営業職への転職理由の3つの書き方と例文!面接での注意点も!

職業でもいろいろな職業が存在しますが、特に自分の才能を試されることが多いのが営業職です。

営業職は行動力や提案力・トーク力が重要で、上手に成功すると年収1,000万円も夢ではない職業になります。

営業職へ転職をする場合は転職理由をしっかりと書いておくことが大切なので、しっかりと意識をするようにしてください。

営業職への転職理由の書き方を知りたい!

営業職は未経験からでも転職がしやすい職業ですが、簡単に入社できるというものでもありません。

営業では面接時の応対力をチェックされるとともに、履歴書の書き方などをチェックしている場合が多いです。

履歴書は営業時に必要な資料作成をするときに使う能力をチェックされるため重要なポイントになります。

営業職へ転職するための転職理由の書き方もあるので、面接時の注意点と併せてご紹介します。

営業職への転職理由の書き方の3つのポイント

まずは転職理由の書き方の例文をご紹介する前に、知っておいていただきたい転職理由の書き方3つのポイントをご紹介します。

転職理由の書き方で押さえていただきたいポイントを把握しておくと、より相手に伝わりやすい魅力的な志望動機を書くことが可能です。

転職理由の書き方を検討している人は参考にしてください。

  • 営業としての成長を望んでいることをアピール
  • 長期的に働けることをアピール
  • コミュニケーション能力があることをアピール

営業としての成長を望んでいることをアピール

最も重要なポイントといっても過言ではないのが「転職に対する意欲がある」という点です。

営業職でも成長を望んでいることをアピールするとやはり企業側でも頑張ってくれる期待の新人として注目します。

営業職は特に行動力が重要なので、やる気のある人が重視される傾向があり、成長意欲がある人は採用されやすいです。

長期的に働けることをアピール

やる気と併せてアピールをしていただきたいのが「継続可能勤務年数」です。

やはり企業側としてもすぐにやめそうな雰囲気の人は面接・書類審査の段階で採用しません。

営業職はノルマなどが存在するためかなり厳しい職業で、長く続けるという人が少ないのですが、しっかりと長期的に働けることをアピールすると転職意欲が高いと判断してもらいやすいです。

コミュニケーション能力があることをアピール

さらに営業職へと転職を考えている場合は自分がどのくらいの会話力・トーク力があるのかという点も説明することが大切です。

トーク力能力がない人は営業職には向いておらず、面接の段階でも落とされてしまう可能性が高いといえます。

社内でのチームワーク行動ができないのではないかと判断されてしまう可能性もあるので、チームでの行動も得意であるというてにゃトーク力が高いことをしっかりとアピールできるような書き方にしましょう。

営業職への転職理由の4つの例文

次は実際に営業職へ転職する際の転職理由の例文について解説します。

転職理由はとても重要で、転職の成功率を大きく左右するポイントといっても過言ではありません。

転職を成功させるためにも転職理由の例文をぜひチェックしてください。

営業未経験だけど経験業種への転職希望の場合

営業自体は未経験であるものの、経験がある業種の場合は今まで培った経験や知識を転職理由前面に出してください。

例文としては「今まで〇〇業に携わり、多くの人と関わってきました。実際に提案したことが通った時は嬉しく感じ、その達成感をさらに感じたいと思ったため、営業職を希望しています。」

さらに「相手に専門用語で伝えないように意識することを重視しており、経験や知識を活かした提案ができると考えています。」という内容もおすすめです。

営業未経験で未経験業種への転職希望の場合

全くの未経験の場合は今までの経験の中で営業に活かせそうな部分をしっかりとアピールをしていきましょう。

例えば「今まで接客業をしてきましたが、お客様に喜んでもらい、その結果売り上げにつながったということが多々ありました。営業職であればよりダイレクトに収入に変えることができるため、高いモチベーションで仕事に挑むことができると考えております。」という転職理由などもおすすめです。

今までの経験と営業職の場合だとどのように活かすことができるのか、ビジョンがわかりやすいように説明をすると相手にも伝わりやすくなります。

同業種で営業経験がある転職希望の場合

同業種で営業経験がある場合はより詳しくどのような経験を積んできたのか説明をするようにしてください。

転職理由の書き方としては「今まで勤務地の変更や担当の変更が多く、ある程度結果を残すことができたものの自分とは合わない状況でした。しかし貴社であれば担当も変えることが少なく、地域密着型の対応をされているので、自分のスタイルに合っていると確信をもって応募させていただきました。」というのもおすすめです。

以前なぜやめたのか軽く触れながらも次は長く働ける・しっかりとした対応ができるという点をアピールしていきましょう。

営業経験はあるが未経験の業界への転職希望の場合

営業経験がある場合は今までどのような営業活動をしてきたのか、転職理由の部分に書いてください。

例えば「今まで食品関係の営業をしていました。資料を作成して具体的にどのように食べたらいいのか・使い方などを説明してきました。貴社に応募させていただいたのは食品関係ではないにしても、よりお客様と近い距離間で対応できるため、お客様の声を理解しながら商品の紹介ができると考えております。」などがおすすめです。

