まで

ポテンシャルを評価してもらえるのは29歳まで

転職市場では、「20代=若手」、「30代=中堅」と捉えられます。

20代であれば、仕事への意欲や伸びしろを見込んで採用されやすいのですが、30代になると実績や経験が評価の基準になります。

つまり30代以降は、武器になる専門スキルや長年のキャリアがなければ、転職が難しくなるのです。

未経験でも将来性を見込んで採用してもらうには、29歳が最後の勝負の年と言えるのです。

29歳の未経験でも転職しやすい職種とは?

29歳の未経験でも転職しやすい職種とは?

29歳の未経験でも転職しやすい職種には、どのようなものがあるのでしょうか。

例えば、近年訪日外国人観光客の増加によって需要が高まっている観光業など、成長産業は求人数も多く、未経験でも転職しやすいとされています。

未経験転職が成功しやすい職種の具体例を以下にご紹介します。

  • 転職しやすい職種1:宿泊施設のスタッフ
  • 転職しやすい職種2:小売業の接客員
  • 転職しやすい職種3:配送業の配達員
  • 転職しやすい職種4:介護施設のスタッフ
  • IT/WEB関連の業界は未経験は難しい?

転職しやすい職種1:宿泊施設のスタッフ

転職しやすい職種1:宿泊施設のスタッフ

旅館やホテルなど宿泊施設のスタッフは、訪日観光客の増加やサービスの充実を目的に需要が高まっています。

業務も幅広く、年齢に関係なく活躍できる場の多い業種ですので、現場スタッフからスタートし徐々に経営側へキャリアアップするなどの道もあります。

ホスピタリティが重視される業界ですので、接客業や販売業の経験があれば、より評価されやすいでしょう。

転職しやすい職種2:小売業の接客員

転職しやすい職種2:小売業の接客員

アパレルなど小売店舗での接客員も、未経験でも活躍しやすい業種です。

ブランドごとに販売方法が異なる接客業は、新人はゼロから教育が必要になるため、未経験者でもあまり不利になりません。

経験よりも、コミュニケーション能力やホスピタリティなど人物面が評価されやすい傾向にあります。

販売するブランドのカラーに染まれる人材を求めているので、自分の好きなブランドや、少しでも興味のある商品のお店がおすすめです。

転職しやすい職種3:配送業の配達員

転職しやすい職種3:配送業の配達員

インターネット通販が当たり前になった今、常に人手不足となっているのが配送業の配達員です。

普通自動車免許さえ持っていれば、すぐに即戦力になれるのも魅力です。

一人で黙々と配送先を回るイメージがありますが、お客様とのコミュニケーションが意外と多く、楽しく働けるという転職者の声もありました。

転職しやすい職種4:介護施設のスタッフ

転職しやすい職種4:介護施設のスタッフ

介護施設のスタッフも常に人手不足で、求人が多い職種です。

介護福祉士やケアマネージャーなどの有資格者は優遇されるため、資格を取得することでキャリアアップを目指せます。

未経験で入社後、実際に介護の経験を積みながら資格取得を目指すのも一つの道。

忙しく責任も重いですが、その分やりがいも大きく、社会貢献の実感も感じられる仕事です。

IT/WEB関連の業界は未経験は難しい?

IT/WEB関連の業界は未経験は難しい?

