25歳大卒平均年収は350万円!20代業種別年収を徹底調査【2021年最新】

25歳は大学を卒業しているぐらいの年齢になり、周りの年収・給料が特に気になるタイミングといっても過言ではありません。

学歴や今までの勤務経歴によっても年収が大きく変わりますが、周りの平均年収を知ることによって自分がどのくらいなのかステータスを判断することができます。

25歳大卒の人は平均年収がいくらぐらいなのか、業種別や年収を上げるためのコツについて徹底解説していきます。

25歳の平均年収は350万円

結論から挙げると、25歳の平均年収は350万円です。

厚生労働省賃金統計調査によるデータをご紹介していますが、日本の平均年収は450万円になるため、わずかに低いものの、大学卒業者の25歳平均年収は比較的高めといえるのではないでしょうか。

もちろん務めている業界・業種によって大きく変わりますが、しっかりと経験や知識を積み重ねていくことで、日本の平均年収を超えることができやすいです。

25歳全体の平均年収

25歳の平均年収350万円であることをご紹介しましたが、次はより詳しく25歳の平均年収について解説します。

25歳と一言で言っても男性と女性で平均年収は異なる上に、企業によって大きく変わります。

より具体的に平均年収について知りたい人は参考にしてください。

  • 25歳で年収400万円を超えていると年収は高い方
  • 男女の年収の差は38万円
  • 年収1,000万円超える企業は25歳でも年収は高くなる

25歳で年収400万円を超えていると年収は高い方

25歳でも就職している・転職している企業によって年収400万円を超えている人もいます。

400万円は一種のボーダーラインとして捉えられることも多く、30代や40代でも400万円を超えていない人もたくさんいます。

そのため、25歳で平均年収が400万円を超える場合は年収が高いといっても過言ではなく、実績と知識・経験をしっかりと積み重ねていくと平均年収が500万円や600万円は夢ではないといっても過言ではありません

男女の年収の差は38万円

25歳の平均年収で特に注目すべき点では男性と女性では年収が大きく異なるという点です。

というのも、近年では女性の社会進出も多く注目を集めていますが、女性の平均年収は昔と比べて上がってはいるものの、まだ男性と比べては低い傾向があります。

男性と女性では年収の差はおよそ38万円程度あり、およそ1か月分~1.5か月も年収に差がある状態です。

もちろん25歳の女性でも男性より稼いでいる人もいますが、平均的には女性は少ない傾向があるため、高年収を狙う場合はしっかりとした企業に就職・転職を行う必要があります。

年収1,000万円超える企業は25歳でも年収は高くなる

さらに25歳の年収で知っておいていただきたいのが企業の平均年収によっても25歳の平均年収が大きく左右されるという点です。

というのも、企業の平均年収が1,000万円を超えている場合は25歳の平均年収も350万円だけでなく、それ以上の400万円を超えている場合が多いです。

そのため、企業の成績・経営状態によっても年収は影響しやすいといっても過言ではありません。

高年収を狙いたい場合は企業の平均年収も意識をして転職・就職先を考えるのが好ましいです。

20代の業界別平均年収

次は20代の平均年収を業界別にご紹介していきます。

業界も平均年収に大きな影響を与え、年収が高い職業もあれば年収が低い職業もあります。

平均年収について気になっている人は参考にしてください。

  • コンサルティング業界は平均年収475万円
  • 技術系は平均年収350~380万円
  • 販売・サービス業界は平均年収296万円と低め

コンサルティング業界は平均年収475万円

近年多くの人から注目を集めているコンサルティング業界ですが、コンサルティング業界は他の業界・業種の中でも平均年収は高いです。

コンサルティング業界に就職している20代の人の平均年収は、日本の平均年収を超えている475万円になります。

特に徹底した実力主義と出来高払いという点で浮き沈みが激しく、人によって平均年収が大きく異なります。

コンサルティング業界は高年収を得ることができる素敵な業界ではありますが、仕事を継続していくことが難しいため、将来のことを見据えながら務めていくのが好ましいです。

技術系は平均年収350~380万円

技術系に就職をする人も増えている近年ですが、技術系の20代の平均年収は全体の平均値に近い350万円~380万円程度になります。

技術系はコンサルティング業界と比べるとやや年収が下がりますが、知識と技術・経験をしっかりと積み重ねていくことが可能で、将来的にも高い年収を狙うことが可能です。

継続年数が年収を上げる大きなカギとなるため、技術系に転職・就職をした場合は経験を積み重ねつつ仕事を継続することに意識を傾けましょう。

販売・サービス業界は平均年収296万円と低め

やりがいがあることでも人気がある販売・サービス業界は他の業種・業界と比べると平均年収がやはり低いです。

販売・サービス業界に勤めている20代の平均年収は300万円をきった296万円程度の年収になります。

販売・サービス業界は手に職をつけることができる職業ですが、お店・会社の経営状態によって大きな影響を感じるため、転職・就職を行う前にお店・会社の経営状態などをしっかりと調べておくのがおすすめです。

日本の平均年収は?男女別・年齢別・世帯別で!【2020年9月最新】

25歳で年収に差がつく5つのポイント

次は25歳の年収で意識をしないと差がついてしまう5つのポイントについて解説します。

高年収だから全てがいいというわけではないのですが、年収を高くしていくことができると自分に対して自信が付くだけでなく、自由なお金が増えるためより充実した日々を過ごすことができやすいです。