相手にどのような営業経験を活かすことができるのか、具体的に伝えると相手にも魅力的な人材だと判断してもらいやすいといえます。

営業職への転職での面接での4つの注意点

次は転職理由と併せて知っておくべき面接時での注意点を4つご紹介します。

せっかく志望動機や自己PR文が良く書けても面接時に誤った対応をした場合は落とされてしまう可能性が高いです。

転職を成功させるためにも転職理由と併せて面接時の注意点も参考にしてください。

  • 次の会社でも当てはまりそうな退職理由は言わない
  • 退職理由は具体的に説明する
  • 退職理由は前向きに話す
  • 前職についてのネガティブな内容は言わない

次の会社でも当てはまりそうな退職理由は言わない

人によって退職理由などは異なりますが、次受けようと考えている転職先でも該当しやすい転職理由は避けてください。

わかりやすく上げると、前回は終業時間が長いため辞めたのにもかかわらず、面接を受けている場所も労働時間が長い場合は前職場と同じように辞められる可能性があるというイメージを持たれます。

そのため、次の会社で当てはまりそうな退職理由は避けていくようにしてください。

退職理由は具体的に説明する

会社によっては退職理由をしっかりと聞いてくる場所があります。

面接時には志望動機とともになぜ前職・今の職場をやめようと考えているのか聞かれる場合が多いのですが、ざっくりとした返答ではトーク力がないと判断されやすいです。

トーク力を調査されていると考えて相手にわかりやすく伝えるようにしてください。

退職理由は前向きに話す

退職に対する考え方は人によって異なりますが、退職理由は前向きに伝えていくようにしてください。

前向きに考えている人物は成長に対する意欲が強いと判断されやすいため、営業職に向いているという判断をされやすいです。

転職に対する意欲を伺うことができるとともに、頼もしい印象を作ることができるため、退職理由は前向きにキャリアの幅を広げる目的やステップアップのためというように伝えていくようにしてください。

前職についてのネガティブな内容は言わない

最も気を付けていただきたい点としては「ネガティブな発言をしない」という点です。

意外と多いのですが、前職の退職理由を聞いた際に悪口のような発言はNGです。

人や会社の悪口を言うような人はやはり信用性が低くなってしまいやすい上に、実際に入社したものの辞められたときに自分の会社も悪口を言われそうというイメージが付いてしまいます。

ネガティブな発言は大きなマイナス評価につながりやすいため、できるだけポジティブに発言・対応をしてください。

営業職への転職理由の伝え方の4つのポイント

次は営業職への転職理由の通じやすい4つの伝え方をご紹介します。

人によって退職理由が異なりますが、退職理由に合わせて良いように伝える方法が存在します。

4つの伝え方もぜひ参考にしてください。

  • 業務内容が理由で転職をする場合
  • 人間関係が理由で転職をする場合
  • 待遇が理由で転職をする場合
  • 短期間での転職の場合

業務内容が理由で転職をする場合

業務内容が理由の場合は業務内容がそのまま理由と伝えてしまうと、前職の悪口になってしまう可能性が高いため、業務内容によって辞めたということは伝えないしてください。

業務内容が理由の場合は次に転職して働く場所でも該当する可能性も高いです。

そのため、自分のステップアップ目的やさらなる能力・成果向上を意識して選んだということを伝えると前向きな転職だと伝わりやすくなります

人間関係が理由で転職をする場合

特に近年ではSNSやネットの普及もあってグループに入れてもらえず、気づいたら蚊帳の外にされていた・陰湿ないじめを受けているという悩みる人が増え、社会的にも問題視されています。

人間関係で転職を考えていることを伝えてしまうと、面接官がその現場に一緒にいたわけではないため、嘘ついている・性格に問題があるという印象を与えてしまう可能性も少なくないです。

人間関係であっても今まで以上にチームワークを意識して仕事をしたいと考えて転職を希望しているというように伝えると悪い印象を与えません。

面接において最も気をつけるべきポイントなので細心の注意を払いましょう。

待遇が理由で転職をする場合

さらに転職理由としては休みがない・残業が多いという待遇の悪さで転職を考える人も多いです。

もちろんそのまま伝えるだけにしてしまうと前職・現職の悪口を言っているだけになってしまいます。

そのため「自分の時間を作ることができる状態ではなく、勉強ができる時間を作り、更なるスキルアップを目指したかったため、待遇がしっかりとしている貴社に転職したいと考えております。」というように伝えましょう。

短期間での転職の場合

転職を短期間で繰り返している人はさらに細心の注意を払う必要があります。

また入社しても同じように辞められるという警戒を与えるため、希望する仕事内容と違い、自分のスキルを活かせる場所とは違ったことと、貴社であれば活かせると判断して転職を希望していますと伝えましょう。

具体的に自分の能力・スキルがどのように活かすことができるのかを詳しく伝えるとより相手に雇用したときのイメージを思い浮かべてもらいやすいです。

書き方のポイントを押さえて営業への転職を成功させよう

営業職へ転職する場合は転職理由などは相手にマイナスのイメージを与えないように、自分の成長のために転職を考えているという伝え方をしましょう

志望動機や自己PR文の書き方も重要で、しっかりと転職後の活動に意欲があることを知ってもらえると採用してもらいやすいです。

営業職への転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

おすすめの記事