IT/WEB業界も人手不足で求人が多い業界ですが、全く知識も経験もない29歳の転職者がIT業界を目指す場合、厳しい転職活動になるかもしれません。

転職活動を始める前に、独学やスクールに通うなど、ある程度の知識をつけておくのがおすすめです。

また、仕事の裁量を増やしキャリアアップしていくためには、入社後も学び続ける必要があるでしょう。

29歳で未経験職へ転職する3つのコツ

29歳で未経験職へ転職する3つのコツ

29歳で未経験職を目指す場合、あまりのんびりしている時間はありません。

転職活動をスピーディに成功させるための、3つのコツを押さえましょう

  1. 今後のキャリアプランを明確にする
  2. アピールポイントについて自己分析する
  3. 女性の転職理由は結婚や出産を避ける

以下で詳しく解説します。

①今後のキャリアプランを明確にする

①今後のキャリアプランを明確にする

転職した後の中長期的なキャリアプラン練ることは、書類や面接の強化になる上、今後の人生に合った企業を選ぶための基準にもなります。

29歳で転職すると、すぐに30代になりますね。

男女問わず、結婚や子育て、マイホーム購入などのライフイベントが現実味を帯びてくる時期です。

仕事だけでなく、プライベートも含めた現実的なプランを練り、転職理由に説得力を持たせましょう。

②アピールポイントについて自己分析する

②アピールポイントについて自己分析する

7年ほどの社会人経験がある29歳は、未経験業種への転職と言っても、活かせるスキルが何もないわけではありません。

企業は未経験の転職者に、他業界での経験や、その業界に染まっていない新しいアイデアを期待しています。

今までに身につけてきたビジネススキルを書き出して、次の職種に活かせるものはないか、またどのように活かせるのかを考えてみましょう。

それが、20代前半など自分より若い未経験者のライバルと差をつけるポイントになります。

③女性の転職理由は結婚や出産を避ける

③女性の転職理由は結婚や出産を避ける

結婚や出産を理由とした女性の転職者は、「産休や育休のために転職したいのでは?」「すぐに辞めてしまうのでは?」と不安視されてしまう可能性があります。

結婚や出産の展望がある場合、それを隠す必要はありませんが、一番の理由にするのは避けましょう

ライフイベントをふまえた長期的なキャリアプランを練り、「このように働いていきたいから入社したい」という考えを説明できれば、矛盾がありません。

29歳で未経験職へ転職するためのおすすめエージェント3選!

29歳で未経験職へ転職するためのおすすめエージェント3選!

転職活動の中心となる、転職サイトやエージェント。

転職サイトと転職エージェントの違いは、応募企業を自力で探すか、担当者と面談の上で紹介してもらうかということ。

転職サイトは自分で検索して応募するため、自分のペースで転職活動を進められますが、サポート力や提案力ではエージェントが上回ります。

エージェントを利用すれば、客観的な視点でおすすめの企業を紹介してもらえますが、対面での相談が必要になることや、担当者との相性が良くないこともあるなどのデメリットも。

ここでは、29歳の未経験への転職におすすめのサイト・エージェントを3つご紹介します。

会社名 求人数
マイナビ転職 約8,000件
リクナビNEXT 約40,000件
リクルートエージェント 約150,000件(非公開求人含む)

3位 マイナビ転職

マイナビ転職

おすすめ第3位は、マイナビ転職。

こちらは担当者が転職をサポートしてくれるエージェントではなく、求人情報を自ら検索し、自分のペースで活動できる転職サイトです。

マイナビ転職には毎週3,000件ほどという多数の新着求人があり、フレッシュな情報を幅広く集められます。

未経験求人も多く、転職に役立つコラムや書類の添削サービスなどが充実しているのが、マイナビ転職の魅力。

未経験職種への転職を希望する方に、まず登録してほしいサイトです。

求人の質 ★★★☆☆
求人の量 ★★★☆☆
サポート力 ★★★★☆
提案力 ★★☆☆☆
得意分野 全業種

https://tenshoku.mynavi.jp/

2位 リクナビNEXT

リクナビNEXT

おすすめ第2位は、リクルートが運営する転職サイト、リクナビNEXT。

リクルートのブランド力と圧倒的な求人数を誇り、転職者の8割が登録しているというデータも。

国内最大級の豊富な求人情報に触れることができるため、転職を考え始めたら、手始めに登録しておきたいサイトです。

特定の企業が自分の情報を見られなくなる「ブロック企業」機能もあり、転職活動していることを絶対にバレたくないという方にも安心です。

求人の質 ★★★☆☆
求人の量 ★★★★☆
サポート力 ★★★☆☆
提案力 ★★☆☆☆
得意分野 全業種

https://next.rikunabi.com/

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめの転職エージェント第1位は、リクルートエージェント。

転職サイトとの違いは、専任のアドバイザーとの面談を通じて書類や面接の強化ができたり、求人の紹介や面談のスケジュール調整などをしてくれる点です。

自分では気付かなかった強みに気付けたり、プロの視点でおすすめの企業や非公開求人も紹介してもらえるので、未経験での転職にも心強いパートナーとなってくれるでしょう。

業界最大手であるリクルートエージェントの強みは、圧倒的な求人数と実績、そして北海道から福岡まで幅広い対応地域

土日祝日や、平日の遅い時間帯も相談可能で、仕事を続けながらの転職活動にも対応できます。

求人の質 ★★★★★
求人の量 ★★★★★
サポート力 ★★★★☆
提案力 ★★★★★
得意分野 全業種

https://www.r-agent.com/entry/ts/?param=078&affsid=cgfl656xtu7f&vos=nragvalcommerce00165&p=pgdlcbvgdwvj

29歳は未経験の転職へのラストチャンス!コツを掴んで転職を成功させよう!

29歳は憧れの職業へ転職する最後のチャンスですが、あまり時間は残されていません。

29歳の未経験職への転職には、経験者や、もっと若い応募者に負けないアピールポイントが必要です。

ご紹介したコツを押さえて未経験職への転職を成功させ、実り多い30代を迎えましょう!

おすすめの記事