年収を高くしたいと考えている人は年収での差が付きやすい5つのポイントをぜひチェックしてみてください。

  • 正社員だと年収が高くなる
  • 中小企業だと年収が低くなる
  • 東京都など都市部だと年収が高くなる
  • 手取りが低くてもボーナスが高ければ年収が高くなる
  • 経験ある職種だと20代から役職を任され年収が高くなる

正社員だと年収が高くなる

25歳の人でも非正規社員の人もいれば正社員の人もいます。

雇用形態は企業によって変わりますが、やはり正社員の方が年収は必然的に高いです。

非正規社員の場合の20代の平均年収は260万円前後となるため、平均値を見ても80万円~100万円前後低い傾向があります。

非正規社員から高年収を狙えないというわけではありませんが、高年収を狙いたい場合は正社員から目指していくのが近道です。

中小企業だと年収が低くなる

さらに高年収を狙いたい場合は企業の規模をしっかりとチェックしておきましょう。

この点も多くの人が想像できるポイントでもありますが、やはり中小企業と大企業では基本給が異なります

もちろん企業によっては手当てなどがたくさん付きますが、ほとんどの企業が基本給に基づいた賞与計算を行っているため、賞与の面で見た時に大企業が圧倒的に高いです。

中小企業だと大企業と比較した場合、どうしても年収が低くなるため、高年収を狙う場合は中小企業に妥協するのではなく、大企業に就職・転職できるように行動をするのがおすすめになります。

東京都など都市部だと年収が高くなる

さらに20代で高年収を狙う場合は勤務地も考えるようにしましょう。

というのも、東京などの都市部と地方ではやはり年収にも大きな差が存在し、東京都などの都市部で働くかどうかによって年収が100万円ほどもかわります

東京ではなかなか仕事を探すことが難しいですが、その分の転職・就職できたときに高い年収を得ることができるため、どうしても高年収を狙いたい場合は都市部での勤務を意識してください。

手取りが低くてもボーナスが高ければ年収が高くなる

基本知識として知っておいていただきたいのが「手取りとボーナスの関係」です。

というのも、給料の支給額は企業によって異なり、手取りが分厚いところもあれば基本給が分厚いところもあります。

手取りが少ないと年収が低いイメージですが、ボーナスの倍率によって大きく年収は変わるといっても過言ではありません。

ボーナスは基本給に対して2倍から4倍ほど支給されるため、ボーナスの配給具合によって大きく年収が変わります

そのため、ボーナスがしっかりとしている企業を調査して転職を行うようにすると高年収を狙うことが可能です。

経験ある職種だと20代から役職を任され年収が高くなる

さらに高年収を狙いたい場合は転職を考える場合に「経験がある職業を意識するのがおすすめ」です。

というのも、高年収を狙う場合は肩書・役職も重要で、役職手当が上乗せされていくことで着実と年収を高めていくことができます。

経験があると特に「即戦力」という形で認識されるため、チャンスの場がたくさん転がってきます。

高年収を掴み取るためにはやはり評価されるチャンスをしっかりと掴んで成功させることが大切なので、転職を考えている場合は経験がある業種・業界を意識するようにしましょう。

25歳で年収をアップする企業を見つける3つの方法

最後は25歳の人の平均年収を高めるための年種がアップする企業の見つけ方について解説していきます。

前述でも触れたように、企業選びはとても重要で、年収を大きく左右するポイントといっても過言ではありません。

年収をアップさせる企業の見つけ方は3つの方法があるので、ぜひチェックしてみてください。

  • 企業の平均年収を調べておく
  • 転職サービスの「非公開」「スカウト」求人を探す
  • 転職エージェントを利用して最新の情報を仕入れる

企業の平均年収を調べておく

まずは年収を高めたい場合は転職先の企業をしっかりとリサーチするようにしましょう。

中には闇雲に転職先の企業を調べる人もいますが、博打をうっているのと変わらず、ひょっとしたらあまり給料がもらえない場所かもしれません。

もちろん自分が希望する条件と照らし合わせながら考えていく必要がありますが、企業の平均年収をしっかりと調べると自分が入社したときのイメージができやすいです。

そのため、年収を高めたいと考えている人は転職希望先の企業をしっかりとリサーチしてください。

転職サービスの「非公開」「スカウト」求人を探す

さらに転職先を探すおすすめの方法として「転職サービス」を利用するのがおすすめですが、転職サービスの中でも「非公開案件」や「スカウト求人」を利用するようにしましょう。

というのも、非公開案件やスカウト求人は一般的に見かける求人案件と比べるとかなり条件が良い場合が多く、年収も自然と高くなる場合が多いです。

そのため、まずは非公開案件やスカウト求人がもらえるように転職サービスにしっかりとした自分のアピールポイントなどを入力していくようにしましょう。

転職エージェントを利用して最新の情報を仕入れる

転職先探しが苦手という人は転職エージェントを利用するのもおすすめです。

転職エージェントはしっかりと企業の情報をリサーチしてから教えてくれるため、高年収を狙うことも十分にできます。

もちろん平均年収以上必ず稼げるというわけではありませんが、自分が希望する条件に沿って探してくれるため、働きやすい環境の基に就職することが可能です。

25歳の平均年収を知って年収が高い職場に転職しよう!

25歳大卒者の平均年収は日本の平均年収と比べるとやや低いものの、高年収を狙うことは十分にできます。

しかし、高年収を狙う場合は様々なことを意識しながら転職先を探すのが好ましいです。

転職サービスや転職エージェントを利用して探すと効率よく探すことができるので、ぜひ高年収を狙っている人は参考にしてください。

おすすめの記事